TechTargetジャパン

レポート
【DevOpsガイドブック】DevOpsにまつわる、ありがちな「10の誤解」
 「DevOps(Development and Operations: 開発と運用)」が、トレンドキーワードであることは間違いない。だが、他の新しいアプローチ同様、誰もが口にするけれど、全員が理解しているわけではないのが現状だ。本資料は米WileyによるDevOpsをビジネス中心のアプローチで...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
DevOpsを機能させる「シフト・レフト」の概念とは? 4つのポイントで解説
 さまざまなビジネスの目的に対して、開発(Development)と運用(Operations)がより柔軟に、スピーディに対応するために協力する開発手法である「DevOps」。しかし、開発担当者と運用担当者の連携を密にする必要性は認識されているものの、まだまだバズワードの域を出...(2015/8/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
調査リポート:先進企業の47%がDevOpsを採用済み。DevOpsへの要求は第2ステージへ
 2013年にはDevOpsの導入を計画する企業は66%だったが、2014年では88%に増加しており、事業部門のリーダーの94%が、アプリケーションのリリースをスピードアップしなければならないというプレッシャーに直面しているという。 本資料は、Vanson Bourneが行った企業のD...(2015/1/22 提供:CA Technologies)

レポート
導入手順の議論が分かれるDevOps、調査で分かった成功のための6つのポイント
 アプリケーション開発チームと運用チームとのコラボレーションを促進するプロセスであるDevOpsは、世界中のIT組織でかつてないほど幅広い導入が進もうとしている。 2013年5〜7月にVanson Bourneが実施した調査では、多数の組織がDevOpsによって測定可能な大きな効果が出...(2014/2/24 提供:CA Technologies)

技術文書
DevOpsのための製品導入戦略ガイド
 アプリケーション開発チームとシステム運用チームを融合させる「DevOps」は、アプリケーション開発と導入に対するニッチなアプローチから、本流へとシフトしつつある。 本PDFは、以下の3つの記事で構成されている。これらの記事を通して、連続的なリリースを必要とする...(2015/10/28 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
結局、DevOpsとは何か? 〜その真の姿とサイバーエージェントに聞く実践の勘所〜
 「DevOps」という言葉が注目を集めている。一言でいえば「Dev(開発担当者)とOps(運用担当者)が連携してアプリケーションのリリースサイクルを速める」といった概念だ。国内では2011年ごろから企業の関心を集めつつあるが、背景には市場競争の激化があるといわれてい...(2013/6/25 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
DevOpsの実現を阻む「3つの壁」を打破し、開発部門も運用部門も同じゴールへ
 DevOpsは「開発と運用の一体化」によって、ITサービス提供のスピードアップ、運用コスト削減、品質向上、障害削減などのメリットが期待できる。こうした効果を最大化できるのは基幹系システムなどの大規模環境となるが、DevOpsをこうしたシステムに適用するケースはまだ...(2016/1/18 提供:株式会社野村総合研究所)

技術文書
DevOpsライフサイクルの実現を支援する、よりスマートなアプローチ
 企業におけるモバイルやクラウド・コンピューティングの活用が本格的に普及する中、顧客をより満足させるアプリケーションを、これまで以上のスピードで提供することが急務となっている。この課題を解決するソリューションと考えられているのが、DevOps というアプロー...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
DevOps実現のために必要なアプローチとは
 今後、競争的優位性を実現するために、ソフトウェアの開発やデリバリーが重要である──そう感じている企業は多いが、ある調査では「自社のチームがそれを効果的に活用している」と考えた企業はわずか25%だった。ソフトウェアを効果的に提供する必要性と、それを行う能...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
日本でのDevOps実現における落とし穴とその回避策
 エンタープライズにおけるモバイルやクラウド・コンピューティングの活用が本格的に普及する中、ユーザーをより満足させるアプリケーションを、これまで以上のスピードで提供するためのアプローチとして、DevOpsが注目を集めている。だが、その名の通り単純にDev(開発...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
システム障害を生む開発と運用の「意識の差」――DevOpsで3つの壁を打破
 野村総合研究所が行ったシステム障害の原因調査によると、オペレーションミス起因が25%である一方、44%が指示ミスや申請ミスなどの運用ミスや基盤設計時の検討不足による考慮漏れだという。これらはシステム設計時から運用標準化を進めることで減らすことができるが...(2016/6/8 提供:株式会社野村総合研究所)

講演資料
品質なしにDevOpsなし――No Quality No DevOps!
 エンタープライズDevOpsの世界では、ソフトウェアライフサイクル全体のスピードアップが求められている。効率化が求められるのは、テスト工程に関しても決して例外ではない。限られた期間内でこれまで以上に品質を高く保つためには、いかに効率的にテストを進めるかがカ...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
【動画解説】品質なしにDevOpsなし――No Quality No DevOps!
 エンタープライズDevOpsの世界では、ソフトウェアライフサイクル全体のスピードアップが求められている。効率化が求められるのは、テスト工程に関しても決して例外ではない。限られた期間内でこれまで以上に品質を高く保つためには、いかに効率的にテストを進めるかがカ...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
なぜDevOpsを実践できないのか? 開発と運用の溝を埋めるために足りないもの
 Webサイトやアプリケーションなど、ITの機能を中核にサービスを提供している企業は、顧客の要求を満たすために新しい機能をより的確に開発し、素早くリリースしなければならない。 しかし、開発チームは納期に追われることが多く、新しいソフトウェアコンポーネントを...(2014/2/24 提供:CA Technologies)

事例
DevOpsは俊敏性を高めることができるのか――サービス仮想化から始めるDevOps事例
 アプリケーションがビジネス成功の鍵を握る今日、ビジネスの俊敏性を高めるためにはアプリケーションを市場に提供するスピードが重要な成功要因となる。メインフレームを含むレガシーシステムは大企業には残っており、これらレガシーシステムと連携するアプリケーション...(2014/12/25 提供:CA Technologies)

講演資料
開発と運用の壁を取り払うことに進化したDevOps は更なる先へ
 元UrbanCode 社 CEOで、現IBM 、デプロイ&リリース製品のソフトウェア・ディレクターであるマチェイ・ザワツキーがDevOps について語るシリーズの第一回目だ。DevOps は開発者のツールを運用側でも使用するようになって最初のイメージが出来た。時間と共に変化するその...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
DevOpsの“キモ”となるリリース作業の効率化
 「DevOps」が注目されているにもかかわらず、開発部門と運用部門のサイロ化により、多くのエンタープライズ企業がDevOpsにいまだに踏み込めずにいる現状がある。サイロ化した組織では、アプリケーションのリリース後の問題発生だけでなく、既にリリースまでに多くの時間...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月7日号:CIOがハマる5つの落とし穴
 Computer Weekly日本語版 1月7日号は、以下の記事で構成されています。■MicrosoftのOffice 365戦略、鍵はセキュリティのアピール Office for iPhoneの公開やDropboxとの連携、Office 365へのシフトなど、MicrosoftのOffice戦略が大きく変わろうとしている。■Microso...(2015/1/7 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
継続的インテグレーションからDevOpsへ 〜アジャイルと自動化の進化〜
 このセッションでは、米国IBMの DevOps エキスパートにより、それまでの経験から導き出されたDevOps 導入のポイントを解説。アジャイル・プロセスと継続的インテグレーションの進化を振り返り、その理解を深めることにより、ソリューションのより効果的な実践を行うこと...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
ソフトウェア品質を50%改善させたDevOps実践ツール活用事例
 ECサイト運営やWebアプリケーションでのサービス/製品販売など、ビジネス成長の多くをテクノロジーに依存している企業は少なくない。世界最大規模の米保険・金融サービス企業であるNationwide Mutual Insuranceもそうした企業の1つであり、米国各地で勤務する5000人以...(2014/5/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
DevOps を定着させるためのベストプラクティス
 DevOps とは、開発(Development)と運用(Operations)が協力し、ビジネス要求を、スピーディーに反映する柔軟なシステムを作り上げるためのプラクティスである。ITIL のような厳密な定義がないため、その解釈はさまざまだが、継続的インテグレーション・ツールを導入...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
DevOps実現に不可欠なアプリケーションパフォーマンス管理(APM)の要件
 アプリケーションやWebサービスの開発と運用の間に存在する壁を打破し、相互のコミュニケーションを円滑にし、プロセスやツールを統一するために、新たな方法論として提唱された「DevOps(Development+Operations)」。 DevOpsの手法では、コンセプト段階から使用終了...(2013/12/6 提供:日本コンピュウェア株式会社)

レポート
DevOps が ROI向上に効く理由と実現に向けた6つのポイント
 開発の現場において、エンドユーザーのニーズに合ったものを迅速に提供し、競合を勝ち抜くためにはどうすれば良いのか。従来のウォーターフォール型の開発では、完成まで長い時間がかかることにより、開発者が作っているものがユーザーの要望に合っているか分かりづらい...(2013/6/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
中部電力の業務継続を支えるアジャイル 実証されたDevOps実践ツールの導入効果とは?
 さまざまな業務でITが利用されている今日、ITサービスなしに業務を進めることは難しい。しかし、従来のウォーターフォール型開発ではユーザーの要求に十分に応えられないケースは多いだろう。なぜなら、コストの抑止や開発期間の短縮に加えて、実際の運用に則したサービ...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
【動画解説】DevOpsの“キモ”となるリリース作業の効率化
 「DevOps」が注目されているにもかかわらず、開発部門と運用部門のサイロ化により、多くのエンタープライズ企業がDevOpsにいまだに踏み込めずにいる現状がある。サイロ化した組織では、アプリケーションのリリース後の問題発生だけでなく、既にリリースまでに多くの時間...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
DevOps でさらに進化するモバイル・アプリケーション開発!
 スマートフォンやタブレットは加速度的に普及している。この市場変化を逃すことなくビジネス・チャンスに繋げるためには、多様化するモバイル・アプリケーション機能要求に柔軟に応える開発ライフサイクル基盤を持つことが必須となる。このセッションでは、モバイル・ア...(2013/10/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
国内最大級の無線LANスポット提供企業に聞くDevOps実践、ツール選びで何を重視した?
 公衆無線LANサービスで国内最大級のスポット数を持つワイヤ・アンド・ワイヤレス。訪日外国人に対して無償で公衆無線LANサービスを提供したり、最近では国内に幅広く展開したアクセスポイントの利用動向を把握し、マーケティング情報として企業に提供するサービスも始め...(2015/6/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
IT部門の開発チームと運用チームが断絶してしまう7つの理由
 「開発と運用の関係は一般的に良好ではないと考えられ、場合によっては有害と見なされることすらある」──。これは米Gartnerの見解(「Catalysts Signal the Growth of DevOps」2012年2月)だ。 確かに、ほとんどのIT部門では両チームは個別の集団であり、両者のコラ...(2013/6/6 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
ソフト開発を加速する4つのエントリーポイント
 現在のビジネスが求める顧客提供価値の品質とスピードを実現するためには、開発+運用の加速化にとどまらず、ユーザーのフィードバックを継続してソフトやサービスに反映・展開するライフサイクルの推進である。そこでIT部門に求められる役割は、開発と運用の領域だけで...(2015/10/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
DevOpsの流れを止めずに正確なリリース、デプロイをするためには
 リリースが DevOps ライフサイクルの中でボトルネックとなるケースが多い。なぜならば、こと本番環境に対するリリースは、システムが安定して稼働することが何より重視されるため、あらかじめ定められた厳格なプロセスにより、人手で行われるのだ。よって時間も工数も容...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading