TechTargetジャパン

技術文書
速いというだけでインメモリーBIを選ぶべきではない大きな理由は、「連想技術」にある
 このテクノロジーホワイトペーパーでは、大半のRDB 依存型クエリ・ベースのツールとは異なるインメモリ型次世代BI、QlikView の連想アーキテクチャの内部構造を明らかにするとともに、QlikView がいかにビジネス分析を抜本的に改善できるかを説明します。 そのためにま...(2012/6/29 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

技術文書
システム環境に合わせて選ぶオールフラッシュ、効率的な運用に向けた評価基準
 オールフラッシュストレージの導入では、アプリケーション環境ごとに製品の評価基準が異なる。例えばさまざまな業務システムインフラを共有する仮想環境では、統合的なデータ管理ができるかどうかがポイントになるし、ハイブリッドも含めたクラウド環境では、きめ細かな...(2016/9/9 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
x86サーバを超越した「超高速サーバ」──搭載テクノロジーの全貌に迫る
 ERP、SCM、CRM、BIなど目的ごとに分断されていたITを統合し、業務プロセスをリアルタイムに結び付ける。顧客行動とメタデータから価値のある情報を瞬時に導き出し、ビッグデータ時代をリアルタイムなアクションで勝ち抜く……。「やろうとしても、なかなかできなかった...(2015/2/2 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Webキャスト
SQL Serverのパフォーマンスは新機能「AlwaysOn」とEMCストレージでどれだけ改善するか
 SQL Serverの最新バージョン「Microsoft SQL Server 2012」の新機能の中でも目玉となる機能が「AlwaysOn」だ。AlwaysOnは「常時稼働」を実現するための複数の機能の総称であり、特に大規模、高信頼性が求められる環境に対して、サイト間でのデータ保護の信頼性を向上さ...(2012/6/28 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
BI選定入門書──BIツール選定方法をスペシャリストが徹底解説
 変化の激しいビジネス環境に対応し、ビジネスチャンスを逃さない敏しょう性と先見力を身に付ける重要性が一層高まっている今、BI(Business Intelligence)や分析が再び注目を集めている。 本書では、「ニュー・インテリジェンス」と呼ばれる分析力がなぜ必要なのか...(2010/6/21 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
IBM Smart Analytics System ブローシャー
 IBM Smart Analytics System は、サーバー、ストレージ、データウェアハウスに特化したソフトウェア(データウェアハウス用データベース、BIツール、OLAP・データマイニングなどの分析機能)をワン・パッケージで提供し、高度な分析機能を短期間、低コストで導入できる...(2011/6/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「THE BI SURVEY 7」調査結果
「The BI Survey 」は、著名な業界アナリストNigel Pendse 氏とThe Business Application Research Center(www.barc.de/en/home.html )が毎年実施している、ビジネス インテリジェンス( BI )の市場および製品についての包括的な独立調査です。「The BI Survey 7 」は...(2010/7/26 提供:マイクロストラテジー・ジャパン株式会社)

カタログ
【カタログ】「Cross分析チャート」は戦略参謀BIソフト
【製品概要】「Cross分析チャート」はOLAPの分析機能を搭載し、マクロ視点からミクロ視点までの段階的な状況や、時間推移に伴う傾向・趨勢を一目瞭然に捉えることができる。高度な経営知識や難解な統計・財務知識、パソコン知識がなくても経営状況をビジュアルに見える化...(2010/12/22 提供:株式会社コンサルティング・ファーム)

事例
構造化データの検索
構造化データ取得用プラットフォームとして、エンタプライズサーチエンジンと従来のRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)を比較・検討する。構造化コンテンツの取扱いは、大きく2つの過程に分かれる。1つはデータの作成・管理、もう一つは情報をオンデマン...(2007/2/19 提供:ファストサーチ&トランスファ株式会社)

Loading