TechTargetジャパン

レポート
財務部門が業務部門を支援するための、データ分析・インサイトの有効活用
 2014年のCFO Researchの調査では、大企業の上級財務担当役員331人の58%が「自社の情報システムを使い、効果的な意思決定に必要なデータを特定し、理解することは業務部門のマネジャーには難しい」と答えている。データの取得はセルフサービス方式で業務部門でも取得で...(2015/11/2 提供:SAPジャパン株式会社)

講演資料
BCPは業務部門とIT部門の協働が鍵、クラウド時代の事業継続計画
 実効力のあるBCPを実現するには、近年のテクノロジーやシステム構成の変化に加えて、環境や災害が及ぼすリスクの変化も考慮し、有事においても確実にシステムを立ち上げ事業を継続できる対策を取らねばならない。その際に課題となるのが、業務部門とIT部門の間に生まれ...(2016/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
システム部門に頼らず業務部門が直接データ活用、さまざまな業種での実例紹介
 基幹システム内のデータを活用する上で問題となるのは、業務部門が欲しいデータを引き出すために、必要以上の時間がかかってしまうことだ。さらに別の切り口を加えようとすると、また一層の時間を要してしまう。こうした状況を作り出している原因は、基幹システム内のデ...(2015/10/16 提供:富士電機株式会社)

製品資料
Hadoopを業務部門でも活用、専門家でなくても扱えるデータ統合管理ツール
 ビッグデータを高速に処理できる「Hadoop」の導入企業が増える一方で、そのデータの管理や分析のスキル不足に悩む企業も少なくない。Hadoop環境ではコーディングスキルが要求される場面が多く、業務部門などの一般ユーザーが活用するにはハードルが高いのだ。 そこで...(2017/7/3 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
データ主導の意思決定に欠かせない「データガバナンス」をどう実現する?
 データの品質や信頼性を確保するために欠かせない「データガバナンス」をどう実現すべきだろうか。その重要性こそ周知されてきたが、一元的な意思決定が組織になじまなかったり、業務部門とIT部門の連携が不足していたり、投資対効果が不明確だったりといった理由で、導...(2017/7/3 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
事例:業務部門担当者がリアルタイムに進捗把握、分析作業も簡単に(全7社)
 日々蓄積される業務情報を吸い上げ、統合し、進捗状況などをほぼリアルタイムで把握できるようにするソリューションは、さまざまな形で市場に出回っている。しかし、1つの部門や部署が率先して素早く実現するには、高いレベルの専門知識が必要で、構築期間やコストも莫...(2016/12/2 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
業務部門ユーザーのデータ活用を促すための「3つの要因」
 多くの企業がデータ分析を活用するようになった今、競合他社よりも早く事業成長のチャンスを見つけるためには、業務部門ユーザーでも迅速に正しく分析できる環境が求められている。ユーザーが必要なときにデータの探索と分析が行えるセルフサービス型BIや、対話操作型の...(2016/6/16 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
契約/承認フローは電子サインで即日処理――「業務部門と同じスピード感」を実現
 あらゆる業務の電子化が進む中、契約/承認フローだけが旧態依然とした紙ベースの作業から抜け出せていない。そのため、現場では「すぐにプロジェクトを始動させたいのに、契約が完了していないために作業を開始できない」といった不満が出ることも多い。 しかし、現状...(2016/5/18 提供:アドビ システムズ 株式会社)

レポート
IT予算はどこへ消えた――業務部門によるIT支出が増えている?
 米TechTargetが実施した調査では「IT部門の予算と人員数は増加または横ばい」という回答が多かったが、ある調査では、全社のIT予算のうち、IT部門が管理しているのは32%にすぎないという結果を報告している。 IT部門以外の部門によるIT予算の執行は何を意味するのだろ...(2016/6/9 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
ハイブリッドクラウドの利用を支える、次世代運用管理の3つの鍵
 業務部門がIT部門の手を借りることなく、迅速かつ柔軟に利用できるIT環境が、クラウドの普及で実現した。その反面、管理の目が行き届かないシャドーITも生まれ、仮想マシンの乱立など、これまでの運用手法では企業全体のIT最適化に大きな課題がある。 パブリッククラウ...(2017/1/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
神戸製鋼所 業務部門が使えるBIツール導入、生産管理データのタイムリーな分析を実現
日本を代表する大手鉄鋼メーカーである神戸製鋼所では、2010年、グループ全体の中長期経営ビジョン「KOBELCO Vision G」を策定。これまでも、既存の枠組みにとらわれない攻めの経営姿勢により、鉄鋼、溶接、アルミなどの主力事業だけではなく、機械系事業、電力卸供給、不...(2016/12/22 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

製品資料
実用段階に入った「AI」、実際にどんな業務に活用できるのか?
 AI市場の成長が著しい。中でも注目すべきは、人間に近い学習能力をもたらすディープラーニングの進化だ。従来のAIでは、効率的に学習させるには専門家が特徴を抽出する必要があったが、ディープラーニングではスキルが必要な作業を機械自身が代行できるようになり、大幅...(2017/10/10 提供:日本電気株式会社)

レポート
ビジネスアナリティクス活用の課題は? 8つの指標で成熟度をチェック
 世界のビジネスアナリティクス市場は2019年には600億ドルに達すると予想され、拡大し続けている。だが、アナリティクスを含めた情報管理は進化の途上にあり、企業によって活用レベルには大きな差がある。そこで264社の企業を対象に、ビジネスアナリティクスの成熟度を図...(2017/5/23 提供:SAS Institute Japan株式会社)

その他
優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス
 企業の成長にとって優れたカスタマーエクスペリエンス(顧客体験)の提供は欠かせないものだ。その実現のためには、顧客との接点で行われる一連のやりとりを「カスタマージャーニー」として捉え、総合的なエクスペリエンスを考えていく必要がある。 重要なのは、カスタ...(2017/8/1 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
「IT as a Service」がハイブリッドクラウドの効果を最大化するわけ
 ハイブリッドクラウドは、企業ITインフラのスタンダードになりつつある。しかし、その有用性を理解していながら、実際には統合されたハイブリッドクラウド管理を行うための能力が十分に備わっていないのが多くの企業の実情ではないだろうか。 また、IT部門を介さずに導...(2017/8/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
クラウドアプリの安全な導入法とは? シャドーIT検出のベストプラクティス
 今や、ビジネスアプリケーションの導入においてクラウドを検討することは必然となっている。その上で気になるのはやはりセキュリティだろう。特に近年問題となっているのが、会社に許可されていないクラウドアプリを従業員が個人的に業務利用したり、IT部門が把握してい...(2017/8/10 提供:株式会社シマンテック)

事例
現場に支持される旧システムを刷新、ERP導入を成功させた4つの秘訣とは?
 現場の要望に応える形で改修を続けてきたシステムは、業務部門にとっては極めて使い勝手がよい。しかし、メンテナンスの負荷を減らしたいIT部門や、ビジネスの強化を図りたい経営陣にとっては、扱いづらいシステムであることが多い。このような場合、システムの刷新はど...(2017/7/18 提供:SAPジャパン株式会社)

技術文書
8%の企業しか全容を把握していない企業のシャドーIT、解決のヒントは何か?
 従来、企業ネットワークはクライアント/サーバ型の分散コンピューティングに対して設計されており、クラウドサービスに対して、速さ、スケーラビリティ、対障害性のいずれにも対応できてはいない。サーバ仮想化により瞬時にサーバリソースが増強されても、ネットワーク...(2015/9/18 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

レポート
システム開発7つの疑問──開発会社を選ぶ「金額以外の基準」って何だ?
 今や情報システム部門だけでなく、ユーザー側である業務部門においてもIT製品、クラウドサービス、システム開発会社の選定、準備、導入を担うシーンが増えている。とはいえ「専門知識がなく、どうしたらよいか分からない」「何から始めればよいか分からない」という担当...(2017/2/21 提供:発注ナビ株式会社)

レポート
ITRレポートが明らかにする「セルフサービスBI」データ分析のこれまでとこれから
 企業におけるデータ分析の課題は、分析時間の短縮と得られた結果の素早い共有にある。そのため、IT部門を通さずに必要なデータの抽出や加工が可能で、業務部門のスタッフでも簡単に分析が行える柔軟なツールが求められてきた。 そこでいよいよ登場したのが、従来型のBI...(2016/4/5 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

技術文書
業務部門のIT効果を最大化する、基盤構築の全体最適化に不可欠な「3つの視点」
 基幹システムのクラウド移行などを機に、システムの全体最適化をさらに進め、ビジネスの変化へ機敏に対応できる基盤を構築しようという企業が増えている。こうした動きは企業の競争力の源泉として、これまで以上にITが重要視されるようになったことも理由であるが、一方...(2015/11/25 提供:株式会社ワイ・ディ・シー)

レポート
レポート:財務部門の変革を促す業務改善のヒントとは?
 CFO Researchが行った2014年の調査では、財務業務スタッフが直面している課題は「貧弱な業務プロセス」と「使いにくい情報システム」だと報告している。財務部門は長年にわたり個別プロセス向けのシステムに投資を続けた結果、連携が貧弱なシステムの寄せ集めで業務を行...(2015/11/2 提供:SAPジャパン株式会社)

技術文書
データ視覚化の基礎知識――チャート作成からビッグデータ処理まで
 多くの企業がデータ分析を活用するようになった現在、分析サイクルを短縮し、レポート作成頻度を高めることで、分析結果の活用をさらに推し進めようとしている。利用できるデータが素早く分析できれば、より多くの選択肢を得て、適切な意思決定ができるようになるからだ...(2016/6/16 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月4日号:クラウド価格競争の意外な結末
 Computer Weekly日本語版 2月4日号は、以下の記事で構成されています。■激化するクラウド市場の価格競争だが……実は安くなっていない!? AWS、Microsoft、Googleの価格競争が白熱している。この競争によって、ユーザーはどのような影響を受けるだろうか? 451 Resea...(2015/2/4 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
トレードオフは過去のもの「セキュリティと利便性の両立」HDDフルディスク暗号化
 情報漏えいなどのリスクに対して強力な防御策となる暗号化ソリューションだが、重要な選定ポイントとして「セキュリティの向上と利便性を両立できるか」がある。導入でセキュリティの向上は実現したものの、システムのパフォーマンスが低下したり、パスワードや暗号鍵の...(2016/2/26 提供:クロス・ヘッド株式会社)

製品資料
ビジネスルールをありのまま表現する「BRMS」大手小売や金融保険も認めた効果
 取引先との契約条項や料金体系などの変更が発生した場合、それをシステムに素早く反映できなければ企業の競争力は下がるばかりだ。システムへの反映は単純なパラメータ変更だけでは済まないケースが多く、ビジネスルールの変更があるたびにシステム改修が発生して、完了...(2015/10/30 提供:株式会社アシスト)

レポート
アジアのビジネスリーダーは“位置情報”をここまで活用している
 GPSなどを利用して得られる位置情報は、従来、顧客満足と業務結果の向上のために利用されてきたが、他の分析情報との組み合わせ、そして、スマートデバイスなどの普及によって急速にその価値と多様性が高まっている。 多くの企業や政府機関では、位置情報を経営や事業...(2015/9/28 提供:グーグル株式会社)

レポート
データ中心のアプローチでビジネス価値を向上するリファレンスアーキテクチャ7つの例
 テクノロジーが現在の暮らしや社会にかつてない変化を起こす中で、IT部門はその変化に追いつくのが精いっぱいの状態で、業務部門が求めるスピードに応えることができずにいる。問題は、アプリケーションとデータサイロを分離できないこと、そしてデータ量が急増し、その...(2014/9/1 提供:インフォマティカ・ジャパン株式会社)

レポート
投資対効果を最大化させるクラウド移行の「ロードマップ策定」、5つのステップ
 クラウド実装の作業が想定していたよりも時間がかかるのは、十分な計画性がないままに導入が決定され、いきなり実装作業が開始されるからである。実装の計画、つまりロードマップの策定は、各種クラウドサービスへの必要以上の期待を沈静化させ、ユーザー部門があらため...(2015/5/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
基幹システムよりも止められない!? 生産関連業務を24時間稼働で支え続ける統合データベースとは
 今や、生産現場にもスピード感のある改革が求められている。富士ゼロックスの製造事業会社として2010年に設立した富士ゼロックスマニュファクチュアリング。4つの生産会社の再編・統合により誕生した同社だが、設立の際、全ての基幹システムをERPで統合することになった...(2014/7/25 提供:ウイングアーク1st株式会社)

Loading