TechTargetジャパン

製品資料
あなたの会社のクラウド移行、オンプレミス環境と同じに使えますか?
 オンプレミスで稼働するシステムをパブリッククラウドに移行しようと考える場合、移行先としては「IaaS」と「PaaS」のどちらを選ぶのが良いのだろうか。現状はIaaSを選択する企業が多いという。その理由は「PaaSでは移行コストが高く、ベンダーロックインのリスクも高い...(2016/3/18 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
もう何も犠牲にしないクラウド移行――オンプレミスの機能をクラウドでも
 クラウドサービスの活用は広がっているが、「既存のアプリケーション/データをクラウドに移行するのに多くの手間とコストが掛かる」「クラウド上のアプリケーションやデータなどをオンプレミスに戻すのが難しい」といった声を聞くことも増えた。一方、オンプレミスで培...(2016/3/18 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
なぜ今オンプレミス版リモートコントロールツールへの乗換が増えているのか
 従業員の端末利用が拡大したことで、PCや社内システムの操作方法やトラブル解決などをサポートするヘルプデスク業務の負荷が急増している。その対応の遅れは企業の生産性の低下に直結するが、限られた人員で迅速に対応することは難しく、多くの企業がヘルプデスク業務の...(2016/11/29 提供:株式会社オーシャンブリッジ)

製品資料
オンプレミスをクラウドのように利用する「オンプレミス型従量課金サービス」
 オンプレミスでの資材調達には時間がかかり、初期費用の投資リスクという課題がある。それを解決するパブリッククラウドでは、セキュリティやガバナンスの観点から移行が難しいという企業も少なくない。 そこで注目されるのが「オンプレミス型従量課金サービス」だ。必...(2016/4/1 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Webキャスト
オンプレミスのITリソースも最適化、新たな「ハイブリッドインフラ」の形とは?
 企業のクラウド利用が容易になり、必要に合わせてITリソースを確保できるようになった。しかし、全てをパブリッククラウドに移行するには、機密情報の扱いや法令対応、セキュリティなどの困難な課題が残っている。結果、安全で管理しやすいオンプレミスか、柔軟でコスト...(2017/4/14 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
オンプレミスでもSaaSでも悩まないセキュリティ対策
 オンプレミスとSaaS、自社システムにどちらを選択するか決定する際に、セキュリティ対策を検討材料にする企業も多いだろう。オンプレミスとSaaS、両方を利用できるセキュリティ製品を選ぶことで、オンプレミスとして自社に設置して組織にフィットした構成で活用すること...(2013/12/27 提供:ソフトバンク・テクノロジー株式会社)

事例
クラウド型BIサービス基盤に学ぶ「AWSとオンプレミスのセキュアな接続方法」
 「ビッグデータ」という言葉が世の中に広まる前から、一貫してデータ分析を柱に事業展開してきたブレインパッド。さまざまな業種の企業に対して、分析業務支援からデータ活用ソリューションまでをワンストップで提供している。 同社がクラウド型BIサービス「Cloudstock...(2015/4/30 提供:株式会社ビットアイル)

レポート
なぜ今オンプレミス版リモートコントロールツールへの乗り換えが増えているのか?
 多くの企業が既にリモートコントロールツールを導入しているが、IT環境の変化に伴い、既存ツールを見直す企業が増えている。クラウドの流れが近いうちに止まり、オンプレミスに転換していくという予測があるように、すでに大手企業を中心に、この見直しのタイミングでク...(2013/7/8 提供:株式会社オーシャンブリッジ)

Webキャスト
クラウドとオンプレミスの“いいとこ取り”、すぐに手が届く次世代型インフラ
 従量課金制でコストを抑えやすく、拡張性の高いパブリッククラウド。自社で制御でき、安全性の高いオンプレミス。ITインフラを調達するとき、こうした二者択一で頭を悩ます担当者も多いだろう。だが、どちらかを選ぶというやり方では、際限の無い調達サイクルからいつま...(2017/4/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Webキャスト
クラウドのように柔軟なリソース拡張、オンプレミスの新たなIT消費モデルとは?
 近年、企業のIT運用は、ワークロードの一部をクラウドで実行し、必要なものをオンプレミスに残すハイブリッド型へと移行しつつある。しかし、それだけではITインフラにおける運用コストを十分に最適化したことにはならない。 オンプレミスの部分では依然として、ストレ...(2017/4/14 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
ハイブリッドクラウド最初の難所、クラウド移行のお助けツールとは
 オンプレミスからハイブリッドクラウドへ移行する道のりは楽ではない。移行がなかなか簡単にいかない大きな要因として、ハイブリッドクラウドを管理するツールやルールが、これまで使い慣れたものと違うことが挙げられる。また、ハイブリッドクラウドにおいてクラウドと...(2017/2/2 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
オンプレミスとクラウド、ハイブリッド環境におけるデータ統合の課題を解決
 クラウドコンピューティングは、ここ数年で急激に企業利用のリソースとして浸透し、SFAやCRMだけでなく、基幹業務における導入も拡大している。新しいサービスやシステムの開発において、まずはクラウド上での実装を考える「クラウドファースト」が一般的になりつつある...(2014/10/29 提供:Talend株式会社)

技術文書
初めての「Microsoft Azure IaaS」実践マニュアル
 Microsoft Azureの無料試用版を契約したけれど、いろいろ試そうにも、どこから手をつけてよいかわからないというユーザーも多いのではないだろうか。ほとんどの項目には既定値が設定されているため、その値の意味を理解していなくても、最低限の構成は行えるが、重要な...(2014/5/16 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
Hadoopをクラウドで実行すべき5つの理由――ビッグデータ分析に向けた基本戦略
 ビッグデータ時代の分析モデルとして、多くの企業でデータ主導型ビジネスへの移行が進んでいる。この流れの中、ビッグデータ処理に最適な分析基盤として「Apache Hadoop」が注目されているが、そのオンプレミス導入には技術的・経済的に大きな負担が伴う。 特に社内で...(2017/1/19 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

レポート
コスパ徹底比較:専用サーバ vs. パブリッククラウド
 24時間365日の安定稼働を実現するパブリッククラウドが登場し、基幹系システムをクラウド移行する企業が増えているが、今も多くの企業がオンプレミス環境を選択している。その大きな理由として、パブリッククラウドでは一定以上のサービスレベルの確保が難しいことが挙...(2016/11/17 提供:さくらインターネット株式会社)

製品資料
「Oracle Cloud」を徹底解説――PaaSとIaaSはどう使い分ける?
 企業システムの構築・運用に必要となるさまざまなサービスを提供する「Oracle Cloud」。クラウドに注力するOracleらしく、その機能は多岐にわたり、その把握も容易ではない。そこで、あらためて同サービスの特徴・機能を確認したい。 Oracle Cloudの大きな特徴は、統一...(2017/4/3 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
やっぱりIAMはオンプレミスが安心? クラウドベースIAMへの“誤解”に答えます
 クラウド型のIAM(Identity and Access Management)ソリューションに対して、情報漏えいの懸念を持つユーザーは少なからず存在する。クラウド型IAMを利用することでActive Directory内に保存されているアカウント情報などを企業ネットワーク外に公開してしまい、それに...(2015/9/3 提供:サイバネットシステム株式会社)

事例
オンプレミス環境のコストを最適化、即時のリソース増強もできる調達モデルとは
 沖縄県を代表するIT企業の一社である沖縄クロス・ヘッド。中堅・中小企業向けにクラウドサービスやデータ保護ソリューションを手掛けてきた同社が、新たに注力しているサービスが、クラウド感覚で利用できる「次世代IoTセンターサービス」だ。 従来は運用開始時や障害...(2017/4/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
オンプレミスで構築する「グローバルファイル共有システム」
 国内外に複数の拠点を持つユーザーの多くは、拠点ごとにファイルサーバを導入する必要があり、データが分散することによるセキュリティリスクと、バックアップや災害対策などデータ保護のためのコストや運用の負担を余儀なくされていた。 SCSKは、このような課題に対し...(2016/10/7 提供:SCSK株式会社)

事例
AWSとオンプレミスのつなぎ方 毎秒数万件の超高速処理を実行するアドテク企業に聞く
 ソネットグループのインターネットマーケティング企業であるソネット・メディア・ネットワークス。同社が提供する純国産DSP「Logicad(ロジカド)」は、独自のアルゴリズムを用いたリアルタイムな広告枠オークションを実行しており、月間500億件、毎秒数万件のシステム...(2015/4/30 提供:株式会社ビットアイル)

製品資料
オンプレ環境をクラウドのようにスケールアップ――インフラコスト削減の秘訣
 セキュリティやガバナンスの面を考えれば、オンプレミスで運用すべきシステムやデータはなくならない。しかし、オンプレミス環境では、予期せぬ事態によるITリソース不足に備えるため、十分な予備リソースも求められる。その確保には、多くの手間や時間が必要となるだけ...(2017/4/14 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
「モバイル業務は好みのデバイスで」 ID一元管理で安全性と生産性を両立
 複数のアプリケーションへのシングルサインオン(SSO)は、あらゆるユーザーから歓迎される機能だろう。クラウドプラットフォームやSaaSアプリケーションなどIT環境が拡大したことで、ID管理は複雑化し、ユーザーと管理部門の双方に負担がかかっている。 そこで、注目...(2017/4/10 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
ID管理の複雑化を解消、クラウド時代のアクセスコントロールとは?
 パブリッククラウドサービスの企業利用が一般化するに伴って、従業員一人一人が管理するID数は増大してきた。必然的に、ID・パスワードの管理・運用負荷も高まり、セキュリティリスクも招いている。加えて、社内のセキュリティポリシーがパブリッククラウドサービスに適...(2017/4/5 提供:株式会社FIXER)

講演資料
悩む前に試してみよう AzureとクラウドでDRはこんなに使いやすい
 24時間365日、休み無しでサービスを提供し続けるITが当然の現在、ディザスタリカバリー(DR)は事業継続のために欠かせない。オンプレミスで用意するには、ネットワークやハードウェアの準備、環境構築など負担は大きい。現実的な実装方法を考えねばならない。 その代...(2016/12/16 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
マンガで解決、クラウド利用時のバックアップ「3つの悩み」
 システム障害や災害などへの対策を目的として、クラウドサービスの活用が進んでいる。しかし、非効率なバックアップ運用により、無駄な作業やコストが生じている企業も少なくない。クラウド利用で失敗しないためには、解決すべき幾つかの課題がある。 1つは、バックア...(2016/5/11 提供:Arcserve Japan合同会社)

製品資料
オンプレミスへの回帰で注目、コンバージドインフラが解決する「4つの課題」
 企業ITのトレンドとして、パブリッククラウドへの移行は今後も続くと予想されるが、システム規模やサービス利用期間によっては、パブリッククラウドのコストがオンプレミスのコストを上回ることがあることを知っているだろうか。そのため、「オンプレミスへの回帰」とい...(2016/4/1 提供:デル株式会社)

製品資料
開発/検証環境にクラウドを活用する際の3つのポイント――実力も徹底検証
 企業のITインフラとして、パブリッククラウドは欠かせない。しかし、システム構築プロジェクトの「開発/検証環境」としてクラウドサービスを利用する場合、コストや技術的な制約から本番環境と同様の開発環境を用意することが難しいことも多い。 例えば、Oracle Datab...(2015/12/22 提供:日本オラクル株式会社)

事例
オンプレミスから「専用サーバ+クラウド」へ移行――コストを抑えた運用の秘訣
 博物館や美術館の情報を発信するポータルサイト「インターネットミュージアム」を運営している丹青社。同社は、これまで自社内のサーバ室に構築したクラウドシステムを利用して、このサービスを稼働させていたが、2015年9月の社屋移転をきっかけにオンプレミスからの移...(2017/5/31 提供:さくらインターネット株式会社)

レポート
社内システムのクラウド移行、オンプレミスと異なる気を付けたいポイント
 日本企業の間にも“クラウドファースト”の考え方が浸透し、パブリッククラウドの利用が拡大している。かつてのパブリッククラウドは、データがどこで運用されるか分からないという不安から、利用に二の足を踏む企業が少なくなかった。昨今では、日本国内のデータセンタ...(2015/6/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
モバイル対応とBCP対策を見据えたワークフロークラウド化の5つのポイント
 紙の書類に書き込んで署名押印し、上司や担当部署へ回覧、承認・決裁処理を行うワークフローは、どの企業や組織でも見られる普遍的な事務作業だ。近年ではこの一連の作業をシステム化し、電子書類をPCの画面上で扱うワークフロー製品をさまざまなベンダーが提供している...(2013/11/18 提供:株式会社イーネットソリューションズ)

Loading