TechTargetジャパン

製品資料
多次元機械学習とビッグデータで高度な脅威を防止・検出し回復
 サイバー攻撃はその勢いを年々増している。2015年の調査によると、大企業6社当たり5社が標的型攻撃の被害を受けており、その割合は前年から40%増加した。また新しいマルウェアは1日当たり100万も生み出されていると推定される。 この状況に対応するために、大量のデー...(2016/5/23 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
Hadoopに使いやすさと自動化を──OSSとエンタープライズ機能の融合
 データの大容量化と多様化が進む中、さまざまな種類の膨大なデータを低コストで格納し分析するためにHadoopの採用を検討する企業が増えている。しかし、Hadoop内部に格納されているデータから重要な洞察を引き出すためには、予想以上に高度なスキルと多大な労力が必要だ...(2015/7/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
Hadoopクラスタのスケーラビリティ/パフォーマンス/セキュリティを確保するためのポイントを探る
 大規模分析で古くから使用されているSQLのスキルを利用し、Hadoopを含むあらゆるソースからのデータを検索し、可視化したいというニーズは、ビッグデータ分析に取り組む企業にとって一般的なものだといえる。IBMのHadoop実装であるInfoSphere BigInsightsに搭載されてい...(2015/6/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
病院経営と医療の質の向上に“効果あり”なデータ分析の使いどころ
 EHR(電子健康記録)を利用する医師の数はかつてないほど増え、デジタル形式でアクセスできる患者情報も増加している。患者情報と分析機能の進化によって、医師は患者の過去状態を知ることができるだけでなく、現在や将来に関する分析もできるようになってきた。 ビジ...(2016/9/29 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
“プロフェッショナル化”が進むサイバー攻撃、企業で取り組むべき防御策とは?
 近年、多くの専門化が攻撃者の“プロフェッショナル化”を指摘している。少人数で安価なツールを使って攻撃を行うような従来のイメージとは異なり、専用のデータセンターを持ち、組織化されたスタッフを使い、時には数万ドル以上もするツールを活用した攻撃者が登場して...(2016/8/10 提供:株式会社シマンテック)

レポート
Apple、Disney、注目の大手企業があえてGoogleクラウドを選ぶ理由
 現在パブリッククラウド市場をけん引するのは「Amazon Web Services」(AWS)に違いないが、将来にわたってその地位を維持できるのかどうかについては疑問視する声もある。「Microsoft Azure」(Azure)の急成長やGoogleの積極的な活動は、AWSの地位を脅かしつつある。(2016/9/14 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
基幹システムとAPIが連携、ビジネスモデルの転換を支える次世代インフラとは?
 自動車配車サービスの「Uber」や宿泊施設提供サービスの「Airbnb」といったデジタル企業は、タクシーやホテルなどの資産を持たずに世界中でビジネスを展開している。このような新しいビジネスモデルへの転換は、今後、多くの業種で避けては通れない道となっていくだろう...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
「IBM Watson IoT Platform」で実現するコグニティブコンピューティングの開発とは?
 コグニティブ(認知的)テクノロジー「IBM Watson」でIoTのデータを解析する「IBM Watson IoT Platform」は、機械学習、自然言語処理、テキスト解析、画像および動画の解析という4つのAPIと関連サービスを提供する。コグニティブコンピューティングシステムは膨大なデー...(2016/5/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
Watsonとマーケティングの融合で生まれるリアルタイムの戦略支援
 IBMがグローバルで実施した調査によると、6割以上のCMO(Chief Marketing Officer)が「もっとパーソナルな体験を提供したいが対応できない」と考えている。そして、分析作業について「データの爆発的増加に対応できる」と答えたCMOは、4割にも満たなかった。 基幹シス...(2016/9/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
次世代データ分析のストレージ基盤はSDSが本命? 非構造化データ急増で再注目
 IoTの発展やスマートデバイスの普及により、企業が収集可能なデータはかつてないほど増大している。しかし、現在のITシステムでは、デジタル技術の進化によってもたらされた膨大なデータの88%は活用できていないという。 だからといって、企業はこれらのデータを不要...(2016/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
Hadoopよりも高速なSparkの活用を積極推進するIBMは何をしようとしているのか?
 2009年にUC Berkeley AMPLabのプロジェクトとしてスタートした「Apache Spark」は、2010年にオープンソース化され、現在ではApache Software Foundationで最もアクティブなプロジェクトの1つとなった。SparkはHadoopと比較して、統計処理や機械学習のような「繰り返し計...(2015/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading