TechTargetジャパン

技術文書
構築ガイド:コンテナ型仮想化環境でオープンソースSDSを利用する
 オープンソースソフトウェアを使ったSDS(Software-Defined Storage)により、コストを抑えつつ、大量のデータ管理を柔軟に行うことができるのがRed HatのRHGS(Red Hat Gluster Storage)である。DockerはLinux上で独立した別のLinuxを起動できる、コンテナ型仮想化ソ...(2015/10/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
大注目のコンテナ管理ソフト「Docker」の動向が早分かり
 2013年ごろから一気に注目が集まっているオープンソースのコンテナ管理ソフトウェア「Docker」。コンテナ型の仮想化技術によって、アプリケーションを迅速に構築できることが魅力だ。 最近では「Google App Engine」や「Amazon Web Services」がDockerサポートを発表す...(2014/11/27 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
「Red Hat Enterprise Linux 7」の目玉機能、コンテナ管理ツール「Docker」とは?
 「Red Hat Enterprise Linux 7」の新機能の中でも話題になっているのが、コンテナ管理ツール「Docker」の搭載だ。Dockerは、Linuxコンテナ(LXC)を活用するためのツールで、コンテナ内部で動かすアプリケーション環境の管理を容易にする。 本コンテンツは、Linuxコン...(2014/8/26 提供:レッドハット株式会社)

Webキャスト
コンテナ管理ツール「Docker」、ここが知りたい
 「Red Hat Enterprise Linux 7」に搭載されたコンテナ管理ツール「Docker」だが、どんな機能があって、何がすごいのか。また、そもそもコンテナ型の仮想化は、従来の仮想化と何が違うのか。 本コンテンツは、「Docker」は、何ができるのか、どんな特長があるのかをQ&A...(2014/8/26 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
オープンソース活用の常識を変えるエンタープライズ向けIT基盤が生み出す価値
 市場のニーズの多様化や予測しきれないビジネス環境変化に対応していくには、常に新しい技術が実装されるオープンソースソフトウェア(OSS)の活用が欠かせない。中でも注目されているのが「Node.js」「Apache Spark」「Docker」の3つだ。 Dockerで柔軟性の高いシステ...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月7日号:そのスマートウォッチ、役に立ってる?
 Computer Weekly日本語版 12月7日号は、以下の記事で構成されています。■コネクテッドカーは本当にチャンスなのか──自動車メーカーが明かす本音■「オンラインショップはセキュリティホールまみれ」と研究者が警告■Microsoftが痛烈批判「他のクラウドベンダーは企...(2016/12/7 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
一気に学ぶLinuxコンテナ――仮想マシンとの違いと具体的なメリット
 LinuxコンテナとDockerにより、アプリケーションの構築や提供、デプロイ、インスタンス化の方法が根本的に変わってしまった。コンテナは仮想マシンのように利用できるうえ、ずっとシンプルな構成であるコンテナは切り出してからすぐに使えるため、多くの企業で利用され...(2017/6/8 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月4日号:Windows 10で試されるIT部門
 Computer Weekly日本語版 3月4日号は、以下の記事で構成されています。■脆弱性を17カ月放置した企業を正すには“晒しあげ”しかないのか? GoogleによるWindows 8.1の脆弱性情報公開で注目される、情報公開の是非。だが、脆弱性を17カ月も放置した企業を動かすには...(2015/3/4 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージドの進化形、リソース単位で拡張できる次世代型ITインフラ
 IoT技術の台頭などにより基幹システムが取り扱うデータは急増しており、オンプレミス環境でもクラウドサービスのような拡張性や柔軟性を取り込む必要が出てきている。そのためには迅速な仮想サーバ環境の構築に加え、物理サーバやDockerコンテナなどを混在できるものが...(2017/6/8 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
コンテナ&マイクロサービス製品導入戦略ガイド
 コンテナとマイクロサービスは個別に導入できるモジュールで、これらを組み合わせてアジャイルで開発された柔軟性の高いアプリケーションを構築できる。 本稿ではそのアーキテクチャがどのように構成され、サプライヤーがそれをどう構築し、これを使う組織にとってどの...(2016/7/27 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月7日号:そのスマートウォッチ、役に立ってる?(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 12月7日号は、以下の記事で構成されています。■コネクテッドカーは本当にチャンスなのか──自動車メーカーが明かす本音■「オンラインショップはセキュリティホールまみれ」と研究者が警告■Microsoftが痛烈批判「他のクラウドベンダーは企...(2016/12/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月7日号:そのスマートウォッチ、役に立ってる?(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 12月7日号は、以下の記事で構成されています。■コネクテッドカーは本当にチャンスなのか──自動車メーカーが明かす本音■「オンラインショップはセキュリティホールまみれ」と研究者が警告■Microsoftが痛烈批判「他のクラウドベンダーは企...(2016/12/7 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
IoT時代のビジネスを加速するビッグデータ基盤の課題と解決策
 今、多くの企業で、さまざまなIoT機器から生成されるビッグデータを分析し、ビジネスに積極的に活用しようという動きが活発化しつつある。IoT時代におけるIT基盤では、ビッグデータに特化したサーバハードウェアの導入だけでなく、ビッグデータ基盤を自動的に構築する仕...(2017/7/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
あらゆるクラウドで最適な環境を実現、次世代アプリケーション基盤の実力は?
 デジタル変革に向けた取り組みでは、クラウドネイティブアプリケーションや分散アプリケーションといった次世代型のアプリケーションが欠かせない。しかし、IT部門にとって、従来型とは異なる特性を備えた、次世代アプリケーションをサポートすることは容易ではない。 ...(2017/6/14 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
世界有数の金融機関が目指した、一元的なビッグデータ分析環境とは?
 世界有数の金融機関UBS AGは、競争力の源泉として分析ツールを活用している。分析のさらなる高度化を目指して、同社が取り組んだのが、ストレージ環境とビジネスインテリジェンス環境の集約だった。単一の共有環境が確立されたことで、組織全体でのデータ活用の可能性が...(2017/6/5 提供:インテル株式会社)

講演資料
デジタル変革を阻害する「ハイブリッドITの複雑化」を解消するには?
 近年、注目される「デジタルトランスフォーメーション」の取り組みでは、非常に複雑化した従来型アプリケーションや、極度に分散されたクラウド対応アプリケーションが課題となっている。これまで進めてきたハイブリッドIT環境は、複雑になりすぎて、いまではイノベーシ...(2017/5/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
モンタビスタの最新Linux −キャリアグレード・エクスプレス (CGX)
 業界標準であるYoctoの利用によりユーザーは、既存のコードとの互換性を保ちつつ、MontaVista Linux CGXに移行が可能である。 CGXでは主要な組込み向けSoCであるARM、x86、MIPS、PowerPCのアーキテクチャーをサポートするが、近年の組込み開発ではARMの利用が加速して...(2016/11/1 提供:モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社)

製品資料
着目すべきは導入時のトータルコスト。4つの理由で選ばれるLinuxONE
 サーバの導入/買い換えにおけるTCO削減のアプローチとして、IBMのハイエンドLinuxサーバである「IBM LinuxONE」が注目されている。その4つの技術的な理由は、IBM LinuxONEがメインフレームとオープンシステムのメリットを併せ持つことで実現している。 メインフレーム...(2017/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
「Oracle Cloud」基礎解説:IaaS移行に向けて知っておきたい8つの機能
 多くの企業が「競争力の維持にはインフラの見直しが必要」と気付いており、IaaSへの移行に関心を示している。全世界でのIaaSへの投資額は、2015年の約150億ドルから、2020年には560億ドルまで急増する見込みだ。 このようにIaaSの利用が拡大する一方で、大企業の利用は...(2017/4/17 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
「Oracle Cloud」を徹底解説――PaaSとIaaSはどう使い分ける?
 企業システムの構築・運用に必要となるさまざまなサービスを提供する「Oracle Cloud」。クラウドに注力するOracleらしく、その機能は多岐にわたり、その把握も容易ではない。そこで、あらためて同サービスの特徴・機能を確認したい。 Oracle Cloudの大きな特徴は、統一...(2017/4/3 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
セキュリティ調査レポート:「シャドーIT」がクラウド導入に与える影響は?
 近年、企業が採用するクラウドサービスには、さまざまな形態や規模が存在する。いずれもコスト削減や柔軟な組織運用を可能にするものだが、このような技術の変化は、セキュリティ対策の負担も増加させている。中でも深刻な問題となっているのが「シャドーIT」だ。 セキ...(2017/6/30 提供:マカフィー株式会社)

講演資料
無制限でシームレスに拡張できる次世代オールフラッシュの注目点は?
 さまざまなモノがインターネットにつながるIoT時代となり、企業には、生成される膨大なデータを分析、保管、保護するための準備が求められている。今後は、無制限でシームレスに拡張できるストレージ環境がより重要となっていくだろう。 このような要求に応える形で登...(2017/5/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

比較資料
比較で検証、ディープラーニング専用機の処理能力と電力効率の可能性
 画像認識や音声認識に活用される「ディープラーニング」技術。ここ数年で実用化が急速に進んだ結果、写真の自動分類サービスや商品のレコメンドシステムなど、身近な事例も増えてきた。業界を問わず多くの企業が、この技術を新しい価値の創出に応用しようと研究を重ね始...(2017/1/30 提供:GDEPソリューションズ株式会社)

製品資料
変換・再設定なしで仮想マシンをクラウドへ、移行の課題を一気に解消
 仮想マシンをオンプレミスからクラウドに移行するには多くの課題がある。多くのパブリッククラウドサービスは、アプリケーション環境に不可欠なレイヤー2ネットワークをサポートしておらず、VMwareベースの仮想ソフトウェア製品をそのまま稼働させることも難しい。これ...(2017/4/17 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージドインフラ基礎解説:性能と可用性を見極めるポイントは?
 仮想化環境に必要な要素がまとまったハイパーコンバージドインフラ(HCI)。ソフトウェアや管理ツールの機能に目が行きがちだが、その土台となるのはハードウェアの性能だ。スペックは当然として、注目したいのが信頼性や柔軟性を向上する機能だ。 例えば劣化したHDDは...(2017/3/24 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月22日号:次に市場から消えるのは誰?
 Computer Weekly日本語版 10月22日号は、以下の記事で構成されています。■Windows Server 2003移行特需に笑うHP、苦境のIBM Windows Server 2003のサポート終了でサーバ市場に変動が起こると予想されている。ここで漁夫の利を得そうなのがHP。一方、IBMとDellはHPに...(2014/10/22 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
デジタルビジネス実現への道「クラウド運用のホワイトボックス化 8つの極意」
 デジタル化の進展に伴い、IoTやAIを活用した新たなビジネスの創出に取り組む企業が増えている。その一方で、日々の運用に人手を割かれ、新規ビジネスを開拓するための業務システム開発に着手できない──その悩みは、多くのIT部門で共通するものだろう。経営から期待さ...(2017/4/17 提供:日本電気株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月5日号:ファイアウォール管理の悩み
 Computer Weekly日本語版 4月5日号は、以下の記事で構成されています。■今だから再評価すべき、DIMMスロットに装着するフラッシュメモリ「Memory1」■FIDO U2F標準対応の効果は? 60万件/日のセキュリティ侵害が生じるFacebook■Yahoo!がSpark/Hadoop環境で使える「...(2017/4/5 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
顧客データの分散状況を瞬時に解決、パーソナルマーケティング基盤の実力は?
 一人一人の顧客の状況をリアルタイムに把握し、属性・嗜好・状態に応じたアプローチを行う「パーソナルマーケティング」。成約率や顧客満足度などの大幅な向上が期待できることから、多くの企業のマーケティング部門が注目しているが、その実現は容易ではない。 ICTの...(2017/4/3 提供:富士通株式会社)

講演資料
コンテナの価値は突き詰めれば2つ「生成の早さ」「再現の高さ」
 クラウドが一般的になるにつれて、開発の基盤はハイパーバイザー型の仮想化ソフトウェアからコンテナに移行している。コンテナが評価されているのは、生成が早いためアイデアの実装に有利な点と、再現性が高いため大幅で試験的な変更も加えやすい点だ。 コンテナのメリ...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Loading