TechTargetジャパン

製品資料
デバイス不問のアプリ活用と安全性を両立するリモートアクセス基盤の構築術
 モバイル活用、私物端末の業務利用(BYOD)など、エンドユーザーの要求は日々高まっている。その結果、使用場所、ネットワーク、デバイスを問わず、生産性とセキュリティを確保するリモートアクセス環境が求められるようになってきた。 こうした要求に対応する上で注意...(2016/8/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
郵船トラベルがコスト削減と利便性向上両立に成功したリモートアクセス環境とは?
 業務渡航を中心に多くの法人顧客を抱える旅行会社の郵船トラベル。同社では、海外出張の手配だけでなく、渡航先でのサポートにも注力している。そのため、いつ、どこからでも社内の業務システムを利用できるようリモートアクセス環境を構築していた。だが、航空会社やホ...(2014/7/14 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
場所やデバイスを問わないリモートアクセス、安全性を確保する簡単な方法とは?
 PCやスマートフォン、タブレットなどで場所を選ばずに仕事をできる環境や、私物デバイスの業務利用(BYOD)を求めるユーザーの声は日増しに強まっている。このようなワークスペース拡散につながる要望に応えるためには、セキュリティ上の課題をクリアする必要がある。 ...(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
スマートデバイスで、いつでも、どこからでも、安全に社内業務を! 〜次世代型SSL-VPNリモートアクセス〜
 スマートデバイスの導入を検討する企業が増える中、注目を集めているのがリモートアクセス製品だ。 オフィス内に留まらない多様なビジネス環境を実現する手段として多くの企業に採用されてきたリモートアクセスを、PCだけでなくスマートデバイスからも実施させたいとい...(2011/8/10 提供:マクニカネットワークス株式会社)

Webキャスト
現代のリモートアクセスセキュリティ強化の最適解とは
 ワークスタイルの変化は、モバイルデバイスの活用を後押ししている。リモートアクセスの方法もVPNに加え、仮想サーバ、アプリサーバなどへのアクセスが増え、複合的に使用されるようになってきた。これに伴い脆弱なアクセスセキュリティが懸念材料となっている。これま...(2014/7/10 提供:EMCジャパン株式会社)

講演資料
スマートデバイス導入で企業のリモートアクセスインフラはこう変わる
 「いつでも」、「どこでも」利用できるスマートデバイスは“生産性”、“事業継続性の向上”の観点からも有効なツールといえ、企業内のスマートデバイス活用は急速に普及している。社内外に様々な端末が混在することになったいま、企業は改めて社外からの「リモートアク...(2012/7/20 提供:マクニカネットワークス株式会社)

講演資料
iPadの業務活用、セキュリティを担保したリモートアクセスを実現するには
 これまでのIT投資は個別の要件に対して都度対応するサイロ型・部分最適化により、コスト高や低い再利用性などセキュリティや可用性/信頼性、パフォーマンスの面で問題を抱えることが少なくなかった。 さらに、現在では仮想化の浸透やスマートフォンをはじめとするモバ...(2013/12/18 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
スマートデバイス活用と安全なリモートアクセスを可能にするアプライアンスを徹底検証
 多種多様なモバイルデバイスが広く浸透し、時と場所を問わず社内ネットワークへ安全にアクセスできるインフラ構築の需要が高まっている。同時に、ユーザーへのアクセス権の設定や接続している端末のセキュリティチェックなど課題も多いのが現状だ。企業のIT部門は、使い...(2014/4/23 提供:丸紅情報システムズ株式会社)

製品資料
リモートアクセスのセキュリティ対策、鉄則は「データを端末に残さない」
 クラウドやマルチデバイスの普及は、在宅勤務やモバイルワークなど多様なワークスタイルの促進に貢献している。そのようなビジネス環境において、セキュリティの重要性は今まで以上に高まっているといえるだろう。その1つのアプローチとして「データを端末に残さない」...(2014/11/13 提供:株式会社ソリトンシステムズ)

製品資料
クラウドとどう使い分ける? VPNが業務効率の向上に役立つシーンとは?
 モバイル活用による営業効率の改善、ノートPCの持ち出しなどによる情報漏えい対策、オフィスや拠点の増設などへの対応に課題を持つ企業は多いだろう。これらの課題を解決するには、ネットワーク環境の改善が有効な場合がある。 しかし、インターネット回線を用いた「イ...(2016/7/1 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
法人向けリモートアクセスサービス CACHATTO
■個人所有の端末からの利用でも安心「端末に情報を残さない」リモートアクセスBCP(事業継続計画)のために、営業などの外出が多い部署以外の社員にも社外からのリモートアクセスを検討している企業が少なくない。しかし、「これ以上社員への支給端末を増やしたくない」...(2011/6/10 提供:株式会社いいじゃんネット)

カタログ
【非掲載】法人向けリモートアクセスサービス CACHATTO
■個人所有の端末からの利用でも安心「端末に情報を残さない」リモートアクセスBCP(事業継続計画)のために、営業などの外出が多い部署以外の社員にも社外からのリモートアクセスを検討している企業が少なくない。しかし、「これ以上社員への支給端末を増やしたくない」...(2011/6/10 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
アプリケーション仮想化でWebアプリを配信する「3つのメリット」とは?
 Webアプリは従来のクライアント/サーバ向けアプリと比較して、軽量で、しかも複数のOSに合わせて開発・テストを行う必要もないため、多くの企業で開発が行われてきた。Webアプリにより、短期間でビジネスに役立つIT活用ができると期待されたのである。 しかし、実際に...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
マルチデバイス時代に求められる不正アクセス対策とは?
 クラウドやマルチデバイスの普及は、在宅勤務やモバイルワークなど多様なワークスタイルを促進させた。今後も新たなデバイスが登場し、ワークスタイルもますます変化していくだろう。短期間に激しく変化するビジネス環境においては、いち早くその変化にセキュアな対応が...(2014/11/7 提供:株式会社ソリトンシステムズ)

製品資料
3つの活用事例に学ぶスマートデバイスのセキュアなアクセス環境構築
 スマートデバイスの企業利用が注目を集めている。情報システム部門としては、外出先からの社内へのアクセスをセキュアに実現する必要があるだろう。安全なリモートアクセスを実現するためには、必要なセキュリティ機能まで含めたサービス選定が重要だ。 この資料では...(2012/11/30 提供:株式会社NTTPCコミュニケーションズ)

製品資料
端末やユーザーの多様化にアプリケーション/デスクトップ仮想化が強い10の理由
 リモートアクセス環境の浸透は、仕事をする場所、ユーザーの種類、アクセス方式などを一気に多様化させる。ビジネス情報は自宅、企業支給または個人所有のデバイス、パートナー企業、工場の現場など、ありとあらゆる場所に散在することになり、セキュリティ対策も複雑化...(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
情シスがいないからサーバ管理は無理……を解消する中堅中小・SOHO向けサーバ
 データバックアップ、セキュアなファイルの共有、遠隔地からのリモートアクセス……安心で効率的な業務を実現するためにファイルサーバを設置したいが、情報システム担当者がいない中小企業やSOHOでは、管理が難しい、と考えていないだろうか。だが、サーバ選びさえ間違...(2014/10/7 提供:サクサ株式会社)

Webキャスト
1万5000人の金融機関ユーザーが認めたトークンレスワンタイムパスワード
 ワンタイムパスワードは通常、トークンと呼ばれるデバイスを社員に配布して利用することが多い。しかし企業規模が大きくなり、数千人単位でこれを配るとなるとコスト面での負担は重い。またワンタイムパスワードの利用でも、別途、固定パスワードを記憶しておく必要は残...(2016/3/4 提供:F5ネットワークスジャパン株式会社)

製品資料
「在宅勤務」「災害対策」「事業継続」をUSBキー1本で解決した企業が選んだ製品とは
「オフィスに行かなければ業務が遂行できない」現在のPC環境。突発的な災害だけでなく、出産や育児などの面からも、事業の継続のためには、「オフィスに行って使う」という形態に縛られることのない、「在宅勤務」などの新たなワークスタイルが提案されている。そこで注目...(2011/5/16 提供:ジャパンシステム株式会社)

製品資料
タブレット利用に欠かせない、セキュアなリモートアクセスと認証強化ガイド
 国内企業でもスマートデバイスの導入事例が一気に増えている。ワークスタイルも多様化し “いつでも、どこでも、どのデバイスでも” 会社のネットワークにアクセスして仕事ができる環境がビジネスを成功させる鍵といっても過言ではない。 この時に課題となるのがセキュ...(2013/6/14 提供:ジェイズ・コミュニケーション株式会社)

技術文書
普及が進むデスクトップ仮想化(VDI)、オープンで標準化された技術によるリファレンスアーキテクチャとは
 デスクトップ仮想化(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)は、事業継続性の向上、セキュリティ強化、クライアント端末の運用管理の負荷軽減、ワークスタイル変革(在宅勤務やリモートアクセスによる従業員の生産性向上)など、ビジネスに大きなメリットをもたらす。(2015/11/18 提供:デル株式会社)

技術文書
モバイル導入企業の8割はまだ初期段階? 4段階で解説するモバイル活用成熟度
 モバイルデバイスのビジネス活用が急速に広がっている。スマートフォンやタブレット端末といった「スマートデバイス」は、旧来の携帯電話の可搬性と、ノートPCの高い機能性を併せ持った新たなエンドポイントデバイスとして、コンシューマ市場で瞬く間に普及した。そして...(2015/9/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
設計作業環境の変革時に求められるセキュリティ対策とは
 VDI化が困難であったグラフィクスワークステーションを仮想化する技術の成熟やデバイスの進化によって設計作業を行う環境も変革の時を迎えつつある。・テクノロジーの進化・協力会社とのデータ共有・ビジネス継続性対策、データの管理方法の見直し・グローバル化への対...(2015/3/18 提供:デル株式会社)

レポート
リモートアクセス、「定額制料金」に潜む通信コスト肥大化の落とし穴
「メールの返事を一通出すためだけに、外回りから会社に戻らないといけない」「緊急時、外出先や自宅から社内の情報にアクセスしたいのにその手段がない」  日常業務でこのような場面に直面したことがある人は少なくないだろう。こうした問題を解決してくれるのが、モバ...(2009/10/29 提供:スターネット株式会社)

レポート
進化を続けるネットワークセキュリティ 導入・運用の課題は“外出し”で解決
 企業のネットワークを取り巻く状況は絶えず変化している。例えば、クラウド、モバイル、モノのインターネット(IoT)を含む次世代のネットワークでは、異なる基準のネットワーク監視ツールが必要になる。そうした変化に伴って生じる課題や脅威に対処すべく、ネットワー...(2015/7/21 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

レポート
無線LANセキュリティのポイントは、デジタル証明書
 企業のITシステムは、スマートフォンやタブレットといった「マルチデバイス化」や、モバイルワーク、在宅勤務などの「マルチワークスタイル化」に対応していく必要がある。これにより、社外からのリモートアクセスゲートウェイ、社内の無線アクセスポイントの整備が急務...(2015/5/8 提供:株式会社ソリトンシステムズ)

レポート
デスクトップ仮想化のコストを抑える6つの手法 〜ハードからソフトまで
 ITプロジェクトでは誰もが確実なROI(投資対効果)を求める。しかし、仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)は必ずしも先行的なコスト削減を実現するものではない。それでも、VDIには導入規模や管理方式によって、ROIを高めるさまざまな方法がある。 VDIのコス...(2015/4/7 提供:デル株式会社)

事例
利便性を損なわず生産性とセキュリティを向上、スマートデバイス導入の秘訣とは?
 医療機関、介護・福祉施設向けシステムの開発と販売、サポートを行っているワイズマンでは、営業担当者が社外からお客様にきめ細やかなサポートを出来るよう、以前よりノートPCと通信カードを配布していた。しかしPCでは利用できるまでに時間がかかる等、利便性が欠けて...(2013/7/31 提供:マクニカネットワークス株式会社)

レポート
スマホの普及で「境界型セキュリティ」は崩壊? 今取るべき4つの対策とは
 企業のクライアント端末として、スマートフォンやタブレットといったスマートデバイスは急速に浸透している。商品カタログや動画などを見せるビュワーとしての役割だけでなく、外出先から社内システムへアクセスするリモートアクセス端末としての活用も広がり、業務プロ...(2015/6/11 提供:株式会社シマンテック)

講演資料
プライベートクラウドセミナー2011〜変化の時代を乗り切る企業クラウド活用術とは?〜
【セッション1:クラウドが企業にもたらす価値と新企業情報システムのあり方】  TCO削減、事業継続性、そして最新の災害対策等、クラウドが企業にもたらす価値や、  その役割、メリットを分かりやすくご紹介。【セッション2:事業継続を実現するリモートアクセスソ...(2012/6/16 提供:株式会社日立システムズ)

Loading