TechTargetジャパン

製品資料
「Oracle Cloud」を徹底解説――PaaSとIaaSはどう使い分ける?
 企業システムの構築・運用に必要となるさまざまなサービスを提供する「Oracle Cloud」。クラウドに注力するOracleらしく、その機能は多岐にわたり、その把握も容易ではない。そこで、あらためて同サービスの特徴・機能を確認したい。 Oracle Cloudの大きな特徴は、統一...(2017/4/3 提供:日本オラクル株式会社)

事例
事例で見るクラウドサービス活用――開発・検証から新規システム展開まで
 さまざまな分野で活用されるクラウドサービスだが、具体的な導入効果が見えづらいことから、自社のニーズにマッチするか危惧するユーザーも少なくない。そこで、さまざまな企業の導入事例から、開発・検証の効率化や新規システムの展開などに与える効果を検討する。 こ...(2016/11/21 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
変換・再設定なしで仮想マシンをクラウドへ、移行の課題を一気に解消
 仮想マシンをオンプレミスからクラウドに移行するには多くの課題がある。多くのパブリッククラウドサービスは、アプリケーション環境に不可欠なレイヤー2ネットワークをサポートしておらず、VMwareベースの仮想ソフトウェア製品をそのまま稼働させることも難しい。これ...(2017/4/17 提供:日本オラクル株式会社)

講演資料
マイナンバー対策を再点検、データベースセキュリティ「3つのポイント」
 マイナンバー制度が施行され、企業はサイバー攻撃の脅威から、特定個人情報を含む重要情報を守らなければならない。セキュリティ対策は、ネットワークの境界を守る「入口対策」「出口対策」だけでは限界が来ており、ネットワーク内部への侵入者によるデータの盗難・改ざ...(2015/12/14 提供:日本オラクル株式会社)

講演資料
新しいデータベースチューニングの方法論まとめ 〜最新技術と評価資料〜
 システム全体のスループットを高める必要があるデータベースシステムの性能改善では、SQLチューニングなどのソフトウェア的な対策に加え、構成するハードウェア全体をバランス良く性能向上させていく必要がある。 高速なI/Oを特徴とするフラッシュストレージが普及期を...(2015/10/7 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

講演資料
BIツールを「セルフサービス化」することの3つのメリット
 データ分析をビジネス戦略策定に活用しようという動きが活発だ。しかし、BIツールを導入してみたものの、機能面の制限による「意思決定の遅延」、基盤整備を含めた「投資対効果」、セキュリティなどの「システム部門の高管理負荷」という課題に悩む企業も多い。こうした...(2015/11/10 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
Microsoft SQL ServerとMySQLのTCOを徹底比較──MySQLへの移行は何をもたらすか
 世界中で普及しているオープンソースデータベース「MySQL」。オラクルの一製品となってから同社はそのリソースとデータベースに関する専門知識を活用して、MySQLの改善を継続してきた。ではMySQLは現在、企業導入する上でどのようなメリットを企業にもたらすだろうか?...(2014/6/30 提供:日本オラクル株式会社)

事例
自動車大手7社の成功事例−ECUテスト時間を1/20に短縮した事例も
 現代の自動車産業では、利用者の利便性が高まる一方、機構部品と電子部品が複雑に絡み合いシステムの複雑化は爆発的に拡大している。 多くの企業では、開発が進むにつれてテスト要件も複雑化し、さらなる安全性への要求、市場投入までの時間短縮に加えコスト削減を求め...(2017/7/12 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
データセンター運用の自動化とセキュリティを両立するポリシー検証法
 近年、データセンターに構成管理ツール、IaaSプラットフォーム、Webサービスなどを利用しながら、必要なハードウェアまたはソフトウェアの構成を自動管理する企業が増えている。その結果、ネットワーク管理者はコストパフォーマンスに優れたデータセンターを容易に運用...(2016/10/11 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
収益力の差はどこで生まれるのか? 成功企業に見るIT投資マネジメント
 自社のIT投資に対する分析・検証に取り組む姿勢は、企業の業績にどれほどの影響を与えるのだろうか。世界の主要企業500社超への調査によると、ITプランニングツールを活用して「IT投資のインパクト」を確認している企業と、そうでない企業の間には、収益の伸びに大きな...(2017/7/21 提供:CA Technologies)

製品資料
マイクロサービス化でアプリ開発を加速――Web APIの課題はどう解消する?
 近年のアプリケーション開発では、モバイルデバイス向けも当然視されるなど、開発負担が膨らむ一方で、スピード開発への要望が増している。しかし、これまでは、アプリケーションの構造が密結合であったことから、依存関係にある他のプログラムへの影響を調べることなど...(2017/7/18 提供:CA Technologies)

製品資料
専門性の高い3次元の機械設計を可能にする、Autodesk Inventor 2018 新機能紹介
Inventor 2018のリリースは、3次元による専門性の高い機械設計において次の一歩を踏み出した。設計ワークフローの改善、相互運用性の強化、そして、世界中のユーザーからのフィードバックをもとに全体的なユーザーエクスペリエンスが強化され、生産性と柔軟性も向上してい...(2017/6/29 提供:オートデスク株式会社)

レポート
一気に学ぶLinuxコンテナ――仮想マシンとの違いと具体的なメリット
 LinuxコンテナとDockerにより、アプリケーションの構築や提供、デプロイ、インスタンス化の方法が根本的に変わってしまった。コンテナは仮想マシンのように利用できるうえ、ずっとシンプルな構成であるコンテナは切り出してからすぐに使えるため、多くの企業で利用され...(2017/6/8 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
ITインフラ全体をソフトウェアで定義 次世代のデータセンターで何が変わるのか
 デジタルデータの増大、アプリケーションの複雑化は加速し続けている。こうした変化に対応するには、IT部門がワークロードの拡大を予測し、需要が急増する前にハードウェアを用意することがベストだが、実際問題として、その実現は難しい。 その予測を上回るリソースが...(2017/6/5 提供:インテル株式会社)

技術文書
コネクテッドカーのための802.11p規格とテスト手法
世界保健機関(WHO)が発表した統計によると、交通事故による死者数は1日約2,500人、年間で約100万人に上る。自動車会社も、道路の安全性の向上と、死傷事故発生率の低減のために、新しいテクノロジーを積極的に採用している。同時に、交通管理の改善、エネルギー効率の向上...(2017/4/20 提供:キーサイト・テクノロジー合同会社)

製品資料
データセンターのアプリケーション状況を可視化するリアルタイム分析
 データセンターでは1日に数百万件のフローを処理しているところも珍しくはない。運用チームは、大量データを扱いながら運用効率の向上を目指すことが求められており、稼働状況の可視化が重要な課題となっている。 しかし、ネットワーク上で依存関係にある全てのアプリ...(2016/10/11 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
開発者向けに限定公開!IoT 時代の組み込み機器向け統合プラットフォームの考え方
 ルネサスの開発者向けコミュニティサイトで人気の"Professor IoT"が、さまざまな視点から独自切り口で語る「Renesas Synergy(TM)」の詳細解説記事を特別に限定公開。 今回公開する記事は次の2つ。・「半導体チップ産業における製品としてのソフトウェアとは...(2016/9/26 提供:ルネサス エレクトロニクス株式会社)

製品資料
見えはじめた“第1世代”の課題、次世代ハイパーコンバージドはどこが変わる?
 ハイパーコンバージドインフラは、高度な共有ストレージシステムを必要とせずに仮想化クラスタを導入できることから、仮想デスクトップなどの基盤として広く使われている。しかし、多くの製品がネットワーキングを補足的に扱っていることに起因して、幾つかの課題も見ら...(2016/5/24 提供:シスコシステムズ合同会社)

講演資料
Windows Server 2003移行のシステム基盤選び、キーワードは「クラウド」「仮想化」
 Windows Server 2003のサポート終了はに伴い、サーバ移行を検討している企業も多いだろう。Windows Server 2003リリース時のサーバはどのような構成だったのだろうか。当時のシステム要件を確認すると、メモリ上限4Gバイト、必要なHDD空き容量1.25〜2Gバイト、133MHz以...(2014/11/21 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
小規模なエンジニアリングチームの強みとは?製品開発における新たなアプローチ
大規模な組織と競争する上で、小規模なエンジニアリングチームの強みは、アジリティ(機敏さ)、効率に細心の注意を払う、間接費を低く抑えるといった点が挙げられる。では、こうした利点を活かしつつ、設計や生産、製造の場面において、小規模なチームおよび中小企業が注意...(2017/4/26 提供:オートデスク株式会社)

製品資料
「Oracle Cloud」基礎解説:IaaS移行に向けて知っておきたい8つの機能
 多くの企業が「競争力の維持にはインフラの見直しが必要」と気付いており、IaaSへの移行に関心を示している。全世界でのIaaSへの投資額は、2015年の約150億ドルから、2020年には560億ドルまで急増する見込みだ。 このようにIaaSの利用が拡大する一方で、大企業の利用は...(2017/4/17 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
オールフラッシュならではの「新たなストレージアーキテクチャ」とは?
 いまやストレージはオールフラッシュが主流となる時代に突入した。しかし現在でも、多くのストレージにはディスクストレージのために開発されたテクノロジーや、ディスクストレージ時代のアーキテクチャが使い続けられており、フラッシュの特性を必ずしも生かし切れてい...(2017/3/29 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

製品資料
OSS管理のベストプラクティス――アジャイル開発で自動化すべき5つの重要タスク
 近年、提供されるソフトウェアには、オープンソースコンポーネントとマイクロサービスで組み立てられた複合型製品が増えている。その背景には、ソフトウェア開発におけるスピード、アジリティ、革新性などへの要求の増大がある。 この要求に応えるため、DevOpsとアジャ...(2017/3/9 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

技術文書
Web API連携でビジネスはどう変わる? デジタルプラットフォームの変化を読む
 システム開発において、外部アプリケーションとの連携を容易にするWeb API技術を活用するケースが増えている。Web APIを通じて第三者にデータを利用してもらうことは、システムの発想の幅を広げ、商品の市場投入スピードを速めることにもつながる。 例えば、米国の保険...(2017/3/3 提供:CA Technologies)

技術文書
IoT実現のキモとなる「センサ計測」とは?【高確度のセンサ計測を実現するためのテクニカルガイド】
IoTの実現が進む中で、あらゆる装置や機器に取り付けられるセンサ。センサにより収集されたデータを有効活用するためには、高確度のデータ取得が必須でなり、高度な計測技術が求められます。正確なデータがなければ、たとえ優秀なデータサイエンティストであっても、デー...(2017/1/10 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
「知ってるだけ」のDevOps――すぐに始めるための簡単な方法とは
ITのアジャイル性(俊敏性)を高めると期待される「DevOps」。開発(Development)と運用(Operation)を一体化させて、システム変革を速め、ビジネスの革新も速め、一足先に競争力を得る考え方だ。 さらに、インフラやアプリケーションの自動化を推進することで、作業負...(2017/2/8 提供:日本オラクル株式会社)

事例
トヨタIT開発センターのワークフロー刷新――わずか半年で経理業務を電子化
 トヨタの先進技術を担う「トヨタIT開発センター」。先端技術の探索や研究のため多くの研究者が国内外を飛び回る一方で、経理業務の煩雑化が課題になっていた。そこで、同社が導入したのが、Webを通じて稟議(りんぎ)や経費精算など多岐にわたる現場の業務を効率化する...(2017/2/1 提供:株式会社NTTデータビジネスシステムズ)

技術文書
疑似共振フライバックの設計方法 - 最新の800V MOSFET「CoolMOS P7」の効率と熱特性
 インフィニオンでは、新製品800V CoolMOS P7シリーズ高耐圧MOSFETのテストプラットフォームとして45W アダプタ アプリケーション向けデモボードを用意している。アダプタには第二世代の電流モード制御疑似共振フライバック コントローラICE2QS03Gと800V CoolMOS P7(IPA...(2017/1/5 提供:インフィニオン テクノロジーズ ジャパン株式会社)

技術文書
白色LEDでこれまでにない色の一貫性を実現する「10度ビニング」
 一般照明におけるLED使用の増加に伴って、白色ビニングの重要性はますます高まっている。 しかし、現在世界的に採用されているCIE 1931 2°表色系は限界になりつつあり、白色LEDの知覚的色差を適切にマッピングすることは、もはや不可能で、変更すべき時期に来ている。(2016/7/13 提供:オスラム株式会社 オプトセミコンダクターズ)

技術文書
デスクトップ仮想化とUCの連携基盤に求められる技術要素とは
 Windows 7への移行、私物端末の業務利用(BYOD)の潮流、事業継続計画(BCP)などの観点から、新しいワークスタイルの導入が国内でも求められるようになってきた。場所やデバイスを選ばずにどこででも同じように仕事ができる。これを実現するのがデスクトップ仮想化とユ...(2012/11/5 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

Loading