TechTargetジャパン

レポート
世界のITリーダー1000人に調査、73%が「ハイブリッドクラウドで競争優位に立てる」
 世界のITリーダーの7割が「ハイブリッドクラウド」を重点分野と考え、競争優位に立つための戦略だと考えているが、まだ有効活用には至っていない――本資料は、アバナードが、世界21カ国の企業経営者やIT部門のリーダー1000人に対して行ったハイブリッドクラウドに関す...(2015/4/21 提供:アバナード株式会社)

製品資料
74%がハイブリッド戦略を推進、ハイブリッドクラウド活用の「3つのポイント」
 ITシステムのクラウド移行は、ビジネスのために最適なリソースを組み合わせる「ハイブリッド」なアプローチが注目されている。クラウド、非クラウド領域を一元化し、真の意味でIT運用をサービスとして管理するために、ハイブリッドの影響を理解し、戦略を立てて導入を円...(2015/11/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
IBMによるハイブリッドクラウド設計・運用の鍵 OpenStackも怖くない
 ITインフラのクラウド化への移行は必然の流れとなりつつある。しかし、既にクラウド化に着手した企業では、社内にプライベートクラウド基盤が乱立し期待された運用負荷軽減効果が得られていないといった現実もある。そこで注目を集めるのが、プライベートとパブリックを...(2015/11/25 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
AWSとVMwareのハイブリッドクラウド、実現性はどれくらい?
 ハイブリッドクラウドへのチャレンジは、クラウドへの移行で終わるわけではない。社内のオンプレミス環境を外部のクラウドサービスと連係することで、新たな問題が次々と出現するのだ。 例えば、VMware環境と「Amazon Web Services」(AWS)を連係するハイブリッドクラ...(2016/3/24 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
多様なビジネス変化に適するハイブリッドクラウド、柔軟性と堅牢性を最大限に引き出す構築方法とは
 企業のIT基盤は、パブリッククラウドの拡張性や柔軟性、プライベートクラウドの可視性や堅牢性が活用できるハイブリッドクラウドにシフトしつつある。一方で、ハイブリッドクラウドの導入には、外部クラウドとシームレスに統合するための技術上の課題や、既存ITの活用...(2015/12/3 提供:デル株式会社)

Webキャスト
ハイブリッドクラウドを使い倒す、Software DefinedとOpenStack
 現代のビジネス環境においては、ERPなどSoR(Systems of Record)と呼ばれる従来型のITと、インターネットやIoTから発生するデータを扱うSoE(Systems of Engagement)と呼ぶこれからのITの2つを、目的に応じて使い分ける必要がある。 そのためにも、従来型の物理環境...(2015/12/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
JFEスチールがハイブリッドクラウドでIT基盤を構築、コスト効果と柔軟性を両立
 大手鉄鋼メーカーのJFEスチールは、経営のグローバル化や、ビジネス環境の変化に柔軟に対応すべく、中期経営計画の中で「攻めのIT経営」をさらに強化・推進するIT基盤の構築に取り組んでいる。「クラウドファースト」の方針の下、基幹業務システムの契約更新を機にクラ...(2016/2/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
神奈川トヨタが20日間で構築した事例に学ぶハイブリッドクラウド導入4つのポイント
 クラウドサービスの提供が始まってから既に数年が経過し、企業におけるクラウド利用形態に変化が出てきた。オンプレミス環境での自社サービス開発にこだわらず、パブリッククラウドサービスを組み合わせて利用するハイブリッドクラウド導入に取り組む企業が増えてきた。(2015/1/30 提供:株式会社テラスカイ)

事例
ハイブリッドクラウドで再注目、応用すれば大きく活躍するMPLS
 「MPLS(Multi Protocol Label Switching)」は、「IP-VPN」や「広域イーサネット」を構築する上で、通信の高速化や安定化、ネットワーク運用の簡便化を実現するものとして活用されてきた。MPLS対応ルーターで構成されたネットワークでは、各パケットの経路情報に「ラベ...(2015/10/2 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

比較資料
ハイブリッドクラウド管理ツール主要12製品の対応クラウド 一覧表
 ハイブリッドクラウドの実現で欠かせない製品といえば、オンプレミスとクラウドを統合的に管理するクラウド運用管理ツールだ。今回は主要12製品を挙げ、サポートするクラウドサービスと提供形態を一覧表にまとめた。製品選定の一助にして頂きたい。解説記事:主要12製品...(2015/4/9 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「ハイブリッドクラウド」によるインフラ管理の転換、手動管理と何が変わる?
 企業のビジネスは、Eコマースサイトや通信用アプリケーション、データベースストレージなど、さまざまなITインフラに支えられている。そのため、ITインフラを維持するための予算や労力は増加する一方だ。そしてインフラ維持に没頭する傾向がIT部門にまん延し始めると...(2015/5/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
ハイブリッドクラウドへの進化を視野に入れた管理プラットフォーム選択のポイント
 サイロ化した従来のシステムを仮想化によってプライベートクラウドとして進化させることは、いま多くの企業が実践している取り組みだ。サーバ、ストレージ、ネットワークなどのリソースを効率的に活用でき、単一の管理プラットフォームでの包括的なシステム運用管理が可...(2014/12/26 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
ハイブリッドクラウド導入、成功の鍵は運用管理の統合にあり
 自社システムをプライベートクラウド化した企業においても、全てのIT活用を自社クラウド内でという発想は既に過去のものだ。それはパブリッククラウドが圧倒的なコスト競争力と利便性の追求を図ってきたからだ。 プライベートとパブリックの利点を生かしたハイブリッド...(2015/1/30 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
もはや想定外ではすまされない震災対策、低価格で実現できるハイブリッドクラウドを用いた解決策とは
 世界の巨大地震の20%が発生するといわれる日本でビジネスを展開する際、特にITの震災対策は大きな課題だ。企業はディザスタリカバリ(DR)環境を構築してデータを保護し、万が一、災害が起きた場合にも業務を継続する環境を用意しておく必要がある。 本ホワイトペーパ...(2015/11/18 提供:デル株式会社)

製品資料
Microsoft Azureとオンプレミス環境を効率よく利用する方法
 オープンで柔軟なクラウド基盤であるMicrosoft Azureを活用することで、企業はITを効率化し、ビジネスを加速することができる。だが、Microsoft Azureをどの程度活用するべきか、データとアプリケーション環境をどのように分離するかを十分検討する必要がある。例えば...(2014/9/16 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
クラウド導入で陥る“3つのミス” 成功と失敗の分かれ目は?
 あなたはご自身のことをクラウドコンピューティングの専門家だと考えているかもしれない。だが、数年前の状況を考えてみてほしい。クラウドについてほとんど知らなかった事実に驚くのではないだろうか。もちろん、ミスを恐れずに取り組まなければ、何も学ぶことはできな...(2015/4/30 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
富士フイルムも実践、柔軟なインフラ環境はハイブリッドクラウドでこう作る
 市場変化に対応しスピーディにビジネスを展開することが大きな経営課題となっており、ITインフラもそれに対応した環境構築が不可欠だ。特に、従来のオンプレミス環境とクラウド環境を融合させる「ハイブリッドクラウド」の運用ノウハウが、今後ますます求められる。 本...(2015/7/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
クラウド移行を諦めない、3つの利用事例に見る現実解としての「ハイブリッドクラウド」
 これまでサービスサイト基盤としてクラウドを利用していた企業も、そろそろ社内システム基盤としてのクラウド利用を視野に入れるころだろう。パブリッククラウドは共有型ながらセキュリティも意識した構成となっており、もはやオンプレミスとクラウドの比較を求められる...(2014/7/30 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
ハイブリッドクラウド、統合管理のメリットって何だ?
 プライベートクラウドを構築している、もしくは仮想化による統合基盤を構築している企業にとって、別途利用しているパブリッククラウドのリソースも併せて管理することはビジネス効率化につながる。必要に応じてユーザー自身がリソースを効率的に活用する仕組みを構築す...(2015/1/30 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
これから始めるハイブリッドクラウド「VMware vCloud Air」入門ガイド
 「VMware vCloud Air」は、VMware vSphereを基盤とするクラウドサービスだ。一般的なクラウドサービスと異なり、利用中のツールやプロセスを利用して、既存のデータセンターをクラウドに拡張することができハイブリッドクラウドを可能にする、社内環境とパブリッククラ...(2014/12/15 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
Windows Server 専用プライベートクラウド ビットアイルクラウド Wシリーズ
 「ビットアイルクラウド プラットフォームサーバ Wシリーズ」は、Windows Server 2012 Hyper-VとSystem Center 2012 SP1から構成されており、Windows Server環境で構築されたシステムを多く稼働・運用中で、高度な仮想化・クラウド化に取り組む企業様に対して、大幅な運...(2013/11/21 提供:株式会社ビットアイル)

Webキャスト
ハイブリッドクラウド環境を成功させる「4つの手法」
 現実的な解として脚光を浴びているハイブリッドクラウド。しかし現実は、ハイブリッド環境をうまく統制するための手法は未だ確立していないという。 ではどうしたらよいか――。クラウドという言葉が生まれる以前より、ユーティリティコンピューティングサービスとして...(2013/1/15 提供:SCSK株式会社)

Webキャスト
Windows Server 2003サポート終了を機に考える、最適なクラウド活用とは?
 2015年7月15日にサポートが終了するWindows Server 2003から新しいサーバOSへの移行を機に、パブリッククラウドの活用を進めたいと考える企業は多い。同OSの最新版であるWindows Server 2012 R2は、クラウド環境での運用に適した機能が豊富に盛り込まれている。この新し...(2015/6/25 提供:デル株式会社)

Webキャスト
Windows Serverのアップグレードでシステム全体をレベルアップ、その実現方法とは?
 サーバOSのアップグレードはシステム全体のレベルアップを実現するチャンスだ。「クラウドを活用してディザスタリカバリの体制を構築したい」「迅速なデータアクセスや拡張性を高めたい」「ハイブリッドクラウドを効率的に構築、運用したい」といったシステム戦略を実現...(2015/6/25 提供:デル株式会社)

レポート
クラウドは「最大のセキュリティリスク」か? 5つの脅威と対策のアプローチ
 クラウドのセキュリティに対する懸念は、クラウドテクノロジーそのものよりも、ボットネット、持続的標的型攻撃(APT:Advanced Persistent Threat)、動的なポリモーフィック型マルウェアなど、変化する脅威状況への対処能力に関するものだ。これらの攻撃は従来型のも...(2015/5/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
OpenStackでのクラウド管理が鍵、ハイブリッドITの活用例5選
 ハイブリッドIT環境の管理について多くの課題が指摘され始めたのは、プライベートとパブリック双方のクラウド環境を目的に応じ相互連携させるようになったからである。例えば、プライベートクラウドのDB環境をパブリッククラウドにある顧客サービス系モバイルシステムと...(2015/7/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
システム構築は自動化の時代へ──クラウド環境は「変化すること前提」で構築を
 これまでのシステム構築と運用管理は、個々の専門家による構築とコンポーネントごとの個別運用が主流だった。そのため数カ月単位の構築期間や人的ミスの混入、作業負荷の高い管理と運用といった課題が山積みだ。 しかし、より厳しくITの投資対効果が評価される時代に...(2015/10/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
大企業のIT部門がITインフラ活用提案力のある組織に進化するには?
 近年、企業IT部門が果たすべき役割は大きく変化しており、これまでのシステム構築・運用から、経営戦略と同期し、よりビジネスへの直接的な貢献が求められるようになってきた。今後はITを活用したビジネス提案ができるスキルが必要になる。 ITRによる本リポートでは...(2014/1/20 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

レポート
クラウドサービスの「メリットを最大化する条件」と「選択するポイント」とは?
 Webサービス提供企業やゲーム開発企業などを中心に利用が進むクラウドサービス。一般的な業種でも運用コスト削減のために、基幹系システムのクラウド移行を図る企業が増えている。しかしながら、コストパフォーマンスの評価が正しく行えずに、そのメリットを享受できて...(2016/5/16 提供:さくらインターネット株式会社)

講演資料
日本と同じでは通用しない? 中国ビジネスに適したパブリッククラウド利用の条件
 日本と事情が大きく異なる中国でビジネスを展開するには、さまざまなハードルをクリアする必要がある。繰り返される法令や規制の改訂にも都度対応しなくてはならず、さらに常時つきまとうのがITインフラの問題だ。 中国のITインフラは日本と大きく異なる。主要ISPは国...(2016/3/29 提供:ニフティ株式会社)

Loading