TechTargetジャパン

製品資料
ソースコードや仕様書まで自動生成、Watsonが実現する「超高速開発」とは
 システム開発業界では、エンジニアの人材不足や労働環境の悪化に長く苦しめられている。加えて、近年はWebやスマートフォンなどの接点が増えたことで、要件定義の複雑化という課題まで抱えるようになった。それにもかかわらず、より速く、より高品質なものをより低コス...(2017/10/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
広がる「AIチャットボット」用途に応じた製品選択が秘訣、成功のポイントを解説
 昨今話題となっているAIチャットボット(ChatBot)。多くの企業が活用を進めているが、その中には失敗するケースも少なからず見られる。他のシステム導入と同様、用途によってそれぞれに提供されている機能が大きく異なるため、目的や要件、運用コストを明確にして導入...(2017/10/31 提供:ARアドバンストテクノロジ株式会社)

講演資料
プロジェクトマネジメントにおける会計と品質の両立
日揮情報システムではPMAJのP2Mを採用しプロジェクトマネジメントを実施している。このP2Mで定義された「品質」「工程」「進捗」「根拠となるもの」「管理を支援するもの」「その仕組み」などのマネジメント要素の他にも、企業の業績としての受注見込から売上、利益と言っ...(2009/7/23 提供:日揮情報システム株式会社)

事例
プロジェクト管理も脱Excel化、リソース管理を最適化するツールの7つの利点
 プロジェクトの進捗、リソースの割り当て率などの管理では、Excelを利用している企業が少なくない。この場合、作成、管理、更新にかかるコストが高く、リアルタイムに可視化することも容易ではなく、どうすれば確実に目的を達成できるかが課題だった。 こうした課題に...(2016/11/11 提供:サイフォーマ株式会社)

講演資料
組織間の管理情報交換を促進する、日本発、共通リソース・モデルの実証
 次世代プロジェクト管理データ交換アーキテクチャ協議会は、組織を越えて多種多様なプロジェクト管理データを相互に交換、共有できるソフトウェア基盤技術を開発している。このセッションでは、共通リソース・モデルと各社による実装例をデモを交えて紹介する。協議会は...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
真のアジャイル開発を実現するために越えなければならない壁
 ソフトウェアやアプリケーションのリリースサイクルが短くなる中で、開発部門はアジャイル開発手法に目を向けるようになった。しかし企業内でそれぞれの開発は独立して進められるため、CIOやPMO、アプリケーション担当VP、そして他の部門の担当者は現状を把握できない場...(2014/1/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
ソフト開発を加速する4つのエントリーポイント
 現在のビジネスが求める顧客提供価値の品質とスピードを実現するためには、開発+運用の加速化にとどまらず、ユーザーのフィードバックを継続してソフトやサービスに反映・展開するライフサイクルの推進である。そこでIT部門に求められる役割は、開発と運用の領域だけで...(2015/10/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
IBM Rational Focal Pointを活用したポートフォリオ管理のご紹介
 企業が特定の業務目標を達成するために、IT 支出を抑えながらどのようなアプリケーションを取り揃えるのか。アプリケーション・ポートフォリオ管理はいまや経営者の課題のひとつとなっている。 アプリケーション・ポートフォリオ管理は、ビジネス戦略やIT 戦略の実現の...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
そのプロジェクトが失敗するわけ──4つの出発点から始める実践的アドバイス
 たとえ組織が多額の投資をしても、高度な訓練を受けた才能のあるプロジェクトマネジャー、技術スタッフ、ベンダーが最善の努力をしても、ITプロジェクトが失敗することはある。IT部門は、プロジェクト、時間、コスト、リソースの管理に関する課題に悪戦苦闘している。 ...(2013/10/2 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
ファンケルのメルマガはなぜ開封されるのか? 顧客行動分析基盤の全貌に迫る
 無添加化粧品や健康食品で知られるファンケルが運営するECサイト「ファンケルオンライン」では、同社のほぼ全商品を扱っており、登録会員数は300万を超えている。配信を希望する100万人以上の会員に、メールマガジンで情報提供を行い、当初は購入商品により顧客を4つの...(2015/1/26 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 11月20日号:セキュリティ担当者を悩ます2つの敵
 Computer Weekly日本語版 11月20日号は、以下の記事で構成されています。■セキュリティ担当者を悩ます2つの敵:ハッカーと経営陣のお花畑思考 2013年の(ISC)2 Security Congressでは、セキュリティ担当者が2つの敵との戦いを余儀なくされていることが浮き彫りにな...(2013/11/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
性能検証 OSS統合監視 Zabbix 1.8.10 , 2.0.0 MySQLパーティションの効果
システムの運用コスト削減は、必須課題となっており各企業で色々な取り組みがされている。クラウド、グリッドおよび仮想化OSの普及が進んでいる現在では、監視対象サーバの増減も多く、統合監視ソフトウェア自体の導入・保守コストの削減に苦慮している企業も多い。オープ...(2012/7/2 提供:ファイテックフォース株式会社)

講演資料
工事進行基準対応ノウハウを凝縮したプロジェクト管理手法
 2008年8月7日に開催された「デスマーチからの脱却!工事進行基準 〜いまから準備すべきこと〜」セミナーより、工事進行基準による決算対応を長年行ってきたノウハウを持つ日揮情報システムが行ったセッションで配布された資料。 工事進行基準に対応するためには、適切...(2008/9/1 提供:日揮情報システム株式会社)

レポート
プロジェクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM) 選定・評価ガイド
 PPMは、ITガバナンスや新製品開発など、組織の意思決定と実行の改善が求められる幅広い分野に適用でき、その成熟度を高めることができる。そのため幅広い機能特性を備えたPPMソリューションを選定することは、事業の成長と成功に直接貢献する。 本書では、PPMの意義を...(2009/12/1 提供:日本CA株式会社)

製品資料
プロジェクト管理会計、標準化、進行基準対応、PMBOK準拠のソリューション
多くのシステム開発ではPMBOKをベースに、エクセルや複数のツールを組合せて原価、進ちょく、要員などのプロジェクト管理を行っている。その結果、・プロジェクト報告のための資料作成が煩雑で管理が形骸化する・情報が分散し、部門長、PMOがプロジェクトの状況を監視でき...(2009/7/21 提供:株式会社システムインテグレータ)

製品資料
プロジェクト管理改善のためのシステム化のポイント
 従来のプロジェクト管理は属人的管理であり、個々のツールを組み合わせた運用によって情報の分散が発生している。その結果、ノウハウ共有や予実管理、採算管理ができず非効率的なプロジェクト管理になり、プロジェクトの採算性が上がらないのが現状だ。 統合プロジェク...(2010/6/1 提供:株式会社システムインテグレータ)

講演資料
潜在価値を引き出してスリムなITを 〜CA Service Management Solutions〜
 「ITの運用管理」は、とかく「インフラストラクチャの維持」だと、とらえられがちだ。しかし本来のIT(=情報の技術)は、情報を巧みに操り、事業・顧客の価値を生み出すための手段である。そこでITの運用に求められるのは、「一定時間に生み出される価値を最大化する...(2009/7/15 提供:日本CA株式会社)

製品資料
プロジェクト管理と組織的管理のコラボレーションで工事進行基準対策も万全
 工事進行基準施行の鍵となる進ちょく管理や品質管理、成果物管理など、個別のプロジェクト管理に必要な機能、そして経営トップ層や品質管理部門メンバーが必要とする組織管理機能を網羅した、統合型のプロジェクト管理システム「ProcessDirector」。 このホワイトペー...(2008/9/1 提供:日本電気株式会社)

事例
CMMI導入による開発プロセスの改善によってプロジェクト品質を大幅に向上
 自動車メーカーのシステム子会社として発足したMCOR(エムコア)は、親会社が変わり独立したITソリューションベンダーとして、エンジニアリング分野を中心に一貫したシステムを提供している。当時の親会社の業績に大きく依存する環境から脱却し、親会社以外からの受注拡...(2008/9/1 提供:ボーランド株式会社)

事例
コスト削減だけではない! 仮想化技術の採用でリコーが得たメリット
 リコーでは、ハイエンドサーバやストレージ、テープライブラリを導入し、ITインフラを全面的に刷新した。さらに、ユーティリティコンピューティングにより必要なITリソースを設備投資としてではなくサービスとして導入。初期コストと運用コストの大幅削減に成功した。リ...(2008/8/19 提供:サン・マイクロシステムズ株式会社)

製品資料
情報漏えいと工事進行基準会計に文書管理システムで立ち向かう
 ビジネスでは、社内だけでなく社外パートナーなど複数の企業間で情報をやりとりする必要がある。しかしそれは、情報漏えいのリスクを高めることにもなる。さらに情報システム会社などでは、2009年から始まる「工事進行基準」に基づいた会計処理へも待ったなしで対応する...(2008/8/29 提供:株式会社NEC情報システムズ)

講演資料
プロジェクトコストを最適化する品質管理のアプローチ
 2008年7月17日に開催された「ソフトウェアテスト・ミーティング2008」で好評を博した日本HPの講演資料。 開発プロジェクトのコストを最低限に抑え、かつ品質を確保および向上させるために何をすべきか? 「プロジェクトコストを最適化する品質管理のアプローチ」と題...(2008/8/5 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
組み込みシステム製品開発向け管理ツールで製品開発効率を向上
 製品開発費に占めるソフトウェア開発費の増大やソフトウェア不具合による製品品質問題の増加など、エレクトロニクス製品において、組み込みソフト開発は「製品開発」プロジェクト全体の中で取り組むべき課題になった。ハードウェアの仕様変更や不具合がソフトウェア開発...(2008/6/16 提供:株式会社図研)

講演資料
ソフトウェア開発プロセスの標準化がうまくいかない理由
 企業内のガバナンスを実現するには、ソフトウェア環境における開発プロセスの標準化は不可欠な要素だ。しかし、SOA、オフショア開発、コンプライアンスなど、新しいキーワードの登場により困難さが増している。企業のガバナンスを促進し、かつ開発現場が使える開発プロ...(2007/11/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

その他
ITプロジェクトポートフォリオマネジメントで、IT投資に関わる情報を一元的に可視化
今日のITプロジェクトは、社内・外の複数部門がステークホルダーとなる複雑で大規模なものも多くある。投資額も莫大になる上、なにより関係する各現場をうまく巻き込みながら、単なるコスト削減や効率化に留まらない、企業力を強化する様なプロジェクトを成功させるべく...(2007/4/10 提供:日本CA株式会社)

Loading