TechTargetジャパン

講演資料
マイナンバー対策を再点検、データベースセキュリティ「3つのポイント」
 マイナンバー制度が施行され、企業はサイバー攻撃の脅威から、特定個人情報を含む重要情報を守らなければならない。セキュリティ対策は、ネットワークの境界を守る「入口対策」「出口対策」だけでは限界が来ており、ネットワーク内部への侵入者によるデータの盗難・改ざ...(2015/12/14 提供:日本オラクル株式会社)

講演資料
新しいデータベースチューニングの方法論まとめ 〜最新技術と評価資料〜
 システム全体のスループットを高める必要があるデータベースシステムの性能改善では、SQLチューニングなどのソフトウェア的な対策に加え、構成するハードウェア全体をバランス良く性能向上させていく必要がある。 高速なI/Oを特徴とするフラッシュストレージが普及期を...(2015/10/7 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

講演資料
BIツールを「セルフサービス化」することの3つのメリット
 データ分析をビジネス戦略策定に活用しようという動きが活発だ。しかし、BIツールを導入してみたものの、機能面の制限による「意思決定の遅延」、基盤整備を含めた「投資対効果」、セキュリティなどの「システム部門の高管理負荷」という課題に悩む企業も多い。こうした...(2015/11/10 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
Microsoft SQL ServerとMySQLのTCOを徹底比較──MySQLへの移行は何をもたらすか
 世界中で普及しているオープンソースデータベース「MySQL」。オラクルの一製品となってから同社はそのリソースとデータベースに関する専門知識を活用して、MySQLの改善を継続してきた。ではMySQLは現在、企業導入する上でどのようなメリットを企業にもたらすだろうか?...(2014/6/30 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
見えはじめた“第1世代”の課題、次世代ハイパーコンバージドはどこが変わる?
 ハイパーコンバージドインフラは、高度な共有ストレージシステムを必要とせずに仮想化クラスタを導入できることから、仮想デスクトップなどの基盤として広く使われている。しかし、多くの製品がネットワーキングを補足的に扱っていることに起因して、幾つかの課題も見ら...(2016/5/24 提供:シスコシステムズ合同会社)

講演資料
Windows Server 2003移行のシステム基盤選び、キーワードは「クラウド」「仮想化」
 Windows Server 2003のサポート終了はに伴い、サーバ移行を検討している企業も多いだろう。Windows Server 2003リリース時のサーバはどのような構成だったのだろうか。当時のシステム要件を確認すると、メモリ上限4Gバイト、必要なHDD空き容量1.25〜2Gバイト、133MHz以...(2014/11/21 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
デスクトップ仮想化とUCの連携基盤に求められる技術要素とは
 Windows 7への移行、私物端末の業務利用(BYOD)の潮流、事業継続計画(BCP)などの観点から、新しいワークスタイルの導入が国内でも求められるようになってきた。場所やデバイスを選ばずにどこででも同じように仕事ができる。これを実現するのがデスクトップ仮想化とユ...(2012/11/5 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

比較資料
「次なる40億人」が決めるクラウドベンダーの勝者と敗者
 クラウドコンピューティングを語るには、成長と変容を続けるインターネットの現在を見わたすことが不可欠だ。飽和する既存ビジネスの外側で急速に育つ新サービスが、既存ビジネスの生存域を狭めていく様を直視する必要がある。 クラウドがインターネットの成長を乗っ取...(2016/6/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
フルカラーでマルチマテリアル造形ができる3Dプリンタが新登場
 PolyJetテクノロジーにおける最新のイノベーション、「Stratasys J750」3Dプリンタが新登場。市販されている3Dプリンタの中で最も高性能で汎用性が高く、幅広い特性を持つフルカラーの材料を装填できるため、3Dプリントで作製する試作品のリアリズムを飛躍的に高められ...(2016/6/22 提供:株式会社ストラタシス・ジャパン)

事例
ファンケルなど6つのファイル共有事例に学ぶ、身近な業務改善のヒント
 重要書類をメールで送ることのリスクは広く知られているが、いまだに多くの現場では添付ファイル機能が利用されている。中にはファイルにパスワードをかけてセキュリティ対策とするケースや、無料オンラインストレージを利用するケースなども見られるが、安全性や利便性...(2016/5/30 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
実践 OpenStackを最大限活用する設計の「3つのツボ」
 オープンソースのクラウド基盤構築ソフトウェアのスタンダードとして定着している「OpenStack」。その機能は年々進化を遂げ、近年では一般企業でも利用され始めている。しかし、「OpenStackは開発事業者向け」というイメージが先行したため、そのメリットの割には導入が...(2016/5/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
これからの10年間を生き抜くための「3つの方向性」――IoT経済の変化に備える
 1970年代に進められた航空座席市場のデジタル化は、航空産業に大きな変化をもたらした。デジタル化以前の標準的な搭乗率は約55〜60%にすぎなかったが、デジタル化が進んだ現在の平均搭乗率は85〜90%近くにもなる。しかし、この変革により航空会社間の競争は激化し、多...(2016/5/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
マルチソース開発でのオープンソース利用で見逃されやすい2つのリスク
 システム関連コストを低減するため、オープンソースの利用が広まっている。先行する米国では、既にソフトウェアパッケージの80%以上で利用され、ミッションクリティカル用途でもオープンソースが活躍、50万〜100万ドルのコスト削減効果も生まれていると調査会社ガート...(2016/4/20 提供:株式会社ベリサーブ)

講演資料
ストレージの次なる課題、「フラッシュアレイのボトルネック」解消法
 データベースやデスクトップ仮想化の領域から普及が始まったフラッシュアレイだが、近年はeコマース、基幹システム、アプリケーション統合、サービスプロバイダーなどの領域でも活用が進んでいる。それに伴い、オンライン処理やリアルタイム化に適したフラッシュアレイ...(2016/4/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

謚?陦捺枚譖ク
莉翫&繧芽◇縺代↑縺?縲後け繝ゥ繧ヲ繝画ァ狗ッ峨↓縺翫¢繧九ロ繝?繝医Ρ繝シ繧ッ莉ョ諠ウ蛹悶?阪r蜈ィ菴灘ワ縺九i逅?隗」縺吶k
縲?繧ッ繝ゥ繧ヲ繝牙渕逶、縺ョ蜿ッ逕ィ諤ァ繧偵>縺九↓鬮倥a縺ヲ縺?縺上°縺ッ縲∫樟蝨ィ縲∝、壹¥縺ョ繝ヲ繝シ繧カ繝シ縺檎峩髱「縺励※縺?繧玖ェイ鬘後□縲ょ柑邇?逧?縺ェ驕狗畑繧貞ョ溽樟縺励↑縺後i蜿ッ逕ィ諤ァ繧帝ォ倥a縲√お繝ウ繝峨Θ繝シ繧カ繝シ縺ョ隕∵...(2015/9/17 提供:繝ャ繝?繝峨ワ繝?繝域?ェ蠑丈シ夂、セ)

レポート
サイバー攻撃の41%が中小企業を狙う、限られたリソースですべき脅威対策とは
 米国National Cyber Security Allianceによる2014年の報告では、サイバー攻撃の41%が、従業員500人未満の組織へのセキュリティ侵害を狙ったものであるという。今日、企業が置かれている環境は、マルチベクトル攻撃や永続的な脅威の増加、流動的なIT環境、普及するユー...(2015/7/27 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
99.999%の可用性を維持する「MySQL Cluster 7.3」新機能解説
 「MySQL Cluster」は、99.999%の高可用性とオープンソースによる低総所有コスト(TCO)を兼ね備えた、リアルタイムなトランザクションデータベースだ。単一障害点を持たない分散型マルチマスターアーキテクチャ設計を採用し、コモディティハードウェアを利用して自動シ...(2013/12/27 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
Windows 10移行戦略ガイド
 Windows 10の登場によって、Microsoftのビジネスモデルと企業のデスクトップ戦略は大きく変わった。企業はこの新しいOSにどうアプローチするべきなのか? Windows 10時代のデスクトップ戦略、管理方法、そしてユーザー用アプリケーションの展開方法を大きく変える企業...(2016/1/27 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
“前科”のあるアクセスは遮断、誤検知なしの通信ブロックで監視と追跡の負荷を削減
 サイバー攻撃からネットワークを保護するため、さまざまなソリューションを複合的に導入している企業は多い。しかしそのことで、コストをはじめ、処理要件、セキュリティアラート数が増加し、その結果、セキュリティチームのアラート対応および運用負荷が大幅に上昇して...(2016/1/12 提供:イクシアコミュニケーションズ株式会社)

レポート
大手企業が次々にpcAnywhereから乗り換え先として選択するリモートコントロールツールとは
 社内ユーザー向けヘルプデスクや遠隔地にある無人サーバメンテナンスを中心に、リモートコントロールツールとして利用されている「pcAnywhere」は、2016年4月にサポートが終了する。現在pcAnywhereを利用している場合には、注意が必要だ。 pcAnywhereを使い続けるリス...(2015/12/11 提供:株式会社オーシャンブリッジ)

製品資料
マイナンバー対策で構築したバックアップ体制、継続運用の視点で再点検
 マイナンバー法の施行で、より厳格なルールに基づいた文書のバックアップ運用管理が求められるようになった。ガイドラインの定める厳しい条件をクリアするためにマイナンバー専用システムを構築する企業がある一方、施行直前にコストや時間を優先してシステムを構築した...(2015/12/14 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

技術文書
センサ計測がわかる!センサの理論や選び方、センサ計測のノウハウ
 IoT(モノのインターネット)の実現へ向け、さまざまな装置・機器にセンサが取り付けられ、ますますニーズが増えているセンサ計測。本資料では、温度、歪み・負荷・応力、圧力、音響/振動などのセンサ計測について、基本的な理論から、適切なセンサの選び方、計測システ...(2015/11/27 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
レポート:財務部門の変革を促す業務改善のヒントとは?
 CFO Researchが行った2014年の調査では、財務業務スタッフが直面している課題は「貧弱な業務プロセス」と「使いにくい情報システム」だと報告している。財務部門は長年にわたり個別プロセス向けのシステムに投資を続けた結果、連携が貧弱なシステムの寄せ集めで業務を行...(2015/11/2 提供:SAPジャパン株式会社)

レポート
財務部門が業務部門を支援するための、データ分析・インサイトの有効活用
 2014年のCFO Researchの調査では、大企業の上級財務担当役員331人の58%が「自社の情報システムを使い、効果的な意思決定に必要なデータを特定し、理解することは業務部門のマネジャーには難しい」と答えている。データの取得はセルフサービス方式で業務部門でも取得で...(2015/11/2 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
事例:食料品売り場のPOSデータをリアルタイム分析、DWHは意思決定に使う
 大量のデータを高速で分析し、経営判断の高速化やビジネス成長の最大化をもたらすため、データウェアハウス(DWH)の構築、管理の一元化という課題に直面する企業は多い。 本ホワイトペーパーは、1945年創業の米国随一のソーセージブランドJohnsonville Sausageにおけ...(2015/10/5 提供:シスコシステムズ合同会社)

事例
富士重工業社、ECUテスト時間を1/20に短縮。−ほか、自動車業界テスト・計測・組込制御事例
自動車業界では、多くの企業が、増加する複雑なエレクトロニクス、さらなる安全性への要求、そして、市場投入までの時間短縮といった課題に取り組んでいる。国内外の自動車OEMやメーカーが、HIL(Hardware-in-the-Loop)テスト、車載データロギングなど、さまざまなアプリ...(2015/9/4 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
過去・現在・未来 3つの視点でひも解く、カスタマーサービスの進化
 IT投資について「どのタイミングで何に投資していいのかを見極めることが、大切なポイント」とは理解しているが、その見極めが難しいと感じているユーザーは多い。個別のIT分野についての投資を考える場合、まず、これまでどのようなテクノロジーが市場に投入されてきた...(2015/6/19 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
基礎から始める「車載ネットワーク」入門
 現在の自動車には、「ECU(Electronic Control Unit)」と呼ぶ自動車制御用コンピュータが多数搭載されており、さまざまな機能を実現している。 ECUはマイクロプロセッサと周辺装置(入出力機器など)、通信モジュールにより構成されている。当初は、ユニット単体での...(2015/8/31 提供:アイティメディア株式会社)

事例
ネットワークの現場に聞く「VDI、WAFやSSL VPNでのセキュリティ。L4-7を使って、こうして対応しました」
 クラウドサービスの利用が広まり、モバイル環境も整備され、さらに仮想化技術の発達もあり、今はさまざまな雇用形態の人が、多様なデバイスを用い、あらゆる場所からWebアプリケーションにアクセスしている。 しかし一方で、攻撃者のアクセスも常態化し、DDoS対策をは...(2015/8/26 提供:F5ネットワークスジャパン株式会社)

技術文書
製造業の生産拠点の配置戦略を一変させる「Next-shoring」ってなんだ?
 これまでの製造業は、生産拠点の配置戦略を立てる際に、需要と供給のニーズに対応できる近隣に配置することを優先してきた。しかし、需要がある場所の近くに拠点を配置することはいまだに重要だが、コスト効率を最優先にすることはあまり意味を持たなくなってきた。現在...(2015/7/8 提供:ポリコムジャパン株式会社)

Loading