TechTargetジャパン

技術文書
複雑化した企業システムをシンプル化――インメモリコンピューティングSAP HANAの技術解説
 SAP HANAは、インメモリ技術を生かした超高速なデータベースだが、その本質は既存のデータベースという概念に収まるものではない。アプリケーションサーバを内包し、リアルタイムBIとしての特性を持つSAP HANAは、今やリアルタイムデータプラットフォームとしてあらゆる...(2014/10/3 提供:SAPジャパン株式会社)

技術文書
インメモリDBに代わるソリューション: オブジェクトDB CACHE
単独のコンピュータで稼動しているアプリケーションから、相互接続された大規模グリッドまで、従来のリレーショナル データベース アプリケーションのパフォーマンス上の制限の克服には、インメモリデータベースを使用してデータアクセスを高速化することが一般的だ。イン...(2010/3/8 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

製品資料
「SAP HANA」基礎解説:データ分析の待ち時間を劇的に短縮する技術とは?
 ビジネスのIT化が進んだことで企業のデータ基盤は複雑化しており、処理の遅延が迅速な経営判断の足かせとなっている。そこで開発された「インメモリ技術」は分析などの処理をメモリ上で実行することで、I/Oのボトルネックを解消して、データベースのパフォーマンス向上...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

Webキャスト
「Spark」を動画で徹底解説、高速ビッグデータ分析環境を簡単に構築する方法
 これまでビッグデータ分析技術といえば「Apache Hadoop」が利用されてきたが、処理速度には課題があった。そこで、インメモリ技術による高速処理を特徴とし、機械学習ではHadoopの10〜100倍という速度を誇る「Apache Spark」を採用する企業が増えている。 利用が進む背...(2017/2/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
ストレージがSQL対応、進化したコンバージドインフラでDB環境はどこまで変わる?
 コンバージドインフラは、ハードウェアやソフトウェアの進化の恩恵を多く受ける反面、従来機種で特長とされた技術や機能が陳腐化しやすい。そのため、導入に際しては、その時点での主要技術とハードウェアの進化を把握する必要がある。 近年、DB対応へのニーズの高まり...(2016/6/28 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
ビッグデータアプライアンス製品導入戦略ガイド
 新しい製品と位置付けられていたビッグデータアプライアンスが、データウェアハウスハードウェアやソフトウェア向けの主流製品へと成長している。アプライアンスは、サプライヤーがハードウェアに必要なOSとデータベースをプリインストールして、全てをデータウェアハウ...(2016/2/24 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
ビッグデータを高速かつ視覚的に探索――インメモリBIツールハンズオンガイド
 ビッグデータに潜む関連性やパターンを視覚的に把握したい、さらにリポートやダッシュボードをもっと簡単かつ迅速に作成し共有したいというニーズに応えるBI製品が「SAS Visual Analytics」だ。高速なインメモリ分析エンジンによりビッグデータを分析、可視化でき、得ら...(2014/8/4 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
大企業だけでなく中小企業システムにも無停止サービスを、低コストで効力を発揮する分散システム基盤
 クラウドは分散処理を迅速に実施することによって高い可用性を実現している。こうした環境が当たり前となった現在、企業システムでは多大なリソースを消費するタスクを同時に実行したいニーズが発生している。インメモリデータベースを活用しながら、別のシステム開発を...(2016/4/1 提供:株式会社トライテック)

Webキャスト
DB統合型システムの基礎知識――普通のコンバージドと何が違う?
 コンバージドシステムの大幅な進化により、DBの処理能力の伸び悩み、DBサーバ乱立による工数やコストの増加などの課題はある程度解消されてきている。しかし、それらは主にハードウェア側からもたらされた効果であり、ソフトウェア側での改善の余地はまだ多く残されてい...(2016/6/28 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
経営の意思決定時間を加速、財務計画・分析ソリューションの役割とは?
 200社以上の企業を対象としたAberdeen Groupの調査によると、クラウドユーザーのFP&A領域の最大の課題は、プロセスが難しすぎて時間がかかり過ぎることであった。その結果、限られた時間内で計画や予測ができないという問題がある。シンプルで、コラボレーションが可能...(2015/11/2 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
事例:食料品売り場のPOSデータをリアルタイム分析、DWHは意思決定に使う
 大量のデータを高速で分析し、経営判断の高速化やビジネス成長の最大化をもたらすため、データウェアハウス(DWH)の構築、管理の一元化という課題に直面する企業は多い。 本ホワイトペーパーは、1945年創業の米国随一のソーセージブランドJohnsonville Sausageにおけ...(2015/10/5 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
インメモリマシンが切り開くデータベース技術の新たな革新
 データベース運用で圧倒的なパフォーマンスを実現する「Oracle Exadata」に最新バージョン「Oracle Exadata X3 Database In-Memory Machine」が登場した。インメモリ技術を生かすことでさらなる高速化を実現。Oracle Databaseのデータ圧縮技術を組み合わせることで、フ...(2012/11/30 提供:日本オラクル株式会社)

講演資料
分析力を武器とする企業に今すぐ変身するための3つの提言
 ビッグデータ時代を迎え、企業が成長を続けるにはデータの活用が欠かせない。取引や顧客情報など身近にあるさまざまなデータから、もっと価値を取り出すことはできないだろうか。 1560年創業の機械要素部品メーカー、鍋屋バイテック会社は、6万点に及ぶ製品ラインアッ...(2014/7/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
速いというだけでインメモリーBIを選ぶべきではない大きな理由は、「連想技術」にある
 このテクノロジーホワイトペーパーでは、大半のRDB 依存型クエリ・ベースのツールとは異なるインメモリ型次世代BI、QlikView の連想アーキテクチャの内部構造を明らかにするとともに、QlikView がいかにビジネス分析を抜本的に改善できるかを説明します。 そのためにま...(2012/6/29 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

レポート
企業がSQL Server 2014を使うべき、これだけの理由
 過去に導入した「SQL Server 2005」や「SQL Server 2008」といった古いバージョンのSQL Serverをいまだに使い続けているという企業も多いのではないだろうか。しかし、サポートの終了が迫り、機能上の制限やサーバハードウェアの老朽化が伴う状況では、昨今のIT環境の変...(2014/9/29 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
本気でデータベースを速くしたいなら「SQL Server 2014」新機能を活用せよ
 「SQL Server 2014」には2つの大きな新機能が搭載された。その1つ「クラスタ化列ストアインデックス」は、SQL Server 2012に搭載されていた、データを行単位ではなく列単位で管理して処理の高速化を図る「列ストアインデックス機能」をさらに進化させた機能だ。また、も...(2015/1/20 提供:株式会社インサイトテクノロジー)

技術文書
ビッグデータ活用のためのインメモリ・アナリティクス
 ビッグデータの時代を迎えた今日、規模と多様性の両面で増大し続けるデータを活用するための、高度な分析手法が求められるようになっている。つまり、大量データを利用するための信頼性の高いアクセス環境が重要であるとともに、従来のリレーショナル・テクノロジーが苦...(2012/6/18 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
インメモリーテクノロジーを理解するための「6つのシナリオ」と技術解説
 的確で精度の高い情報分析をリアルタイムで実現すれば、ビジネスを根本から革新することも可能である。ある銀行では、データ分析処理に従来45分かかっていた処理をわずか5秒に短縮し、540倍の改善効果をあげた。 処理の速さだけではなく、ハードウェア価格は下落傾向に...(2011/11/17 提供:SAPジャパン株式会社)

講演資料
従来型BIツールの課題を解決する新世代「セルフサービス型BI」ソリューションの実力を検証
 既に多くの企業に導入されているBI(Business Intelligence)ツールだが、ユーザーの要求に応えてIT部門側でその都度リポートを作成したり、既存リポートを変更したりといった使い方が中心で、一般のビジネスユーザー自身が使いこなすに至っていない。また、過去を単純...(2014/8/4 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
圧倒的な性能を、驚きの価格で。全てのデータベース処理をインメモリで。
 あなたの会社のデータベース環境、こんな状況にないだろうか?■散在するデータベース、ハードウェア、ストレージを集約してコストを下げたい。■データ量が膨大になりすぎて、ストレージコストが馬鹿にならない。■管理・運用が複雑になっているので、なんとかしたい。(2013/2/27 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
【カタログ】オールフラッシュストレージ「XtremIO」
【製品概要】1.グローバルインライン重複排除技術4KBのブロック単位で重複をメモリ内で排除し、SSDにはユニークなデータブロックのみ書き込むことで、書き込み回数、書き込みデータ容量を大幅に削減できる。それにより、書き込み回数による寿命や容量単価、書き込みのパ...(2014/2/25 提供:EMCジャパン株式会社)

Webキャスト
6分で分かる ビッグデータの「3つのV」に対応するための技術要件
 ビッグデータの活用を効率的に行うためには、データに関する3つのV、Volume(量)、Velocity(速度)、Variety(多様性)への対応が重要になってくる。 Volume(量)に対応するには、並列実行技術となるMap/Reduceやジョブスケジューリング(配布、管理)、また問い合...(2014/1/30 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

Webキャスト
ビッグデータ時代の真のリアルタイムシステムとは?
 今日のビジネス環境では、収益性の向上や売り上げシェア拡大など、多様化するニーズに対応するための高度な分析力が求められている。しかし、現状の企業における分析環境では、システム部門による長時間のバッチ処理に加え、データ加工・集計作業や利用者による複雑な分...(2012/3/5 提供:SAPジャパン株式会社)

製品資料
Oracle ExadataとSQL Server SSD Appliance、どちらが安い? どちらが速い?
 この資料では、「メモリより大容量でディスクより速い」、別次元からのチューニングで低コスト・高速化を実現した「Microsoft SQL Server SSD Appliance」と、「Oracle Exadata」のコストとパフォーマンスを比較している。より低コストで高速化を実現しているのは果たし...(2013/4/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

講演資料
ビッグデータ時代のRDBMS高速化技術、導入前の「検証」の重要性
 コンサルティングファーム、調査会社、ITベンダーなどがさまざまなメッセージを打ち出している「ビッグデータ」。ビッグデータ対応のテクノロジーとしては、Hadoopやストリーミングが取りざたされる場合が多いが、開発コストをはじめ、セキュリティおよび可用性の確保な...(2012/11/1 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

レポート
データを「価値ある情報」に変えるデータ活用基盤、構築のポイント
 昨今、ビッグデータが業界のキーワードとなっている。データ活用というとHadoopやインメモリデータベースなど、テクノロジ面ばかりが注目される風潮があるが、データ活用の鉄則は今も昔も変わらない。社内に散在しているデータを効率良く収集、蓄積し、必要に応じて柔軟...(2012/11/7 提供:インフォテリア株式会社)

製品資料
最大14倍! Oracle Databaseの高速化とベンチマーク結果
 大容量メモリとOracle Databaseのインメモリ技術「In-Memory Parallel Execution」、データ圧縮技術「Advanced Compression」により高速データ処理を行う「Oracle Database 高速化ソリューション」。NECのサーバ「Express5800シリーズ」とストレージ「iStorageシリーズ...(2011/11/1 提供:日本オラクル株式会社)

Loading