TechTargetジャパン

レポート
元ソニーCIOが語る、「情報システム部門」が生き延びるための条件とは?
 ソニーグループのCIOを7年間務め、現在はガートナー ジャパンのエグゼクティブパートナーとして、CIOやIT責任者を対象としたエグゼクティブ・プログラムを担当している長谷島 眞時氏。一貫して情報システム部門関連でキャリアを積んだ長谷島氏は、日本の情報システム部...(2014/5/14 提供:シスコシステムズ合同会社)

レポート
IT部門のビジネス貢献とは何か? インテル社内の取り組み事例を解説
 インテルのIT部門では、10万人余りの従業員を71拠点/約6000人のITスタッフでサポートしている。こうした業務に加えて、同部門では成長と予算要件のバランスを取りながら、さまざまなビジネス価値を創造している。 同社のIT部門は、さまざまな障壁を地道に取り除きなが...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

技術文書
サービス管理を再考する──IT部門がサービスプロバイダーとして機能する方法
 テクノロジーの大きなトレンドによって、かつてはIT部門が握っていたサービス管理に関する支配権が失われつつある。個々の部門は、クラウドによってIT部門が管理・統制していないITインフラストラクチャとサービスを簡単に入手できるようになった。 また、モバイルデバ...(2014/5/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
ネットワーク改革の重要性を考える、ITの俊敏性を実現する「3つのステップ」とは?
 クラウド時代における情報システム部門の新たなプレッシャーとは、「ITの俊敏性に対する要求」ということになる。俊敏性はこれまでもユーザー部門から要求されてきたものであるが、システムがクラウドベースで稼働するようになると、これまでにない素早い対応を求められ...(2015/5/8 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

レポート
「情報システム部門の危機」、その実像とは
 この数年、一部で「情報システム部門の仕事は価値を失う」とか「情報システム部門は将来消滅する」といった言い方がなされるようになってきた。これは、一般企業において、ITの利用形態が、社内での運用から、クラウドサービス依存へ移行することを前提とした議論だと考...(2013/8/27 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
情シスとして生き残る、選ばれるために必要なこと
 情報システム部門にとって苦しい状態が続いている。仮想化、クラウドの浸透によりシステムが複雑化し、運用管理負担が増していながら、ITコストは厳しく制限され、運用管理スタッフがカットされる例も増えた。それどころか業務部門が直接SaaSやIaaSを利用するなど、情報...(2013/3/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly こんなIT部門はいらない
 IT部門の仕事は、既存のITインフラの管理だけではない。彼らに対する要求は日々変化し、1年前には考えられなかったようなミッションが課されることもある。 本PDFは、複数のCIOへのインタビューを通して、IT部門が果たすべき役割を浮き彫りにする。これからIT部門のス...(2015/6/10 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
日常業務に忙殺されるIT部門はどうすればビジネスに貢献できるか?
 IT部門に求められる役割が変化してきている。IT部門は自らが提供するサービスについての理解だけでなく、それらサービスのコストとビジネスバリューも把握しなければならない。また、ビジネス部門の担当者を意思決定関与させることで、技術的なインパクトだけでなく、ビ...(2013/2/13 提供:マクニカネットワークス株式会社)

レポート
事業部門の効率性と生産性を促進するために、IT部門こそが核になるべき理由
 かつて多くの事業部門にとって“ITはブラックボックス”であり、導入や運用についてIT部門が一括して引き受けてきた。しかし現在では、事業部門自体が積極的にビジネスに有効なITツールを独自に導入する動きが広がっている。そうしたなか、組織全体でのIT活用を考え、効...(2016/1/12 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

レポート
大企業のIT部門がITインフラ活用提案力のある組織に進化するには?
 近年、企業IT部門が果たすべき役割は大きく変化しており、これまでのシステム構築・運用から、経営戦略と同期し、よりビジネスへの直接的な貢献が求められるようになってきた。今後はITを活用したビジネス提案ができるスキルが必要になる。 ITRによる本リポートでは...(2014/6/16 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

レポート
迷える情シスが知るべき「クラウドに関する誤った通念トップ10」
 企業の情報システム部門は、クラウドにどう対応すればいいのか。「正しい」答えを出そうとすればするほど、難しく思えてしまう。各企業のIT利用形態や運用するアプリケーションによって、答えは全く変わってくる。また、クラウドの世界は文字通り日進月歩であるため、現...(2016/4/4 提供:アイティメディア株式会社)

事例
最初はITサービス管理だけのつもりだったツールが、ナレッジの統合と活用を実現するまで
 ビジネス部門がアプリケーション開発をIT部門にリクエストすると、IT部門は部門内のリソースで開発に着手する。しかしIT部門が他の社内チームとスクラムを組むことで、開発スピードが飛躍的に向上することも多い。通常、サービスマネジメントツールは、ITインシデント...(2016/1/12 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

レポート
情報システム部門のスタッフ育成
現在、情報システム部門は2つの流れにさらされている。1つは、従来のシステム開発や運用を担当するだけでなく、経営戦略部門としての役割を担うというもの。もう1つは、経営戦略部門化に伴った開発・運用業務などのアウトソーシング化だ。人材育成から考えると、社外や他...(2008/1/7 提供:アイティメディア株式会社)

事例
クラウド+アウトソーシングで「システム運用体制のタコつぼ化」解消
 中堅企業のIT部門は2〜5名前後の少数スタッフで運用していることがほとんどだ。この規模のIT部門では、業務システムが分断しており、システム運用の最適化ができておらず「サイロ化」「タコつぼ化」しているケースが多い。こうなると、IT部門は特定システムのお守りにな...(2014/2/5 提供:株式会社クレオネットワークス)

技術文書
ITIL運用の最適解は? “残念なIT部門”を変えるITサービス管理ツールの条件
 これまでIT部門は、システムの保守・運用業務に専念する「守りの部門」だったが、近年はITサービスを能動的に提供する「攻めの部門」へと転換することの重要性が認識されつつある。そのスタートラインとなるのが、システムの運用管理基準を定めた「ITIL(Information Te...(2017/5/22 提供:株式会社クレオ)

製品資料
BIツール導入のロードマップ――データ分析ドリブンの意思決定を根付かせる方法
 多くの企業でデータ分析は、IT部門がDBから抽出、ExcelやAccess、専門的なBIツールなどを使用してレポート提供をしているのが一般的だ。この方法では、意思決定に関わるユーザーが触れられるレポートは固定フォーマットのものが多く、追加の視点でレポートをすぐに変更...(2017/6/9 提供:Tableau Japan株式会社)

講演資料
BCPは業務部門とIT部門の協働が鍵、クラウド時代の事業継続計画
 実効力のあるBCPを実現するには、近年のテクノロジーやシステム構成の変化に加えて、環境や災害が及ぼすリスクの変化も考慮し、有事においても確実にシステムを立ち上げ事業を継続できる対策を取らねばならない。その際に課題となるのが、業務部門とIT部門の間に生まれ...(2016/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月16日号:クラウドの活用を阻むIT部門
 Computer Weekly日本語版 4月16日号は、以下の記事で構成されています。■RSA会長に疑惑を直撃「RSAはNSAの情報収集に協力したのか?」 RSAがNSAに協力して報酬を得ていたという報道をきっかけに、RSAとNSAの関係が取り沙汰されてきた。そこでコビエロ会長に疑惑をぶ...(2014/4/16 提供:アイティメディア株式会社)

事例
IT部門がビジネス部門の業務改善もリード、ITSMノウハウ共有の効果
 クラウドサービスが多様になり導入のハードルも下がる中で、業務効率化を目的にビジネス部門も独自にツールやサービスを採用するケースが増えている。しかし、各部門で異なるツールやサービスを使って個別最適化をはじめると、企業全体としての全体最適化ができなくなり...(2016/4/20 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly CIOとIT部門はもういらない?
 IT部門やCIOは今、役割の見直しを迫られている。IT部門やCIOが経営層や事業部門から求められているものは何か? IT部門やCIOの変化を促す4つの記事を集めた。・ITのアウトソース化で揺らぐ企業内IT担当者の存在価値・CIOとその未来──現職のCIOは役に立たなくなる?・...(2014/7/9 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
10分以内に仮想マシンを導入、OpenStackを活用した複数クラウド運用法
 仮想化技術を使ってサーバ統合を進めていた企業が、その適用範囲を広げてプライベートクラウド構築を始めた際、パブリッククラウドサービスは一部の技術部門がシステム検証などに使うものとして捉えられていた。しかし現在では、AWS、Microsoft Azureなどのパブリックク...(2015/2/27 提供:インテル株式会社)

レポート
【決定版】情シスのための、クラウドに関する行動指針
 企業の情報システム部門は、クラウドにどう対応すればいいのか。「正しい」答えを出そうとすればするほど、難しく思えてしまう。各企業のIT利用形態や運用するアプリケーションによって、答えは全く変わってくる。また、クラウドの世界は文字通り日進月歩であるため、現...(2014/12/22 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ひとり情シスのための「ITアウトソーシング」の上手な使い方
 IT活用に課題を抱える企業では、個々の問題を解決しようとしても現状の改善が難しいのが実情だ。原因は、経営層による予算削減の指示、事業部門によるITの個別調達、情報システム部門のスタッフ不足やスキル不足といった複数の課題が悪循環を起こしていることにある。特...(2013/12/5 提供:株式会社クレオネットワークス)

レポート
情報システム部門は、「危機」をどう回避すべきか
 IT INSIDERでは、前号、今号の2号にわたって、ガートナーのいう情報システム部門の「静かな危機」について、ガートナー ジャパン グループバイスプレジデントで、エグゼクティブプログラムを担当している長谷島眞時氏の考えを紹介している。 「現行のITプラクティスやI...(2013/9/17 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
BYODのセキュリティを確保するネットワーク設計とはどのようなものか?
 普段の生活でいつでも、どこでも、どのデバイスからでもアプリケーションにアクセスできる利便性に慣れた従業員は、業務で利用するアプリケーションについても同じシームレスなアクセスを求めている。しかし、BYOD(私物端末の業務利用)は企業のIT部門にとっては大きな...(2015/8/31 提供:ALE日本支社)

Webキャスト
サーバからサービスへの転換:クラウド時代にIT部門は企業をどう導くべきか
 クラウドコンピューティングは、ソーシングやテクノロジーのデリバリ方法を変革しているだけではなく、IT部門をこれまで以上にサービス重視の組織へと変えようとしている。パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、さまざまな選択肢がある。し...(2014/6/19 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
ハイブリッドなネットワーク環境を支える3つのキーワード
 IT部門の管理者にとって、いま大きな課題となっているのがネットワークの適切な運用だ。企業が活用するネットワークは、MPLS(Multi Protocol Label Switching)リンク、インターネット、VPNなど多様な接続方法や通信経路が利用可能になり、ハイブリッド化している。こ...(2016/9/30 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

技術文書
8%の企業しか全容を把握していない企業のシャドーIT、解決のヒントは何か?
 従来、企業ネットワークはクライアント/サーバ型の分散コンピューティングに対して設計されており、クラウドサービスに対して、速さ、スケーラビリティ、対障害性のいずれにも対応できてはいない。サーバ仮想化により瞬時にサーバリソースが増強されても、ネットワーク...(2015/9/18 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

製品資料
「ITIL」の適用がポイント、忙しすぎるIT部門の運用業務改革の勘所
 IT活用の広がりを背景に、IT部門には自社システムの運用維持やビジネス活用が経営層から強く求められるようになった。また、セキュリティに対する関心の高まりから、インシデントへの対応といった多角的なマネジメントを求められている。だが、現状を概観すれば、この要...(2016/6/27 提供:株式会社ユニリタ)

レポート
あなたもきっと間違える、セキュリティ対策「9の迷信」
 IT部門がセキュリティ対策を進めようにも、実際の対策に踏み込むには、それ相応の予算が必要になる。経営幹部にセキュリティ対策の重要性に関する理解がなければ、十分な対策が取れず、IT部門は歯がゆい思いをすることになるだろう。やっかいなのが、セキュリティに関す...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

Loading