TechTargetジャパン

レポート
調査会社が徹底検証 統合モバイルアプリ開発基盤(MEAP)の投資対効果レポート
 モバイルアプリの利用が爆発的に増加するにつれ、IT部門がサポートするプラットフォームやアプリの数が増えている。アプリはサードパーティーが開発することが多いため、大半の企業はアプリをほとんど制御できていないのが現状だ。単一プラットフォーム上の単一アプリの...(2013/11/25 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
従来型DBとのコスト比較リポート:SAP HANA移行でTCOはどれだけ削減できる?
 「SAP HANA」はリアルタイム分析、予見分析、テキスト分析などの機能を備え、超大量のトランザクション処理が可能な分散型インメモリデータプラットフォームである。では、SAP HANAプラットフォームの導入により実際に財務面でどのような効果を期待できるだろうか。この...(2014/10/7 提供:SAPジャパン株式会社)

レポート
現在のPOSシステムの先にあるもの、統合コマースプラットフォームによる未来とは
 全米小売協議会(NRF)とアリゾナ大学が2014年に発表した報告書によると、70%の小売企業が今後3年間のうちに老朽化するPOSソフトウェアの更新を計画しているという。そこで注目されているのが「統合コマースプラットフォーム」の構築だ。これは従来の複数システム上に...(2015/10/30 提供:デマンドウェア株式会社)

レポート
投資回収17カ月、統合インフラ導入が大規模ホテルにもたらす経済効果を検証
 サイロ化したシステム群を効率的に統合するには、まず統合を実現するプラットフォームを構築しなくてはならない。だが、異なるベンダーのサーバ、ストレージ、ネットワーク各製品を組み合わせてプラットフォームを構築するとハードウェアの相性、製品構成と既存アプリケ...(2015/4/21 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
「第3のプラットフォーム」に対応するためのシステム改革の要点とは?
 ビッグデータ、クラウドコンピューティング、モバイル、ソーシャルテクノロジーが新しいプラットフォームとして台頭してきた。IDCはこれを「第3のプラットフォーム」と呼び、コンピューティングとビジネスの在り方を根本的に変革すると予測する。 業務や顧客接点におい...(2015/4/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
仮想環境下の単一プラットフォームによるインフラ統合管理の極意
 企業の全インフラを単一のプラットフォームで管理できればIT担当者の負荷は少なくてすむだろう。しかし実情はそう簡単ではなく、企業のシステムには、さまざまなソリューションや製品が導入され、複数のプラットフォームが存在している。複数のプラットフォームを実行環...(2015/1/30 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

レポート
ハイブリッドクラウドへの進化を視野に入れた管理プラットフォーム選択のポイント
 サイロ化した従来のシステムを仮想化によってプライベートクラウドとして進化させることは、いま多くの企業が実践している取り組みだ。サーバ、ストレージ、ネットワークなどのリソースを効率的に活用でき、単一の管理プラットフォームでの包括的なシステム運用管理が可...(2014/12/26 提供:ネットアップ株式会社)

事例
「145の電子メールシステム」が乱立していたシドニー大学、プラットフォーム統合に成功したカギとは
 部門ごとに異なるアプリケーションが利用され、それに伴いプロセスが断片化していると、組織全体のITコストは合理化が進まず、同時にさまざまなリスクも温存してしまう。ここで考えられる対策は、やはり1つのプラットフォームを各部門が利用する体制に変更することだ。(2016/4/7 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

製品資料
電子請求書プラットフォームにおける「発行側」と「受取側」それぞれのメリットとは?
 請求書を発行する側、受け取る側の双方が利用することで、大幅なコスト削減を実現する「BtoB電子請求書プラットフォーム」が注目されている。メリットの大きい仕組みを無料で利用開始でき、急速に利用企業が増えてきているからだ。請求処理業務の電子化は、作業時間の短...(2015/7/24 提供:株式会社インフォマート)

製品資料
もう見過ごせない自社開発アプリのサイロ化 クラウド化への最短ルートは?
 あらゆる分野でクラウドへの移行が進んでいるが、いまだに多くの企業がレガシー・プラットフォームを手放せずにいる。その最大の理由が、自社開発したアプリケーション群の存在だ。これらは多くの場合、各部門内にサイロ化した状態で存在し、エンド ツーエンドのビジネ...(2016/4/7 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

レポート
調査会社レポート『Forrester Wave:デジタルエクスペリエンス提供プラットフォーム、2014年第3四半期』
 米調査会社のフォレスターリサーチのレポート『The Forrester Wave:デジタルエクスペリエンス提供プラットフォーム、2014年第3四半期』の中で、アドビは最高の評価を獲得しました。そしてさらに、アドビはイノベーションを起こし続けています。この評価直後、リッチな...(2015/1/28 提供:アドビ システムズ 株式会社)

事例
事例に見る:モバイルアプリを3カ月で開発しコストを60%削減した方法
 高周波用測定器や放送機器の製造で知られるドイツのエレクトロニクス企業、Rochde&Schwarz。同社では、複数のデバイスをサポートし、顧客、協力企業および従業員向けの業務アプリ作成に向け、モバイルアプリケーション開発環境導入を検討していた。アプリは、iOS、Andro...(2014/7/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
IoT・ソーシャル・ビッグデータ、データ駆動型企業に必要なものとは何か?
 企業は数多くのソースから生成される膨大なデータに直面しながらも、より少ないリソースで、より多くの結果を求められている。では、そのためにストレージプラットフォームに求められる要素とは何だろうか? それは複雑かつデータ集約的で、さらにビジネスを止めないワ...(2015/4/3 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
日本の製造業がこれからのグローバル市場で勝ち残るための4つのステップ
 これまで日本の製造業は、生産拠点を新興国に設けることで人件費を抑え、製造コストを低減してきた。複雑な工程を踏むハイエンド製品は国内生産、普及品は海外生産というすみ分けで、一定の成果を上げてきたのだ。だが、昨今の新興国の急激な経済成長により、このビジネ...(2014/7/11 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
全ての企業が直面するITの「複雑化」、解消の鍵は統合型ITプラットフォーム
 企業のリモートオフィス・支社や中堅・中小企業では、常にITに関連する「複雑化」の問題を抱えており、ビジネスの成長と拡大が進む中、ますます柔軟性と効率性に頭を悩ませている。 こうした「個別ソリューションが混在しているITプラットフォームの複雑さ」「複数のシ...(2016/5/12 提供:デル株式会社)

製品資料
競争力を生み出すカスタムアプリケーションの構築時間を根本的に削減する「aPaaS」という考え方
 クラウドベースのプラットフォームで実行しているソフトウェアをベンダーがレンタルするSaaSは、さまざまな企業が利用している。しかし、企業の全ての業務や顧客に提供するサービスをSaaSでまかなうことはできない。 クラウドの活用が当たり前という時代に入り、多様な...(2016/1/12 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

講演資料
自動運転支援に向けた、IoT基盤を活用したコネクティッドカーの取り組み
 さまざまなモノがネットワークにつながるIoTの到来により、10年後には500億から1兆ものデバイスがネットワークに接続すると予測されている。IoTの価値は、「インダストリーの変革」「アプリケーションとソリューション」「プラットフォーム」「デバイスとネットワーク」...(2015/12/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
スマートなSDNの実現
 従来のヘテロジニアス ・ ネットワークは複雑化がますます進み、アップグレードや相互互換性の課題、進化するプロトコル、基盤となるハードウェア ・ プラットフォームにハードコーディングすることが一般的である管理方法が原因となり、 管理が困難になっている。 本...(2015/8/24 提供:日本AMD株式会社)

製品資料
データセンターにおける最適なデータ管理プラットフォームとは
 企業ITの進化に伴い、複雑化するデータセンター環境。IT管理部門では、こうした異機種混在環境を統合的に運用・管理することが求められる。しかし、多くの管理ツールが個別最適化されており、その管理は複雑かつ煩雑になる一方である。 特に、データセンターやクラウド...(2015/7/31 提供:ファルコンストア・ジャパン株式会社)

製品資料
企業向けモバイル管理プラットフォームに必要な「10の要件」とは?
 企業の競争力強化のために、多様化するモバイル端末を業務に活用し、生産性向上のツールとして運用したいというニーズが高まっている。そのためIT管理者は、端末管理や、端末内の企業データの確実な保護、既存のインフラストラクチャをモバイル環境に対応させるための基...(2015/11/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
jQueryライブラリで今すぐ実現するマルチプラットフォーム モバイルアプリ開発
 モバイルアプリケーションの開発企業にとって、マルチプラットフォーム対応は依然として頭の痛い問題だ。iOSやAndroid、Windows 8など、異なるプラットフォームに自社アプリケーションを対応させるために、いちいちネイティブアプリケーション開発を個別に行っていては...(2013/3/14 提供:インフラジスティックス・ジャパン株式会社)

Webキャスト
データ処理の「待ち行列」まで整理――DBが生まれ変わるプラットフォームとは?
 この数年でプロセッサとストレージの性能向上は、DBプラットフォームの大幅な進化をもたらした。しかし、大容量化によりストレージ台数が減ったことの弊害として、以前よりもディスクI/Oが集中するようになったことなど、新たな課題も見え始めた。 OLTP(オンライント...(2016/6/28 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
重大セキュリティインシデントを見過ごさない知見とは? そのポイントに迫る
 統合セキュリティプラットフォームは、システム内に個別に保持されている大量のログ、ネットワークフロー、ビジネスプロセスデータを柔軟に統合し、単一の運用ビューを提供する。しかしビューが単一になったからといって、いかなるインシデントも漏らさず検知し、完全に...(2015/6/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
SSL通信に潜む脅威を暴く「SSL検査プラットフォーム」選定時に検討すべき5つのポイント
 SSLで暗号化されたトラフィックは、通信全体でかなりの割合を占めるようになった。そうした中、攻撃者が通信の秘匿を行う暗号化技術を悪用し、攻撃が検知されないようにするケースが現れてきた。標的型攻撃の基本的な仕組みは、社内ネットワークに侵入したのち、外部C&C...(2015/10/29 提供:A10ネットワークス株式会社)

事例
E*TRADEがメッセージバスをオープンソースに移行した理由
 資産に対するローンの比率は、市場状況に応じて絶えず変化する。リスクを軽減するにはこの比率をリアルタイムで注意深く監視して管理しなければならない。大量の市場データとトレーディングイベントを毎日リアルタイムに収集して複雑な計算を用いて分析するリスク計算プ...(2014/8/22 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
予測不可能な次の20年に備える自由なインフラへ 「Old IPとNew IP」その違いとメリット
 ビジネスに選択の幅と柔軟性をもたらす第3のプラットフォームへの対応は、IT部門にとっても喫緊の課題となっている。データ量は増大し、ネットワークは拠点や人だけでなく、無数のモノをつなぐIoTへと変化してきている。第3のプラットフォームでは、モバイル、ソーシャ...(2015/9/18 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

事例
複数プラットフォームのシステムはそのままに、新採用の障害監視ツールでコストを5分の1に
 業務システムが異なるプラットフォームで稼働しているケースは珍しくない。OSはWindows、UNIX、Linuxがほぼ3分の1ずつ、アプリケーションサーバはMicrosoft IIS、JBoss Application Server、Apache Tomcatがあり、データベースもOracle Databaseだけでなく、一部にMS SQ...(2015/11/19 提供:ゾーホージャパン株式会社)

レポート
BIの新たな進展(2):BI製品ベンダーは、次の波をどうつかもうとしているか
 前回紹介したように、ガートナーはBIプラットフォームの世界に、「ビッグデータディスカバリ」という新たな波が来ると予測する。 「ビッグデータディスカバリ」のプラットフォームは、まずデータ対象でいえば、従来型の構造化データから、各種の非構造化データ、さらに...(2015/9/17 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
約80%のコスト削減を実現する「電子請求書プラットフォーム」の実力とは?
 電子請求書プラットフォームは、請求書を発行する側と受け取る側の双方で利用することにより、大幅なコスト削減を実現できる。処理スピードが迅速化されることで作業の時短化が進み、生産性が向上するだけでなく、決算の早期化も実現し、正確な経営状況の把握も可能にな...(2015/7/24 提供:株式会社インフォマート)

製品資料
今どきのシステム要求を満たす、柔軟なデータプラットフォーム構築の鍵となる「分散NoSQLデータベース」
 クラウド、IoT、ビッグデータ、ソーシャル、モバイルといった技術の活用によって、ビジネスをより進化させようとするとき、ここに挙げた技術を単体で利用するケースは少ない。IoTやM2Mの技術にクラウドソリューションを組み込むことで、ビッグデータの解析は現実的な施...(2015/7/31 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

Loading