TechTargetジャパン

技術文書
構築ガイド:コンテナ型仮想化環境でオープンソースSDSを利用する
 オープンソースソフトウェアを使ったSDS(Software-Defined Storage)により、コストを抑えつつ、大量のデータ管理を柔軟に行うことができるのがRed HatのRHGS(Red Hat Gluster Storage)である。DockerはLinux上で独立した別のLinuxを起動できる、コンテナ型仮想化ソ...(2015/10/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
大注目のコンテナ管理ソフト「Docker」の動向が早分かり
 2013年ごろから一気に注目が集まっているオープンソースのコンテナ管理ソフトウェア「Docker」。コンテナ型の仮想化技術によって、アプリケーションを迅速に構築できることが魅力だ。 最近では「Google App Engine」や「Amazon Web Services」がDockerサポートを発表す...(2014/11/27 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
「Red Hat Enterprise Linux 7」の目玉機能、コンテナ管理ツール「Docker」とは?
 「Red Hat Enterprise Linux 7」の新機能の中でも話題になっているのが、コンテナ管理ツール「Docker」の搭載だ。Dockerは、Linuxコンテナ(LXC)を活用するためのツールで、コンテナ内部で動かすアプリケーション環境の管理を容易にする。 本コンテンツは、Linuxコン...(2014/8/26 提供:レッドハット株式会社)

Webキャスト
コンテナ管理ツール「Docker」、ここが知りたい
 「Red Hat Enterprise Linux 7」に搭載されたコンテナ管理ツール「Docker」だが、どんな機能があって、何がすごいのか。また、そもそもコンテナ型の仮想化は、従来の仮想化と何が違うのか。 本コンテンツは、「Docker」は、何ができるのか、どんな特長があるのかをQ&A...(2014/8/26 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
オープンソース活用の常識を変えるエンタープライズ向けIT基盤が生み出す価値
 市場のニーズの多様化や予測しきれないビジネス環境変化に対応していくには、常に新しい技術が実装されるオープンソースソフトウェア(OSS)の活用が欠かせない。中でも注目されているのが「Node.js」「Apache Spark」「Docker」の3つだ。 Dockerで柔軟性の高いシステ...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月7日号:そのスマートウォッチ、役に立ってる?
 Computer Weekly日本語版 12月7日号は、以下の記事で構成されています。■コネクテッドカーは本当にチャンスなのか──自動車メーカーが明かす本音■「オンラインショップはセキュリティホールまみれ」と研究者が警告■Microsoftが痛烈批判「他のクラウドベンダーは企...(2016/12/7 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
一気に学ぶLinuxコンテナ――仮想マシンとの違いと具体的なメリット
 LinuxコンテナとDockerにより、アプリケーションの構築や提供、デプロイ、インスタンス化の方法が根本的に変わってしまった。コンテナは仮想マシンのように利用できるうえ、ずっとシンプルな構成であるコンテナは切り出してからすぐに使えるため、多くの企業で利用され...(2017/6/8 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月6日号:乗るしかない この802.11ac Wave 2に
 Computer Weekly日本語版 9月6日号は、以下の記事で構成されています。■ネットワークの広帯域化にシリコンフォトニクスが有望な理由■Dockerに最適の超軽量ディストリビューション「Alpine Linux」■ハイパーコンバージド移行で1億3700万円のコスト削減と速度向上を実...(2017/9/6 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月6日号:乗るしかない この802.11ac Wave 2に(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 9月6日号は、以下の記事で構成されています。■ネットワークの広帯域化にシリコンフォトニクスが有望な理由■Dockerに最適の超軽量ディストリビューション「Alpine Linux」■ハイパーコンバージド移行で1億3700万円のコスト削減と速度向上を実...(2017/9/6 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月6日号:乗るしかない この802.11ac Wave 2に(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 9月6日号は、以下の記事で構成されています。■ネットワークの広帯域化にシリコンフォトニクスが有望な理由■Dockerに最適の超軽量ディストリビューション「Alpine Linux」■ハイパーコンバージド移行で1億3700万円のコスト削減と速度向上を実...(2017/9/6 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月4日号:Windows 10で試されるIT部門
 Computer Weekly日本語版 3月4日号は、以下の記事で構成されています。■脆弱性を17カ月放置した企業を正すには“晒しあげ”しかないのか? GoogleによるWindows 8.1の脆弱性情報公開で注目される、情報公開の是非。だが、脆弱性を17カ月も放置した企業を動かすには...(2015/3/4 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
IoT時代のビジネスを加速するビッグデータ基盤の課題と解決策をプロが伝授
 ビッグデータの活用におけるITの課題は、大きく3つある。巨大なデータの保管、自動配備と資源管理、法令順守に沿ったデータの取り扱いだ。ビッグデータでは、さまざまなデータが多種多様なIoT機器から生成される。それを確実に保管しておく専用のサーバが必要だ。また...(2017/8/3 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージドの進化形、リソース単位で拡張できる次世代型ITインフラ
 IoT技術の台頭などにより基幹システムが取り扱うデータは急増しており、オンプレミス環境でもクラウドサービスのような拡張性や柔軟性を取り込む必要が出てきている。そのためには迅速な仮想サーバ環境の構築に加え、物理サーバやDockerコンテナなどを混在できるものが...(2017/6/8 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
コンテナ&マイクロサービス製品導入戦略ガイド
 コンテナとマイクロサービスは個別に導入できるモジュールで、これらを組み合わせてアジャイルで開発された柔軟性の高いアプリケーションを構築できる。 本稿ではそのアーキテクチャがどのように構成され、サプライヤーがそれをどう構築し、これを使う組織にとってどの...(2016/7/27 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月7日号:そのスマートウォッチ、役に立ってる?(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 12月7日号は、以下の記事で構成されています。■コネクテッドカーは本当にチャンスなのか──自動車メーカーが明かす本音■「オンラインショップはセキュリティホールまみれ」と研究者が警告■Microsoftが痛烈批判「他のクラウドベンダーは企...(2016/12/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月7日号:そのスマートウォッチ、役に立ってる?(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 12月7日号は、以下の記事で構成されています。■コネクテッドカーは本当にチャンスなのか──自動車メーカーが明かす本音■「オンラインショップはセキュリティホールまみれ」と研究者が警告■Microsoftが痛烈批判「他のクラウドベンダーは企...(2016/12/7 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
IoT時代のビジネスを加速するビッグデータ基盤の課題と解決策
 今、多くの企業で、さまざまなIoT機器から生成されるビッグデータを分析し、ビジネスに積極的に活用しようという動きが活発化しつつある。IoT時代におけるIT基盤では、ビッグデータに特化したサーバハードウェアの導入だけでなく、ビッグデータ基盤を自動的に構築する仕...(2017/7/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
「Oracle Cloud」を徹底解説――PaaSとIaaSはどう使い分ける?
 企業システムの構築・運用に必要となるさまざまなサービスを提供する「Oracle Cloud」。クラウドに注力するOracleらしく、その機能は多岐にわたり、その把握も容易ではない。そこで、あらためて同サービスの特徴・機能を確認したい。 Oracle Cloudの大きな特徴は、統一...(2017/9/8 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
注目機能を解説、ビジネス変化に強いハイパーコンバージドインフラの見極め方
 求められる機能の多様化・高度化に伴って、ITインフラは複雑化してきた。必要なリソースは予測が困難で、調達には常にリスクを伴う。複雑化した構成は運用者に高度なスキルを求めるとともに、導入期間も長期化しがちだ。さらに異なるベンダー製品を併用すれば、管理や拡...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
「ブロックチェーン」の課題と可能性――実証実験で見えたインフラ要件とは?
 仮想通貨を支える技術として知られるようになった「ブロックチェーン」。その分散型ネットワーク技術では、取引の記録である「台帳」を分散して管理する。ブロックチェーンにより、セキュアで迅速な取引が可能となることから、近年はさまざまな金融機関や企業がその活用...(2017/8/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ITインフラを1クリックで運用管理――データセンターの複雑化を解消する秘訣
 優れたパフォーマンスやシンプル化、拡張性などを実現するハイパーコンバージドインフラ(HCI)。魅力的な製品が出そろってきたが、数値で比較しやすいスペック・価格だけで選定するのは早計だ。HCIを導入するなら、運用管理機能とストレージ機能にも注目したい。 HCI...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
あらゆるクラウドで最適な環境を実現、次世代アプリケーション基盤の実力は?
 デジタル変革に向けた取り組みでは、クラウドネイティブアプリケーションや分散アプリケーションといった次世代型のアプリケーションが欠かせない。しかし、IT部門にとって、従来型とは異なる特性を備えた、次世代アプリケーションをサポートすることは容易ではない。 ...(2017/6/14 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
世界有数の金融機関が目指した、一元的なビッグデータ分析環境とは?
 世界有数の金融機関UBS AGは、競争力の源泉として分析ツールを活用している。分析のさらなる高度化を目指して、同社が取り組んだのが、ストレージ環境とビジネスインテリジェンス環境の集約だった。単一の共有環境が確立されたことで、組織全体でのデータ活用の可能性が...(2017/6/5 提供:インテル株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月20日号:なぜ暗号通貨は主流にならないのか
 Computer Weekly日本語版 9月20日号は、以下の記事で構成されています。■10万個の業務端末を調べて分かった、フィッシング攻撃の新たな脅威■ロス・ブラウン氏が語るF1のデジタル改革■政府が進めている東京オリンピックのサイバーセキュリティ対策とは?■クラウド市...(2017/9/20 提供:アイティメディア株式会社)

市場調査
クラウドインフラに関するアンケート(2017年6月)
TechTargetジャパンとキーマンズネットは、会員を対象に「クラウドインフラに関するアンケート調査」を実施した。調査結果から、ツールの利用状況や検討状況が明らかになった。目的:TechTargetジャパン会員とキーマンズネット会員で、IT製品・サービスの導入に関与する方...(2017/9/19 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

製品資料
「vSphere 6.5」の新機能を徹底解説、次世代仮想化基盤の真の実力とは?
 「vSphere 6.5」は、インフラやアプリケーションのパフォーマンス、運用性を最大化できる仮想化基盤として定評を得ている。その設計は、シンプルなユーザー環境、包括的なセキュリティ、ユニバーサルプラットフォームを主眼としており、自動化と管理、新旧アプリケーシ...(2017/9/12 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
文科省のガイドライン案にも対応、教育機関に最適なインターネット分離技術とは
 近頃世間を賑わしているさまざまなサイバー攻撃に対して、教育機関も安心してはいられない。実際に、学校が保有する機微情報に対する不正アクセスの事案も発生し、児童生徒の個人情報を守るためにもインターネット環境を校務系システムから分離する必要が出てきている。(2017/8/28 提供:ジェイズ・コミュニケーション株式会社)

製品資料
企業でも導入が進む「インターネット分離」 多くの自治体が導入する製品の正体
 高度なサイバー攻撃が世界的に流行する中、企業の多くは複数のセキュリティ製品を導入して多層防御策を講じている。ただし、セキュリティに絶対確実というものが存在しない今、注目を集めるのが、「インターネット分離」である。脅威の侵入経路になりやすいインターネッ...(2017/8/22 提供:ジェイズ・コミュニケーション株式会社)

製品資料
アプリケーション実装の複雑性を解消、多様な要件に応える次世代インフラとは?
 IT技術の進化とともに、データセンターにおけるアプリケーション上の課題は増え続けている。パフォーマンス、可用性、拡張性、管理性能、ITインフラ、仮想化といった要件は、個々のアプリケーションで異なり、全体として最適化することは容易ではない。 特に、マルチハ...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
クラウド基盤は何を基準に選ぶ?──IaaS・PaaS選びの「5つの要件」
 IoT、デジタルビジネス、ビッグデータ分析など、ビジネスにおけるIT活用が必須となる中で、オンプレミス環境のコストと運用管理、拡張性が問題視されるようになった。そのため、サーバやストレージ、ネットワークのリソースを月額や時間課金で利用できるIaaS(Infrastru...(2017/8/14 提供:日本電気株式会社)

Loading