TechTargetジャパン

技術文書
これで完璧、Microsoft Office 2013展開ガイドブック
 本ドキュメントは、IT管理者を対象に、Office 2013を展開する方法について詳しく説明したガイドブックだ。ボリュームライセンス認証から、クライアントPCへのセットアップ、他言語での展開方法まで手順とともに細かく解説する。解説には、ポイントをまとめた「メモ」や...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
ソフトウェアライセンス監査がやってきた!
 ソフトウェアライセンス管理はIT資産管理の中でも基本となる管理事項であるが、まだ多くの企業で適切なソフトウェア資産管理ができていない状況にある。ソフトウェアベンダーもライセンス管理についての啓蒙を行ったりライセンス違反の摘発に力を入れてきており、問題が...(2011/1/17 提供:Numara Software)

レポート
ソフトウェア ライセンス監査がやってきた!
 ソフトウェアライセンス管理はIT資産管理の中でも基本となる管理事項であるが、まだ多くの企業で適切なソフトウェア資産管理ができていない状況にある。ソフトウェアベンダーもライセンス管理についての啓蒙を行ったりライセンス違反の摘発に力を入れてきており、問題が...(2010/6/1 提供:Numara Software)

レポート
仮想環境に潜むコンプライアンスリスク――膨大な監査請求の支払責任は誰に?
 パブリック、プライベート、ハイブリッドなど、クラウドにもさまざまな形態があり、また、その上で運用されるソフトウェアの柔軟性から仮想マシン(VM)の利用も進んできた。一方、こうした状況では、クラウドサービスのコンプライアンスやセキュリティ対策などの責任所...(2017/2/3 提供:ウチダスペクトラム株式会社)

技術文書
「クラウド上のOffice」でインストール時の管理負荷を軽減
 これまでOffice製品の展開には、Windowsインストーラ形式が使用され、インストールポイントの作成から展開するためのソフトウェア配信サーバの構築まで、IT管理者にはさまざまな事前準備の必要があった。また、既存のOfficeバージョンとの共存ができないことから、互換...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
サーバOS移行に備える、Windows Server仮想環境ライセンスの基礎知識
 2015年7月、Windows Server 2003の延長サポートが終了する。サーバOSの移行に伴うコスト負担や現行システムへの影響を、正確に把握しておく必要がある。特に仮想環境に対してWindows Serverのアップグレードがどのような影響を及ぼすか、コスト面も含め検討しておくこと...(2015/6/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
永久ライセンスが廃止されるAutoCAD、コスト最適化に向けたライセンス見直しの注目点
 製造業にとどまらず、幅広い企業の設計業務に利用されているCADソフト「AutoCAD」は、2016年1月31日をもって新規の永久ライセンスが販売終了となる。今後のライセンス戦略としては、期限前に最新の永久ライセンスを買い直すか、新しいサブスクリプションによる毎月もし...(2015/12/3 提供:株式会社オーシャンブリッジ)

レポート
仮想化ライセンス方式に関するFAQまとめ
 仮想化はコストの削減に貢献するが、それ自体は決して無償の技術ではない。仮想インフラを構築する、あるいは既存のインフラをアップグレードするには、仮想化技術のライセンスコストが発生するのだ。 どのようなライセンスが必要で、仮想化にどのくらいの費用を掛ける...(2012/4/3 提供:アイティメディア株式会社)

e-book
仮想化ライセンス方式に関するFAQまとめ
 仮想化はコストの削減に貢献するが、それ自体は決して無償の技術ではない。仮想インフラを構築する、あるいは既存のインフラをアップグレードするには、仮想化技術のライセンスコストが発生するのだ。 どのようなライセンスが必要で、仮想化にどのくらいの費用を掛ける...(2011/11/28 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
【比較表】主要ターゲット型バックアップアプライアンス、機能・価格比較
 バックアップアプライアンスには「ターゲット型」と「統合型」の2種類がある。ターゲット型はバックアップ保存先ストレージのみ、統合型はバックアップ保存先ストレージとバックアップサーバを組み合わせた製品を指す。このコンテンツではターゲット型アプライアンスに...(2016/12/22 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
ソフトウェア収益化の壁、“悪意のない”ライセンス契約違反をなくすには?
 近年のソフトウェア利用者は、オンプレミス、クラウド、ハイブリッドのいずれの環境でも、任意のデバイスからいつでもソフトウェアを利用できることを期待している。ライセンス形態についても同様に利用方法や場所を問わず、共通のユーザー体験を求める。 そのため、ソ...(2016/9/1 提供:ジェムアルト株式会社)

レポート
次期ソフトウェアライセンス契約のために効果的なアプローチとは?
 「いつか使うかもしれない」という思い込みだけで、IT製品やライセンスを購入してはいないだろうか。ただし、ビジネスには状況の急激な変化はつきものだ。必要になるかもしれないと思って追加したライセンスは、結局1つも使われなかった――。こうした経験を持つ企業は...(2012/12/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
BYODのセキュリティ対策はユーザーライセンスを選択すべき5つの理由
 現在普及しているエンドポイントおよびモバイルデバイス保護のライセンス体系は、現実にそぐわなくなってきている。ほとんどのPC、ラップトップ、サーバ用のアンチウイルスおよびエンドポイント保護製品は、「デバイス」単位にライセンスが供与されており、その同じライ...(2013/10/3 提供:ウェブルート株式会社)

レポート
複雑過ぎて頭を悩ます「Office」のライセンス、中堅・中小企業に最適なのは?
 「Microsoft Office」のライセンスには、気が遠くなるほど多くの選択肢が用意されている。Microsoftは、「Windows」搭載のクライアントPC(Windows PC)やAppleの「Mac」、各種モバイルプラットフォーム対応のOfficeを提供している。ただし、モバイル版は、Windows PCや...(2017/4/21 提供:KDDI株式会社)

レポート
クラウド型デスクトップ(DaaS)に立ちはだかる、Windowsライセンスの壁
 クラウド事業者が仮想デスクトップをユーザーに配信するタイプの仮想デスクトップサービス「DaaS(Desktop as a Service)」。DaaSは、外出先の従業員に仮想デスクトップを提供するための、低コストでスケーラブルな方法としてIT部門の間で人気を集めている。中には、「...(2014/10/23 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
システム管理者に要求されるMicrosoftライセンスの知識
 IT管理や調達担当といった業務職では、ライセンスの知識が有用な場合がある。CEOであっても、コンプライアンスやソフトウェア資源の有効利用を確かなものにするには、財務部や人事部に適切な指示を与えられるだけのライセンスについての知識が必要だ。 一方、ほとんど...(2013/2/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
厳格なソフトウェア監査に対応するIT資産管理とは
 自治体や企業において、大規模なソフトウェア違法コピーの発覚が、立て続けに報道される中、各企業は今、ソフトウェアの適切なライセンス管理を迫られている。しかし、ソフトウェアのライセンス体系が複雑化する中で、ライセンスの過不足状況の把握やバージョンアップの...(2010/11/8 提供:クオリティソフト株式会社)

レポート
仮想化の投資対効果を高めるには? 導入方法とライセンスの基本
 端末のセキュリティ対策や運用管理、従業員のワークライフバランス、事業継続性といった観点で、デスクトップ仮想化(VDI)が注目されている。その一方で、新たなシステム導入のために掛かる初期費用がVDI導入の壁になっていることも事実だ。 ITプロジェクトでは誰もが...(2012/9/13 提供:デル株式会社)

事例
航空通信企業がOSSライセンス条件やセキュリティ脆弱性を一元管理できた理由
 航空会社、空港などに業務ソリューションを提供するグローバルカンパニー、SITA。同社はソフトウェアコードベースの知的財産管理を行うに当たり、自社開発のソフトウェアに、どんなオープンソースソフトウェア(OSS)がどの程度含まれ、各OSSコンポーネントのライセンス...(2015/3/23 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

レポート
ライセンス管理欠如がもたらす“正規ユーザーによる不正使用”に注意
 ソフトウェアライセンスの複雑さから目を背ける組織は多い。だが手続きや予算を作成する際にソフトウェアライセンスを考慮しておけば、より効果的にアプリケーションを管理できるだけでなく、規約違反の問題も避けることができるなどメリットは大きい。 本資料では、ソ...(2012/12/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
「OSSライセンスの法的基礎知識1」-著作権法上のOSSライセンスに関する法的基礎と日本の現状解説
ソフトウェア開発に携わる企業の法務、知財、コンプライアンス部門や開発部門にとって、知っておきたいOSSライセンスの法的基礎知識のポイントとライセンス訴訟を含む日本の現状について、専門性の高い弁護士による2部解説シリーズの第一部。(第二部は当社Webサイトをご...(2013/1/7 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

事例
ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は?
 OEMの化粧品の開発、製造を行うグローバル企業であるトキワでは、ITシステムのイノベーションを推進するため、先進テクノロジーを採用してきた。しかし、生産、販売、原価の管理システムが稼働するx86サーバは、これからの業務拡大を見据えると限界を迎えていた。 そこ...(2017/7/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ライセンス管理で市場ニーズに合ったソフトウェアを開発する方法
 「どうしたら自社のソフトウェアがもっと売れるか?」 「もっと魅力的なパッケージにするにはどうすればいいか?」 ソフトウェア開発会社が自社のソフトウェアをより魅力的なパッケージにして売り上げを伸ばすには、使用期間限定キャンペーンや、簡易版ライセンス販売...(2013/12/26 提供:日本セーフネット株式会社)

レポート
ソフトウェアビジネスで収益を上げるには? 調査結果が答えを示す
 ソフトウェアのパッケージビジネスで収益を上げるためには、極めて多くの要素を考慮しながら製品開発やビジネスモデル構築に当たる必要がある。例えば、相も変わらず横行するライセンス違反や不正コピー、リバースエンジニアリングといった知的財産権侵害への対処。より...(2013/7/1 提供:日本セーフネット株式会社)

事例
まだ1年前の機能を使っているの? いつでも進化する「AutoCAD」の真価
 オートデスクでは2014年から順次、ライセンス体系の変更を進めてきており2016年8月に全ての製品のライセンスを「ライセンス買い取り型」から「サブスク リプション型」に切り替えた。これに伴いCAD製品である「AutoCAD」も全面的にサブスクリプション型へ移行。さらに20...(2016/12/6 提供:オートデスク株式会社)

Webキャスト
これだけは知っておきたい! 弁護士による解説「OSSライセンスの法的基礎知識2」
 多くの優位性を持つオープン・ソース・ソフトウェアをより安全に使い、ソフトウェア開発の効率を更にアップするため、注意すべき法的側面を具体的に理解するための、オープンソース・ライセンスの内容解釈、著作権、OSSライセンス法的メリット、二次的著作物の利用、コ...(2013/4/15 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

レポート
VDI導入コストを削減する、「Linux VDI」のメリットと制約
 「Linux」の仮想デスクトップを導入する最大のメリットはライセンスにある。オープンソースのVDI(仮想デスクトップインフラ)は、「Microsoft VDI」ライセンスに掛かるコストを削減または一掃する。WindowsやMicrosoft Officeが必要ないユーザーをLinux VDIにすること...(2017/3/9 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
わが社でも使える? Office 365のライセンス形態をチェック
 「Office 365」を導入するときに、よく話題になるのがライセンスの複雑さです。Office 365には「Microsoft Word」や「Microsoft Excel」「Skype for Business Online」など多くのアプリケーションがあります。これらは製品単体で契約することももちろん可能ですが、用途...(2016/7/27 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
ネットワーク監視ツール製品比較のはじめの一歩「コスト構造を理解する」
 ネットワーク監視ツールを評価/比較する際には、つい機能や操作性に目が行きがちだが、選択肢のトータルコストを理解することが非常に重要だ。中でも、デバイスベースであれ、ポートあるいはインタフェースベースであれ、測定ベースであれ、核となる「ライセンス構造」...(2013/8/28 提供:Ipswitch Japan株式会社)

製品資料
【カタログ】AssetView WEB
【製品概要】「AssetView WEB」は、ライセンス管理に特化したIT資産管理ツールです。従来のIT資産管理ツールと同様、各PCのインベントリ情報を収集して台帳化し、管理のコストを大幅に削減するだけでなく、ライセンス管理に絞った機能性によって、実際のライセンス管理作...(2011/5/25 提供:株式会社ハンモック)

Loading