TechTargetジャパン

技術文書
グローバルM2M リモートマシンからのリアルタイムデータ活用
 M2Mコミュニケーションの発達により、あらゆる種類のリモートマシンやデバイスを中央情報システムと接続し、リアルタイムの現場情報(フィールドインテリジェンス)を収集できるようになりました。これらの情報は、効率化やコスト削減、新しいサービスの導入、競争上の...(2013/6/19 提供:ボーダフォン・グローバル・エンタープライズ)

レポート
ボーダフォン グローバルM2Mホワイトペーパー
 本ホワイトペーパーは、最高経営責任者(CEO)や上級経営幹部、最高情報責任者(CIO)、IT責任者、および各分野の意志決定者の皆様にM2Mの導入に関して有益な内容を記載しています。 営業車や配送車のトラッキングから、資産管理、スマートメータリング、産業や建物...(2012/11/12 提供:ボーダフォン・グローバル・エンタープライズ)

レポート
ブランク
本ホワイトペーパーは、最高経営責任者(CEO)や上級経営幹部、最高情報責任者(CIO)、IT責任者、および各分野の意志決定者の皆様にM2Mの導入に関して有益な内容を記載しています。営業車や配送車のトラッキングから、資産管理、スマートメータリング、産業や建物、家庭...(2012/11/12 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
IoTシステム構築の初歩から事例まで!「CONPROSYS」とは?
 単なるリモートIO/遠隔監視に留まらず、あらゆるモノから得られる情報を活用・分析することで、新たなサービス・製品競争力を提供することが求められている。 本資料では、M2M/IoTの初歩から市場動向も含めて紹介し、その市場に向けたM2M/IoTソリューションを簡単に構...(2016/10/3 提供:株式会社コンテック)

技術文書
IoT/M2M環境のセキュリティ対策技術、一般的な対策とどこが違う?
 「IoT(Internet of Things)」「M2M(Machine to Machine)」関連技術は、あらゆる産業分野にその応用範囲が及ぶため、昨今、大きな注目を集めている。IoT/M2M環境では、通信手段を持つマシンが、人々の生活現場や企業の業務現場に入り込み、さまざまな重要情報がイン...(2015/1/15 提供:東京システムハウス株式会社)

講演資料
日本、アジア、世界で実現する、シームレスなワイヤレスM2M構築の押さえておくべきポイント
 遠隔地の機械を無線(モバイル網)ネットワークで接続し、機械やデバイス等の位置情報、稼働状況、環境情報、遠隔操作や監視、保守データの収集などを可能にするのがワイヤレスM2Mだ。 日本では国内での導入が進む中、特にアジアなど、海外展開を加速させる企業にとっ...(2012/8/31 提供:シンガポールテレコム・ジャパン株式会社)

技術文書
モバイル組み込みシステムのM2M アップデート:クライアント側の課題
M2Mという技術そのものは1990年代から使用されているが、ワイヤレスネットワークの進化と普及により、新たな可能性が最近特に注目されている。自動車、家電、医療、インテリジェント ビル、スマート グリッド エネルギー、物流など、さまざまな分野でモノ同士が通信を行う...(2013/11/14 提供:QNX ソフトウエア システムズ株式会社)

製品資料
気になる法人MVNOサービスの実態を解説――データシェアやM2M対応が主流に
 今やモバイルPC、スマートフォン、タブレットなどに掛かる通信費は、ビジネスを支える上で不可欠なコストである。この通信コストの適正化で注目を集めているのが格安SIMといわれるMVNOの法人向けサービスである。 価格メリットが取り上げられやすいMVNOだが、毎月のデ...(2016/11/29 提供:ニフティ株式会社)

事例
M2Mで収集した装置ログで生産ライン安定化!分析のポイントは?
 印刷関連機器と電子部品のプリント基板の製造装置を提供するSCREENグラフィックアンドプレシジョンソリューションズ。同社では、機器の安定稼働を実現し、顧客の生産ラインの安定化に貢献するための、高度でプロアクティブな設備保全と運用改善を図るためのサービスを模...(2016/6/17 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

講演資料
新たなうねり、“Internet of Things”を支えるキー・テクノロジーとは?
 従来人と人、人とモノをつないできたインターネットにおいて、現在は、モノとモノとがインターネットを介してつながるM2M(Machine-to-Machine)のネットワークが広がりを見せている。膨大な数のデバイスやモバイル端末が相互に繋がることにより、人々の暮らしや社会の...(2014/2/26 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
調査結果から見えてきた、製造業におけるIoT/M2Mの活用状況と課題
 MONOistおよびTechTargetジャパンは2014年9月、「IoT(モノのインターネット)に関する読者調査」を実施した。調査結果からは企業におけるIoT/M2Mの活用動向や課題、目的、製品導入の状況などが明らかになった。(2016/3/25 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
社会とともにIBM、ストリームコンピューティングとともにIoT
 デバイスやセンサーだけでなく家電やクルマなどさまざまなモノがつながるIoT(Internet of Things)が急速な展開を見せる中、これらの大量のトラフィックを効率的・効果的に扱うMQTTプロトコルが注目を集めている。本コンテンツでは、IoTやM2M(Machine-to-Machine)に...(2014/11/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
M2Mアプリケーションを設計する際に考慮すべき重要な技術的側面とは?
 M2M通信機能を装備するには、アプリケーションに依り特別な要件が必要になります。初期設計だけでなく、製品寿命(置き換えをする前に、その機器をどれだけ動作させるべきか)、地域カバー範囲(最初は一つの地域で動作するように設計されたが、今では他の地域での動作...(2013/6/1 提供:ユーブロックスジャパン株式会社)

レポート
調査結果から見えてきた、製造業におけるIoT/M2Mの活用状況と課題
MONOistおよびTechTargetジャパンは2014年9月、「IoT(モノのインターネット)に関する読者調査」を実施した。調査結果からは企業におけるIoT/M2Mの活用動向や課題、目的、製品導入の状況などが明らかになった。(2014/11/17 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
5つの技術課題と4つのデータ活用が焦点、IoT導入の近道
 テレメタリング、ユビキタス、M2Mなどを経て、次世代サービスの中核を担うと注目されている「Internet of Things(IoT)」。さまざまなモノからデータを収集し、遠隔で制御するだけでなく、高度な分析で新たな価値を生み出せる。しかしまだ国内企業の半数は検討以前の段...(2016/11/30 提供:ソフトバンク株式会社)

カタログ
IoTの組み込み開発に求められる「ゲートウェイ・ソリューション」とは
 IoTが組込みテクノロジーに対応した世界中のデバイスのシームレスな接続、管理、安全な相互作用を可能にするにつれ、産業界は新しい時代を迎えつつある。 製造業におけるIoT、つまりIIoT (インダストリアルIoT)では、機械装置が他の機械装置、対象物、環境、インフラと...(2016/4/18 提供:ADLINKジャパン株式会社)

事例
「VPN通信コストを5分の1に削減」「合併時のネットワーク管理の統合」に成功した理由
 パブリッククラウド利用に伴う帯域確保、遅延や障害といったネットワークパフォーマンスや通信品質、セキュアな通信など、運用上の課題は多い。 本資料では、IPv6方式を採用した低遅延、高帯域なVPNを導入し、「高い拡張性と安全性を備えたネットワーク構築」「コスト...(2015/4/22 提供:株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ)

講演資料
IoT時代のビッグデータ分析とは? モノから生まれる超高速・超大量データの活用方法
 今やデータは人間が作り出すだけでなく、さまざまなモバイルアプリケーション、デバイス、センサーが大量データを生成するInternet of Things(IoT)の時代が到来している。 多種多様なデバイスが超高速に大量のデータを生み出し、人間を介さずデバイス間でデータのや...(2014/6/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
クラウド、モバイル、M2M時代に見直すべきサービス指向という切り札
 必要なITリソースを、必要なときに調達できるクラウドサービスが企業に浸透しつつある。だが問題も招いている。情報システム部門を介さず、業務部門が勝手にSaaSなどを導入してしまう“勝手クラウド”だ。これを放置すれば部門ごとにクラウドサービスが乱立するなど、シ...(2013/10/17 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
今どきのシステム要求を満たす、柔軟なデータプラットフォーム構築の鍵となる「分散NoSQLデータベース」
 クラウド、IoT、ビッグデータ、ソーシャル、モバイルといった技術の活用によって、ビジネスをより進化させようとするとき、ここに挙げた技術を単体で利用するケースは少ない。IoTやM2Mの技術にクラウドソリューションを組み込むことで、ビッグデータの解析は現実的な施...(2015/7/31 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

技術文書
モノづくり企業にとっての「モノのインターネット」〜IoTとは何か、我々は何をすべきか〜
今後数年の間に数百億個のデバイスが互いに接続され、インターネットを超えた新たなネットワーク「Internt of Things(IoT)」が誕生するといわれています。インターネットによって、人々の行動や価値観が、企業のあり方が、そして世界が変わってしまったように、IoT によっ...(2014/11/17 提供:株式会社アットマークテクノ)

レポート
IoT(モノのインターネット)に関する読者調査リポート(2014年9月)
 TechTargetジャパンとMONOistは2014年9月、TechTargetジャパン会員とMONOist読者を対象に「IoTに関する」を実施した。本リポートでは、IoTについての理解度を始め、製造現場におけるIoT/M2Mの活用状況などをまとめている。目的:情報システム部などIT製品・サービスの...(2014/11/17 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

製品資料
いますぐ開発できる!?組み込みデバイス向けJavaツールとは
 数万のエンジニアによって10年以上開発投資されたJava製品、Java言語、API、仮想マシンは、多種の垂直ソリューションで広くテストされ、展開されている。たとえば、ヘルスケア、産業機器、M2M、ワイヤレスモジュール、スマートメーターなど、幅広い分野で活用されている...(2013/8/6 提供:日本オラクル株式会社)

Loading