TechTargetジャパン

レポート
モバイルセキュリティ“ブラック企業”の条件は? 「世界総スマホ時代」に考える
 世界のモバイル端末の総数が、人類の数を超える――。英紙Independentの記事が説明したこの状況は、モバイル端末の普及が次の時代を迎えたことを意味する。モバイル端末を「特別なもの」だと考える時代は既に終わり、企業にとってはモバイル端末の存在を前提に、どうビ...(2015/7/9 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
スマートフォン、タブレット端末の企業導入に必須! モバイルデバイス管理+認証セキュリティ
 企業導入がすすむスマートフォンやタブレット端末。情報システム部門にとってはクライアントPCと同様にモバイルデバイスの管理が求められており、MDMのソリューションが注目されているが、それだけでは真のモバイルデバイス管理にはならない。 従来のユーザー名とパス...(2012/9/5 提供:日本ベリサイン株式会社)

レポート
MDMを“オワコン”にしたiPhone、Android管理の新標準「EMM」とは?
 Appleの「iPhone」「iPad」やGoogleの「Android」搭載デバイスなど、モバイルデバイスを大量に導入する企業にとって、その管理を一元化できる「モバイルデバイス管理」(MDM)製品は不可欠ともいえる存在となった。だが企業のモバイルデバイス活用が高度化するにつれて...(2016/11/30 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
モバイルデバイス活用時のファイル共有に求められる「3つの必要性」とは?
 企業におけるモバイルデバイス活用は、業務の進め方に大きな影響を与えている。だが、全ての業務をモバイルデバイスで行うには至っておらず、依然としてノートPCやデスクトップPCの使用が中心だ。モバイル活用で生産性を向上するには、顧客情報や提案書、プレゼンテーシ...(2015/4/10 提供:アクロニス・ジャパン株式会社)

レポート
職場のiPad/iPhoneを管理する、MDM(モバイル端末管理)製品導入戦略ガイド
 スマートデバイスの活用は既に規定事項ともいえる現在、BYODを視野に入れたモバイルデバイス管理(MDM)は企業にとってトップクラスの課題になっている。本製品ガイドでは、3つの記事を通して企業のMDM導入を支援する。 1つ目の記事は、MDMツールの概略と最新トレンド...(2016/6/1 提供:KDDI株式会社)

製品資料
Office 365ユーザーなら押さえておきたい、クラウド&モバイル活用の促進方法
 モバイルデバイスが普及し、クラウドの活用が進む一方で、さまざまな働き方に対応し始めたビジネスの現場では、相反するユーザーニーズと管理者の課題が存在している。 例えば、「最新のグループウェアを使っているのに、 システムがいくつもありログイン/パスワード...(2017/3/30 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
MDM(モバイル端末管理)導入済み端末、30日間の調査で発見された脅威の数は?
 モバイルマルウェア感染は、セキュリティリスクに対して無防備な企業だけの問題ではない。MDM(モバイルデバイス管理)やEMM(エンタープライズモビリティ管理)製品などを導入し、一般的には適切とされる管理をしている企業にも感染被害は実際に起きている。 フォーチ...(2016/6/8 提供:ルックアウト・ジャパン株式会社)

レポート
調査機関が検証するBYOD用モバイル端末管理の投資対効果
 BYOD(私物端末の業務利用)の採用に乗り出したり、検討を進める企業が増えてきた。従業員の利便性向上やワークスタイルの変革などの効果があるとされるBYODだが、業務で利用する以上、私物端末にも適切なセキュリティ対策が不可欠だ。IT部門としては従業員がセキュアに...(2014/5/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
モバイルデバイス利用の際に考えるべきセキュリティ脅威トップ5とその対策
 タブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイスは、数多くの企業で使用されており、その普及は今後も広がっていくだろう。 しかし一方で、セキュリティやコンプライアンス、管理性への対応はもちろん、IT部門としてはモバイルデバイスを使う社員に、企業内のファイ...(2013/5/23 提供:アクロニス・ジャパン株式会社)

レポート
Android 7.0 vs. iOS 10×iPad、企業IT部門が喜ぶモバイルデバイスはどちらだ?
これまで、多くの企業IT担当者にとって、Android端末はセキュリティリスクの高さ故に導入には慎重にならざるを得なかった。しかし、Googleが2016年8月に配信を始めた第7世代の「Android 7.0 Nougat」では、IT管理において役に立つ機能を強化した。脆弱(ぜいじゃく)な部...(2017/3/23 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
私物端末で社内システムのアクセスまで許可、金融機関も選ぶ端末管理法とは?
 金融業界のように情報管理が厳しい業界では、これまで業務におけるモバイル活用に消極的な企業も少なくなかった。しかし、高いセキュリティと利便性を備えたモバイル管理技術が登場したことで、金融業界でも私物端末の業務利用(BYOD)などが進みつつある。 その技術の...(2016/8/22 提供:デジタルアーツ株式会社)

事例
金融業界におけるモバイル活用を可能にした「デスクトップ・クラウド」とは
 スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末の普及は著しく、1人が1日にスマートフォンをチェックする回数は平均で150回という数字もある。モバイル端末の業務利用を積極的に進める企業が増える一方で、端末紛失などによる情報漏えいといったセキュリティ面の懸念か...(2015/4/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
JALが7000台以上のiPadを業務利用、Active Directory連携を実現したMDMとは?
 さまざまな分野でモバイル端末の業務利用が進んでいるが、その導入に対して厳しい条件が課せられるケースもある。特に厳しいのが、機内で使用可能な端末の認定まで行う航空業界だ。このように高い信頼性や安全性が求められる場面で選ばれるシステムとはどのようなものだ...(2016/7/11 提供:モバイルアイアンジャパン)

講演資料
利便性と安全性は両立できるか? モバイルセキュリティ最新動向
 モバイル活用による業務の利便性向上やワークスタイル変革に注目が集まる。一方、モバイルからの情報漏えい防止をはじめとするセキュリティ対策においては、個人と業務の混在といったユーザーの利用要件などモバイル特有の性質により、端末管理を複雑かつ困難にしている...(2015/10/19 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

技術文書
モバイル端末で「機密文書」を管理? 不可能を可能にする技術とは
 仕事の生産性を上げるためにスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスの活用は必須だ。しかし、そこで心配になるのが業務上の機密文書の取り扱い。モバイルでそのような重要文書を閲覧できた方が便利なのは間違いないが、持ち歩くことが基本のデバイスのため...(2014/5/26 提供:アドビ システムズ 株式会社)

製品資料
モバイル管理の新常識:ユーザー/経営者/管理者の全員が納得する5大機能
 モバイル端末の業務活用は、社内システムへの手軽なアクセスやさまざまなモバイルアプリの利用を望むユーザーと、情報共有や業務効率化を目指す経営者の双方にメリットをもたらす。しかし、その有効性を確保するためには、ユーザーにある程度の自由を与えなければならな...(2017/1/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
100台のiPhoneから社内システムへの安全な接続を実現――EMM導入の決め手は
 外回りや客先といったオフィスに常駐しない働き方は、モバイルをうまく活用することで作業効率を大きく改善させられる。メール確認やスケジュール調整などを移動中のスキマ時間に行えば、訪問先や常駐先では本来の業務に専念できる。 ただし、モバイル端末には常にセキ...(2017/2/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
不自由なモバイル活用が原因? “シャドーIT”を発生させないための基本を解説
 業務におけるモバイル活用を進めている企業の中には、セキュリティ上の理由から利用範囲を厳しく制限している組織も多い。そのため、利用できるのはメールとスケジューラのみで、社内データにモバイルデバイスでアクセスして閲覧・編集するのは禁止、というケースも珍し...(2016/8/1 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
医療の質の向上を決定づける病院の“モバイル推進”戦略とは?
 医療の現場ではモバイルデバイスの採用が着実に進んでいる。ベッドサイドや在宅医療の場面など、場所を問わない使い方ができるようになることはもちろん、モバイルデバイスによって入力の手間を省力化したり、電子カルテや検査データへの閲覧性を高める環境を実現したり...(2016/7/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
「MDM」「コンテナ化」のメリットとは? データ保護と使いやすさの両立
 モバイル端末の業務利用を進める上で、デバイス上の企業データをどのように保護するかは重要な課題だ。デバイスが多様化する中、企業はデバイスの利用目的、BYODの採用可否、さらにユーザーの利便性やIT管理者の負荷軽減などを配慮しながら、適切なデータ保護の仕組みを...(2015/11/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
モバイル端末の100台に1台は感染している? モバイルマルウェア脅威レポート
 2015年の調査によると、モバイルマルウェアの感染率は、監視されたモバイルデバイスの1.12%という高い水準にあった。特に金融サービス関連では、トロイの木馬、SMSスティーラー、プレミアムSMS/コール、スケアウェア、ランサムウェア、情報スティーラーが確認されてお...(2016/1/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
管理しきれないモバイル端末、複雑さを解消して先手を打つには?
 日々複雑化するモバイル環境に、企業は管理するどころか、全体像を把握することさえ困難になっている。変動要素の数が多く、最新の脅威を常に把握するのは不可能に近い。まして収集される大量のデータから意味を抽出し、データに基づく意思決定を行うまで手が回らない。(2017/7/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
モバイル導入企業の8割はまだ初期段階? 4段階で解説するモバイル活用成熟度
 モバイルデバイスのビジネス活用が急速に広がっている。スマートフォンやタブレット端末といった「スマートデバイス」は、旧来の携帯電話の可搬性と、ノートPCの高い機能性を併せ持った新たなエンドポイントデバイスとして、コンシューマ市場で瞬く間に普及した。そして...(2015/9/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
MDMやMAMを理解できてる? 「抜け落ちたモバイル活用のセキュリティ実現の要件」とは?
 モバイル端末の業務利用が浸透している。これまではシステムは企業が用意するものあり、それをIT部門が完全に統括するのは当たり前だった。しかし、BYOD(私物端末の業務利用)を採用した場合は、一般にロックダウン機能を適用することは難しい。また、デバイスには可搬...(2014/9/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
現場ニーズに合わせて自由にカスタマイズ可能、業務効率化モバイルアプリ
 営業力の強化などを目的として、モバイルアプリを導入する企業が増えている。その効果は、外出先からのスケジュールの閲覧や登録、テレワークの実現などだけではない。現場状況のリアルタイムでの把握、全社的な情報共有やデータベースの一元管理といった面でもモバイル...(2017/8/15 提供:株式会社ユニフィニティー)

レポート
ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴
 企業にとって、社員が私用でインターネットアクセスすることを完全に禁止するのは、現実的にはなかなか難しい。とはいえ、社員のアクセスによってセキュリティにほころびが出る事態も避けたいところだ。機密データの流出だけでなく、コンプライアンス面でも懸念が生じ...(2017/8/14 提供:株式会社シマンテック)

Webキャスト
モバイル、クラウド、VPN……リモートアクセスのセキュリティ対策、万全ですか?
 もはや、平文パスワードのみで、重要な情報を保護するのは危険だ。にもかかわらず、RSAによると、80%の企業がパスワードのみを使用しており、レコード盗難の82%が盗まれたパスワードによるもので、サイバー犯罪全体の32%にあたるという。また、ヘルプデスクへのユー...(2014/6/16 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
モバイル端末サポートのベストプラクティス:高機能携帯端末をスマートにサポートするための企業向けガイド
最近の調査によると、職場で利用されているスマートフォンのうち、企業から支給されているものは36.5%足らずであると報告されている。つまり従業員の63.5%が自ら選んだスマートフォンを職場に持ち込み、企業ネットワークに接続していることになる。このように多くの従業...(2011/9/6 提供:日本ログミーイン株式会社)

レポート
iPad ProはWindows 2-in-1と比べて何が優れているのか
 スレートタイプのボディとそこに接続するキーボードユニットが標準で付属することで、タブレットとしてもクラムシェルデバイスとしても使える「2-in-1」デバイスは、Windows搭載ノートPCでは、すでに何年も前からモバイル利用を重視するユーザーにおいて主流になってい...(2017/8/31 提供:KDDI株式会社)

Webキャスト
Watsonでモバイル管理はどう変わる? IBMが実践するワークプレース改革事例
 日本IBMは、2008年のBlackBerry導入からモバイルワーク環境の構築を開始し、現在では6000台以上のiOSデバイスを従業員に貸与している。これに加えて、従業員の私物端末を業務で活用するBYODも導入しているため、社内で管理すべきデバイスの数は1万を超えるという。 こ...(2017/7/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading