TechTargetジャパン

事例
定着の難しいBIツール、どのように導入すれば全社・全店舗で活用できるのか?
 全国規模でビューティーサロンを展開するソシエ・ワールドは、データ活用に課題を抱えていた。各店舗の売り上げをそれぞれの事業部がExcelで集計していたため、属人性が高くなり、データ分析や報告書の品質が安定しなかった。また、データ抽出のたび、情報システム部門...(2017/9/22 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
マンガですぐ理解! 部門別で分かるデータ分析のお悩み解決法
 今や企業活動においてデータ分析はなくてはならないものであるが、データを収集・集計した後に分析を実行し、関係者に共有するのは大変な手間と時間がかかってしまう。分析作業を行う担当者だけでなく、データ出力依頼を受ける情シスにも相応の負担がかかる。 またデー...(2017/9/21 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
マンガで分かる、業務データ分析にありがちな「3つの難題」解決法
 経営会議で利用される売り上げ報告レポートなど、業務活動においてデータ分析は欠かせないものとなっている。しかし、さまざまなデータをExcelやBIツールを使って分析しようとしても、多くの時間と手間がかかり、迅速にデータ活用をできていない企業も少なくない。デー...(2017/9/21 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
「第6回IoT/M2M展」「第8回クラウドコンピューティングEXPO 春」展示会レポート
IoT/M2Mシステムを構築するための無線通信技術やセンサーなど、さまざまなアプリケーションや、クラウドコンピューティングに関する製品、サービスが一堂に集まる展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加でき...(2017/9/12 提供:株式会社アペルザ)

製品資料
失敗例から学ぶ「オンラインストレージ」――導入前に確認すべき4つのポイント
 安全かつ低コストなファイル共有ツールとして人気が高い「オンラインストレージ」。社内外とのコラボレーションによる業務改善など、その利便性ばかりが注目されているが、安易な導入が失敗を招くケースも少なくない。 よくあるのが利用する側の過失によるセキュリティ...(2017/8/25 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
「オンラインストレージ」入門:4つのビジネス効果を基礎から解説
 インターネット接続環境があれば、世界中のどこからでも、さまざまな端末を用いてファイルにアクセスできる「オンラインストレージ」。文書、写真、動画などのデータをオンラインストレージに保管しておけば、会社で作成した文書ファイルを移動中などに閲覧・編集できる...(2017/8/25 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
コスト比較:法人向け主要クラウドストレージの7つの違いとは?
 企業が取り扱うデータが増加し続ける中、クラウドストレージを導入する企業が増えている。データがクラウド上に保存されるため、インターネットにさえ接続していればどこからでもアクセスでき、共同作業もスムーズになる。ローカルサーバと異なり、物理的な保管場所が不...(2017/8/25 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
事例:2週間→2日に作業工数を大幅短縮、予算実績管理表の作成効率化で打ち手も加速
 総合エレクトロニクス商社の東和電気は、毎月、基幹システムから月次の売上データを集計、分析し、予算実績管理表としてレポーティングするのに、システム要員2人がMicrosoft Excelを駆使して2週間を要していた。その間の業務遅滞を解消し、経営環境の変化にスピード感...(2017/7/4 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
BI導入で情シスに分析依頼が殺到……とは無縁の楽々分析ツール
 クレーンなどで名を知られる大阪の中堅メーカー・大洋製器工業。約200人が働く社内では、基幹システムに蓄積されたデータを活用し、さまざまな分析作業が行われていた。 ところが導入していたBIは分析パターンが固定されているうえに、ユーザーライセンスが高く利用者...(2017/5/16 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
社員の約8割がBIを活用、鳥居薬品が“脱Excel”できない現場を劇的に変えた方法
 ユーザー部門におけるデータ活用を促進するため、BIツールを導入する企業が増えている。しかし、現場では「タイムリーな分析結果が得られない」「グラフなどの表現力が乏しい」といった理由から、Excelが利用され続けるケースが少なからず見られる。 このような課題を...(2017/5/11 提供:株式会社ジャストシステム)

技術文書
1回の操作勉強会だけでデータ活用が活発化、コープ自然派に学ぶBIツール導入
 基幹システムには、ビジネスチャンスにつながる有用なデータが蓄積されているが、そのデータを有効活用できない組織も少なくない。農薬・化学肥料を使わない有機野菜など安全な商品の提供に取り組むコープ自然派事業連合も、そうした組織の1つだった。 約1万点に及ぶ商...(2017/5/11 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
利用方法を変えずにファイルサーバを可視化、ソニー損保が選んだ管理ツールとは
 ファイルサーバの効率的な管理・運用はどこの企業にも付き物の課題だ。ソニー損害保険では、業務で扱うさまざまなドキュメントをファイルサーバ上に保存し、各部門で個別に管理してきた。しかし、毎月10GBのペースでデータ容量が増加しており、高頻度でサーバの整理をす...(2017/4/20 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
各部門が把握しきれない不要データも一掃、東亞合成に学ぶファイルサーバ節約術
 瞬間接着剤「アロンアルフア」で知られる東亞合成。同社のITインフラ構築を一手に担う情報システム部にとって、容量が増す一方のファイルサーバは頭の痛い問題だった。ユーザーの要望に応じる形でディスク容量の増設を続けていたが、その多くは不要なファイルによって消...(2017/4/10 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
ファイルサーバ「肥大化対策」の秘訣、増設/移行でコストを無駄にしない管理法
 社内で手軽に情報を共有できるツールとして、多くの企業で利用されているファイルサーバ。誰でも簡単に使える点は便利だが、その分、ユーザー部門の無計画な利用によるデータの肥大化が進みやすい。その結果、容量がすぐに足りなくなり、増設を繰り返すことになる。 ま...(2017/4/20 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
1日がかりだった損益計算が1時間で終了、多数の店舗間でも集計や共有を大幅短縮
 数十から数百規模の店舗数で日々売り上げが入ってくるビジネスでは、その数字をできるだけ正確かつ迅速に把握することが、競合に先がけて効果的な販売戦略を実施するための条件となる。また数字の素早い把握は、店舗のモチベーションを上げ、インセンティブ制度などのメ...(2017/4/20 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
集計が担当者任せなら「データ活用」ではない、データ管理一元化の次に必要なもの
 さまざまな業務データを一元化して管理する体制が出来上がったと思っていても、いざ日次や月次の定型レポートを作成するとなると、担当者がExcelで集計や加工の作業に追われるケースは珍しくない。“データ活用”において、この状況は必ずしも十分とはいえない。 こう...(2017/4/20 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
過半数が「ディスク容量不足」に不安、ファイルサーバの課題にどう対応する?
 ファイルサーバやNASを運用している企業の多くが、「ハードウェアトラブル」や「災害時のデータ消失」以上に「ディスク容量不足」に不安を感じていることが、TechTargetジャパンの調査で分かった。実際、ビジネスのデジタル化に伴い、企業が取り扱うデータは急速に増大...(2017/4/20 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
「Windows Server 2003以前」のユーザーはまだいる? ファイルサーバの今後を考える
 TechTargetジャパンは、2015年にファイルサーバの利用に関するアンケート調査をした。現在利用しているファイルサーバのプラットフォームについて聞いたところ、「Windows Server 2008」が49.3%と最も多く、「Windows Server 2012」が33.3%と続いた。一方、「Windows ...(2017/4/20 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
導入したのに使えないBIのワナ 第2ステップの対応が鍵だった
 グローバルを含む全拠点へのERP展開が完了したことで、収集データをもとに、日々変化する売上・購買・在庫などのトレンドをひと目で把握できるようにしたい、経営層が自在に数字を読めるようにしたい、と考える企業は少なくないでしょう。そこで浮上するのが「BI導入」...(2017/4/10 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
44%のストレージ容量の削減に成功、効率的なシステム運用の秘策とは?
 利用部門から業務データを格納するストレージの空き容量について苦情が寄せられたとき、IT部門がまず考えることはストレージの増設である。利用部門に余計な負荷を負わせる負わせることなく、IT部門が自己解決できる手法だからだ。しかし、その手法をいつまでも繰り返す...(2017/2/9 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
SFA活用で営業力強化、売り上げアップにつながる4つのステップ
 SFAは具体的な案件内容や顧客との商談履歴などを記録し、営業活動を“見える化”するツールだ。営業部員の目標達成状況などを部内で共有し、データを基にしたコミュニケーションを活性化することで、「この顧客には次にどんなアクションを起こすか」といった行動管理も...(2017/2/27 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
ファイルサーバの肥大化対策、コストと労力を削減する統合管理システム
 企業にとって、ファイルサーバは大切なインフラの1つ。大容量のデータをスピーディーに共有でき、申請書のテンプレートなども手軽に引き出せるなど、ユーザーに多くの利便性を提供する。しかし、管理者にとっては厄介な存在で、不要になったファイルの整理や、アクセス...(2017/2/9 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
契約管理業務を文書整理だけで終わらせない――進行管理まで行うためのDB活用法
 パチンコ・パチスロメーカーのサミーでは、機器1台の開発プロジェクトに対して、20件近い開発委託契約書を作成する。同社はこの管理のためにExcelを用いていたことで、業務の継続性に大きな問題を抱えていた。 開発組織の拡大に伴う開発スピードの向上により、管理対象...(2017/1/25 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
自社アプリで集客/購買を促進――スキル不要で開発から顧客育成まで一気に実現
 2016年から2020年にかけて、スマートフォンアプリのダウンロード数は倍増すると予想されている。この流れを受けて、自社アプリを活用した集客促進や購買促進に取り組む企業が増えているが、実際のマーケティング効果はどのくらいあるのだろうか。 あるスポーツウェアメ...(2017/1/19 提供:ファストメディア株式会社)

事例
事例:業務部門担当者がリアルタイムに進捗把握、分析作業も簡単に(全7社)
 日々蓄積される業務情報を吸い上げ、統合し、進捗状況などをほぼリアルタイムで把握できるようにするソリューションは、さまざまな形で市場に出回っている。しかし、1つの部門や部署が率先して素早く実現するには、高いレベルの専門知識が必要で、構築期間やコストも莫...(2016/12/2 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
事例:ExcelやAccessに代わる業務管理ツールを活用した5社の成功事例、その実態とは
 Microsoft ExcelやMicrosoft Accessで個々の担当者が業務に関する情報を入力し、それらを管理者がまとめて帳票化するという作業は、日常的に実施されている。数名の規模であれば、こうした方法でもさして問題は起きず、手入力によるミスなどもすぐに修正・共有できるが...(2016/12/2 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
脱Excelの選択肢、専用パッケージと汎用DBツールのどちらがベスト?
 Excelファイルや紙の申請書で資産などを管理することに限界が見えてきたことから、多くの企業で管理用パッケージの導入が進んでいる。しかし、専用パッケージが提供する豊富な機能の中に自社に必要な機能がなかった、というケースも少なくない。 ゴルフに関わるさまざ...(2016/12/21 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
国産ジェット旅客機「MRJ」の開発プロジェクトを支える情報共有システムとは?
 国産初を目指して開発が進むジェット旅客機「MRJ(Mitsubishi Regional Jet)」。この前例の少ない開発プロジェクトに取り組む三菱航空機は、従来のものづくりを超えた技術的な課題やトラブルに日々直面している。 そこで同社は、開発プロセス自体の見直しにも耐える柔...(2016/12/21 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
「営業部員が主体的に動き出した」 むさし証券に学ぶデータ分析の全社活用
 埼玉県を中心に全国で地域密着型の事業を展開するむさし証券。同社では、基幹システムのデータに基づく経営分析を行っているが、以前はそのデータの取り込みにExcelを利用していた。その結果、経営数値の推移を1つ見るだけでも、多くの手間と時間がかかっていた。 その...(2016/12/7 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
データ増大に備えて不要ファイルを削減せよ、三菱重工業が35テラバイトのサーバを20%ダイエット
 ファイルサーバのデータをなかなか削減できない原因は、サーバ内の“データ可視化”が難しいからだ。数十テラバイトにも膨らんだデータはファイル数にすると膨大なものになり、捨てても構わないデータをそこから選別するには時間や手間が予想を超えて掛かってしまう。フ...(2016/12/2 提供:株式会社ジャストシステム)

Loading