TechTargetジャパン

技術文書
LPDDR4の性能と消費電力を最適化するマルチチャネル・アーキテクチャ
 本稿では、従来のJEDEC DRAM仕様とLPDDR4の違いに焦点を当てながら、以下の内容について説明します。・LPDDR4が選ばれる理由・LPDDR4アーキテクチャの特長・LPDDR4の最適なチャネル構成・マルチチャネル接続で2ダイおよび4ダイ・パッケージを扱う方法・SoC分割によるチ...(2016/9/1 提供:日本シノプシス合同会社)

技術文書
6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵
 次世代データセンターに求められているものとしては、サイロ化の解消、アプリケーションやワークロードのインフラ統合、全体自動管理などが挙げられる。これらがイノベーションを支え、競争力をもたらす鍵になると期待されている。 しかし単一の基盤を共有する環境では...(2016/12/6 提供:ネットアップ株式会社)

比較資料
2大フラッシュストレージ徹底比較:IaaS導入環境に適した製品はどっちだ?
 さまざまなベンダーが提供するオールフラッシュストレージ。しかし、次世代データセンター対応アプリケーションが必要とする拡張性や即応性、運用の自動化、パフォーマンス保証に対応できる製品選びは非常に難しい。 そこで本コンテンツでは、2大オールフラッシュスト...(2016/11/10 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
通信事業者級の安全性を実現、大規模ネットワークに最適なサービスゲートウェイ
 ファイアウォールなどのネットワークセキュリティ機能は、利用する規模に応じて、求められる性能や機能が違ってくる。大規模ネットワークでは、支店や中・大規模拠点で利用される製品とは桁違いのスループット性能や、より高度なセキュリティが求められる。 本コンテン...(2016/11/21 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
IoT時代における産業用コンピュータの魅力と役割
・産業用コンピュータの魅力/IoT時代の産業用コンピュータ・コンテックの最新ラインアップ(ボックスコンピュータ、FAコンピュータ)・産業用SSDと民生SSDの違い/SSDの種類と特性/SSDの寿命・Windows 10 各エディションの違い/Windows 10 IoT Enterprise とは/ロックダ...(2016/11/15 提供:株式会社コンテック)

プレミアムコンテンツ
あのロボットが私の開発費を食っている!
 自動車が自動運転車へ進化するよう、ヒューマンインタフェースが「動作」から「目標」にシフトしてデバイスが自律性を得ようとしている中、システム制御の主体は徐々に人間のオペレーターからシステムに移っています。そしてその流れの中でロボット工学の概念とそれに伴...(2016/11/14 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
組み込みシステムにおける並列処理の実現手法を検討する
 組み込みシステムに求められる要件は厳しさを増す一方であり、その解決に並列処理を導入することは優れたアイデアといえるでしょう。しかし、実際の並列化に際してその手法はコードに含まれる並列処理の性質と、選択するハードウェアによって決まります。つまり、全てを...(2016/10/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
SSDの限界を超えるアプリケーション高速化、「NVDIMM」の導入効果は?
 従来のHDDを活用したストレージシステムの性能を改善する方法として、フラッシュメモリを用いた動きが目立っている。HDDより速くI/Oを実行できるフラッシュメモリを使用してボトルネックを解消する方法だ。 一方、フラッシュメモリよりも高速なI/Oに対する要求も顕在化...(2016/8/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly フラッシュストレージ市場総まとめ 2016
 データ分析など特定用途で従来使われてきたフレッシュストレージの市場が拡大している。技術革新や供給の拡大によって容量当たりの価格が下落し、HDDと変わらない製品も登場。基幹システムなど幅広い用途で使われるケースが多くなってきた。 当コンテンツはフラッシュ...(2016/9/23 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

製品資料
基幹システムのTCOを削減、スケールアウト型オールフラッシュ製品の選び方
 オールフラッシュストレージ製品の選定では、用途に応じたチェックポイントが幾つかある。例えば基幹システムやビッグデータ分析などに活用する場合は、フラッシュに最適化され、スケールアウト型として確固たる実績を持つ製品が望ましい。 一貫して安定したレスポンス...(2016/9/1 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
DB刷新はストレージから――分析回数・範囲に響くI/O遅延の課題を解消
 ネットワークの帯域は9カ月ごとに倍になり、CPUやメモリの性能は18カ月ごとに倍になるといわれるように、サーバやネットワークはこの10年で大きく進化した。それに比べて、ディスク性能の進化は15年間で見ても100倍程度にとどまるという。 このような進化のギャップに...(2016/9/6 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly フラッシュストレージ市場総まとめ 2016
 今や激戦区となったフラッシュストレージ市場。2016年はどのような製品が登場し、さらにどのような進化を遂げるのか。2016年のフラッシュストレージ市場を解説した3つの記事をまとめた。 本PDFは以下の2つの記事で構成されている。■6大サプライヤーの2016年オールフラ...(2016/8/9 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
狙われやすいOSSデータベースを守る「透過的データ暗号化」とは何か
 さまざまな手法で企業の重要データを狙う攻撃者にとって、従業員の個人情報や顧客情報が格納されたデータベースは格好のターゲットとなる。そのため、特にオープンソースソフトウェア(OSS)のデータベースでは、安全性が問題とされることが多い。 しかし、最新技術を...(2016/8/3 提供:富士通株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年11月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年11月号をご紹介。 特集記事では、201...(2016/7/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年1月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年1月号をご紹介。 特集記事では、限界...(2016/7/4 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2016年5月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2016年5月号(最終号)をご紹介。 特集記事...(2016/7/8 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ストレージの基礎解説――オブジェクトストレージの活用法と効果
 モバイルの普及に伴い商業、製造業、研究調査、個人の日常活動などで生成される非構造化データ(テキスト、画像、さらにはセンサー情報など)の量は爆発的に増加している。こうしたデータの急増が、IT基盤運用において大きな負荷となっている。また、データを扱うストレ...(2016/7/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年3月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年3月号をご紹介。 特集記事では、USB...(2016/7/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月20日号:AppleとMicrosoftのオープンソース戦略
 Computer Weekly日本語版 7月20日号は、以下の記事で構成されています。■AppleとMicrosoftのオープンソース戦略がコミュニティーに支持される理由■2016年、CIOが導入に積極的な技術はモバイルとSDN、そして……■弁護士に学ぶ、オープンソースの法的リスクとその管理...(2016/7/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2016年3月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2016年3月号をご紹介。 特集記事では、「Mo...(2016/7/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2016年1月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2016年1月号をご紹介。 特集記事では、2015...(2016/7/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly ストレージ導入の成否を決める注意点
 導入したストレージが期待通りのパフォーマンスを発揮しない。その原因は、その目的や用途によって異なる注意点を考慮していないことにある。ストレージ導入前に読んでおくべき3つの記事を集めた。 本PDFは以下の3つの記事で構成されている。・仮想化環境のストレージ...(2016/6/15 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月25日号:ビジネス化するランサムウェア
 Computer Weekly日本語版 5月25日号は、以下の記事で構成されています。■ランサムウェアにファイルを暗号化されてしまった2つの組織の分かれ道■「Windowsの操作に最も便利なPowerShell」製ランサムウェアの脅威■1150万文書から関係性を洗い出せ――「パナマ文書」解...(2016/5/25 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
若手エンジニアに贈る「組み込み業界の常識・非常識」【前編】
 本連載コラムは、組み込みソフトウェア開発を知り尽くしたベテラン・エンジニアから、若手の組み込みエンジニアへ贈る応援メッセージである。連載第1〜5回までを「Part1」としてまとめてお届けする。・第 1 回:どんな組み込みエンジニアになりたいですか?・第 2 回:...(2016/3/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
2015年、半導体業界の買収/合併劇を振り返る
 米調査会社のIC Insightsによると、2010〜2014年までに行われた半導体業界の買収案件では、年平均100億米ドルあまりの金額が動いたという。この調査結果に対して、2015年に実施/発表された買収案件の買収総額は何と1000億米ドルを超える。平年の10倍、過去5年間の総額...(2016/5/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
PS4の中身から、半導体の未来を占う
 半導体や電子機器の解析を手掛けるカナダの Chipworks は、スマートフォンやタブレット端末の分解リポートを公開する iFixit と共同で、ソニーの「プレイステーション 4(PS4)」を分解した。 「ソニーは、7年をかけて開発した多くの革新的な設計を PS4 に盛り込んだ」...(2016/3/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
ストレージの能力を見極め、サービス品質を保証する「6つの要件」
 次世代型IT環境とは、アプリケーションのパフォーマンスを最大化させ、安定的にサービスを提供できる環境のことを指す。その上で運用管理が適切に自動化され、障害予測が迅速に実行されることが望ましい。重要となるのが、ストレージの能力である。アプリケーションやワ...(2016/3/9 提供:SolidFire)

技術文書
高性能コンピューティングのための「理想的な」インターコネクトとは
 あらゆるコンピューティングで必要なインターコネクト。インターコネクトの消費電力は増大の一途をたどっており、その効率性を高めることが重要視されている。 本稿では、オープンな高性能コンピューティングのための「理想的な」効率の高いインターコネクトの特性を紹...(2016/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
ビッグデータアプライアンス製品導入戦略ガイド
 新しい製品と位置付けられていたビッグデータアプライアンスが、データウェアハウスハードウェアやソフトウェア向けの主流製品へと成長している。アプライアンスは、サプライヤーがハードウェアに必要なOSとデータベースをプリインストールして、全てをデータウェアハウ...(2016/2/24 提供:アイティメディア株式会社)

Loading