TechTargetジャパン

レポート
「G Suite」を引き離す「Office 365」、移行を急ぐ企業が増えているのはなぜ?
 クラウドベースの企業向けオフィススイート「G Suite」の改良を重ねるGoogle。2017年5月にはIT管理者向けのアプリケーションパッケージ「Chrome Enterprise Bundle」をリリースし、Webブラウザ「Chrome」の管理機能を強化している。また2017年には新しいフィッシング攻...(2017/9/14 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
iOS/Android向けMDM製品38種の管理機能比較表(2013年版)
 本コンテンツでは、主要なiOS/Android向けMDM製品について以下の情報を掲載している。MDM製品の導入を検討する上での参考にしてほしい。なお、ベンダーの意向などにより、期限内に回答が得られなかったMDM製品は掲載していない。また、OEM(相手先ブランドによる生産)...(2013/8/29 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
グリーに学ぶ「クラウド仕事術」、業務スピードを向上させるチャットツールとは
 ソーシャルネットワークやゲーム、広告など幅広い分野で事業を手掛けるグリー。同社の情報システム部門は、クラウドファースト、モバイルファーストを基本方針として、さまざまなツールを活用した改革を進めている。その1つが、BCP対策の強化を目指して導入したIMAPベー...(2017/9/5 提供:KDDI株式会社)

製品資料
ITインフラを1クリックで運用管理――データセンターの複雑化を解消する秘訣
 優れたパフォーマンスやシンプル化、拡張性などを実現するハイパーコンバージドインフラ(HCI)。魅力的な製品が出そろってきたが、数値で比較しやすいスペック・価格だけで選定するのは早計だ。HCIを導入するなら、運用管理機能とストレージ機能にも注目したい。 HCI...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
意外と厄介な「スケジューラ増加」問題、Office 365やDynamics 365をどう連携?
 近年は、多くの企業が「Office 365」のようなグループウェアに加え、SFAやCRMなどを積極的に活用している。しかし、幾つもの製品を導入し、社内で複数のスケジュール管理機能が使われるようになった結果、スケジュールの入力や確認の手間が増え、二重登録などのミスにつ...(2017/6/30 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

製品資料
自己学習型分析機能で自動アラート 仮想環境管理はここまで統合できる
 仮想化はリソースの有効活用や迅速な仮想マシン(VM)の立ち上げなど、データセンターに新たなメリットをもたらす。その一方でVMの急増や過剰なプロビジョニング、ITのパフォーマンスとキャパシティーを把握しようとする際の制約など、幾つかの課題も発生する。 こうし...(2016/10/18 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
マーケティング業務プロセスを自動化し確度の高い見込み客リストの生成へ
 米国ではFortune500の大企業の半数以上が導入しているという「マーケティングオートメーション」。導入企業は、未導入企業と比べて2倍以上のリード(見込み客)を獲得しているという報告もあり、日本でも採用企業が増えつつある。 その最大の目的は、見込み客情報の獲...(2016/8/29 提供:KDDI株式会社)

製品資料
アプリのダウンタイムを36%削減、事例に学ぶ「仮想環境の運用管理」強化術
 仮想環境における管理機能の強化は、環境全体の状況を把握し、さまざまな問題が顕在化する前に原因を特定、解決することによってなされる。これによりリソースの最適化と、ユーザーの運用効率の向上、さらには的確なタイミングでのシステム増強が可能になる。 この他に...(2016/8/8 提供:ヴイエムウェア株式会社)

比較資料
ハイパーコンバージド徹底比較。コスト、性能、データ保護など、優秀な製品は?
 10年以上にわたり、データセンターの変革は、フレキシブルでコスト効果の高いインフラ構築を可能とする仮想化技術を中心に進んできた。しかし、そのメリットを真に活用するためには、コンバージドインフラの進化形であるハイパーコンバージドインフラ(HCI)の登場を待...(2017/8/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
進化したWindows Server 2012 R2の機能を生かすサーバ選びの鉄則
 Windows Server 2003のサポートが2015年7月で終了する。最新バージョンのWindows Server 2012 R2は、2003から大きく進化しており、仮想化や管理機能、クラウドへの最適化など多くの機能が強化されている。ハードウェアも新OSの機能を活用できる製品を選びたい。 本資料...(2015/4/1 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
「vSphere 6.5」の新機能を徹底解説、次世代仮想化基盤の真の実力とは?
 「vSphere 6.5」は、インフラやアプリケーションのパフォーマンス、運用性を最大化できる仮想化基盤として定評を得ている。その設計は、シンプルなユーザー環境、包括的なセキュリティ、ユニバーサルプラットフォームを主眼としており、自動化と管理、新旧アプリケーシ...(2017/10/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

Webキャスト
500GBを数秒でバックアップするツールを標準装備――ユーザー目線の新世代HCI
 仮想環境が主流となり、膨大な数の仮想マシンの一元的かつ効率的な管理は避けて通れない課題となった。そこで重要になるのが、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の管理ツールの使い勝手だ。新たなHCIには、誰でもすぐに使える管理ツールがバンドルされている。 この...(2017/10/12 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
コールセンター業務の無駄な通話料金を削減、CRM搭載クラウド型CTIの実力は?
 クラウドCTIの構築を検討する場合、コールセンターシステムと電話回線をセットで用意する必要がある。また、実際にシステムを運用する際に重要なのが、コールセンターシステムが高機能であることと、ランニングコストをいかに安く抑えるかだ。 そこで検討したいのが、P...(2017/5/19 提供:NSSホールディングス株式会社)

製品資料
広告効果の測定から活用まで、一気通貫のマーケティングで顧客の心をつかむ方法
 ユーザーの行動が多様化している現在、多くの企業にとってデジタルマーケティングが重要課題となっている。その最適化のためには、どの媒体・広告によって、いつ、どんな成果に至ったのか、または至らなかったのか、さらにはその理由までを網羅的に把握する必要がある。(2017/9/25 提供:株式会社ロックオン)

製品資料
AWSで構築するビッグデータシステム――低コスト分析基盤で顧客の好みを把握
 顧客の好みに合わせて、リアルタイムに製品/サービスを提案することは、近年のビジネスにおける主要課題となっている。この処理を大規模に実行するためには、Hadoopのような分散型コンピュータクラスタが必要となるが、多くの企業にとって、このような製品は簡単に手が...(2017/8/28 提供:Talend株式会社)

製品資料
テレワークやBYODを低コストかつ安全に実現するシンクライアント活用術
 情報漏えい対策や災害対策だけでなく、テレワークやBYODの対応手段としても導入が進むシンクライアント。中でも注目されているのが、USB型シンクライアントだ。専用のUSBを挿入すれば、さまざまな端末をシンクライアント化して場所を選ばずに利用できる。 このUSB型シ...(2017/7/26 提供:日本ナレッジ株式会社)

レポート
情シスは知らないとまずい ハイブリッドクラウド時代のADC管理:6つの基本要件
 アプリケーションの配信基盤として、クラウド環境が欠かせないものとなる一方で、多くの企業がオンプレミスのデータセンターも維持している。その結果、ハイブリッドクラウド環境におけるアプリケーションのパフォーマンスと可用性の確保が、IT運用の新たな課題となりつ...(2017/7/19 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
CRM/DMPとポイント管理を統合、「顧客囲い込み」を実現するマーケティング基盤
 激しい競争が行われている現在のオンラインビジネスでは、獲得した顧客を囲い込むための「リテンションマーケティング」が勝敗を左右する。そのため、Webサイト運営では、一人一人の顧客に最適化したサービスを提供し、顧客満足度を高めることが重要となっている。 従...(2017/3/6 提供:NTTテクノクロス株式会社)

レポート
目的も用途も異なる全くの別物? 「グループウェアとSFAの違い」とは
 SFA(営業支援システム)の機能を見ると、スケジュール管理機能があり、案件管理機能があり、グループウェアと大差ないように思える。そのため、SFAを導入するより、既存のグループウェアを使って営業強化を図ればよいのではないか、という発想が生まれてくる。 しかし...(2015/6/11 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

製品資料
タブレット活用で受付を無人化――アポイントから商談、顧客管理までサポート
 働き方改革が注目される中、そのアプローチの1つとしてタブレット端末を活用した「受付の無人化」に取り組む企業が増えている。アポイントから受付、商談、アクションに至る一連のビジネス活動を総合的にサポートするツールとして活用しようというのだ。 例えば、訪問...(2017/6/15 提供:株式会社BALANCE&UNIQUE)

製品資料
VPNが不要になる? 次世代セキュリティツールが変えるモバイル戦略
 モバイルデバイスが不可欠なビジネスツールとして活用される一方で、その管理や安全性の確保にはいまだ課題が残る。スケジュールに迫られて、あるいは効率を考えて、従業員が社外秘のデータをモバイルデバイスで持ち出してしまうといった事態が、実際に多くの企業で起こ...(2017/4/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
CRMやERPなどのビジネス機能を1システムで――統合型パッケージの実力は?
 現在のビジネスでは、さまざまな形で収集されたデータを分析し、先読みした行動や迅速な対応につなげていくことが求められている。また、各種データや分析結果を迅速かつ効果的に社員間で共有することも競争力を向上させる上で欠かせない。 従来は、このようなシステム...(2017/4/11 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
仮想化環境を変革する2つの重要事項――将来のITニーズを満たす条件とは?
 モバイルやクラウド技術の進化とともに、ビジネス部門がITに抱く期待は拡大し、IT部門が持つ能力とのギャップが広がり続けている。そのギャップを埋めるため、多くの企業がデータセンターの仮想化などによる、効率性の向上やコスト削減を目指している。 しかし、IT部門...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

Webキャスト
20万社が利用する企業用Dropbox、ファイルサーバのリプレイスが可能か徹底解説
 これまでファイル共有は、ファイルサーバを中心に行われてきたが、データの増加に伴うコストや運用負荷の増大が問題となってきた。そこで、ファイル共有機能を備えたクラウド型コラボレーションツールの利用が一般化してきた。 一方で、ビジネスで利用するなら気になる...(2017/3/10 提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)

製品資料
IT部門の“ビジネス貢献”を考えると見えてくる「ITSMツール」導入のポイント
 IT部門に求められる「ビジネスへの貢献」という期待に応えるには、ITサービスマネジメント(ITSM)への取り組みが欠かせない。その具体的な運用に役立つのが、ITサービス全体の適切な管理を支援するための変更管理・リリース管理機能などを備えたITSMツールだ。 その中...(2017/3/7 提供:株式会社ユニリタ)

事例
Excelの生産管理ではもう限界、海外工場の成功から国内拠点の導入までの事例解説
 FAケーブルメーカーの太陽ケーブルテックは、2009年、タイのアユタヤに工場を構えた。当初はExcelを利用して生産・販売管理を行っていたが、ビジネス規模の拡大とともに限界がでてきた。生産の工程実績や進捗状況など、意思決定を行うための重要な情報がリアルタイムに...(2017/2/9 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
「ペーパーレス化」実践術、経費精算業務とスキャナー保存の悩みを一挙に解決
 法改正により証憑の電子保存の要件が緩和されたことで、経費精算業務のペーパーレス化が進んでいる。紙文書では、保管・輸送の負担や検索性など管理面の悩みと、領収書の照合作業や申請者の入力ミス対応などの精算業務面の悩みが付きまとう。電子保存を導入すれば、これ...(2017/2/1 提供:株式会社NTTデータビジネスシステムズ)

製品資料
e-文書法対応はペーパーレス化だけではない――ワークフロー連携でさらに効率化
 2016年に行われたe-文書法の改正を受け、スマートフォンやスキャナーなどで領収書を取り込み、電子データとして保存できるようになった。これにより「紙の保管場所がない」「決裁済み書類が見つからない」といった問題が解消されるが、電子化のメリットはそればかりでは...(2017/1/23 提供:エヌシーアイ総合システム株式会社)

製品資料
モバイル管理の新常識:ユーザー/経営者/管理者の全員が納得する5大機能
 モバイル端末の業務活用は、社内システムへの手軽なアクセスやさまざまなモバイルアプリの利用を望むユーザーと、情報共有や業務効率化を目指す経営者の双方にメリットをもたらす。しかし、その有効性を確保するためには、ユーザーにある程度の自由を与えなければならな...(2017/1/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
全ての企業が直面するITの「複雑化」、解消の鍵は統合型ITプラットフォーム
 企業のリモートオフィス・支社や中堅・中小企業では、常にITに関連する「複雑化」の問題を抱えており、ビジネスの成長と拡大が進む中、ますます柔軟性と効率性に頭を悩ませている。 こうした「個別ソリューションが混在しているITプラットフォームの複雑さ」「複数のシ...(2016/5/12 提供:デル株式会社)

Loading