TechTargetジャパン

レポート
専門家が語るサッカーとデータ分析(1):サッカーはデータ分析に向くスポーツか
 サッカーの世界では、これまでもデータを生かす取り組みが進められてきた。例えばデータスタジアムという企業は、プロ野球、ラグビートップリーグとともに、Jリーグに関する各種データを取得・分析し、これを主にサッカー関係者へ提供することをビジネスとしている。さ...(2015/9/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
データ保護に特化した「最後の砦としてのストレージ」で万が一に備える
 ストレージシステムにおけるデータ保護の確実性は、単純なメカニズムでは実現できない。幾つもの技術が連携し、確実な順序で行うことで、さまざまな障害において復旧を保証することができる。 従来の性能を重視した汎用的なストレージシステムとは異なり、データの復元...(2014/11/28 提供:日本ビジネスシステムズ株式会社)

製品資料
廃棄・譲渡したPCからの情報漏えいが多発、データを完全消去する際の注意点は?
 情報漏えいの原因を不正アクセスやサイバー犯罪と考える人は少なくないが、実態はUSBメモリなどの物理的な媒体を通じた事故が全体の約7割を占めている。そのため、PCの廃棄・譲渡、リース機器の返却などの際にはデータを消去することが必須となっている。 以前は、その...(2017/10/17 提供:ホワイトポイント株式会社)

製品資料
毎日データ保護、ファイルの「消えた・違う・見つからない」がなくなる
 日々の業務の中で発生する、さまざまなファイル管理に関する課題を抱えている組織は多い。組織単位での運用ルールで対応しているケースもあるが、根本的な解決策とはならない。 こうした場合、自動でデータ保護をするクラウドサービスの導入は、解決策の1つとなり得る...(2015/8/21 提供:株式会社日立製作所)

レポート
データを真に利活用する「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ
 過去を検証するために、現在を把握するために、未来を予測するために、さまざまなデータを取得してきた。今、IoT時代が到来して、データの量や種類が爆発状態にある。 そして、取得したデータをビジネス上の資産に変えるためには、データの分析やアプリケーション連携...(2017/4/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「データ保護」動向調査:中小企業のバックアップ/リカバリーはさらに複雑化
 データ保管環境がさらに分散・複雑化する傾向が、国内外の中小企業を対象とした調査で明らかになった。国内では半分以上のデータが物理システム上に保管されているが、近い将来には全体の約1割にあたるデータが物理環境からクラウド環境へ移行する見込みだという。 だ...(2017/4/4 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

技術文書
「かんたん」「手軽」にバックアップデータを遠隔地へ保管
 バックアップしたデータを保護する方法は数多く存在しており、データの重要性に合わせて適材適所の選択をすることが重要である。特に、企業のノウハウなど重要な情報が詰まったデータは、本番サイト全体が被害を受けるような事態が発生した場合でもリストアできるよう...(2012/9/19 提供:株式会社日立製作所)

技術文書
データセンタにおける電力効率の測定
今日、企業がデータセンタにおけるエネルギー消費量の制御を検討することは、適切な社会政策であり、適切なビジネスであるといえる。企業の多くは現行の業務における炭素の排出量について考慮し始め、企業や業界の環境対策にデータセンタが大きな負担をかけているという認...(2010/1/1 提供:株式会社エーピーシー・ジャパン)

製品資料
100MBテキスト変換が約5秒で完了!しかも業界最低価格6万円から導入可能なデータ加工ツールとは?
データの加工処理に関して、システムエンジニアは様々な課題を抱えている。・取引先マスタと受発注データを簡単にマッチングしたい・業務システムから特定のデータのみを抽出、集計、出力したい・既存データを新フォーマットに一括変更したい・改行コードを変更、追加、削...(2011/6/27 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

事例
保険業のシステム開発担当者が驚くほど、リアルなテストデータを簡単に作成
 システムテストは、開発したシステムを本番環境で問題なく稼働させる上で欠かせない作業だ。しかし、ここで利用するテストデータの作成で課題を抱える企業は多い。複数種類の情報が関連付けられるシステムであれば、当然テストデータも同様の構造が必要だが、作成コスト...(2015/9/25 提供:株式会社システムエグゼ)

事例
データ増大に備えて不要ファイルを削減せよ、三菱重工業が35テラバイトのサーバを20%ダイエット
 ファイルサーバのデータをなかなか削減できない原因は、サーバ内の“データ可視化”が難しいからだ。数十テラバイトにも膨らんだデータはファイル数にすると膨大なものになり、捨てても構わないデータをそこから選別するには時間や手間が予想を超えて掛かってしまう。フ...(2017/10/11 提供:株式会社ジャストシステム)

Webキャスト
データの価値を引き出せるか? 今再考すべき「データ基盤の作り方」
 データの増加、そしてデータの格納と管理に必要なリソースの急激な増大は、IT部門が直面している大きな課題だ。しかし、これらのデータを真に適切に活用できれば、極めて有効なビジネス資産になり得ることも事実だ。しかし、データの「量」だけが課題ではなく、「格納場...(2017/2/17 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

技術文書
ディスク消費量削減率83%を記録、実環境検証で「リアルタイム圧縮」の実力を見る
 データを圧縮するツールや圧縮に対応したストレージ機器は各ベンダーが提供している。しかし、そのほとんどがポスト処理を採用しているため、データ圧縮の効果はバックアップなど一部の用途のみに限られていた。データ増加による保管ストレージのコストは、企業のIT予算...(2015/3/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
重複排除で伝送量を85%削減、小松製作所が高速かつ確実なデータ保護を実現
 BCP対策で近年考慮すべきポイントとして浮上しているのが伝送データ量だ。IoTの活用などにより今までにないデータも増えており、基幹業務システムが日々生成するデータは膨大な量になる。小松製作所が取り組んだバックアップ環境の見直しでも、基幹システムのデータ量が...(2017/6/9 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
あっと驚くストレージの占有――重複データを甘く見てはいけない
 近年、企業が保有するデータは増大の一途をたどっているが、その中でも課題となっているのが、動画、画像、電子メール、ソーシャルメディアデータなどの非構造化データだ。これらはビジネスに新たな価値をもたらすが、同時に保管コストの増大や管理の複雑化を招く原因に...(2016/4/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
データ収集時間が半減、バックアップとアーカイブの使い分けで無駄をなくす
 企業データの保存には通常、プライマリーストレージとセカンダリーストレージの2種類の保存媒体を使う。日常よく使うデータはプライマリーに保存し、使用頻度の低くなったデータはプライマリーから削除しセカンダリーで保存する。さらに“捨てることはできないが、緊急...(2016/9/6 提供:CommVault Systems Japan)

製品資料
業務の気付きやアイデアを、データで裏付けられた説得力のあるビジネス施策に育てるには
 統計学や高度な数学の知識を活用したデータアナリティクスは、中長期の投資計画を組み立てる上で有効な手段といえる。しかしそうした専門家によるデータ活用を進める一方で、多くの経営者やマネジャーは組織全体のデータ活用の底上げも喫緊の課題として考えている。さま...(2015/12/14 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

事例
持ち出し端末からの情報流出を防止、PCの“データレス化”実現までの舞台裏
 生産性やモビリティ、セキュリティの向上をもたらすVDI(仮想デスクトップインフラ)。その魅力の一方で、運用体制の整備やコストを懸念して、導入に二の足を踏む企業も少なくない。そこで新しい選択肢として、ローカルディスクにデータを保存しない「データレスPC」が...(2017/3/23 提供:横河レンタ・リース株式会社)

事例
実稼働を想定したシステム検証、ユーザーも驚くリアルなテストデータの作り方
 重要な個人情報を扱う業務では、システムの開発と運用において本番環境に近い状態でのテストを行う。その際に必要となるテストデータには高い精度が求められるが、かといって、セキュリティ上のリスクにもつながる本番データを使うことはできない。 保険相談ショップ「...(2016/9/9 提供:株式会社システムエグゼ)

技術文書
クラウドへデータを移行、その前に知っておくべき3つのこと
 クラウドへの切り替えを目指す企業は、まず、オンプレミスのセカンダリーデータをクラウドストレージへ移行しようと考えるだろう。しかし、ペタバイト単位のデータをクラウドへ送信するということは、安易に決めてはいけない。インフラが、オンプレミス、クラウド、仮想...(2017/4/13 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

製品資料
Google Appsで一番怖い「操作ミス」、データ損失を防ぐには機能の補強が必要
 企業向けプラットフォームとしてGoogle Appsなどのクラウドサービスの導入が進んでいる。このようなサービスは、高度な技術を使って運営され、信頼性が高い半面、操作ミスによるデータ損失や、意図的な操作による情報漏えいへの対策機能が不十分という問題もある。 ま...(2016/7/25 提供:ホワイトポイント株式会社)

製品資料
IT部門に頼らないデータ分析を実現する「データディスカバリー」がホットな理由
 今、多くの企業が蓄積した膨大なデータを有効に活用したいと考えている。しかし、データ分析処理や分析結果のアウトプットを現場が活用するためには、データ分析処理や加工などをIT部門や外部専門家に頼ることが多い。現場の意向や感覚に合致しなかったり、アウトプット...(2014/12/12 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
本番データ同等のテストデータを毎朝生成、オイシックスのサイトが急進化できるワケ
 Webビジネスを事業の柱とする企業にとって、これからの「個」客マーケティングを展開するために、テストデータの品質向上と作成工数の削減は大きな課題だ。顧客の属性やニーズが常に流動的である以上、マーケティング戦略に沿った多種多様なサービス開発やデザイン変更...(2016/2/5 提供:株式会社システムエグゼ)

製品資料
クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方
 クラウド技術がビジネスに不可欠になったことで、多くのIT部門がクラウド対策の策定やクラウドリスクの低減、ユーザーの教育などに取り組んでいる。しかし、事業部門や経営層には、なかなか興味を示してもらえないのが現状だ。また、マルウェアやアカウント侵害、データ...(2017/10/10 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
データ管理で困らないためにチェックすべき「5つの項目」とその解決方法
 ほとんどの企業がデータ問題に直面しているのにかかわらず、それを自覚していない企業も少なくない。膨大な種類のデータから最新の変化や状況についていくのは簡単なことではない。これは、知るべき情報が増えているからというよりも、意思決定の際により多くの情報を踏...(2013/5/28 提供:SAPジャパン株式会社)

製品資料
東芝の最新マイコン「TXZファミリー」データーシート【限定公開中】
 東芝の新マイコンファミリー「TXZファミリー」。その特長は、最先端技術を盛り込んだマイコンそのものにとどまらず、ユーザーの“やりたいこと”を具現化するためのソリューション/技術サポートでもこれまでのマイコンと一線を画す、ユーザー目線にこだわった新しいマイ...(2016/8/30 提供:株式会社東芝 ストレージ&デバイスソリューション社)

製品資料
共有サーバのデータを毎日保護することはできない? 簡単な方法あります
 ファイルサーバは手軽にファイル共有できる利便性がある一方で、容量が一杯になると必要なファイルが消されてしまったり、ファイルの世代管理や検索性においても課題がある。一般的にファイルの世代管理はスナップショット機能を使うことが多いが、データは複製せず、取...(2015/11/24 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
マンガで分かる、業務データ分析にありがちな「3つの難題」解決法
 経営会議で利用される売り上げ報告レポートなど、業務活動においてデータ分析は欠かせないものとなっている。しかし、さまざまなデータをExcelやBIツールを使って分析しようとしても、多くの時間と手間がかかり、迅速にデータ活用をできていない企業も少なくない。デー...(2017/10/20 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
「データレスPC」で漏えい対策と生産性向上の両立、VDIよりも低コストで簡便に導入
 モバイルPCを常に持ち歩き、顧客先でも仕事をすることは、今や珍しいことではない。しかし、そうした業務ではPC内に顧客の機密データを格納することになり、漏えいリスクを抱えることにもなる。大規模なデータ漏えい事件の頻発もあって、最近はこうした危険に対する意識...(2015/8/26 提供:横河レンタ・リース株式会社)

レポート
GDPR対応、まず押さえるべき10の疑問──新時代のプライバシー規制に備えて
 欧州のプライバシー法「一般データ保護規則(GDPR)」の適用開始が2018年5月に迫っている。欧州連合(EU)に住む個人の情報を扱えば企業の所在地は問わず、違反者には多額の罰金を科す同法に対応を迫られる企業は少なくない。本資料では、企業が持つGDPRに関する以下の...(2017/8/31 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Loading