TechTargetジャパン

製品資料
多次元機械学習とビッグデータで高度な脅威を防止・検出し回復
 サイバー攻撃はその勢いを年々増している。2015年の調査によると、大企業6社当たり5社が標的型攻撃の被害を受けており、その割合は前年から40%増加した。また新しいマルウェアは1日当たり100万も生み出されていると推定される。 この状況に対応するために、大量のデー...(2016/5/23 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
Hadoopに使いやすさと自動化を──OSSとエンタープライズ機能の融合
 データの大容量化と多様化が進む中、さまざまな種類の膨大なデータを低コストで格納し分析するためにHadoopの採用を検討する企業が増えている。しかし、Hadoop内部に格納されているデータから重要な洞察を引き出すためには、予想以上に高度なスキルと多大な労力が必要だ...(2015/7/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
Hadoopクラスタのスケーラビリティ/パフォーマンス/セキュリティを確保するためのポイントを探る
 大規模分析で古くから使用されているSQLのスキルを利用し、Hadoopを含むあらゆるソースからのデータを検索し、可視化したいというニーズは、ビッグデータ分析に取り組む企業にとって一般的なものだといえる。IBMのHadoop実装であるInfoSphere BigInsightsに搭載されてい...(2015/6/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
“プロフェッショナル化”が進むサイバー攻撃、企業で取り組むべき防御策とは?
 近年、多くの専門化が攻撃者の“プロフェッショナル化”を指摘している。少人数で安価なツールを使って攻撃を行うような従来のイメージとは異なり、専用のデータセンターを持ち、組織化されたスタッフを使い、時には数万ドル以上もするツールを活用した攻撃者が登場して...(2016/8/10 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
「IBM Watson IoT Platform」で実現するコグニティブコンピューティングの開発とは?
 コグニティブ(認知的)テクノロジー「IBM Watson」でIoTのデータを解析する「IBM Watson IoT Platform」は、機械学習、自然言語処理、テキスト解析、画像および動画の解析という4つのAPIと関連サービスを提供する。コグニティブコンピューティングシステムは膨大なデー...(2016/5/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
次世代データ分析のストレージ基盤はSDSが本命? 非構造化データ急増で再注目
 IoTの発展やスマートデバイスの普及により、企業が収集可能なデータはかつてないほど増大している。しかし、現在のITシステムでは、デジタル技術の進化によってもたらされた膨大なデータの88%は活用できていないという。 だからといって、企業はこれらのデータを不要...(2016/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
Hadoopよりも高速なSparkの活用を積極推進するIBMは何をしようとしているのか?
 2009年にUC Berkeley AMPLabのプロジェクトとしてスタートした「Apache Spark」は、2010年にオープンソース化され、現在ではApache Software Foundationで最もアクティブなプロジェクトの1つとなった。SparkはHadoopと比較して、統計処理や機械学習のような「繰り返し計...(2015/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading