TechTargetジャパン

講演資料
AIの精度が出ない…… 機械学習を実活用レベルに引き上げる「加速化」
 AI活用に欠かせないのが機械学習。大量データから傾向を分析させ、高精度な予測と判断を行わせる機械学習だが、環境構築に手間が掛かる、頻繁にコードを書き換える必要があるなど、導入するまでのハードルはまだまだ高い。 予測や判断などの特定タスクを行うモデルで...(2016/12/1 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Webキャスト
「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか?
 攻撃者の標的となる情報やアプリケーションが存在するのは、クライアントPCやサーバといったエンドポイントだ。サイバー攻撃の実害を防ぐためには、エンドポイントセキュリティの強化が不可欠となる。これまでもエンドポイントセキュリティは基本的な対策として取り組ま...(2017/2/24 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
機械学習で分析モデル選択を自動実行 予測分析を極限まで簡素化する仕組みとは?
 企業や組織がより多くの顧客セグメントや事業セグメントにアナリティクスを適用するようになると、多くの場合は、予測モデルに求められる詳細レベルが高まっていく。その結果、より高度なモデルをより多く開発しなければならないが、ほとんどの分析担当者やデータサイエ...(2016/12/26 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
多次元機械学習とビッグデータで高度な脅威を防止・検出し回復
 サイバー攻撃はその勢いを年々増している。2015年の調査によると、大企業6社当たり5社が標的型攻撃の被害を受けており、その割合は前年から40%増加した。また新しいマルウェアは1日当たり100万も生み出されていると推定される。 この状況に対応するために、大量のデー...(2016/5/23 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月10日号:システム導入を阻む反対派への対処法
 Computer Weekly日本語版 5月10日号は、以下の記事で構成されています。■Red Hatいわく「ライセンスだけでは本物のオープンソースとはいえない」■破産した英HMVが断行したITコスト削減■クラウド移行を加速するオーストラリアのME銀行■ブルームバーグのデータサイエ...(2017/5/10 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
進化する「データ活用プロセス」、自動化・最適化を組織全体で実践する方法
 データは適切に活用してこそ、成果につながる。ビジネスにおいてはデータに基づく洞察の大切さはもちろん、成果を得るには迅速な行動が不可欠だ。できることなら、業務遂行上のさまざまな意思決定を自動化させていくことが望ましい。 自動化は判断の遅れを避け、意思決...(2017/5/17 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
未知のマルウェアや脆弱性を使った攻撃を未然に防ぐ「3つの防御アプローチ」
 エンドポイントセキュリティの定番といえるアンチウイルス製品だが、既知のマルウェア対策に特化しており、新種のマルウェアや新たな脆弱性を利用した未知の攻撃には不安がある。企業を狙う標的型攻撃は日々進化しており、未知の攻撃を防ぐセキュリティ対策が求められて...(2017/3/10 提供:株式会社日立ソリューションズ)

製品資料
ロボットがビッグデータ分析を自動化――予測分析モデルを誰でも利用可能に
 ビッグデータから知見を引き出す「データサイエンティスト」が脚光を浴びる中、ビッグデータ分析の需要は増え続けており、データサイエンティスト不足が顕著になっている。その専門性を有効活用するためにも、データサイエンティストには彼らにしかできない分析に専念し...(2017/2/9 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

プレミアムコンテンツ
ディープラーニング一色ではない、人工知能研究の現状と今後の展望
 ITやICTの領域ではもちろん、製造業においても取り上げられる機会の増えた「人工知能」だが、日進月歩の勢いで発展している領域だけに、その研究と社会実装がどのような状態にあるのかを把握することは容易ではない。 世間的には自動運転車や会話するロボット、世界チ...(2017/1/12 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Hadoopに使いやすさと自動化を──OSSとエンタープライズ機能の融合
 データの大容量化と多様化が進む中、さまざまな種類の膨大なデータを低コストで格納し分析するためにHadoopの採用を検討する企業が増えている。しかし、Hadoop内部に格納されているデータから重要な洞察を引き出すためには、予想以上に高度なスキルと多大な労力が必要だ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
「Spark」を動画で徹底解説、高速ビッグデータ分析環境を簡単に構築する方法
 これまでビッグデータ分析技術といえば「Apache Hadoop」が利用されてきたが、処理速度には課題があった。そこで、インメモリ技術による高速処理を特徴とし、機械学習ではHadoopの10〜100倍という速度を誇る「Apache Spark」を採用する企業が増えている。 利用が進む背...(2017/3/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
「LINPACK」だけでは評価できないコグニティブ時代のHPCシステムの新常識
 近年、多くの業界でハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)やハイパフォーマンスデータアナリティクス(HPDA)が脚光を浴びている。その背景には、モバイル、IoTといった分野におけるデータ量の急増や、その分析を支えるコグニティブコンピューティング、深層学習...(2017/5/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
未知のマルウェアを高精度で検出、新しいアプローチによるエンドポイント対策
 遠隔操作や情報漏えいに直結するゼロデイ脆弱性は、今なお発見され続けており、多くの企業がその対応に追われている。その一方で、既知のマルウェアだけでなく、従来のウイルス対策ソフトでは検出できない未知のマルウェアも急速に増加している。 このように従来型の対...(2017/3/15 提供:株式会社日立ソリューションズ)

製品資料
Hadoopクラスタのスケーラビリティ/パフォーマンス/セキュリティを確保するためのポイントを探る
 大規模分析で古くから使用されているSQLのスキルを利用し、Hadoopを含むあらゆるソースからのデータを検索し、可視化したいというニーズは、ビッグデータ分析に取り組む企業にとって一般的なものだといえる。IBMのHadoop実装であるInfoSphere BigInsightsに搭載されてい...(2015/6/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
急増する「脅威メール/標的型・ランサムウェア」あらゆる企業に必要な対策は?
 メールを侵入経路とするマルウェアが国内で急増している。2016年第4四半期におけるウイルス・不正プログラムの検出数は、前年同期比で600%以上という急拡大を見せた。さらに中小企業への攻撃が年々増加するなど、サイバー攻撃は規模や業種を問わず拡大しており、あらゆ...(2017/4/21 提供:ファーストサーバ株式会社)

製品資料
CRMやERPなどのビジネス機能を1システムで――統合型パッケージの実力は?
 現在のビジネスでは、さまざまな形で収集されたデータを分析し、先読みした行動や迅速な対応につなげていくことが求められている。また、各種データや分析結果を迅速かつ効果的に社員間で共有することも競争力を向上させる上で欠かせない。 従来は、このようなシステム...(2017/4/11 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月10日号:システム導入を阻む反対派への対処法(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 5月10日号は、以下の記事で構成されています。■Red Hatいわく「ライセンスだけでは本物のオープンソースとはいえない」■破産した英HMVが断行したITコスト削減■クラウド移行を加速するオーストラリアのME銀行■ブルームバーグのデータサイエ...(2017/5/10 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月10日号:システム導入を阻む反対派への対処法(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 5月10日号は、以下の記事で構成されています。■Red Hatいわく「ライセンスだけでは本物のオープンソースとはいえない」■破産した英HMVが断行したITコスト削減■クラウド移行を加速するオーストラリアのME銀行■ブルームバーグのデータサイエ...(2017/5/10 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
データ中心の時代に求められるストレージの経済性を「SDS」で実現
 ビッグデータの蓄積・分析や機械学習、高度な自律性などの機能を備えたコグニティブシステムが注目されている。得られたデータから洞察を引き出して新たな顧客体験を提供できれば、ユーザーの心を強くつかむことができる。 そして、コグニティブシステムを導入する際に...(2017/4/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
IoT開発案件に必要な4つのポイント、一括対応できる企業はあるか
市場拡大を進めるIoT。しかし、その開発案件では下記のような悩みがよく耳に入ってくる。・ゴールは決まっているが、どのように初めたら良いか分からない・そもそも何のデータを収集したらよいのかわからない。・データ収集をしても新たな知見に繋がる解析が出来るかわ...(2016/11/16 提供:株式会社理経)

レポート
AIがウイルス対策ソフトの限界を超える――未知の脅威を防ぐ技術とは
 かつてセキュリティベンダーの重鎮が「ウイルス対策ソフトが検知できるのは攻撃全体の45%、残りの55%の攻撃は防御できていない」と発言し、話題を集めた。このことが象徴するように、ウイルス対策ソフトに頼った入り口対策は限界を迎えつつある。 そこで導入が増えて...(2017/2/6 提供:富士通株式会社)

製品資料
低コストでAIを導入――Watsonがビッグデータ分析・マーケティング分析を支援
 AIや機械学習が本格的な実用段階に入り、さまざまな場面でAIが業務における意思決定を支援し始めている。これは大企業に限った話ではなく、あらゆる規模の企業で利用が拡大している。その背景には、AI導入を阻むコストの壁が取り払われたことがある。 例えば、AIブーム...(2017/1/10 提供:株式会社イーネットソリューションズ)

技術文書
「IBM Watson IoT Platform」で実現するコグニティブコンピューティングの開発とは?
 コグニティブ(認知的)テクノロジー「IBM Watson」でIoTのデータを解析する「IBM Watson IoT Platform」は、機械学習、自然言語処理、テキスト解析、画像および動画の解析という4つのAPIと関連サービスを提供する。コグニティブコンピューティングシステムは膨大なデー...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
Hadoop/Sparkと相性の良い製品は? ビッグデータ分析基盤の正しい選び方
 大規模な分散処理も低コストに実現するフレームワーク「Apache Hadoop」により、分散処理によるビッグデータ分析が本格的に普及し始めた。銀行におけるきめ細かな顧客コミュニケーションや、運転データのリアルタイム分析による事故防止サービス、生活者の価値観などに...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
“AIっぽい”サービスを作りませんか? Web APIからパーツを簡単呼び出し
 AIを利用したシステムが数多く登場している。自社でもAIを取り入れたいと考える企業もあるだろう。しかしAIの構築となれば、統計学的解析を行う機械学習、ニューラルネットワークを利用する深層学習、条件付け適応現象を実現する強化学習など、容易ではなかった。 こう...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
病院経営と医療の質の向上に“効果あり”なデータ分析の使いどころ
 EHR(電子健康記録)を利用する医師の数はかつてないほど増え、デジタル形式でアクセスできる患者情報も増加している。患者情報と分析機能の進化によって、医師は患者の過去状態を知ることができるだけでなく、現在や将来に関する分析もできるようになってきた。 ビジ...(2016/9/29 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
“プロフェッショナル化”が進むサイバー攻撃、企業で取り組むべき防御策とは?
 近年、多くの専門化が攻撃者の“プロフェッショナル化”を指摘している。少人数で安価なツールを使って攻撃を行うような従来のイメージとは異なり、専用のデータセンターを持ち、組織化されたスタッフを使い、時には数万ドル以上もするツールを活用した攻撃者が登場して...(2016/8/10 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
業務に合わせたクラウドの選び方、オンプレミスからサービスまで徹底解説
 ひと口にクラウドサービスといっても、その内容はさまざまだ。SaaS、PaaS、IaaSなどのサービス区分があり、それぞれのサービスメニューも千差万別で、IaaSに限っても、仮想サーバだけでなくユーザーが占有できる物理サーバのサービスもあり、基幹系などのニーズに対応し...(2016/11/11 提供:日本電気株式会社)

レポート
“売れる”ECサイトは何が違う? リターゲティング広告を成功させる5つのヒント
 1人のユーザーがデスクトップPCやスマートフォン、タブレットなどの複数端末を使いこなすクロスデバイス時代となり、ECサイトの業務負荷は膨らむ一方だ。そのマーケティングでも端末間の「隙間」が生じ、見込み客を取りこぼすリスクが増加している。 このような状況で...(2016/10/14 提供:CRITEO株式会社)

レポート
Apple、Disney、注目の大手企業があえてGoogleクラウドを選ぶ理由
 現在パブリッククラウド市場をけん引するのは「Amazon Web Services」(AWS)に違いないが、将来にわたってその地位を維持できるのかどうかについては疑問視する声もある。「Microsoft Azure」(Azure)の急成長やGoogleの積極的な活動は、AWSの地位を脅かしつつある。(2016/9/14 提供:アイティメディア株式会社)

Loading