TechTargetジャパン

技術文書
オンプレミス同等の可用性をエンタープライズ向けIaaS「Bizホスティング」で実現するには
 高機能なIaaSサービスを利用しているユーザーにとって、さらなる高可用性の条件とは「オンプレミスと同等」というものだ。これを実現する主な機能条件は2つあり、「クラウド環境でHAクラスタを容易に構築でき、仮想サーバ間でデータレプリケーションが可能」という条件...(2014/12/26 提供:サイオステクノロジー株式会社)

技術文書
エンタープライズ向けクラウドサービスの高可用性を確保するHAクラスタ
 企業のITインフラがクラウドに移行しつつある今、オンプレミスで実現していた基幹系システムの可用性をいかに確保するかは大きな課題の1つだ。その課題解決に一役買うのが、標準のクラウドサービスではカバーできない監視・リカバリ機能を備えたHAクラスタリングソフト...(2014/9/24 提供:サイオステクノロジー株式会社)

技術文書
パブリッククラウドの可用性を高めるHAクラスタシステム構築ガイド
 企業のシステムをクラウドに移行する際には、オンプレミスで実現していた可用性をいかに確保するかが課題となる。クラウドベンダーが提供するIaaSプラットフォームは、管理された強固な基盤の上に構築されているため、それで問題ないと考えるユーザーも多い。だが、アプ...(2014/11/24 提供:サイオステクノロジー株式会社)

技術文書
富士通のIaaS型クラウド環境でHAクラスタシステム構築
 ホスティング型プライベートクラウドは、パブリッククラウドとプライベートクラウドの特長を併せ持ち、セキュリティ面からパブリッククラウドの利用が難しかった企業も、安心して利用できる利点がある。少ない初期投資と短時間での構築が行えるため、早急なBCP/DC対策...(2014/9/24 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
狙われやすいOSSデータベースを守る「透過的データ暗号化」とは何か
 さまざまな手法で企業の重要データを狙う攻撃者にとって、従業員の個人情報や顧客情報が格納されたデータベースは格好のターゲットとなる。そのため、特にオープンソースソフトウェア(OSS)のデータベースでは、安全性が問題とされることが多い。 しかし、最新技術を...(2016/8/3 提供:富士通株式会社)

技術文書
パブリッククラウドの可用性を高めるHAクラスタシステム構築ガイド
 企業のシステムをクラウドに移行する際には、オンプレミスで実現していた可用性をいかに確保するかが課題となる。クラウドベンダーが提供するIaaSプラットフォームは、管理された強固な基盤の上に構築されているため、それで問題ないと考えるユーザーも多い。だが、アプ...(2014/5/22 提供:サイオステクノロジー株式会社)

技術文書
IBM SoftLayerの可用性を高めるHAクラスタシステム構築ガイドブック
 ほんの数年前まで、クラウドに移行するのは情報系のシステムが主流だった。しかし、今では基幹系システムや災害対策用のシステムにクラウドを活用することは、さほど珍しいことではない。ただし、基幹系システムを稼働させる上で、高い可用性の確保が必要となるのは、ク...(2015/3/18 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
徹底解説:6000万件のデータを1秒で検索処理する超高速DBの仕組み
 近年、データ分析にはますますリアルタイム性が求められるようになっている。そのため、最新技術を投入してデータ分析基盤の高速化を図る企業が増えているが、データの量や参照頻度の増加がそれを上回るペースで進み、課題解決に至らないケースが見られる。 この課題を...(2016/8/23 提供:富士通株式会社)

製品資料
「vSphere 6.5」の新機能を徹底解説、次世代仮想化基盤の真の実力とは?
 「vSphere 6.5」は、インフラやアプリケーションのパフォーマンス、運用性を最大化できる仮想化基盤として定評を得ている。その設計は、シンプルなユーザー環境、包括的なセキュリティ、ユニバーサルプラットフォームを主眼としており、自動化と管理、新旧アプリケーシ...(2017/9/12 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
これで分かる「vSphere 6.5」への移行手順:必要な事前準備と環境別シナリオ
 「VMware vSphere」は仮想化基盤を構築するための中心的存在であるが、その新バージョンである「vSphere 6.5」ではさまざまな機能強化が行われた。大規模環境でのスループットの向上、データセンターの構築と管理の簡素化などにより、パフォーマンスやセキュリティを一...(2017/9/12 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
Oracle DBからIBM Db2へ移行、九州電力のデータ管理サーバはどう変わった?
 九州電力の重要システムの開発・保守を担う正興電機製作所では、電力業界の環境変化を受けて、データ管理サーバのリプレースに取り組むことになった。現行環境の後継製品への移行はライセンスの見直しがあり、コスト面で難しい。新環境では、コスト削減とともに、十分な...(2017/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
情報漏えい対策とIT資産管理を統合、Windows/Mac混在環境に適した監視ツール
 企業にとって情報漏えい対策は必須のテーマだ。従業員が業務中に私用でWebサイトへアクセスしたことから深刻なデータ流出につながるケースは多い。業務に関係のないWebアクセスについては、従業員側の意識改革が必要なのはもちろん、会社側にも徹底的なチェックが求めら...(2017/8/23 提供:株式会社インターコム)

製品資料
標的型攻撃は“目視”で防御、サンドボックスで防げない攻撃にも強い理由とは?
 企業や官公庁など、特定の相手を狙い撃ちする標的型メール攻撃。その手口は年々巧妙化し、企業や団体だけでなく、個人にとっても大きな脅威となっている。その対策として、サンドボックスなどの導入が進んでいるが、それでも100%防げる保証はない。 そこで効果を発揮...(2017/8/16 提供:株式会社クオリティア)

製品資料
アプリケーション実装の複雑性を解消、多様な要件に応える次世代インフラとは?
 IT技術の進化とともに、データセンターにおけるアプリケーション上の課題は増え続けている。パフォーマンス、可用性、拡張性、管理性能、ITインフラ、仮想化といった要件は、個々のアプリケーションで異なり、全体として最適化することは容易ではない。 特に、マルチハ...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
クラウド基盤は何を基準に選ぶ?──IaaS・PaaS選びの「5つの要件」
 IoT、デジタルビジネス、ビッグデータ分析など、ビジネスにおけるIT活用が必須となる中で、オンプレミス環境のコストと運用管理、拡張性が問題視されるようになった。そのため、サーバやストレージ、ネットワークのリソースを月額や時間課金で利用できるIaaS(Infrastru...(2017/8/14 提供:日本電気株式会社)

製品資料
着目すべきは導入時のトータルコスト。4つの理由で選ばれるLinuxONE
 サーバの導入/買い換えにおけるTCO削減のアプローチとして、IBMのハイエンドLinuxサーバである「IBM LinuxONE」が注目されている。その4つの技術的な理由は、IBM LinuxONEがメインフレームとオープンシステムのメリットを併せ持つことで実現している。 メインフレーム...(2017/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月16日号:Windows 8をめぐる中国 vs. Microsoft
 Computer Weekly日本語版 7月16日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 8をめぐるMicrosoftと中国の戦いは泥沼に突入 「MicrosoftがWindows 8を使って中国人の個人情報を収集している」とする中国に、Microsoftが反論。真っ向から衝突する両者の主張に落と...(2014/7/16 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
自社に最適なAI活用パターンは? 事例に学ぶAIの業務活用
 AIを業務で活用する取り組みは、行政から交通機関、製造業から流通、医療、教育機関まで及んでいる。それぞれの業種では既にAIを導入した効果も報告されており、銀行の研究機関では分析工数を60%削減した他、製造ラインでは画像データ解析による検品工程の省人化、生産...(2017/7/28 提供:日本電気株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月19日号:WannaCryはランサムウェアキラーか?
 Computer Weekly日本語版 7月19日号は、以下の記事で構成されています。■「オープンソースに貢献するには費用がかかる」のにやる理由とは?■WannaCryはランサムウェア攻撃終焉の始まりか■脳をモデルにしたデータストレージは実現するのか■臨床医も満足、看護師主導...(2017/7/19 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
統合データ管理ソフトの基礎解説――企業のあらゆるデータを保護するメリット
 統合データ管理ソフトウェアが注目されるようになった理由は、ファイルやメールシステム、PC端末、データベース、Webシステムなど、企業システムの各所で蓄積されるデータが膨大になってきたからだ。各システムで個別にこれらのデータをアーカイブし、バックアップする...(2016/9/6 提供:CommVault Systems Japan)

製品資料
「vSphere 6.5」移行ガイド:事前の確認事項から環境別シナリオまで徹底解説
 定番のサーバ仮想化製品「VMware vSphere」。その新バージョン「vSphere 6.5」では、大規模環境でのスループットの向上、データセンターの構築と管理の簡素化など、大幅な機能強化が図られており、パフォーマンスやセキュリティを一層高めてくれる。 とはいえ既存環境...(2017/6/14 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
「LINPACK」だけでは評価できないコグニティブ時代のHPCシステムの新常識
 近年、多くの業界でハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)やハイパフォーマンスデータアナリティクス(HPDA)が脚光を浴びている。その背景には、モバイル、IoTといった分野におけるデータ量の急増や、その分析を支えるコグニティブコンピューティング、深層学習...(2017/5/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
Excelの便利さだけ残した「脱Excel」、データ管理業務の無駄を一掃
 Excelは多機能で自由度が高いため、高度で複雑な表を作成できる。しかし、完成した表は視認性こそ高いものの、管理や運用が複雑で、データの再利用が困難であることが多い。そのため、多くの企業が煩雑なExcel業務に貴重な時間を奪われている。 近年、さまざまな企業で...(2016/9/1 提供:大興電子通信株式会社)

技術文書
PostgreSQLの可用性を高めるHAクラスタ構築を基礎から解説
 ミッションクリティカルなシステムでのサービス停止は、企業にとって大きな損失となるため、障害が発生しても停止時間を最小限に抑えられる高可用性システムの構築が必須となる。 システムの高可用性を実現するアプローチは複数あるが、中でも「共有ディスク型HAシステ...(2008/5/30 提供:レッドハット株式会社)

事例
オープンソースDBが医療ITで選ばれる理由――なぜ商用DBではいけないのか?
 かつては、企業が競争力向上のために、業務の中核となるデータベース(DB)へ十分な投資を行うことは当然と考えられていた。しかし、近年は商用DBのリスクが認識されるようになり、医療分野などでオープンソースDBへの移行が進みつつある。 その理由の1つが、商用DBに...(2016/5/31 提供:レッドハット株式会社)

レポート
DBのボトルネックをピンポイントで解消――診断サービスを活用したDB最適化
 データベース(DB)は、データの増加、連携するシステムの変化、機器やソフトウェアのサポート終了など、さまざまな要因によってパフォーマンスが悪化していく。しかし、有効な対策を立てるためには、まずボトルネックを特定する必要がある。 原因によっては、フラッシ...(2017/2/14 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
エンタープライズオープンソース製品導入戦略ガイド
「Windows」や「UNIX」「Oracle Database」のスキルは今や「レガシー」化したという認識が、IT業界で広がっている。新興企業から大手電子商取引サイトまで、オープンソースソフトウェア(OSS)の利用が拡大し、OSS関連スキルの需要が高まっている。 プロプライエタリ製品...(2016/4/27 提供:アイティメディア株式会社)

事例
20本のラックが1本に、保守費用は40分の1、大規模ハイパーコンバージド導入の威力
 「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」は、サーバだけでなく、ストレージも大幅に集約できるテクノロジーとして注目されている。物理サーバ、SAN/NAS、ストレージが1つの筐体で高密度に統合された製品を利用するシンプルな構成のため、リソースの追加も容易で...(2016/2/10 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

製品資料
ネットワーク性能監視への挑み方――予兆をつかみ、瞬時に把握するために
 企業のシステム運用では、ネットワークシステムの状況を、常に、正しく、把握することが重要だ。そのためには稼働状況を把握し、性能監視を行う目的を明確にして、その目的に応じた監視ツールの選択が欠かせない。 しかし、ネットワークシステムの性能監視において、安...(2017/1/23 提供:アイビーシー株式会社)

製品資料
「大量のExcelファイルは宝の山」、データ活用の流れに一歩で追い付く考え方
 ビジネスにおけるデータ活用と聞くとつい身構えてしまうが、実はそれほど難しいことではない。データとは、日々の業務で得られる「いつ売れたか」「どんな年齢の顧客か」といった情報のことであり、その蓄積から価値を導き出す取り組みは、これまでもExcelなどで行われ...(2016/12/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Loading