TechTargetジャパン

レポート
クラウドや仮想化の投資対効果を最大化する「ストレージ」の解決策
 仮想化やクラウドへの企業の投資が活発になっている。しかしその投資対効果(ROI)を考えると、そうしたプロジェクトに必要なストレージインフラのコストが高額となり、結果として仮想化やクラウドから得た効果を相殺してしまっている場合がある。 実際、ストレージ環...(2013/12/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
Oracle Exadata導入で800万ドルのメリットを得た製薬会社事例
 世界最大の製薬会社の1つであるMerck&Co.は、7年間でデータベースユーザーが2倍、データベースサイズは4Tバイト以上に増大した。それに伴い検索速度が低下し、CPUのアップグレードやメモリの追加では限界に達していた。そこで同社はOracle Exadataの導入を決断。これに...(2012/8/31 提供:日本オラクル株式会社)

事例
疲弊したバックアップ環境に効く「重複排除」 採用企業が語る改善ポイント
 万が一のシステム障害に備え、事業の継続性を確保するために多くの企業がバックアップ環境を構築・運用している。しかし近年、データの増加などでバックアップ対象が増大する傾向にあり、またサーバ仮想化によってシステムが複雑になるなどその管理負荷が重くのし掛かる...(2012/6/28 提供:EMCジャパン株式会社)

事例
重複排除によってバックアップ環境を改善した6つの事例
 企業の貴重なデータ資産を保護するバックアップ環境。万が一のシステム障害に備え、事業の継続性を確保するためにも非常に重要な役割を担っている。しかし、サーバ仮想化の普及によるシステムの複雑化、データ量の増加に伴う運用管理コストや人的負荷など、自社に最適な...(2012/3/12 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
VMware環境の導入効果を最大化するストレージ運用
 中堅・中小企業でもサーバ仮想化が普及し、仮想化技術を導入したITインフラの構築が進んでいる。特に、仮想化ソリューション「VMware vSphere」を利用した仮想化環境は、その優れた柔軟性や拡張性がもたらす効果は大きい。 しかし、仮想化環境に適したストレージ環境を...(2012/3/1 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
VMware vSphere環境の導入効果を最大化するストレージ運用
 中堅・中小企業でもサーバ仮想化が普及し、仮想化技術を導入したITインフラの構築が進んでいる。特に、仮想化ソリューション「VMware vSphere」を利用する仮想環境では、その優れた柔軟性や拡張性がもたらす効果は大きい。 しかし、仮想環境に適したストレージシステム...(2011/9/12 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
事業継続や災害復旧に欠かせない「データ保護」機能
 企業にとってデータは貴重な資産の1つだ。そのため、データの保護を最優先事項に含める必要がある。また、システムとデータの可用性確保も重視すべき課題の1つである。システム停止や重要データの紛失は一時的な経済的損失だけでなく、社会的信用の失墜などを招く可能性...(2011/8/23 提供:EMCジャパン株式会社)

レポート
管理者の悩みを一挙に解決!ミッドレンジ・クラス初 全く新しい“オートマチック・ストレージ”
 業務関連の各種ドキュメントやメール・ログなどのビジネス・データは、年率50%ともいわれる勢いで爆発的に増加している。これをいかに保存しておくかは、現代の企業にとって重要な課題となっている。しかし一方では、厳しい景況下においてIT投資額の増加傾向は年5%と...(2010/11/26 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading