TechTargetジャパン

事例
「クラウドで災害対策」という選択肢
 東日本大震災以降、災害対策の重要度が高まり、より実効性のある対策が求められる一方で、企業の災害対策予算には限りがあり、十分な対応が行えていないのが現状だ。そのため、クラウドを利用した災害対策に注目が集まっている。 クラウド活用の災害対策は、バックアッ...(2014/3/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
IAサーバの災害対策は問題なし? チェックリストで確認しよう
 東日本大震災以降、災害対策の重要度があなたの企業のIAサーバの災害対策は万全だろうか。まずは、下記のチェックリストを確認してほしい。・経理、営業支援、受発注など止められないシステムが稼働している・多数の業務が集約されているためシステム停止による影響が大...(2014/2/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
三和コムテックの災害対策再提案
 今回の大震災では従来の災害対策についての様々な考慮点が浮き彫りになりました。SCTでは単に基幹サーバーの災害対策だけでなくトータルな災害対策システムをご提案します。□基幹システムだけ災害対策を行っていても、メールができない、申請ワークフローが動かないで...(2011/12/19 提供:三和コムテック株式会社)

レポート
企業の災害対策についてのアンケート調査リポート
■調査概要目的:読者の「BCP(事業継続計画)策定状況」と「災害対策のために導入予定のIT製品」を調査するため方法:Webによるアンケート調査対象:TechTargetジャパン会員調査期間:2013年2月18日(月)〜3月4日(月)総回答数:190件 ※回答の比率(%)は小数点第1...(2013/3/21 提供:アイティメディア株式会社)

事例
BCP対策のプロが指摘する、業務継続と災害対策におけるレプリケーションの注意点
 東日本大震災以降、企業にとって情報システムの継続運用は必須要件となっている。しかし、いわば保険であるBC対策に多大なコストは掛けられない。BCPソリューションの提案実績を多く持つリコージャパンのITソリューションコーディネーターは、重視すべきは「ダウンタイ...(2014/2/18 提供:CA Technologies)

事例
乗換案内サービス「駅探」が災害対策のバックアップにクラウドサービス採用を決めた理由とは
 インターネットの時刻表連動乗換案内サービスで知られる「駅探」は、東日本大震災を機に事業の根幹を支えるデータのバックアップの必要性を痛感し、災害対策への本格的な取り組みを開始。これまで関東圏のデータセンターでシステムを運用してきたが、離れた地域でのバッ...(2014/3/6 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

技術文書
IT資産を有効活用!後付でできるサーバの業務継続・災害対策
 既存のIT資産(サーバ)の償却期間まで対策が立てられないと手を拱いていてはいつ来るとも分からない惨事に耐えられない事態になりかねません。 そこで、既存資産を継続利用しながらも、簡単にできる災害対策をご紹介します。専任の管理者を設けることが難しいオフィス...(2012/11/21 提供:CA Technologies)

技術文書
仮想化で災害対策をする時に考慮しなければならない10のポイント
 VMwareによる仮想化には、「統合」「ハードウェア非依存」「カプセル化」という特徴がある。ソフトウェア環境を物理サーバから切り離し、仮想マシンのファイルをコピーするだけでどこでも稼働させられることを意味する。これは災害対策に最適な特性だが、サーバを仮想化...(2012/4/18 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
企業の災害対策に関する読者調査結果リポート
 東日本大震災から1年がたち、企業の自然災害への危機意識はさらに高まったようだ。TechTargetジャパンで実施した読者調査では、震災後に実施したシステム施策や今後の危機対応姿勢が明らかになった。●調査概要目的:TechTargetジャパン会員を対象に「BCP(事業継続計画...(2012/4/16 提供:アイティメディア株式会社)

事例
東日本大震災時の災害対策でも実証された仮想化技術の導入効果
 電子・電気機器、自動車など、工業製品の品質、安全性を検証する第三者検査機関として、グローバルなビジネスを展開するテュフ ラインランド グループ。その日本法人であるテュフ ラインランド ジャパンは、2001年から仮想化技術を導入し、現在は約9割のアプリケーショ...(2013/8/30 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
横河電機がグローバルNo.1を目指し「攻めのIT」に向け、包括的ITアウトソーシングを採用した理由
 制御事業におけるグローバルNo.1企業を目指す横河電機は、ビジネス構造改革の一環として、IT部門をよりIT戦略の企画・推進に注力できる体制へと刷新した。 さらに同社は「IT人材のIT戦略企画・推進業務へのシフト」を目標に挙げ、ITアウトソーシングの活用によって実現...(2015/8/20 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

製品資料
クラウドによるDR対策、3つのソリューション
 東日本大震災以降、事業継続/災害対策を最優先課題とする企業が増加したが、十分な対策が取れている企業は少ない。その主な理由は「効果や必要性が不明瞭で検討が進まない」「有事に大きなコストをかけられない」「コストや手間からテープバックアップ以上の対策が立て...(2015/2/20 提供:富士通株式会社)

製品資料
オンプレミスで構築する「グローバルファイル共有システム」
 国内外に複数の拠点を持つユーザーの多くは、拠点ごとにファイルサーバを導入する必要があり、データが分散することによるセキュリティリスクと、バックアップや災害対策などデータ保護のためのコストや運用の負担を余儀なくされていた。 SCSKは、このような課題に対し...(2016/10/7 提供:SCSK株式会社)

事例
東京海上日動が、災害対策強化で取り組む「データセンター仮想化」とは
 東京海上日動火災保険(以下、東京海上日動)は、サーバ計2800台を収容するデータセンター2拠点のネットワーク基盤刷新を行った。損保企業として、災害時でもサービスを継続が求められる同社のデータセンターはメイン・サブの2拠点体制で、両センターに設置されたサーバ...(2015/1/14 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
仮想化基盤の新潮流、ハイパーコンバージドNutanixの全てを解説
 従来型の仮想化基盤の信頼性・安全性と、パブリッククラウドの俊敏性・拡張力を兼ね備えたWebスケールの仮想化基盤であるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。仮想化に必要な機器・ソフトウェアが統合されているため、相性を検証する必要なく、30〜60分という短時間で...(2017/2/14 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
バックアップの諸悪の根源を絶つ“2階層”ストレージ管理術
 データ活用がビジネスの成否を分ける時代になり、バックアップ対策があらゆる企業に求められている。その一方で、管理すべきデータは年々増大し、従来型のバックアップ/リストア運用がもたらす膨大な手間とコストで身動きが取れない状態も生まれつつある。 まず考えな...(2016/8/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

比較資料
比較表:VMware環境に最適な「DR(災害対策)」製品
 VMware環境でDR(災害対策)をシンプルに実現するために、各メーカーからリリースされている製品の機能比較を行う。内容は下記の通りである(2014年11月時点、筆者調べ)。・比較表1:主要バックアップソフトと重複排除ストレージの組み合わせの機能比較・比較表2:主要...(2014/12/18 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
災害対策が未実施の企業は46.6%、ファイルサーバ管理者161人の回答が示す「ファイルサーバ管理」の現状
・「ファイルサーバの容量は、15Tバイト以上」という回答が「30.4%」・「複数台のファイルサーバを管理する」という回答が「81.4%」・「災害対策を実施していない」という回答が「46.6%」 皆さんは、この数字を見てどう思われるだろうか? ネットワールドが2012年に...(2013/3/8 提供:株式会社ネットワールド)

事例
「Office 365」をモバイル端末でフル活用――カギは低コストのセキュリティ強化
 近年、顧客先を訪問するような業務を中心に、クラウドサービスとモバイル端末の活用が進んでいる。しかし、十分な情報セキュリティが確保できないために、そのメリットを引き出せずにいる現場も少なくない。そんな課題を解消する手掛かりとなるのが、水道工事を中心とし...(2017/4/10 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
セイコーエプソンなど大手企業6社のIaaS活用、気になる導入効果は?
 クラウドを採用することで得られるメリットはさまざまだ。例えば、新たなサービスのためのIT基盤を短期間で用意したり、余剰リソースを抑えることでコストを削減したり、オンプレミス環境よりも運用管理をシンプルにしたりすることができる。 セキュリティやガバナンス...(2017/2/15 提供:日本電気株式会社)

製品資料
マンガで解決、クラウド利用時のバックアップ「3つの悩み」
 システム障害や災害などへの対策を目的として、クラウドサービスの活用が進んでいる。しかし、非効率なバックアップ運用により、無駄な作業やコストが生じている企業も少なくない。クラウド利用で失敗しないためには、解決すべき幾つかの課題がある。 1つは、バックア...(2016/5/11 提供:Arcserve Japan合同会社)

製品資料
図解でひも解く バックアップ、リカバリにまつわる代表的な4つの課題をすっきり解決
 クラウドやアナリティクス、モバイル、ソーシャルなどから生成される膨大なデータをビジネスに活用できる時代を迎え、データは新たな天然資源と呼ばれるほどになっている。このような貴重なデータを保存するストレージは、経済性や使用効率性を最大限に高めることを求め...(2016/3/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
重複排除技術がコスト効率の高い災害対策に不可欠な理由
 災害対策最大の課題は、膨大なデータのバックアップ/レプリケーションである。データの移動にはCPU使用率やネットワーク帯域、保存するためのストレージ容量、そして時間を大量に消費する。当然、これらにはコストが掛かる。 EMCの重複排除技術は、これらを一挙に解決...(2012/5/28 提供:EMCジャパン株式会社)

Webキャスト
データを守れ! サーバの災害対策 現実解
 データの災害対策を疎かにしていたことで、事業の停止、顧客満足度の低下、最悪の場合には事業継続が難しい局面に追い込まれてしまうことがあります。 しかし「難しい」「手間がかかる」「お金がかかる」というイメージのある災害対策。できることなら簡単に、手間無く...(2011/3/28 提供:日本CA株式会社)

製品資料
コスト最適化が難しい中規模環境のバックアップ、選ぶ価格と機能の条件とは?
 事業継続計画(BCP)や災害対策の観点から、多くの企業がバックアップ製品を導入している。しかし、中規模なシステムを運用する企業の中には、バックアップコストを最適化できずにいるケースが少なからず見られる。 その理由としては、物理/仮想サーバが混在した数十...(2016/7/12 提供:arcserve Japan合同会社)

事例
実測値で見る。焼酎メーカー「霧島酒造」が挑んだバックアップシステム「5つの課題」
 テープバックアップからディスクバックアップへ移行した企業は、災害対策を含め事業継続性の向上やバックアップスピードの改善などの課題に突然直面するケースが多い。そうならないために、ハードウェアの償却時期に合わせ、長期的な改善計画の準備が必要だ。 では、長...(2016/6/27 提供:arcserve Japan合同会社)

技術文書
有事における仮想化、クラウドの価値―災害時の業務継続、省電力を実現するインフラの構築―
 今日、事業継続性の確保と省電力化は企業の緊急課題となっている。しかし、データのバックアップからリアルタイムレプリケーションによるデータセンタレベルのディザスタリカバリまで、システムの規模や内容によって、求められる業務継続性のレベルはさまざまである。 ...(2011/8/22 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
ノートPCやデスクトップPCのバックアップは、なぜ難しいのか?
 ノートPCやデスクトップPCなど、エンドポイント端末の内部にあるデータを定期的にバックアップする体制を整えている企業は、それほど多くない。重要なデータは社内システムにある共有フォルダにコピーし、残りのデータはローカルにのみ、そのまま残しているケースがほと...(2016/11/29 提供:CommVault Systems Japan)

製品資料
今のバックアップでは満足できない2つの理由
 日々増加するデータ量の効率的な格納、システム障害時の事業継続性の確保、セキュリティやコンプライアンスへの対応など、バックアップによるデータ保護の重要性は増しているにも関わらず、効果的な対策が取られていないのが実情だ。 1日24時間という限られた時間に対...(2014/6/25 提供:日本電気株式会社)

製品資料
IDCフロンティアの「1分で接続できるVPN」を支えるルーターとは
 複数の拠点で構築したクラウドを、安全かつ高速なネットワークを利用しながら接続することで、さまざまな可能性が生まれる。互いにバックアップデータを持ち合うことで、災害対策やBCPの充実を図ることもできるし、アプリケーションの不具合が発生した場合なども、互い...(2016/9/30 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

Loading