TechTargetジャパン

レポート
TechTargetジャパン Data Report 2016(2015年4月〜2016年3月版)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 本コンテンツは、2015年度にTechTargetジャパンに掲載され、読者にダウンロー...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

事例
事例:2週間→2日に作業工数を大幅短縮、予算実績管理表の作成効率化で打ち手も加速
 総合エレクトロニクス商社の東和電気は、毎月、基幹システムから月次の売上データを集計、分析し、予算実績管理表としてレポーティングするのに、システム要員2人がMicrosoft Excelを駆使して2週間を要していた。その間の業務遅滞を解消し、経営環境の変化にスピード感...(2016/8/1 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
Excelやメールに散らばり、報告方法も個人任せだった営業情報がクリック1つで集約
 企業の成長は、市場の成長を着実に自社の成果と結び付けることで実現する。これが徹底されなければ、有望な市場を目の前にしても成果を挙げられない。市場の成長をキャッチアップするには、強い営業力が必要だ。そして強い営業は、他社よりも「情報力」が優れている。 ...(2016/8/1 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
契約管理業務を文書整理だけで終わらせない――進行管理まで行うためのDB活用法
 パチンコ・パチスロメーカーのサミーでは、機器1台の開発プロジェクトに対して、20件近い開発委託契約書を作成する。同社はこの管理のためにExcelを用いていたことで、業務の継続性に大きな問題を抱えていた。 開発組織の拡大に伴う開発スピードの向上により、管理対象...(2016/7/1 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
脱Excelの選択肢、専用パッケージと汎用DBツールのどちらがベスト?
 Excelファイルや紙の申請書で資産などを管理することに限界が見えてきたことから、多くの企業で管理用パッケージの導入が進んでいる。しかし、専用パッケージが提供する豊富な機能の中に自社に必要な機能がなかった、というケースも少なくない。 ゴルフに関わるさまざ...(2016/7/1 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
1日がかりだった損益計算が1時間で終了、多数の店舗間でも集計や共有を大幅短縮
 数十から数百規模の店舗数で日々売り上げが入ってくるビジネスでは、その数字をできるだけ正確かつ迅速に把握することが、競合に先がけて効果的な販売戦略を実施するための条件となる。また数字の素早い把握は、店舗のモチベーションを上げ、インセンティブ制度などのメ...(2016/6/1 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
タスク管理DBを10分で作成、オーディオテクニカの業務改善を支えるシステムとは
 業務管理システムの代わりにExcelやAccessを使うことが“スキルの証明”となる時代が長く続いていたが、この数年で状況は大きく変わった。セキュリティ強化、データ活用などの要求水準が一段と高まったことに加え、従来の方式では業務の効率化が進まなくなったことが要...(2016/6/1 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
集計が担当者任せなら「データ活用」ではない、データ管理一元化の次に必要なもの
 さまざまな業務データを一元化して管理する体制が出来上がったと思っていても、いざ日次や月次の定型レポートを作成するとなると、担当者がExcelで集計や加工の作業に追われるケースは珍しくない。“データ活用”において、この状況は必ずしも十分とはいえない。 こう...(2016/4/22 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
容量のムダを排除して運用を効率化、ファイルサーバの可視化とは?
 業務関連データの容量増加に対応するため、多くの企業ではストレージ容量を前倒しで追加し、業務に支障を来さないように備えている。ただ、そのために過剰投資と判断される状況が慢性化し、新たな課題として浮上してきている。 こうした課題を解決するためには、ファイ...(2016/3/9 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
44%のストレージ容量の削減に成功、効率的なシステム運用の秘策とは?
 利用部門から業務データを格納するストレージの空き容量について苦情が寄せられたとき、IT部門がまず考えることはストレージの増設である。利用部門に余計な負荷を負わせる負わせることなく、IT部門が自己解決できる手法だからだ。しかし、その手法をいつまでも繰り返す...(2016/3/9 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
属人的で情報共有ができなかったAccessを刷新、全社最適のデータ利活用が「社内説明会」で実現
 Accessによるデータベースの利活用を行っている企業や部署は多い。しかし、複数の部門で情報共有しやすい共通フォーマットに整理されているかといえば、必ずしもそうではない。逆に各社員が業務に使いやすい設定や構造にしているケースの方が多い。重要な情報のブラック...(2016/2/2 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
データ増大に備えて不要ファイルを削減せよ、三菱重工業が35テラバイトのサーバを20%ダイエット
 ファイルサーバのデータをなかなか削減できない原因は、サーバ内の“データ可視化”が難しいからだ。数十テラバイトにも膨らんだデータはファイル数にすると膨大なものになり、捨てても構わないデータをそこから選別するには時間や手間が予想を超えて掛かってしまう。フ...(2016/2/2 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
Microsoft Officeのメニューで簡単文書権限設定、クラウド上のOffice文書を守る
 日々業務でやりとりするMicrosoft Office文書。メールの添付ファイルやファイルサーバで手軽に社内外の関係者と共有できるが、その権限設定はきちんとできているだろうか? 特にスマートデバイスがこれだけ利用されている現在、「Office 365」「SharePoint Online」「E...(2015/12/16 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
永久ライセンスが廃止されるAutoCAD、コスト最適化に向けたライセンス見直しの注目点
 製造業にとどまらず、幅広い企業の設計業務に利用されているCADソフト「AutoCAD」は、2016年1月31日をもって新規の永久ライセンスが販売終了となる。今後のライセンス戦略としては、期限前に最新の永久ライセンスを買い直すか、新しいサブスクリプションによる毎月もし...(2015/12/3 提供:株式会社オーシャンブリッジ)

事例
契約書・写真添付メールの消失を解決、JUST Officeを採用した理由
 メールの保存容量の制限によるトラブルから、社内PC150台のメールソフトの入れ替えと、業務効率向上のためにPDF編集ソフトの導入を検討していた九州リースサービス。Microsoft Office 2007のライセンスを有していた同社は、当初、ジャストシステムの「Shuriken」と「JUS...(2015/6/22 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
新聞社が選んだMicrosoft Office互換ソフトJUST Office、その選定ポイントとは?
 Officeソフトのアップグレード時に問題となるのが、新しいインタフェースやファイル形式の変更に伴う混乱や機能の習熟だ。 福島民友新聞社は、かつてMicrosoft Office 2003から2007への移行時に、UIの大幅な変更で社内の混乱を経験しており、Microsoft Office互換ソフ...(2015/6/22 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
Microsoft Office互換ソフトの導入、コスト以外の決め手は何か?
 OSやOfficeソフトのサポート終了に伴う端末入れ替えや、ソフトのアップグレードに直面する経営者やIT担当者も多いことだろう。アップグレードによるITコストの増加や、ソフトのインタフェースや機能の習熟に掛かる負担増といった課題から、Microsoft Office互換ソフトの...(2015/6/22 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
44%のストレージ容量の削減に成功、効率的なシステム運用の秘策とは?
 利用部門から業務データを格納するストレージの空き容量について苦情が寄せられたとき、IT部門がまず考えることはストレージの増設である。利用部門に余計な負荷を追わせることなく、IT部門が自己解決できる手法だからだ。しかし、その手法をいつまでも繰り返すわけにも...(2015/6/19 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
ファイルサーバの管理負荷がほぼゼロ、ファイル可視化でストレージ容量不足も解消
 ストレージの空き容量不足で利用部門からの苦情が絶えなくなると、早急な対策としてストレージへの投資が過剰になるケースがある。現状を見極めて判断するというプロセスが削られてしまうことで、このような悪循環に陥らないために、近年、ファイルサーバ可視化ソリュー...(2015/6/19 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
事例:業務部門担当者がリアルタイムに進捗把握、分析作業も簡単に(全7社)
 日々蓄積される業務情報を吸い上げ、統合し、進捗状況などをほぼリアルタイムで把握できるようにするソリューションは、さまざまな形で市場に出回っている。しかし、1つの部門や部署が率先して素早く実現するには、高いレベルの専門知識が必要で、構築期間やコストも莫...(2015/5/28 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
事例:ExcelやAccessに代わる業務管理ツールを活用した5社の成功事例、その実態とは
 Microsoft ExcelやMicrosoft Accessで個々の担当者が業務に関する情報を入力し、それらを管理者がまとめて帳票化するという作業は、日常的に実施されている。数名の規模であれば、こうした方法でもさして問題は起きず、手入力によるミスなどもすぐに修正・共有できるが...(2015/5/28 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
2014年度上半期 教育ITニュースフラッシュ導入事例一覧表(導入製品分野別)
 TechTargetジャパンの「教育ITニュースフラッシュ」では2014年度上半期、教育機関のIT導入事例に関するニュースを数多く取り上げてきた。教育機関は2014年度上半期、どのようなIT製品分野に注目し、導入したのか。それを理解すべく、教育ITニュースフラッシュで取り上げ...(2014/9/30 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
スマホショッピングの年代別傾向は?「モバイル&ソーシャルメディア月次定点 調査(2012年12月度)」
 この文書は、ジャストシステムが提供するセルフ型アンケートサービス「Fastask」によるアンケート実例リポート「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2012年12月度)」である。 調査からはFacebook、Pinterest、Instagram、Google+、Linkedin、mixi、LINE、Twit...(2013/1/30 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
インバウンドマーケティングの実践に役立つ「攻めのネットリサーチ活用法」
●関心の高いコンテンツを生み出す、新しいネットリサーチの使い方インバウンドマーケティングは、企業側から顧客や生活者に向かって呼び込みに行くのではなく、企業側に置かれたコンテンツに惹かれ、顧客や生活者側から能動的にやってきてもらうようにするマーケティング...(2012/11/7 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
Facebookの利用状況に関する調査結果
 株式会社ジャストシステムは、セルフ型ネットリサーチ「Fastask(ファストアスク)」で「Facebookの利用状況に関するアンケート調査」を実施した。■調査結果サマリー●友達・知人のフェイスブック上でのふるまいに対し、違和感を抱く「34.4%」 フェイスブック利用経...(2012/4/13 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
従来価格の約1/3を実現したセルフ×クラウド型ネットリサーチ「Fastask(ファストアスク)」
 「ネットを利用して市場をリサーチしたい」という企業は多い。そのためのサービスを提供する企業も複数存在する。だが、従来のリサーチ会社のサービスは時間とコストが掛かりすぎ、手軽とはいえない。 ジャストシステムの「Fastask(ファストアスク)」は、クラウドを...(2012/2/21 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
クラウド時代のエンタープライズサーチ・文書管理・ECMに足りないものとは?
昨今注目を集めるエンタープライズサーチやECM(エンタープライズコンテンツマネジメント)、そして多数の企業で導入されている文書管理システム。しかしこうしたシステムを導入するだけでは、情報共有は進まない。また情報共有を進めることは、情報漏えいなどのセキュリ...(2009/12/1 提供:株式会社オーシャンブリッジ)

製品資料
欲しい情報に必ずたどりつける! キーワード検索を超えた新検索術
 企業内検索システムがインターネット検索と大きく異なるのは、「業務目的で書かれ、業種や業務ごとに類似性の高い文書が数多く存在する」という点である。また、「目的の情報に近い内容を探し出せれば…」といったインターネット検索とは異なり、「利用目的が明確で正し...(2008/10/29 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
「見える化」だけでは足りない! データを「使える化」へ導く情報活用術
 あらゆる業種、職場で膨大な量の数値データや文書データ(=非構造化データ)が日々生成され、蓄積されている。しかし、こうした情報を組織全体の資産として十分に活用できている企業は少ない。分散した環境に保管/蓄積されたさまざまな種類の情報を一元管理し、整理さ...(2008/9/29 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
ATOKで培った日本語処理技術で、社内情報を高速かつ高精度に検索
 今この瞬間にも、企業は変化し続けている。急激な時代変化に素早く対応し、新しいビジネスモデルを展開する上で、自社のITシステムは企業経営に求められる意図伝達や意思決定を支援する「確かさ」と「スピード」を提供できているだろうか。 ジャストシステムが提供する...(2008/6/9 提供:株式会社ジャストシステム)

Loading