TechTargetジャパン

技術文書
「Lotus Sametime+電話」が変える次世代コラボレーション
 本ホワイトペーパーでは、これまで投資してきた既存の電話インフラおよびそのほかのIT環境を、「置き換え」ではなくそのまま生かす形で実現するIBMの統合方法について、技術的視点から解説する。 これを実現する「Lotus Sametime Unified Telephony」(2009年後半に出...(2009/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
モバイルアプリの開発とテストはWebアプリと何が違う?
 インスタントメッセンジャー(IM)のWebアプリケーションとして有名な「imo」は、モバイル向けにどのように開発され、テストされてきたのか。imoがPC向けのWebアプリからスマートフォン/タブレット向けのモバイルアプリへと移行するに当たり、開発チームが克服してきた...(2013/6/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
意外と投資されていないコミュニケーション環境への提言 ここまでできるコスト削減
 本ホワイトペーパーは、2009年3月4〜6日に開催された「Lotus Spring Forum 2009」において、日本アイ・ビー・エムが行った講演「Unified Communicationによるコスト削減の推進」で使われた資料に加筆・修正を行ったものである。 現状のコミュニケーション環境を振り返...(2009/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
これで完璧、Microsoft Office 2013展開ガイドブック
 本ドキュメントは、IT管理者を対象に、Office 2013を展開する方法について詳しく説明したガイドブックだ。ボリュームライセンス認証から、クライアントPCへのセットアップ、他言語での展開方法まで手順とともに細かく解説する。解説には、ポイントをまとめた「メモ」や...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
XenDesktopを連携するシスコの仮想ワークスペース基盤導入マニュアル
 デスクトップ仮想化の効果的な導入手法はさまざまあるが、根本的にはさまざまなエンドポイントからのアクセスを可能にする必要がある。それにはエンドユーザーのコンピューティング環境をデータセンター内に設置することが効果的だ。また、真の仮想ワークスペースを実現...(2012/11/5 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
モバイルワークでチームを成功に導く6つのルール
 スマートフォンやタブレットで多くの人が気軽に仕事ができる時代。その「どこでもオフィス」を手助けするサービスへの関心が高まりつつある。例えば、外出が多い営業担当がアクセスする営業支援システムや、工事現場などオフィスの外にある作業場での業務を管理するシス...(2014/12/15 提供:株式会社LifeBox)

Webキャスト
緊急要件を自動で優先順位付け──メールの利用スタイルが変わる
 電子メールは「受信箱」のクリックから始まる──その概念を覆すツールが登場した。電子メールやスケジュール機能に加え、これまで別々のツールを使っていたファイル共有やインスタントメッセージ(IM)などのコラボレーション機能を、1つの環境に統合した新しいメール...(2015/2/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

謚?陦捺枚譖ク
蟆丈クュ鬮俶?。縺ョ繝阪ャ繝医Ρ繝シ繧ッ蛻ゥ逕ィ迥カ豕√??螟夜Κ繝励Ο繧ュ繧キ蛻ゥ逕ィ縺ッ莨∵・ュ縺ョ2蛟搾シ?
縲?迴セ蝨ィ縺ョ謨吝ョ、縺ッ驕主悉縺ィ縺ッ蜈ィ縺冗焚縺ェ繧九b縺ョ縺ォ縺ェ縺」縺溘?ゅヮ繝シ繝?PC繧?繧ソ繝悶Ξ繝?繝医r逕ィ縺?縺ヲ謗域・ュ繧貞女縺代※縺?繧狗函蠕偵b蟆代↑縺上↑縺?縲ゅ∪縺溽函蠕定?ェ霄ォ繧ょ括逧?縺ォ螟牙喧縺励※縺?繧九?ゅう繝ウ繧ソ繝シ繝...(2014/4/22 提供:繝代Ο繧「繝ォ繝医ロ繝?繝医Ρ繝シ繧ッ繧ケ蜷亥酔莨夂、セ)

製品資料
リアルタイムなコミュニケーションが鍵、コラボレーションツール活用法
 今日のビジネスにおいてより大きな成果を出すためには、従来のやり方だけでは達成できない。求められているのは、ソーシャルツールなどを含めた柔軟なコミュニケーションの実現である。コミュニケーションの変革により、「顧客に近づくプロセスの改善」「部門や拠点をま...(2015/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
数字で見る、Skype for Businessによるワークスタイル変革の効果とは?
 コスト削減や従業員の生産性向上を目的に、音声やテレビ、Web会議、インスタントメッセージ、構内交換機(PBX)の代替などの機能を提供する統合コミュニケーション基盤(UC&C:ユニファイドコミュニケーションおよびコラボレーション)を活用する企業が増えている。 中...(2015/12/3 提供:デル株式会社)

レポート
誰でも分かる「次世代ファイアウォール」入門
 企業ネットワークに押し寄せる新しいセキュリティ脅威は、かつてないほど急速な広がりを見せている。次第にその標的が「ファイアウォール対応」アプリケーションやアプリケーション層の脆弱性に及びはじめ、従来のファイアウォールでは企業ネットワークを十分に保護でき...(2014/10/16 提供:パロアルトネットワークス合同会社)

レポート
お客さまのデータから真のビジネス価値を引き出しましょう
 多くの企業では、いまだにすべてを保持して何も削除しない状態であり、それ自体がコンプライアンス違反になる可能正があります。  本資料では、コンプライアンス要件を満たしながら、より高い効率性とビジネス価値を実現するためのアーカイブについても検討してます。(2014/3/27 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
基礎から始める最新AUTOSAR入門
 AUTOSARとそれを取り巻く環境は刻々と変化している。 本資料では、2011年にMONOistで好評を博したAUTOSARの解説連載「AUTOSARとは?」の筆者が、2015年現在のAUTOSARの仕様や策定状況、関連する最新情報について説明する。(1)AUTOSARとは?/What is AUTOSAR? −2015...(2016/1/12 提供:イータス株式会社)

技術文書
「金型」も3Dプリンタで出力可能! 1日で金型制作〜射出成型まで その手法とは?
 射出成形はあらゆるプラスチック・マテリアルを使用し、数グラムから 100kg 以上の、高精度かつ複雑な 3D パーツを製作できる高速、自動、汎用的なプロセス。非常に高速で、それゆえ経済的である。 しかし、パーツごとに高価な射出成形ツールが必要なため、コストに見...(2013/9/1 提供:株式会社ストラタシス・ジャパン)

技術文書
医療用タブレットで管理コストを大幅軽減
 病院の従業員用タブレット製品の導入は、まだ始まったばかり。病院にタブレット製品が完備されると、その管理のために多くの時間が費やされることになる。初期設定、設置プロセス、定期的なソフトウェアアップデートと運用中に発生する諸問題への対処。これらにかかる時...(2013/5/8 提供:デル株式会社)

レポート
Heartbleed脆弱性は発覚から4時間で悪用された?──2015年版最新脅威レポート
 インターネット上の脅威は変化を続けている。2014年は「攻撃が高速化する一方、防御が追い付いていない」傾向が見られた。例えば、Heartbleed脆弱性が明らかになってから、4時間以内に脆弱性を悪用する多数の攻撃が確認されている。また、「攻撃方法が効率化・高度化し...(2015/6/22 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
仮想サーバ導入時のセキュリティ実装を簡略化かつ自動化するには
 VMware vSphereのAuto Deployを利用するような大規模な案件導入時に、いかに手間をかけずにセキュリティを実装するかは、IT管理者の悩みの種だ。また、導入後のパッチメンテナンスなど一連のセキュリティ作業を効率化して、運用負荷を軽減することも求められている。コ...(2014/7/10 提供:トレンドマイクロ株式会社)

技術文書
LTEの技術紹介
UMTSの今後10年以上の優位性を確保するため、UMTS LTEによる更なる高速なデータレート、低遅延、かつIPに最適化された無線パケット伝送ネットワークが構築され始めている。特にLTEは、これまでのWCDMAベースとは異なる新しいOFDMをダウンリンクに、S-FDMAをアップリンクに...(2012/5/7 提供:ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社)

技術文書
データセンターのLinux導入でコスト削減推進
 データセンターへのLinux導入によるコスト削減に関心を寄せるIT担当者は多い。だが、ビジネスクリティカルなアプリケーションを無料のソフトウェアに委ねることに懸念をいだく企業もあるのが現状だ。 本項では、シマンテックのLinuxソリューションの導入事例を、課題...(2013/12/19 提供:株式会社シマンテック)

カタログ
【カタログ】Imperva SecureSphere : PCIコンプライアンスのためのデータベースセキュリティ
【製品概要】SecureSphere(セキュアスフィア)は、業界最高レベルのWebアプリケーション・ファイアウォール、データベースアクティビティを完全に可視化する監査、情報漏えいからシステムを保護するデータベースファイアウォール、そしてリスク管理の要であるアセスメント...(2010/3/31 提供:株式会社Imperva Japan)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月20日号:多くの企業がやっているセキュリティミステイク
 Computer Weekly日本語版 4月20日号は、以下の記事で構成されています。■世界24カ国の上級管理職1140人に聞いた、サーバ仮想化の現実■誰がどの場面で使うのか? ユースケースで生まれ変わるデスクトップPC■グラフ型DB「Neo4j」によるレコメンデーションエンジン開...(2016/4/20 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
巧妙化するソーシャルメディア詐欺から身を守る方法
 不特定多数にメッセージを送信し、個人情報や重要情報を盗み出して悪用するオンライン詐欺の報告が増えている。その手口としても、従来のメールを用いたフィッシングに加え、ソーシャルメディアを悪用するものが増えてきた。 特に目立つのはFacebookやTwitterの投稿か...(2016/4/11 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月17日号:ストレージアーキテクチャ二番勝負
 Computer Weekly日本語版 2月17日号は、以下の記事で構成されています。■Facebookのザッカーバーグ氏も2016年の挑戦に掲げるAI開発の課題■オールフラッシュとハイブリッドフラッシュ、徹底的に比べて分かったこと■働き方がこんなに変わる「ゼロクライアント」導入成...(2016/2/17 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
1回のデータ侵害で平均218万件が流出──2014年版インターネットセキュリティ脅威レポート
 2013年のデータ侵害の総件数は253件、流出した個人情報の総件数は5億5200万件、1回のデータ侵害で流出した個人情報の平均件数は約218万件で前年比261%増──シマンテックが毎年発行している「インターネットセキュリティ脅威レポート」の2014年版によるものだ。標的型...(2014/11/28 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
セキュリティとコンプライアンスの機能補完に着目、Microsoft Office 365活用のヒント
 IT資産の保守、運用コストの削減や業務の生産性向上の観点から、クラウド型のコミュニケーション、コラボレーションサービスとして、Microsoft Office 365を利用する企業は増えている。高い堅牢性を誇るサービスである一方で、コンテンツのアーカイブ機能の問題やパフォ...(2015/5/25 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
クラウドの懸念を払拭する「Microsoft Office 365」のセキュリティとコンプライアンス
 今や、多くの企業がクラウドサービスの利用を推進している。しかし、不正アクセスによる情報漏えいなどのセキュリティリスクから、業務活用に懸念を抱く企業も少なくない。 「Microsoft Office 365(以下、Office 365)」は、最新版のMicrosoft Officeやグループウェア...(2015/3/31 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
社内問い合わせ数を3分の1に削減するための「5つの課題」
 人事異動、確定申告、新サービス導入などの時期に集中する社内問い合わせ。ほとんどが類似する内容だが、社内サイトに掲載しても問い合わせは一向に止まない。その一方で、コンシューマーITにおけるユーザーからのサービス問い合わせは、67%がFAQなどで自己解決されて...(2016/4/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
「Lync」から「Skype for Business」へ、MicrosoftはUC市場を制するか
 ユニファイドコミュニケーション(UC)市場の主要ベンダーへと急成長を遂げたMicrosoft。Infonetics Research の最近のリポートによると、2014年第1四半期のUC市場では最大の売上高を記録している。 2015年には「Microsoft Lync」を「Microsoft Skype for Business」へ...(2016/2/16 提供:KDDI株式会社)

比較資料
「VMware vCloud Air」と「Microsoft Azure」のCPUパフォーマンス比較検証結果を読み解く
 VMwareが提供するパブリッククラウドサービス「VMware vCloud Air(以下、vCloud Air)」は、VMware vSphereを基盤として構築されている。提供しているサービスは、ディザスタリカバリ、専用クラウド、仮想プライベートクラウドの3種類だが、今回は専用クラウドサービス...(2015/4/3 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション
 Microsoftは、2015年4月に企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。だが、Skype for Businessに変わることで、名称変更の意図やLyncからSkype for Businessへの移行方法、既存/検討中の企業に与える影響など、さまざま...(2016/3/31 提供:アイティメディア株式会社)

Loading