TechTargetジャパン

技術文書
構築ガイド:コンテナ型仮想化環境でオープンソースSDSを利用する
 オープンソースソフトウェアを使ったSDS(Software-Defined Storage)により、コストを抑えつつ、大量のデータ管理を柔軟に行うことができるのがRed HatのRHGS(Red Hat Gluster Storage)である。DockerはLinux上で独立した別のLinuxを起動できる、コンテナ型仮想化ソ...(2015/10/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
大注目のコンテナ管理ソフト「Docker」の動向が早分かり
 2013年ごろから一気に注目が集まっているオープンソースのコンテナ管理ソフトウェア「Docker」。コンテナ型の仮想化技術によって、アプリケーションを迅速に構築できることが魅力だ。 最近では「Google App Engine」や「Amazon Web Services」がDockerサポートを発表す...(2014/11/27 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
「Red Hat Enterprise Linux 7」の目玉機能、コンテナ管理ツール「Docker」とは?
 「Red Hat Enterprise Linux 7」の新機能の中でも話題になっているのが、コンテナ管理ツール「Docker」の搭載だ。Dockerは、Linuxコンテナ(LXC)を活用するためのツールで、コンテナ内部で動かすアプリケーション環境の管理を容易にする。 本コンテンツは、Linuxコン...(2014/8/26 提供:レッドハット株式会社)

Webキャスト
コンテナ管理ツール「Docker」、ここが知りたい
 「Red Hat Enterprise Linux 7」に搭載されたコンテナ管理ツール「Docker」だが、どんな機能があって、何がすごいのか。また、そもそもコンテナ型の仮想化は、従来の仮想化と何が違うのか。 本コンテンツは、「Docker」は、何ができるのか、どんな特長があるのかをQ&A...(2014/8/26 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月4日号:Windows 10で試されるIT部門
 Computer Weekly日本語版 3月4日号は、以下の記事で構成されています。■脆弱性を17カ月放置した企業を正すには“晒しあげ”しかないのか? GoogleによるWindows 8.1の脆弱性情報公開で注目される、情報公開の是非。だが、脆弱性を17カ月も放置した企業を動かすには...(2015/3/4 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
コンテナ&マイクロサービス製品導入戦略ガイド
 コンテナとマイクロサービスは個別に導入できるモジュールで、これらを組み合わせてアジャイルで開発された柔軟性の高いアプリケーションを構築できる。 本稿ではそのアーキテクチャがどのように構成され、サプライヤーがそれをどう構築し、これを使う組織にとってどの...(2016/7/27 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
モンタビスタの最新Linux −キャリアグレード・エクスプレス (CGX)
 業界標準であるYoctoの利用によりユーザーは、既存のコードとの互換性を保ちつつ、MontaVista Linux CGXに移行が可能である。 CGXでは主要な組込み向けSoCであるARM、x86、MIPS、PowerPCのアーキテクチャーをサポートするが、近年の組込み開発ではARMの利用が加速して...(2016/11/1 提供:モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月22日号:次に市場から消えるのは誰?
 Computer Weekly日本語版 10月22日号は、以下の記事で構成されています。■Windows Server 2003移行特需に笑うHP、苦境のIBM Windows Server 2003のサポート終了でサーバ市場に変動が起こると予想されている。ここで漁夫の利を得そうなのがHP。一方、IBMとDellはHPに...(2014/10/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
徹底解説:オープンソースの真のパワーとは? コスト削減を超える活用を考える
 従来の硬直的なシステムでは急速に変化する市場や顧客の要望に応えることは難しい。そのように考える企業があらためて注目しているのが、オープンソースソフトウェア(OSS)だ。世界中の開発者やベンダーが協力して開発しているOSSは、開発スピードや優れたユーザーイン...(2016/12/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
基幹システムとAPIが連携、ビジネスモデルの転換を支える次世代インフラとは?
 自動車配車サービスの「Uber」や宿泊施設提供サービスの「Airbnb」といったデジタル企業は、タクシーやホテルなどの資産を持たずに世界中でビジネスを展開している。このような新しいビジネスモデルへの転換は、今後、多くの業種で避けては通れない道となっていくだろう...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

謚?陦捺枚譖ク
莉翫&繧芽◇縺代↑縺?縲後け繝ゥ繧ヲ繝画ァ狗ッ峨↓縺翫¢繧九ロ繝?繝医Ρ繝シ繧ッ莉ョ諠ウ蛹悶?阪r蜈ィ菴灘ワ縺九i逅?隗」縺吶k
縲?繧ッ繝ゥ繧ヲ繝牙渕逶、縺ョ蜿ッ逕ィ諤ァ繧偵>縺九↓鬮倥a縺ヲ縺?縺上°縺ッ縲∫樟蝨ィ縲∝、壹¥縺ョ繝ヲ繝シ繧カ繝シ縺檎峩髱「縺励※縺?繧玖ェイ鬘後□縲ょ柑邇?逧?縺ェ驕狗畑繧貞ョ溽樟縺励↑縺後i蜿ッ逕ィ諤ァ繧帝ォ倥a縲√お繝ウ繝峨Θ繝シ繧カ繝シ縺ョ隕∵...(2015/9/17 提供:繝ャ繝?繝峨ワ繝?繝域?ェ蠑丈シ夂、セ)

レポート
DevOps開発の3要件――「気が付いたら取り残されていた」とならないために
 従来では考えられなかったサービスがITによって誕生してきた。最近ではタクシー配車の「Uber」や民泊案内の「Airbnb」など、業界構造を根底から変えてしまうケースもある。こうした変化は他の業界にも広がるだろう。デジタルトランスフォーメーションに取り残されないた...(2016/11/30 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 11月16日号:Windows Server 2016のココが凄い
 Computer Weekly日本語版 11月16日号は、以下の記事で構成されています。■もう未来の技術ではない──銀行・政府機関で進むブロックチェーン導入■盗聴の可能性? 英国で閣僚のスマートウォッチ禁止令■競合他者も驚いた、ダンキンドーナツのデータアナリティクス戦...(2016/11/16 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
企業利用が期待される「OpenStack」、大躍進の陰に残る課題
 オープンソースのクラウドプラットフォーム「OpenStack」が登場して数年がたつ。OpenStackはその間、インフラを大きく進化させている。そのかいあって、OpenStackは非常に注目を集める存在となった。現にOpenStack FoundationはWalmartやPayPalといった少数の大企業に働...(2016/10/13 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
システム構築は自動化の時代へ──クラウド環境は「変化すること前提」で構築を
 これまでのシステム構築と運用管理は、個々の専門家による構築とコンポーネントごとの個別運用が主流だった。そのため数カ月単位の構築期間や人的ミスの混入、作業負荷の高い管理と運用といった課題が山積みだ。 しかし、より厳しくITの投資対効果が評価される時代に...(2015/10/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
2016年版クラウド市場予測:これからの数年で起きる10の変化
 IT調査会社のIDCは、2017年までに50%以上の国内企業がハイブリッドクラウドに取り組むという予測を発表した。そしてパブリックとプライベートの両方を活用するハイブリッドクラウドは、オンプレミスのシステムとも緊密に連携するとしている。 これらの調査結果をまと...(2016/9/30 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

レポート
メリットもリスクもあるコンテナテクノロジー、コンテナ固有のセキュリティリスク対策
 オープンソースソフトウェア(OSS)で脚光を浴びているコンテナテクノロジーは、リソースの無駄の削減、パフォーマンスの向上など多様なメリットが期待できるとして、導入に前向きな企業は少なくない。しかし、専門家からはコンテナテクノロジー固有のセキュリティリス...(2016/4/20 提供:株式会社ベリサーブ)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月4日号:Windows 10で試されるIT部門(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 3月4日号は、以下の記事で構成されています。■脆弱性を17カ月放置した企業を正すには“晒しあげ”しかないのか?■「Windows as a Service」へ大転換のWindows 10がIT部門に突きつける問題■バッチ処理時間が8分の1に短縮しただけではない...(2015/3/4 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月4日号:Windows 10で試されるIT部門(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 3月4日号は、以下の記事で構成されています。■脆弱性を17カ月放置した企業を正すには“晒しあげ”しかないのか?■「Windows as a Service」へ大転換のWindows 10がIT部門に突きつける問題■バッチ処理時間が8分の1に短縮しただけではない...(2015/3/4 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析でチャンスをつかむ
 企業の行動方針を決定する重要な判断材料として、業務状況の指標の分析は欠かせない。現代は膨大な業務指標データをリアルタイムで処理するが、自力で大規模データを解析するプラットフォームとして「Apache Hadoop」の採用が増えている。 一方、業務指標や経済指標だ...(2016/9/23 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

製品資料
3方向で進化するオールフラッシュ、次世代データセンターに適した製品は?
 この数年で導入企業が一気に増加したフラッシュストレージ。その活用は主に3つの方向で進んでおり、従来型業務システムなどで使われる汎用製品、開発環境に適したストレージQoS重視の製品、データ分析に適した高IOPS・低レイテンシの製品が主要な選択肢となっている。 ...(2016/9/1 提供:株式会社ネットワールド)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月24日号:それでもAzureを選ぶべき理由
 Computer Weekly日本語版 8月24日号は、以下の記事で構成されています。■あらゆる用途にマッチする魔法のブロックチェーンは存在しない■至れり尽くせりなインテリジェントビルを目指す「Watson IoT」導入計画■優秀なDevOpsチームがハマる落とし穴■それでもAWSでは...(2016/8/24 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
1社で2000年当時のインターネット全体に匹敵する規模に成長したクラウド“ビッグ4”は、複雑さをどう手なづけるのか?
 成長を続けるクラウド“ビッグ4”は、それぞれが単独で2000年代初頭のインターネット全体に匹敵する規模に達している。膨れ上がる「複雑さ」をより低コストに取り扱うためには「人工知能」(AI)が欠かせない。CPS利用と組み合わせ複雑さを増すクラウドはこれからますま...(2016/8/22 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
次世代アプリの開発環境、オープンソース向けIT基盤を選ぶべき理由とは?
 今日では、オープンソースを軸とした新規プロジェクトは、開発に参加する個人、商業ベンダー、サービスプロバイダー、エンドユーザー企業などの取り組みや協力により、すぐに立ち上げることができるようになった。また、その開発基盤の信頼性も確立されてきており、マイ...(2016/7/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関するアンケート調査リポート(2016年4月)
 TechTargetジャパンは、企業内でIT導入や運用管理に携わる会員に対し、サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関するアンケート調査を実施した。調査結果からは、サーバ仮想化/デスクトップ仮想化の導入状況や導入後の課題が明らかとなった。目的:TechTargetジャパン会員...(2016/7/11 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

製品資料
そのクラウドの組み合わせ、本当に最適だと思いますか?
 プライベート、マネージド、パブリックなど複数のクラウドを混在状態で活用している企業にとって、大切なのは各サービスの調達、管理、利用を最適化することだ。例えばプライベートで運用していたITサービスを「パブリックに全て移したい」、あるいはマネージドのみで運...(2016/7/13 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
自社に最適な「クラウドの組み合わせ比率」の見つけ方
 プライベートとパブリックの両クラウド環境を利用するハイブリッドクラウドが、多くの企業で導入されるようになった。しかし、プライベートとパブリックの利用割合を最適化することは簡単ではない。コストと運用効率、そしてサービス提供のスピードといった観点で最善の...(2016/7/13 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月22日号:ネットワーク市場を激変させるNFV
 Computer Weekly日本語版 6月22日号は、以下の記事で構成されています。■Microsoftが打ち出した「新SharePoint戦略」は時代遅れ■コンシューマーはFacebook銀行&Google銀行を望んでいる?■「オールIPv6は危険!?」──こんなにあるIPv6のセキュリティリスク■「こん...(2016/6/22 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Red Hat Enterprise Linux 7はここが新しい――新機能や変更点をまとめて紹介
 2014年6月に発表された「Red Hat Enterprise Linux 7(RHEL7)」は、アプリケーションをコンテナ化する仮想化システム「Docker」をはじめ、、Windows環境との相互運用性強化、スケーラブルなファイルシステムなど多くの新機能や変更点が盛り込まれている。本資料は、そ...(2014/11/20 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
エンタープライズオープンソース製品導入戦略ガイド
「Windows」や「UNIX」「Oracle Database」のスキルは今や「レガシー」化したという認識が、IT業界で広がっている。新興企業から大手電子商取引サイトまで、オープンソースソフトウェア(OSS)の利用が拡大し、OSS関連スキルの需要が高まっている。 プロプライエタリ製品...(2016/4/27 提供:アイティメディア株式会社)

Loading