TechTargetジャパン

レポート
企業内弁護士が苦手とするOSS――法的リスクは誰がどのように抑えるのか?
 開発現場におけるオープンソースソフトウェア(OSS)の利用が急速に進んだことで、OSSの使用規模と範囲を把握できないまま開発が進むケースが見られるようになった。GPL(General Public License)などへの違反があっても誰も気が付かないような状況が、企業にとって大...(2016/6/6 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

プレミアムコンテンツ
リアルタイム処理にみる、組み込み開発における仮想化のメリット
 「仮想化技術」という言葉を聞くと、ほとんどの方はデスクトップPCやサーバでの利用を頭に思い描くことでしょう。しかし、仮想化技術はデスクトップPCやサーバ用途だけでなく、組み込み分野でも“十分期待されるもの”として注目されつつあります。 仮想化技術とは「ハ...(2017/4/4 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
NoSQLデータベース製品導入戦略ガイド
 世の中には大量のデータが存在する。だがその多くは、複雑なクエリ言語を伴う重量級のリレーショナルデータベースに保存する必要はない。本稿ではNoSQLデータストアという新しいカテゴリーと、それがどう使われているかについて解説する。 本PDFは以下の3つの記事で構...(2016/11/22 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
オープン規格と製品の差別化
オープンソースの使用は、ベンダ依存を回避し、高いカスタマイズ性を実現する上で最善の方法であると考えられている。しかし、こうしたメリットを受けるには、実は「オープンソース」よりも「オープン規格」が適している。オープン規格により、コードの再利用の促進、相互...(2013/11/14 提供:QNX ソフトウエア システムズ株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月24日号:それでもAzureを選ぶべき理由
 Computer Weekly日本語版 8月24日号は、以下の記事で構成されています。■あらゆる用途にマッチする魔法のブロックチェーンは存在しない■至れり尽くせりなインテリジェントビルを目指す「Watson IoT」導入計画■優秀なDevOpsチームがハマる落とし穴■それでもAWSでは...(2016/8/24 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
オープンソース解析ツールって本当に使えるの?
 流体解析ツールといえば有名ベンダーが提供する高価なものというイメージを持つ読者は多いだろう。しかし、オープンソースベースで開発されてきた解析ソフトの性能はかなり向上し、国内外の企業の研究部門などを中心にユーザーも増えているという。 オープンソースの流...(2015/9/24 提供:アイティメディア株式会社)

事例
大規模な並列流体解析をオープンソースとクラウドで実現するメリットとは?
 研究機関や企業の研究開発部門を中心に、オープンソースの流体解析ツールの利用が進んでいる。 ベンダー製ツールと違い、本体にはライセンス料がかからないため大規模PCクラスタによる並列計算でもコストが抑えられる利点がある。このことは、必要なときに必要なだけす...(2015/6/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
金融サービスに不可欠なオープンソースガバナンス
 2008年の金融危機はグローバルな金融サービスに規制の強化と消費者の信頼低下という大きな影響をもたらした。リスク管理に重点が置かれる一方で、ITには効率化やコスト削減が求められるようになった。金融サービスのIT運用には、透明性、保護と弾力性、スピードとアクセ...(2014/10/29 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

技術文書
競争価値を生み出すオープンソースソフトウェア(OSS)利用のリスク管理とは?
 OSSは、既に広く周知、報告されているコスト、スケジュール、フィーチャと言ったソフトウェアの「鉄の三角形」に対する特効薬と言われている。一方で、企業にとっては重大なリスクもある。 コンプライアンスを保証し、エクスポージャを削減す適切な統制とプロセスなし...(2014/3/3 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

比較資料
Linux TCO比較──標準化、無償と商用の混合、無償のみ、TCOが最も低いのは?
 取得原価(出費ゼロ)で訴求力のある無償のソリューションは、定義上最も保有コストが低いと見なすことは容易だ。しかしこれはITの人件費がゼロの場合に限る。 事実、IDCの調査によるとOSソフトウェアのコストは、全体的な総所有コスト(TCO)分析においては比較的わず...(2014/5/7 提供:レッドハット株式会社)

レポート
オープンソースの戦略的活用が金融サービスを変える
 モバイルデバイスの普及に伴い、銀行や金融サービス企業もモバイルアプリケーションへの迅速な対応を求められるようになった。コスト効率化を推進し、ソフトウェア開発を加速化する必要に迫られた金融サービス機関は、オープンソースソフトウェア(OSS)を戦略的に利用...(2014/4/4 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

Webキャスト
10分でわかる!弁護士によるオープンソース・ライセンス(GPL)違反訴訟事例解説
DLAパイパー日本、東京パートナーシップ 外国法共同事業法律事務所 岩城 肇 弁護士による、オープンソース・ライセンス(GPL)違反訴訟事例の代表的なBusyBox訴訟についての解説です。OSS(オープン・ソース・ソフトウェア)を利用した開発における、コンプライ...(2012/9/18 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

カタログ
OSS利用・再利用開発の価値、費用対効果はいくらなのか-UK金融サービス企業ROI算出事例
 更なる開発・生産コスト削減を求められたUK金融サービス企業において、OSS利用・再利用により、どれだけ開発時間、開発費が削減できるのか、その結果削減できた時間数、金額は? 既存の所有コードとOSSコードを共に利用した開発で効率をあげることは可能なのか、その管...(2013/10/1 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

技術文書
99.999%の可用性を維持する「MySQL Cluster 7.3」新機能解説
 「MySQL Cluster」は、99.999%の高可用性とオープンソースによる低総所有コスト(TCO)を兼ね備えた、リアルタイムなトランザクションデータベースだ。単一障害点を持たない分散型マルチマスターアーキテクチャ設計を採用し、コモディティハードウェアを利用して自動シ...(2013/12/27 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
オープンソース活用における時間短縮・開発コスト削減にかかせない、オープンソースのライフサイクル5段階とは?
 開発部門内、自社内、外部調達したソフトウェエアも含んだ、ソフトウェア開発におけるOSSの使用法を効果的にコントロールするためには、取り組むべきオープンソースのライフサイクル5段階がある。OSS管理ライフサイクル各ステージでの適切なコントロールによる、これま...(2013/12/24 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

講演資料
Webとモバイル、両者を融合したアプリ開発のベストプラクティス
 モバイルWebやモバイルアプリケーション開発基盤「IBM Worklight」を使用したハイブリッドアプリケーションの開発では、HTML5、JavaScript、CSS3といったWeb技術を利用する。しかし、モバイルアプリケーションの場合、PC上のアプリケーションとは異なり、モバイル固有の...(2013/1/29 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
サーバー仮想化における システム構成ガイド ホワイトペーパー ─ 第 2 版
 Hyper-Vは、Microsoft Windows Server 2008の標準機能として組み込まれたサーバー仮想化テクノロジーです。Microsoft Windows Server 2008 R2には、Hyper-V 2.0が搭載され、パフォーマンスおよびスケーラビリティのさらなる拡張、ライブマイグレーションや仮想ストレー...(2010/5/10 提供:マイクロソフト株式会社)

技術文書
GlassFishコミュニティ/GlassFishアプリケーションサーバの概要
 サン・マイクロシステムズは、2005年のJavaOneで、SunのアプリケーションサーバとJava EEリファレンス実装をオープンソース化するためのProject GlassFishを発表。これは、すべてのJava プラットフォームをオープンソース化する最初のステップであったが、Java EE 5の普...(2007/12/27 提供:サン・マイクロシステムズ株式会社)

技術文書
「じつは、そのコード使えません!」それを防ぐための転ばぬ先の杖
オープンソースソフトウェアには様々なライセンスがあり、知らずに改変、流通させるとライセンス違反で訴訟となるケースもある。その様な事態を避ける為のライセンスに関する基礎知識、管理、自動管理ツールを解説。オープンソースソフトウェアのソースコードを利用するに...(2006/7/20 提供:サイオステクノロジー株式会社)

技術文書
進化する! データベーステクノロジー
現在の主流であるリレーショナルデータベース(RDBMS)が登場してから約30年たつ。本電子ブックレットでは、今なお進化を続けるデータベースに求められる最新機能を、これまでのデータベースの進化を振り返りながら考えていく。 主要なRDBMS製品として、オラクルの「Orac...(2008/3/17 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
ブレードサーバにおけるVMware VMotion性能
仮想化インフラが日本においても普及し始めた現在、仮想化対象システムの規模に応じて適正コストでのサイジングが重要になる。今回のテストは、VMware環境の中でも最もポピュラーに用いられるVMotion機能とNICの負荷の関係について着目した。特に、オンボードでのネットワ...(2007/9/4 提供:デル株式会社)

技術文書
オープンソースOSで実現する仮想化環境
2007年初頭にリリースされたRed Hat Enterprise Linux 5は、「Xen」をベースとした仮想化機能を新たに搭載した。このホワイトペーパーでは、オープンソースで実現する仮想化システムについて解説する。 Red Hat Enterprise Linux 5では、セキュリティやパフォーマンスに...(2007/5/25 提供:デル株式会社)

技術文書
仮想化のスケーラビリティと性能の評価を最新版クアッドコアで検証
IT環境において、大きなテーマとなっている仮想化・統合化。そのプランと実行に向けて判断基準となる指標を、新世代/前世代サーバ、デュアル/クアッドコアプロセッサーの比較検証を通して提示。スケーラブルエンタープライズの実現で大きな役割を担うのは統合化と仮想化...(2007/4/27 提供:デル株式会社)

Loading