TechTargetジャパン

製品資料
独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは?
 近年、多くの企業で活用が進められているIoT(モノのインターネット)。その成否を分けるポイントとなるのが、さまざまな機器と連携して、データの可視化やサービスの提供を行うIoTアプリケーションだ。 既に、海の状態を可視化する海洋センサーや個室トイレの空き情報...(2017/10/19 提供:株式会社アイエンター)

レポート
IoT時代のデータ収集と活用、どうすればいい? SASの戦略担当に聞く7つの質問
 モノのインターネット (IoT)は大きな話題となっており、一部の業種では急速に業務環境に組み込まれつつある。また、変革をもたらすビジネス・アプリケーションのための各種テクノロジーも手軽に利用できるようになっている。とはいえ、この機会に関する認識および行動...(2017/10/13 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
IoT時代のデータ収集と活用、どうすればいい? SASの戦略担当に聞く7つの質問
 モノのインターネット (IoT)は大きな話題となっており、一部の業種では急速に業務環境に組み込まれつつある。また、変革をもたらすビジネス・アプリケーションのための各種テクノロジーも手軽に利用できるようになっている。とはいえ、この機会に関する認識および行動...(2017/10/13 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
経営者にとって「IoT導入」の価値は? 調査で見えた2つの投資回収シナリオ
 近年、大きな話題を集めるIoTだが、その注目度の高さと比べると、ビジネス環境への適用は遅れている。その要因の1つが、IoTの投資対効果(ROI)を可視化することの難しさだ。例えば、工場にIoTを導入し、大量のデータを収集・分析することで、どれだけの収益が見込める...(2017/9/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
製造業で進むサービスビジネスへの転換――収益を上げるための3つの課題とは?
 多くの消費者が、製品の機能や性能ではなく、その製品によって得られる体験を重視するようになったことで、製造業ではサービスビジネスへの転換が進んでいる。このビジネスを軌道に乗せるためには、ユーザーニーズに合わせた料金体系の設定が求められる。 サービスビジ...(2017/9/26 提供:株式会社日立ソリューションズ)

製品資料
製造業で進むサービスビジネスへの転換――IoT活用のための課題とは?
 消費者の志向は、モノからコトへと移行しつつある。これは製品の機能や性能に魅力を感じ、実際にその製品を購入し所有するという従来のスタイルから、製品の利用で得られる体験に価値を見いだし、必要な分だけ課金するというスタイルへの変化を意味する。 これに伴い...(2017/9/26 提供:株式会社日立ソリューションズ)

技術文書
IoTセキュリティ戦略導入ガイド
 IoT機器がITセキュリティに新たな課題を投げ掛けている。本稿ではIoTのセキュリティ脅威を緩和する方法、主に狙われる分野、戦闘プランの立案方法について解説する。 本PDFは以下の3つの記事で構成されている。■IoTセキュリティ、死者が出る前に対策を■IoTセキュリテ...(2017/8/23 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
IoTやAIのビジネス活用はどうすべき? 新たな価値づくりに必要な思考法
 IoTやAIを使って新たなビジネスモデルを創出しようとする企業は少なくないが、その多くが、どこから着手して良いか分からない状態で止まっていたり、検証の段階でつまずいたりしている。そもそもIoTやAIを使いどんな成果を得ようとするのかで、取り組み方も大きく異なっ...(2017/6/13 提供:株式会社電通国際情報サービス)

事例
「過酷な環境でも止まらない」、IoT機器のセキュリティと耐久性を両立する秘訣
 IoTは新たな製品やサービスにつながる可能性を持つが、活用する上でこれまでにない課題に直面することも多い。大崎電気工業は農家向けにビニールハウスの遠隔監視と機器の制御を行うシステムを開発したものの、ビニールハウス内の過酷な環境ではルーターが持たなかった...(2017/6/8 提供:フリービット株式会社)

レポート
製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査
 爆発的な普及が予測される「IoT(モノのインターネット)」技術。幅広い業種で活用が見込まれているが、中でも製造業では以前からマシンデータを収集・分析してきており、IoTへの取り組みが活発だ。 既に設備状況を把握することで品質や歩留まりの向上につなげたり、納...(2017/5/17 提供:SAS Institute Japan株式会社)

Webキャスト
IoT動向解説:2020年に向けて用途や支出先はどう変わるのか?
 IoTのユースケース別に支出額を見ると、2016年時点では、製品オペレーションや製品アセット管理など上位13のユースケースが8割を占めている。しかし、2020年に向けた年間成長率では、スマート家電関連やテレマティクス保険、農業のフィールド監視などが向上すると考えら...(2017/4/18 提供:インテル株式会社)

製品資料
「決め手はIoTと音」、高齢者見守りサービスは次のステップへ
 近年、大きな問題となっている社会の高齢化。その影響は住宅事情にも及び、賃貸住宅でも「見守りサービス」のような安全対策が求められている。しかし、従来型サービスのような、通報ボタンや監視カメラ、訪問/電話などによる見守りには、緊急対応能力やプライバシーな...(2017/4/13 提供:富士通株式会社)

レポート
IoTで事故発生を迅速把握――製造現場の安全管理はどのように変わるのか?
 製造業の現場では、労働災害に結び付く危険が多数存在する。床にある障害物やボイラー室の高熱、むき出しになった電線など、さまざまな原因による事故が考えられるが、その中でも特に多いのが「転倒」「墜落・転落」だという。 厚生労働省によると、2015年の死傷災害の...(2017/4/13 提供:富士通株式会社)

レポート
IoT活用の最先端、フィールドサービスに見るコスト効率と改善分野
 急速に普及するIoT(モノのインターネット)技術。その変化の波を強く受けるとみられているのが、点検や修理など現場に移動して作業を行うフィールドサービスだ。そもそもIoTの起源はフィールドサービス管理にあるという説もあるように、その親和性は極めて高い。 IoT...(2017/4/6 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Webキャスト
IoTで自動運転が可能に――次世代自動車は「タイヤのついたデータセンター」
 自動車業界が、IoTによって大きな変革の時を迎えている。自動車のIoT化には、交通情報を反映した最適なルート案内や、事故を起こしやすい状況への警告、運転データを生かした自動車保険の最適化など、多岐にわたるメリットが期待されている。何より特筆すべきは、自動運...(2017/3/31 提供:インテル株式会社)

Webキャスト
IoTが変えた小売業の未来──顧客トレンドを予測して在庫・機会ロスをなくす
 在庫ロスや機会ロスは、小売業には付き物の悩みだ。売れ筋商品を入荷した途端にトレンドが去ってしまう、ニーズはあるのに仕入れが遅れて商品がない、といった事態は多くの店舗責任者が経験してきたことだろう。 IoTは、そうした事態を減少させる。大量生産された膨大...(2017/3/31 提供:インテル株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月25日号:ARMが進めるIoT戦略(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 1月25日号は、以下の記事で構成されています。■フラッシュ専用プロトコル「NVMe」の可能性■セキュリティ機能「ATS」必須化目前、ただし対応しているiOSアプリはわずか3%■何をどう変えるのか? オンラインIDインフラの刷新を訴えるMicroso...(2017/1/25 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月25日号:ARMが進めるIoT戦略(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 1月25日号は、以下の記事で構成されています。■フラッシュ専用プロトコル「NVMe」の可能性■セキュリティ機能「ATS」必須化目前、ただし対応しているiOSアプリはわずか3%■何をどう変えるのか? オンラインIDインフラの刷新を訴えるMicroso...(2017/1/25 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月25日号:ARMが進めるIoT戦略
 Computer Weekly日本語版 1月25日号は、以下の記事で構成されています。■フラッシュ専用プロトコル「NVMe」の可能性■セキュリティ機能「ATS」必須化目前、ただし対応しているiOSアプリはわずか3%■何をどう変えるのか? オンラインIDインフラの刷新を訴えるMicroso...(2017/1/25 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月11日号:家庭内のIoTデバイスを守れ!(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 1月11日号は、以下の記事で構成されています。■AIとOffice 365の融合でビジネスとコラボレーションはどう変わる?■魅力が低下したスマートフォン復活の鍵はスマートアシスタント機能■HDD vs. フラッシュストレージ、「フラッシュストレージ...(2017/1/11 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月11日号:家庭内のIoTデバイスを守れ!(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 1月11日号は、以下の記事で構成されています。■AIとOffice 365の融合でビジネスとコラボレーションはどう変わる?■魅力が低下したスマートフォン復活の鍵はスマートアシスタント機能■HDD vs. フラッシュストレージ、「フラッシュストレージ...(2017/1/11 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月11日号:家庭内のIoTデバイスを守れ!
 Computer Weekly日本語版 1月11日号は、以下の記事で構成されています。■AIとOffice 365の融合でビジネスとコラボレーションはどう変わる?■魅力が低下したスマートフォン復活の鍵はスマートアシスタント機能■HDD vs. フラッシュストレージ、「フラッシュストレージ...(2017/1/11 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか?
 インターネット接続デバイスの小型化により、さまざまなモノの情報を遠隔で収集・制御・操作を行うIoT(モノのインターネット)が盛んだ。データを集約して終わりではなく、さらにビッグデータ分析やAIなどが組み合わさって、より進化を見せている。 この流れは一過性...(2016/12/6 提供:ソフトバンク株式会社)

Webキャスト
5つの技術課題と4つのデータ活用が焦点、IoT導入の近道
 テレメタリング、ユビキタス、M2Mなどを経て、次世代サービスの中核を担うと注目されている「Internet of Things(IoT)」。さまざまなモノからデータを収集し、遠隔で制御するだけでなく、高度な分析で新たな価値を生み出せる。しかしまだ国内企業の半数は検討以前の段...(2016/11/30 提供:ソフトバンク株式会社)

事例
現場の勘と経験と10億件のビッグデータ分析で急成長、スシローを支えるBIツール
 回転ずしチェーン店「スシロー」を運営するあきんどスシローでは、すし皿に取り付けたICタグで、全店のレーンに流れるすしの状況を把握している。そして、どの店でどんなすしが食べられたのか、あるいは廃棄されたのかといったデータを毎年10億件以上蓄積している。 こ...(2016/10/14 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

製品資料
ビーコンで現場の無駄を発見、ヒト・モノの位置と動線を「見える化」する効果
 工場や倉庫などで動き回るヒトやモノ。その動きには少なからず無駄があり、効率化できれば業績の改善が期待できる。これまでは、その無駄の把握が困難だったが、近年のIoT技術の発達により生産現場の効率化の可能性は大きく開けた。 例えばBLE(Bluetooth Low Energy)...(2016/10/13 提供:パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社)

事例
工場内の台車をビーコンで管理、三松の小ロット生産を極めたIoT活用術
 福岡を拠点に金属加工を軸にした小ロット製造代行サービスを展開している三松では、工場内の製品や製品を載せた台車の所在を探す“うろうろタイム”を課題に感じていたという。それらを探すための時間のロスを解消できれば、さらなる業務効率化が期待できるからだ。 同...(2016/10/13 提供:パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社)

技術文書
ソフトウェア収益化の壁、“悪意のない”ライセンス契約違反をなくすには?
 近年のソフトウェア利用者は、オンプレミス、クラウド、ハイブリッドのいずれの環境でも、任意のデバイスからいつでもソフトウェアを利用できることを期待している。ライセンス形態についても同様に利用方法や場所を問わず、共通のユーザー体験を求める。 そのため、ソ...(2016/9/1 提供:ジェムアルト株式会社)

技術文書
デバイスの特定機能に課金、IoTビジネスを変えるライセンス管理とは?
 クラウドコンピューティングの浸透により、ソフトウェアの使用期間や利用量に応じて支払う課金体系が一般化してきた。この影響はIoT市場にも及び、近年は、デバイスの機能までソフトウェアで制御するライセンス管理で成果をあげる企業が現れ始めている。 ハードウェア...(2016/9/1 提供:ジェムアルト株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月8日号:ブロックチェーンのススメ(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 6月8日号は、以下の記事で構成されています。■「セキュリティ製品はノーマーク」のPowerShellを使ったサイバー攻撃増加中■今すぐブロックチェーンの導入に着手すべき理由■検知困難なマルウェア「Qbot」が攻撃に失敗した残念な理由■小売業...(2016/6/8 提供:アイティメディア株式会社)

Loading