TechTargetジャパン

レポート
1日2000件のサイバー攻撃に対応、富士通の多層防御と即応体制のノウハウとは?
 増加・高度化するサイバー攻撃に対し、セキュリティ施策も進化を求められている。人力のみの対処はもちろん、セキュリティツールを導入しても全ての脅威に自動的に対応することは不可能だ。より視野を広げ、脅威の侵入を前提としたセキュリティの多層化、つまり「多層防...(2017/2/7 提供:富士通株式会社)

事例
勤怠管理は必要な機能だけ導入――低コストで在宅勤務対応から生体認証まで
 ワークスタイルの多様化や在宅勤務対応など、多くの企業で労働環境の改革が進められている。その中で、徐々に問題となり始めているのが勤怠管理システムだ。モバイル打刻や生体認証、シフト作成などの機能がそろそろ必要だが、あまりコストは掛けられないという企業も多...(2017/2/1 提供:日本アクセス株式会社)

製品資料
専用サーバとクラウドの利点を生かす適材適所のハイブリッド
 ITインフラを構築する際には、6割以上の企業がクラウドの活用を検討するようになっている。これは、クラウド技術の進化により、導入時から運用に至るまで一貫して優れたコストパフォーマンスを提供する多彩なクラウドサービスが出そろったためだ。 そして選択肢が増え...(2016/11/1 提供:さくらインターネット株式会社)

製品資料
ビーコンで現場の無駄を発見、ヒト・モノの位置と動線を「見える化」する効果
 工場や倉庫などで動き回るヒトやモノ。その動きには少なからず無駄があり、効率化できれば業績の改善が期待できる。これまでは、その無駄の把握が困難だったが、近年のIoT技術の発達により生産現場の効率化の可能性は大きく開けた。 例えばBLE(Bluetooth Low Energy)...(2016/10/13 提供:パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社)

製品資料
マイナンバー対策を再点検、安全管理措置の技術的4条件は満たせている?
 マイナンバーを含む特定個人情報を管理する上で、企業は「利用制限」「安全管理措置」「提供制限」の3原則を知っておかなければならない。これらを遵守しなかった場合、その企業は罰則を受ける場合があるからだ。 その中の安全管理措置に関しては、事業者向けのガイド...(2016/7/21 提供:株式会社日立ソリューションズ)

レポート
“つながる工場”「1年前より進んだ」と実感――53.2%が本格的な取り組みを開始
 「TechFactory」が実施した「工場内ネットワークに関する調査」(調査期間:2016年6月3〜14日)では、製造業に従事する会員/読者を対象に、“つながる工場/工場内ネットワーク化”の現状や導入検討に関する課題について聞いた。 ドイツの「インダストリー4.0」などに...(2016/7/21 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
5グラムのビーコンで位置情報を可視化――所在管理と動線分析の威力
 IoTの活用に注目が集まる中、小型ビーコン(無線標識)の業務利用が進んでいる。移動型のビーコンを用いて人や物の位置を把握する「所在管理」や、固定型のビーコンを用いてモバイル端末を持つ人の位置を把握する「動線分析」が主な用途で、データ収集・分析結果をもと...(2016/4/25 提供:パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社)

製品資料
選定ポイントや活用法を徹底解説、クラウド型ファイルサーバの選び方とは
 ファイルサーバの導入目的は、多岐にわたる。社内の業務データの共有・活用から、ローカルディスク容量の補完、バックアップの一元化、急なデータ量増大への速やかな対応、社外とのデータ共有、災害や停電に備えたデータ保管などその用途は広がっている。 こうしたニー...(2016/2/3 提供:富士通株式会社)

製品資料
ビッグデータ活用。失敗しないための「鍵」とは?
 今まで対象にならなかった、見えない巨大なデータを高度に分析。新たな知見や価値を生み出し、経営判断や業務改善、ビジネス戦略に役立てる「ビッグデータの活用」に取り組む企業は増加の一途。 例えば、ログなどの刻一刻と変化するデータの可視化を始め、顧客の生の「...(2015/12/24 提供:日本電気株式会社)

製品資料
“EC売り上げUPに直結する鉄板メール施策”を簡単にスタートできるマーケティングオートメーションとは
 1人1人にパーソナライズしたコミュニケーションを自動で実行できるマーケティングオートメーション。近年導入が進んでいるものの、初期導入や運用に苦労している企業が増えている。そんな中、2500社以上の企業に導入されているメールマーケティングシステム「WEBCAS」シ...(2015/10/21 提供:株式会社エイジア)

レポート
「つながる工場」実施済みは36.5%、「コスト」「標準」「セキュリティ」が課題
 MONOistは2015年6月、モノづくりメディア会員を対象に読者調査「工場内ネットワークの課題」を実施した。ドイツの「インダストリー4.0」など、工場内でのIoT活用や「つながる工場」が注目を集めているが、調査結果を見ると、現場ではまだまだ課題が多い現状が浮き彫りと...(2015/8/6 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
大手通販会社が選んだ「成果を出し続ける」メール配信システム
 ECサイトを運営する企業にとって、顧客へのメール配信は重要なマーケティング戦略の1つだ。多くのメール配信サービスから、より効果の高いサービスを選ぶポイントはどこにあるのか。成果を出すためのメルマガ配信を選ぶ3つのポイントを紹介する。・きめ細かいセグメント...(2015/1/30 提供:株式会社エイジア)

製品資料
思い通りのWebアンケートを作りたい――カギとなるのはシステム選び
 「今月中にプレゼントキャンペーンを実施したい」「ユーザーアンケートをスマートフォンで行いたい」など、Webアンケートを今すぐ実施したいが、HTMLの知識がない、というマーケティング担当者に朗報だ。 本資料では、HTMLの知識がなくても、簡単にアンケートが作成で...(2015/1/30 提供:株式会社エイジア)

製品資料
情報漏えい対策の最後の砦、「ログ管理」は万全?
 企業は情報漏えい対策にさまざまな施策を行っている。セキュリティポリシーの策定や教育などの人的対策、入退室管理、不正PC接続防止などの物理的対策、認証、アクセス制限、暗号化などの技術的対策などあらゆる角度から対策を行っている。その対策の中で最後の砦ともい...(2014/12/1 提供:日本電気株式会社)

レポート
内部不正はもはや防ぎ切れない。では、どう対策すればいいのか?
 企業の情報セキュリティ対策の強化にもかかわらず、内部関係者の不正行為による情報漏えいは後を絶たない。2014年7月の通信教育大手企業で起きた大規模な漏えい事件は、世間を震撼させた。情報を盗んだ容疑者は内部関係者で、数百万円の借金があり、盗んだ情報を売却し...(2014/12/1 提供:株式会社オーク情報システム)

講演資料
安全かつ効率的な特権ID管理を短期・低コスト・低リスクで実現する方法
 「金融商品取引法(日本版SOX法)」の適用以降、IT全般統制における監査法人からの頻出指摘事項に、「特権ID利用者を特定できない」「本番サーバに対する適切なアクセス制限がない」「ログのモニタリングができていない」などがあり、指摘事項の対応は必須と言っていい...(2014/10/6 提供:NRIセキュアテクノロジーズ株式会社)

事例
富士市役所がVDIで目指す「ゼロクライアント」への挑戦
 サーバ仮想化にデスクトップ仮想化、あるいはアプリケーション仮想化など、現在では当たり前に利用されるようになった仮想化テクノロジーだが、10年以上前の2001年にこの仮想化テクノロジーを大胆に導入し、クライアントPCを一気にシンクライアント化した自治体がある。(2014/6/24 提供:デル株式会社)

講演資料
監査対策に押さえておきたい「特権ID管理の3ステップ」
 IT全般統制などの監査において、多くの企業が「特権ID利用者を特定できない」「ログのモニタリングができていない」など特権IDの管理の不備を指摘されている。システムに対して大きな権限を有する特権IDの不正使用は、システム障害や情報漏えいなどを招くリスクを抱えて...(2014/2/21 提供:NRIセキュアテクノロジーズ株式会社)

比較資料
証明書は何を基準に選ぶべきか?
 現在SSLサーバ証明書の発行機関である認証局の多くは、業界内で定めた一定の基準の下で業務を運用している。しかし、詳細に至っては各認証局が独自の運用方法を定めていることをご存知だろうか?サイトに設定する証明書を検討する時には、証明書を発行する認証局の信頼...(2014/1/7 提供:日本ベリサイン株式会社)

製品資料
クラウド全盛時代に、大手企業にメール配信システムWEBCASが選ばれる理由とは
 WEBCASは、数10〜数100万もの会員を抱えるEC事業者や、カード会社やメーカー等業界大手企業に選ばれており、メール配信クラウド市場で3年連続伸長率1位を獲得している(※2)。本資料は、なぜWEBCASがこれらビッグユーザーに選ばれているのか、その理由3点を明かしてい...(2013/11/26 提供:株式会社エイジア)

製品資料
クラウド型ファイルサーバの選定ポイント解説 オンプレミス型とのコスト比較付き
 昨今、ファイルサーバをクラウドにアウトソーシングする企業が急激に増えている。日常業務や、機密情報の保管場所として、事業運営に欠かせないファイルサーバだが、どのような観点でアウトソースが考えられているのだろうか。 TechTargetジャパンが行った「ファイル/...(2013/7/19 提供:株式会社 クラウド テクノロジーズ)

製品資料
事例を交えて解説する「顧客対応業務をアウトソースする」という選択
 電話やメールでの問合せ対応、データベース管理、コンタクトセンター運用、アンケート調査、FAQ制作……。企業における顧客対応業務は複雑/煩雑化しているが、顧客との直接の窓口となるため、きめ細やかな対応が求められる。中でも特に万全の注意を払いたいのが、顧客...(2013/4/25 提供:株式会社日経BP読者サービスセンター)

その他
社内ファイルサーバに潜むリスクをクラウド型ファイルサーバで解決するという選択
 ハードウェアのは耐用年数は5年※1と言われており、長く使えば使う程、故障のリスクが増えていく。ファイルサーバ、特にディスクが破損したらどうなるだろうか。機密データをはじめ、資産である企業情報を失う。 しかもそれだけでは済まない。 一時的な復旧費用がか...(2013/3/8 提供:株式会社 クラウド テクノロジーズ)

製品資料
1600社以上が導入するメールマーケティングシステムとは
 ユーザーのマーケティング現場ノウハウを反映し、メール配信業界でもいち早く「One to Oneメール」配信機能やコンバージョン情報の取得などのマーケティング分析機能の充実に注力してきたエイジア。結果、エイジアのメール配信システム「WEB CAS」はEC業界大手の企業を...(2012/12/7 提供:株式会社エイジア)

製品資料
圧倒的コストパフォーマンスのWeb会議システム
 産官学共同プロジェクトから産まれたWeb会議システム「SOBA mieruka」は、世界唯一のピアツーピア方式で実現されたWeb会議システムである。大学や企業の持つ優れた技術の集大成として開発された本システムは、他社を圧倒する高いコストパフォーマンスのシステムだ。初期...(2012/11/30 提供:株式会社SOBAプロジェクト)

講演資料
仮想デスクトップのパフォーマンス向上とコスト低減は両立する
 クライアントPCの管理にまつわるさまざまな問題を解決できるソリューションとして、多くの企業から高い注目を集めているのが「仮想デスクトップ(VDI)」だ。特に、Windows 7が登場してWindows XPのサポート切れ問題が取り沙汰されるようになった2010年以降、VDIの導入...(2012/10/2 提供:日本ユニシス株式会社)

製品資料
FAXサーバのサポート・販売終了(EOL)等でお困りの方必見! 特別価格でのキャンペーンも実施中!
 基幹業務で運用しているFAXサーバの販売終了、サポート終了の突然の知らせに、急な対応を迫られてしまケースを経験した、もしくは懸念を持たれていないだろうか。   また、FAXインフラのクラウド化を考えているが、「導入方法」、「運用イメージ」、「コスト感」等に...(2012/8/20 提供:株式会社トランザクト)

技術文書
情報漏えい対策簡易マニュアル
 インターネットの普及によって、売買から決済、配送状況の確認まで、ウェブサイト経由で簡単に行える時代になったが、利便性が高まる一方で、ウェブサイトの改ざんやウェブサイトからの情報漏えい事故も後を絶たない。これらの事件・事故が発生した場合の影響度は、非常...(2012/6/19 提供:日本ベリサイン株式会社)

製品資料
クラウド時代の「NAS」の選び方入門
 ある中堅企業A社では、部署ごとにファイルサーバを設置してストレージシステムを運用している。 しかし、最近になって運用上で3つの課題が浮かび上がってきた。(1)画像、動画などのデータ増加によるファイルサーバの容量不足(2)ディスク容量を監視し、必要に応じて...(2012/6/1 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
災害対策に適した郊外型データセンターの条件
 東日本大震災の発生以降、多くの企業が自社システムを想定外の災害や事故から守るための取り組みを強化している。中でも、データセンターの立地を選定するに当たっては、地震リスクや電力会社の管轄など、これまでにはなかった新たな選定条件が挙げられるようになってき...(2012/1/30 提供:株式会社シティアスコム)

Loading