TechTargetジャパン

事例
事例で見るクラウドサービス活用――開発・検証から新規システム展開まで
 さまざまな分野で活用されるクラウドサービスだが、具体的な導入効果が見えづらいことから、自社のニーズにマッチするか危惧するユーザーも少なくない。そこで、さまざまな企業の導入事例から、開発・検証の効率化や新規システムの展開などに与える効果を検討する。 こ...(2016/11/21 提供:日本オラクル株式会社)

講演資料
マイナンバー対策を再点検、データベースセキュリティ「3つのポイント」
 マイナンバー制度が施行され、企業はサイバー攻撃の脅威から、特定個人情報を含む重要情報を守らなければならない。セキュリティ対策は、ネットワークの境界を守る「入口対策」「出口対策」だけでは限界が来ており、ネットワーク内部への侵入者によるデータの盗難・改ざ...(2015/12/14 提供:日本オラクル株式会社)

講演資料
新しいデータベースチューニングの方法論まとめ 〜最新技術と評価資料〜
 システム全体のスループットを高める必要があるデータベースシステムの性能改善では、SQLチューニングなどのソフトウェア的な対策に加え、構成するハードウェア全体をバランス良く性能向上させていく必要がある。 高速なI/Oを特徴とするフラッシュストレージが普及期を...(2015/10/7 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

講演資料
BIツールを「セルフサービス化」することの3つのメリット
 データ分析をビジネス戦略策定に活用しようという動きが活発だ。しかし、BIツールを導入してみたものの、機能面の制限による「意思決定の遅延」、基盤整備を含めた「投資対効果」、セキュリティなどの「システム部門の高管理負荷」という課題に悩む企業も多い。こうした...(2015/11/10 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
Microsoft SQL ServerとMySQLのTCOを徹底比較──MySQLへの移行は何をもたらすか
 世界中で普及しているオープンソースデータベース「MySQL」。オラクルの一製品となってから同社はそのリソースとデータベースに関する専門知識を活用して、MySQLの改善を継続してきた。ではMySQLは現在、企業導入する上でどのようなメリットを企業にもたらすだろうか?...(2014/6/30 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
データセンター運用の自動化とセキュリティを両立するポリシー検証法
 近年、データセンターに構成管理ツール、IaaSプラットフォーム、Webサービスなどを利用しながら、必要なハードウェアまたはソフトウェアの構成を自動管理する企業が増えている。その結果、ネットワーク管理者はコストパフォーマンスに優れたデータセンターを容易に運用...(2016/10/11 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
データセンターのアプリケーション状況を可視化するリアルタイム分析
 データセンターでは1日に数百万件のフローを処理しているところも珍しくはない。運用チームは、大量データを扱いながら運用効率の向上を目指すことが求められており、稼働状況の可視化が重要な課題となっている。 しかし、ネットワーク上で依存関係にある全てのアプリ...(2016/10/11 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
開発者向けに限定公開!IoT 時代の組み込み機器向け統合プラットフォームの考え方
 ルネサスの開発者向けコミュニティサイトで人気の"Professor IoT"が、さまざまな視点から独自切り口で語る「Renesas Synergy(TM)」の詳細解説記事を特別に限定公開。 今回公開する記事は次の2つ。・「半導体チップ産業における製品としてのソフトウェアとは...(2016/9/26 提供:ルネサス エレクトロニクス株式会社)

製品資料
見えはじめた“第1世代”の課題、次世代ハイパーコンバージドはどこが変わる?
 ハイパーコンバージドインフラは、高度な共有ストレージシステムを必要とせずに仮想化クラスタを導入できることから、仮想デスクトップなどの基盤として広く使われている。しかし、多くの製品がネットワーキングを補足的に扱っていることに起因して、幾つかの課題も見ら...(2016/5/24 提供:シスコシステムズ合同会社)

講演資料
Windows Server 2003移行のシステム基盤選び、キーワードは「クラウド」「仮想化」
 Windows Server 2003のサポート終了はに伴い、サーバ移行を検討している企業も多いだろう。Windows Server 2003リリース時のサーバはどのような構成だったのだろうか。当時のシステム要件を確認すると、メモリ上限4Gバイト、必要なHDD空き容量1.25〜2Gバイト、133MHz以...(2014/11/21 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
白色LEDでこれまでにない色の一貫性を実現する「10度ビニング」
 一般照明におけるLED使用の増加に伴って、白色ビニングの重要性はますます高まっている。 しかし、現在世界的に採用されているCIE 1931 2°表色系は限界になりつつあり、白色LEDの知覚的色差を適切にマッピングすることは、もはや不可能で、変更すべき時期に来ている。(2016/7/13 提供:オスラム株式会社 オプトセミコンダクターズ)

技術文書
デスクトップ仮想化とUCの連携基盤に求められる技術要素とは
 Windows 7への移行、私物端末の業務利用(BYOD)の潮流、事業継続計画(BCP)などの観点から、新しいワークスタイルの導入が国内でも求められるようになってきた。場所やデバイスを選ばずにどこででも同じように仕事ができる。これを実現するのがデスクトップ仮想化とユ...(2012/11/5 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
モンタビスタの最新Linux −キャリアグレード・エクスプレス (CGX)
 業界標準であるYoctoの利用によりユーザーは、既存のコードとの互換性を保ちつつ、MontaVista Linux CGXに移行が可能である。 CGXでは主要な組込み向けSoCであるARM、x86、MIPS、PowerPCのアーキテクチャーをサポートするが、近年の組込み開発ではARMの利用が加速して...(2016/11/1 提供:モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社)

レポート
大手企業が次々にpcAnywhereから乗り換え先として選択するリモートコントロールツールとは
 社内ユーザー向けヘルプデスクや遠隔地にある無人サーバメンテナンスを中心に、リモートコントロールツールとして利用されている「pcAnywhere」は、2016年4月にサポートが終了した。現在pcAnywhereを利用している場合には、注意が必要だ。 pcAnywhereを使い続けるリス...(2016/11/29 提供:株式会社オーシャンブリッジ)

技術文書
機能強化した「Autodesk Inventor」と「AnyCAD テクノロジー」
 本資料では、例として部品サプライヤーと組み立てメーカーの間の協調設計の効率化を図る「AnyCAD テクノロジー」について解説するとともに、革新的な製品を開発する「オートデスクのプロダクトイノベーションプラットフォーム」を紹介する。 「AnyCAD」は、他社製 3D C...(2016/11/10 提供:オートデスク株式会社)

レポート
なぜ今オンプレミス版リモートコントロールツールへの乗換が増えているのか
 従業員の端末利用が拡大したことで、PCや社内システムの操作方法やトラブル解決などをサポートするヘルプデスク業務の負荷が急増している。その対応の遅れは企業の生産性の低下に直結するが、限られた人員で迅速に対応することは難しく、多くの企業がヘルプデスク業務の...(2016/11/29 提供:株式会社オーシャンブリッジ)

事例
「ものづくりの未来」を設計する企業たち〜Autodesk 9つのユーザー事例〜
  製造業は、生産性向上や技術革新、プロセス革新等の分野を常に追求することによって、競合優位性を維持してきた。しかし、近年はこのような従来の成功要因が急激に変化している。そこには、これまでにない「破壊的な」変化が起きているとオートデスクでは考えている。(2016/11/24 提供:オートデスク株式会社)

製品資料
Azureでブロックチェーン開発、スマートコントラクト基盤も迅速・低コスト展開
 仮想通貨「ビットコイン」を支える存在として注目されるようになったブロックチェーン。その技術は進化を続けており、ビットコインのように価値情報の移転を記録するだけでなく、現在は取引・手続きの登録や履行の記録にまで活用されるようになっている。 経済産業省に...(2016/11/24 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
工具メーカーの設計者がなぜ「構造解析」導入後数カ月でヒット製品を開発できたか
 東京ダイヤモンド工具製作所は、「ダイヤモンド工具」の開発製造に特化した日本有数の専業メーカーだ。しかし、近年大きな変化の波が押し寄せている。機械加工の高効率化・高精度化と共に材料の多様化や難削化が進み、ニーズが高度化しているのだ。 そのニーズに応える...(2016/11/10 提供:オートデスク株式会社)

事例
工場内の台車をビーコンで管理、三松の小ロット生産を極めたIoT活用術
 福岡を拠点に金属加工を軸にした小ロット製造代行サービスを展開している三松では、工場内の製品や製品を載せた台車の所在を探す“うろうろタイム”を課題に感じていたという。それらを探すための時間のロスを解消できれば、さらなる業務効率化が期待できるからだ。 同...(2016/10/13 提供:パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社)

講演資料
真のビッグデータ活用の鍵は情報統合とガバナンスにあり
 ビッグデータ時代の到来で、データはビジネスに不可欠な資源となったが、より複雑化している。データ量の増大や種類の多様さはデータの信頼性低下を招き、出所、質、データソースや精度などがあやふやなデータが増えて、データの不明瞭化が進んでいるのだ。ビッグデータ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
エンタープライズのための「Hadoop」解説
 今日、企業内データは、非構造化データを中心に日々増え続けており、多くの企業でデータを収集・分析し、活用しようという流れが進みつつある。こうして収集・蓄積されたビッグデータを高速に分散処理するためのソフトウェア基盤の定番として「Hadoop」が広く使われはじ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
IoT実現の肝となる「センサ計測」:テクニカルガイド最新版〜高確度なセンサ計測を実現するために〜
 IoT(モノのインターネット)の実現が進む中、あらゆる装置や機器にセンサが取り付けられ、センサにより収集されたデータを有効活用することが求められる。そのためには、高確度なデータの取得が必須となり、高度な計測技術が要求されることになる。正確なセンサーデー...(2016/9/28 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

市場調査
ボーダフォンによる「IoT 普及状況調査レポート 2016」公開
 本資料「2016年度版ボーダフォン IoT 普及状況調査レポートは、ボーダフォンが委託した英国のCircleResearch社が、グローバル規模で実施したものである。 IoT普及・利用に関して、9つの主要業界のビジネスリーダー1,100名へのインタビュー調査結果をまとめた。また、Io...(2016/10/18 提供:ボーダフォン・グローバル・エンタープライズ)

事例
ファンケルなど6つのファイル共有事例に学ぶ、身近な業務改善のヒント
 重要書類をメールで送ることのリスクは広く知られているが、いまだに多くの現場では添付ファイル機能が利用されている。中にはファイルにパスワードをかけてセキュリティ対策とするケースや、無料オンラインストレージを利用するケースなども見られるが、安全性や利便性...(2016/10/17 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
これからの10年間を生き抜くための「3つの方向性」――IoT経済の変化に備える
 1970年代に進められた航空座席市場のデジタル化は、航空産業に大きな変化をもたらした。デジタル化以前の標準的な搭乗率は約55〜60%にすぎなかったが、デジタル化が進んだ現在の平均搭乗率は85〜90%近くにもなる。しかし、この変革により航空会社間の競争は激化し、多...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
脅威インテリジェンスの活用の基礎知識――未成熟な運用を補うヒント
 2016年6月に大手旅行会社JTBへの標的型攻撃について報道されたが、これらの事件は人ごとではない。業種や規模を問わず標的型攻撃の被害が広がる中、企業が取り得る手段として、脅威インテリジェンスに注目が集まっている。しかし、その運用に課題があるのも事実だ。 IT...(2016/8/5 提供:株式会社シマンテック)

比較資料
1社で2000年当時のインターネット全体に匹敵する規模に成長したクラウド“ビッグ4”は、複雑さをどう手なづけるのか?
 成長を続けるクラウド“ビッグ4”は、それぞれが単独で2000年代初頭のインターネット全体に匹敵する規模に達している。膨れ上がる「複雑さ」をより低コストに取り扱うためには「人工知能」(AI)が欠かせない。CPS利用と組み合わせ複雑さを増すクラウドはこれからますま...(2016/8/22 提供:アイティメディア株式会社)

事例
設計者がいま押さえておくべき「競争力のある製品開発事例」10選
 競争力のある製品開発をしている企業はすべて、最新の動向、開発、ユーザーの需要を予測しようと、独自の分析に取り組んでいる。本資料では、最も成功している国内外のオートデスクのユーザー事例を紹介する。 どの企業も先見の明を持って未来の課題に精力的に取り組ん...(2016/7/27 提供:オートデスク株式会社)

講演資料
ストレージの次なる課題、「フラッシュアレイのボトルネック」解消法
 データベースやデスクトップ仮想化の領域から普及が始まったフラッシュアレイだが、近年はeコマース、基幹システム、アプリケーション統合、サービスプロバイダーなどの領域でも活用が進んでいる。それに伴い、オンライン処理やリアルタイム化に適したフラッシュアレイ...(2016/7/14 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Loading