TechTargetジャパン

技術文書
Dell PowerEdge R815におけるRHEL 5.5 KVM検証環境構築および検証結果
 Red Hat Enterprise Linux 5.4から搭載されている、カーネルベースの仮想化機能、KVM(Kernel-based Virtual Machine)についての評価の結果を記載したホワイトペーパーです。AMD Opteronのマルチコア・プロセッサがどれほどパワフルであるか、Dell PowerEdge R815が備...(2010/9/30 提供:デル株式会社)

技術文書
Red Hat移行を検討するSolarisユーザー向け戦略的移行ガイド
 オラクルのサン・マイクロシステムズの買収により、ベンダーロックインやコスト高を懸念して他環境への移行を考えるSolarisユーザー企業は少なくないだろう。しかし重要なデータを移行する際には、移行を効率的に進めること、リスクを最小限に抑えることなど重視しなけ...(2012/4/10 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
5日で覚える クラウド時代のLinux管理の基本(RHEL 7対応)
 2014年6月10日(米国時間)、企業向けLinuxディストリビューションのメジャーアップデートとなる「Red Hat Enterprise Linux 7」(RHEL 7)がリリースされた。RHEL 7はNUMA構成を意識したスケジューリングとメモリ割り当てや「Full Dynamic Tick」の導入によるパフォー...(2014/7/22 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
Red Hat Enterprise Linux 7はここが新しい――新機能や変更点をまとめて紹介
 2014年6月に発表された「Red Hat Enterprise Linux 7(RHEL7)」は、アプリケーションをコンテナ化する仮想化システム「Docker」をはじめ、、Windows環境との相互運用性強化、スケーラブルなファイルシステムなど多くの新機能や変更点が盛り込まれている。本資料は、そ...(2014/11/20 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
「HP-UX」から「Red Hat Enterprise Linux」への移行計画ガイド
 利用中のITシステムについて、1社のベンダーに過度に依存する危険をおかしていないだろうか? 経済情勢が不安定さを増し、合併や買収でベンダー集約が広がる中、ユーザー企業からはベンダーによる束縛を懸念する声がかつてなく多く聞かれるようになった。1社のベンダー...(2014/1/15 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
セキュリティコンプライアンス対策のために必要なLinuxの管理と運用を効率よく実現する手法とは
 クラウド環境、例えばAWSにオンプレミスのLinuxシステムを移行したり、新規にLinuxサーバを構築する場合、どの商用ディストリビューションを選ぶかはセキュリティリスクを軽減させる意味でも重要なポイントだ。そうした中で、最近利用されることが多くなっているのが「R...(2016/4/18 提供:サイオステクノロジー株式会社)

Webキャスト
ひと目で分かる「Red Hat Enterprise Linux 7」新機能、ポイントはここだ!
 2002年に登場した「Red Hat Enterprise Linux 2.1」でLinuxとオープンソースをエンタープライズ向けに提供を開始したRed Hat Linux。翌年の「Linux 3」ではマルチアーキテクチャをサポート、2005年の「Linux 4」ではRASの機能追加、軍用レベルのセキュリティを実現して...(2014/8/26 提供:レッドハット株式会社)

Webキャスト
エンタープライズOSとして進化を遂げた「Red Hat Enterprise Linux 7」
 仮想化、クラウドへの移行が進み、ビジネスにスピードと変化が求められる中、IT基盤に要求されるのは「俊敏性」だ。高速処理が求められる金融サービスや通信サービス、瞬時の拡張性が求められるクラウドの基盤として、支持される「Red Hat Enterprise Linux」の最新版「...(2014/8/26 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
Red Hat Enterprise Linuxで始める仮想化
Red Hat Enterprise Linux 5ホスト上に仮想マシンをインストールするためのクイックスタートを提供するためのガイド。一般的に使用されるツールやトラブルシューティングについても説明することで、いわゆるゼロの状態でRHEL5の仮想化が学べる。スクリーンショット満載で...(2007/8/17 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
オープンソースOSで実現する仮想化環境
2007年初頭にリリースされたRed Hat Enterprise Linux 5は、「Xen」をベースとした仮想化機能を新たに搭載した。このホワイトペーパーでは、オープンソースで実現する仮想化システムについて解説する。 Red Hat Enterprise Linux 5では、セキュリティやパフォーマンスに...(2007/5/25 提供:デル株式会社)

技術文書
徹底比較:OvS vs. MidoNet 仮想ネットワーク構築/管理の耐障害性・拡張性の性能検証
 クラウド構築を実行するオープンソースソフトウェア群である「OpenStack」は、仮想ネットワーク構築において主にNeutronというモジュールを利用する。Neutronはプラグイン機能を用いて、SDNコントローラーなど外部ネットワーク製品と連携することができるため、多くのユ...(2015/7/17 提供:デル株式会社)

製品資料
“商用版”OpenStackを利用するメリット、企業導入ではそうすべき理由
 「OpenStack」はオープンソースプロジェクトのコミュニティーで自由にコードをダウンロードし、無料で利用が可能だ。しかしコミュニティー版のOpenStackを自社でインストールして保守を継続していくには、数々の技術に精通したエンジニアを確保する必要がある。つまり...(2015/11/30 提供:レッドハット株式会社)

Webキャスト
図解で分かる:RHEL 7の動的ファイアウォール「Firewalld」
 仮想化やクラウドの普及により、アプリケーションからファイアウォールの設定を変更する必要性が出てきた。だが、それぞれのアプリが勝手にルール追加や削除を行うと、設定に矛盾が生じ想定外のトラブルが起きる可能性がある。 本コンテンツでは、「Red Hat Enterprise...(2014/8/26 提供:レッドハット株式会社)

Webキャスト
図解で分かる:RHEL 7で起動時間を短縮する「Systemd」
「Red Hat Enterprise Linux 7」は、エンタープライズOSを再定義するというコピー通り、大きな進化を果たしている。 本コンテンツでは、その新たな機能の1つである「Systemd」について解説する。これまで起動プロセスをつかさどってきた System V initに代わり起動処理を...(2014/8/26 提供:レッドハット株式会社)

Webキャスト
「Red Hat Enterprise Linux 7」の目玉機能、コンテナ管理ツール「Docker」とは?
 「Red Hat Enterprise Linux 7」の新機能の中でも話題になっているのが、コンテナ管理ツール「Docker」の搭載だ。Dockerは、Linuxコンテナ(LXC)を活用するためのツールで、コンテナ内部で動かすアプリケーション環境の管理を容易にする。 本コンテンツは、Linuxコン...(2014/8/26 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
ローリスク・ハイコストダウン可能なLinux移行の基礎知識
 ITテクノロジーの進化に伴い、多くの企業でOSやミドルウェア、データベース、そして基幹業務でもオープンソースを採用するケースが増えてきた。オープンソースは自由で柔軟なソフトウェア開発が可能、ITコストの削減など魅力は多いが、トラブル発生時の迅速な対応に不安...(2014/3/25 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
IoT を支えるエッジコンピューティングとNFVインフラストラクチャとは
 Internet of Thingsは確実にやってきます。そしてそれをビジネスに活用することで優位性を保つことが必要になるでしょう。これまで考えもしなかったようなパートナーとのコラボレーションとセキュアなデータやインフラストラクチャーの活用がIoTの実現には必要となるの...(2016/5/30 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
4つのケーススタディで解説する、Linux活用課題の解決方法
 基幹業務はもちろん、メールなどの汎用情報やデータ収集解析などの分野でもLinux活用が増加している。しかし、Linux OSの中でも大きなシェアを誇る「Red Hat Enterprise Linux」は約6カ月ごとに最新マイナーリリースが提供されるが、修正パッチリリースは最新版のみのた...(2014/5/1 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
仮想化ロックインからの逃げ道、Red Hat KVM移行の鍵とは?
 2007年ごろから日本では企業のサーバ仮想化統合が一般的となった。今まさにリプレイスの時期で、今年は仮想化環境の見直しや大規模な仮想化製品間の移行プロジェクトなども発生している。 しかし、移行を阻むものもある。それは仮想化製品によるロックインだ。サーバの...(2012/2/27 提供:デル株式会社)

製品資料
エンタープライズをターゲットにしたOpenStackプラットフォーム
 オープンソースプロジェクトのOpenStackに今求められているのは、テスト済みのコード、ドキュメンテーション、インストーラー/ツール、アップデート、サポートを組み込んだエンタープライズ向けの商用OpenStackディストリビューションだ。 レッドハットが、Linuxで培...(2014/6/30 提供:レッドハット株式会社)

レポート
IDCがRed Hat Enterprise Linuxの投資対効果を徹底調査 Linuxコスト削減効果リポート
 急速に拡大するIT環境をサポートする重要な基盤として、Linuxの活用が注目されている。Linuxは低コストな運用環境として評価されており、アプリケーションやデータベースの配備に利用されている。多くの組織でWebサーバ配備の中核として利用されており、基本的なファイ...(2013/12/11 提供:レッドハット株式会社)

Webキャスト
コンテナ管理ツール「Docker」、ここが知りたい
 「Red Hat Enterprise Linux 7」に搭載されたコンテナ管理ツール「Docker」だが、どんな機能があって、何がすごいのか。また、そもそもコンテナ型の仮想化は、従来の仮想化と何が違うのか。 本コンテンツは、「Docker」は、何ができるのか、どんな特長があるのかをQ&A...(2014/8/26 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
ハイパーバイザーの製品比較:仮想化プラットフォームにおいて最高のワークロード統合率を実現するには
 今回のテストも、仮想マシンの統合率を中心に検証を行った。ハイパーバイザーのそれぞれのインスタンスには単一のアプリケーションが配置され、それぞれが同時稼動の状態で定常的な負荷を掛ける。これらの インスタンス上のアプリケーションの処理能力が劣化しない限界...(2011/2/1 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
PostgreSQLの可用性を高めるHAクラスタ構築を基礎から解説
 ミッションクリティカルなシステムでのサービス停止は、企業にとって大きな損失となるため、障害が発生しても停止時間を最小限に抑えられる高可用性システムの構築が必須となる。 システムの高可用性を実現するアプローチは複数あるが、中でも「共有ディスク型HAシステ...(2008/5/30 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
Red Hat NetworkによるLinuxシステムの構築と管理の実際
Red Hat Enterprise Linuxの管理ツールであるRed Hat Networkを実際に生かしてシステムを構築し、管理するためのノウハウが記載されております。このテクニカルホワイトペーパーでは、Red Hat Networkを利用してオープンソース環境の構築と管理を行う企業様へhのベスト・...(2006/8/31 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
Red Hat Network Satelliteにおける冗長性の実装
Red Hat Enterprise Linuxの利用・管理に重要な機能を担うRed Hat Network、その機能の1つ、satelliteについての文書。このホワイトペーパーでは、Oracleデータベースに接続された、同一の内容を持つRed Hat Network Satelliteを2台作成する方法について紹介する。この2台...(2006/2/10 提供:レッドハット株式会社)

Loading