TechTargetジャパン

製品資料
「Azure」移行の最適プランを提供、アセスメントサービスで解決できる課題とは
 オンプレミスからクラウドへの移行では、移行対象の棚卸や、マイグレーションの制限などが問題になることが少なくない。あるいは、クラウド化の手順や選定基準が分からなかったり、冗長化の知識が乏しかったりすることから、移行に踏み切れずにいる企業も多い。 このよ...(2017/4/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
5年間で368%のROI、グローバルIT企業がADC刷新で成功した秘訣
 グローバル企業などではアプリケーション配信をサポートするITインフラの要として、ADC(アプリケーションデリバリーコントローラー)が重要な役割を果たしている。しかし、各拠点では、ビジネスの成長に応じて利用するアプリケーションやその負荷も常に変化している。(2016/10/31 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

製品資料
スケーラブルで省電力なVDI、「3つの視点」でROI・生産性・モビリティを最大化
 VDI(仮想デスクトップインフラ)環境の導入では、ROIの向上、生産性とモビリティの最大化が常に重要な検討事項となる。その具体的な目安となるのが、例えば、ユーザーの予算当たりのIOPSや、ユーザーエクスペリエンスだ。 サーバ1台当たりのVDIデスクトップ数はI/Oパ...(2016/8/17 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
仮想環境をツールで補完、運用管理の強化で得られる「5つのメリット」
 サーバ仮想化技術により、サーバの統合、物理資産の利用率向上、設備投資コストや運用コストの削減などの効果が得られる。しかし、それだけでは完成された仮想環境を手に入れたことにはならない。仮想環境のパフォーマンスは、さまざまな条件の変化により常に変動するか...(2016/8/8 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
デスクトップ仮想化のメリットを最大化する「6つの選定ポイント」
 企業が成長戦略の一環として、ワークスタイルの多様化を進めるようになり、いつでも、どこからでも、どんなデバイスからでもアクセスできる業務環境が求められるようになった。この環境を実現する手段として広く利用されているのがデスクトップ仮想化だ。 デスクトップ...(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
フラッシュストレージへの誤解を解消、低TCO・高ROI実現のポイント
 近年、パフォーマンスやデータ密度の進化が著しいフラッシュストレージを企業向けに導入する動きが進んでいる。DB、仮想サーバ、VDIなどのパフォーマンス向上は、多くの企業が課題としており、今後もフラッシュ製品への移行は進むと考えられる。 その一方で、「容量当...(2016/7/7 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
IDC調査で見るフラッシュアレイの投資効果――選定基準のどこを見直すべきか?
 IT調査会社のIDCによると、オールフラッシュアレイ市場は2013年から2018年にかけて、年間平均46.1%のペースで成長し、2018年末には市場規模が33億ドルに達すると予想されるという。同期間のハイブリッドフラッシュアレイ市場の予想成長率も年間平均8.1%と高水準だ。 ...(2016/6/27 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
基幹システムの投資利益率を最大化する「サーバリソースの黄金比」とは?
 企業活動の基盤となる基幹システムの停止は、ビジネスにおける大きな損失を意味する。そのため、業務で想定される最大の負荷に備えてリソースサイズを決定するのが一般的だが、ROI(投資利益率)の観点から見たとき、この考え方には大きな弱点がある。 それは、リソー...(2016/6/3 提供:シスコシステムズ合同会社)

Webキャスト
4分で分かるマーケティングオートメーションの鉄則
 B2B商材や購入に慎重な検討が必要なB2C商材などでは、見込み客との中長期的な関係構築が求められる。そのためには、見込み客のプロファイルや、Web上での行動などを把握し、電子メールなどを通じて適切なタイミングで最適な情報を送り、コミュニケーションを図る必要が...(2016/6/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
クラウドに移行して良かった企業/後悔した企業
 クラウドサービスを利用して、社内のサーバや配線をお払い箱にするというアイデアは、企業のIT部門にとってますます魅力的な選択肢となっている。アプリケーションのクラウド移行は、今後のあるべき姿なのである。 ただし、セキュリティや全体的なコストについては、い...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

事例
ROIは約15倍、100円の投資で1470円を稼ぐEC企業は何をしているのか?
 インターネットがもたらした消費者のライフスタイルの多様化が、あらゆる業種でEC(電子商取引)の普及を後押ししている。このビジネスチャンスを生かすことで、あるEC企業では「100円の投資で1470円を稼ぐ」という投資効率を実現している。投資対効果(ROI)にして約15...(2016/3/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
最大90%もコストを節約? SharePoint 2013への移行を機に考えたいROIの最大化
 グループワークのコラボレーション用プラットフォームであるSharePointは、ビジネスプロセスの自動化やワークフロー機能など、戦略的な基幹業務ソリューションとしても利用可能なほど、機能的な発展を遂げている。多くの企業で幅広く導入されているビジネスアプリケーシ...(2015/12/3 提供:デル株式会社)

製品資料
Exchange 2013への移行メリットを最大化する「タイミング」と「移行方法」とは?
 Exchange Server 2013は、単なるメールアプリケーションのアップデートにとどまらず、コミュニケーションおよびコラボレーション基盤として、組織の生産性とIT効率の向上に役立つ可能性を持つ。 移行を検討する企業にとって頭の痛い問題は、費用対効果の分析や、現在と...(2015/12/3 提供:デル株式会社)

技術文書
なぜモノづくりシステムのROIはよくないのか?5つの理由
 PLMは、億単位のプロジェクトが組まれることもよくあるERPやSCMシステムに匹敵する基幹システムだ。そのようなシステムがなぜうまく活用されていないのだろうか? PLMシステムの活用度合いを「本来あるべき姿」まで持っていくことで、日本の製造業はもっと効率化が進む...(2015/10/26 提供:アイティメディア株式会社)

事例
利用開始5年間のROI 365%、実現したクラウドベースの「ITSM」ソリューションとは?
 本ホワイトペーパーは、世界15カ国にデータセンターを展開しているEquinixのケースを取り上げ、ServiceNowのクラウドベースのITサービス自動化ソリューションを導入した成果を示している。 同社は導入後6カ月足らずでインシデントや問題を管理するグローバルプラットフ...(2015/9/15 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

レポート
Forresterが徹底評価:最近話題の「統合インフラ製品」のROIはどの程度か?
 今回、検証の対象となったユーザー企業は、ホテル、レストラン、小売店などを展開するエンターテイメント企業である。TEI(Total Economic Impact)というIT導入に必要な費用と経費削減額、および業務効率化の影響度(便益)を評価する指標を用いて、各事業がスタンドア...(2015/8/27 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
DRAMより10分の1安く、ディスクより10倍速い、オールフラッシュストレージの実力
 ソリッドステートストレージの容量当たりの価格が下がるにつれて、企業のIT部門にメリットをもたらす。しかし、フラッシュストレージの真の価値は、Tバイト当たりのコスト計算だけで決まるものではない。 フラッシュストレージへの統合はあらゆるエンタープライズアプ...(2015/8/4 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
400GバイトSSD48台構成で25万6000IOPS達成、オールフラッシュストレージの実力検証
 ESGの調査によると、IT担当者がインフラ対応で苦労する上位項目に「データの急増」と「データベースサイズの管理」が挙げられている。IT業務のROI改善の方法としてデータベースの統合が進められているが、そこで重要なのがパフォーマンスの向上だ。オールフラッシュスト...(2015/8/4 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
初期費用が高くてデスクトップ仮想化を諦めた企業へ ROIを高める5つの対策
 デスクトップ仮想化インフラ(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)は、さまざまな点で企業にうってつけのソリューションだ。IT部門は企業のデスクトップ環境を管理する上で、技術的な課題だけでなく運用管理やビジネス支援の面でも苦労しているだろう。VDIはそれらの...(2015/7/27 提供:株式会社日立製作所)

レポート
仮想環境の投資利益率(ROI)を高める
 仮想化は企業にさまざまな恩恵をもたらしますが、最適化なしにシステム管理コストの増大は免れません。仮想環境の投資利益率(ROI)を高めるため、どうすれば管理コストを低く抑えながらパフォーマンスを確保し、データの安全を保ちつつも迅速に障害時復旧をし、デリバ...(2015/4/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
投資回収17カ月、統合インフラ導入が大規模ホテルにもたらす経済効果を検証
 サイロ化したシステム群を効率的に統合するには、まず統合を実現するプラットフォームを構築しなくてはならない。だが、異なるベンダーのサーバ、ストレージ、ネットワーク各製品を組み合わせてプラットフォームを構築するとハードウェアの相性、製品構成と既存アプリケ...(2015/4/21 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
デスクトップ仮想化のコストを抑える6つの手法 〜ハードからソフトまで
 ITプロジェクトでは誰もが確実なROI(投資対効果)を求める。しかし、仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)は必ずしも先行的なコスト削減を実現するものではない。それでも、VDIには導入規模や管理方式によって、ROIを高めるさまざまな方法がある。 VDIのコス...(2015/4/7 提供:デル株式会社)

レポート
なぜネットワークインフラのコストは削減できない? ROI最大化のための4つのヒント
 今日の経済状況において、企業は支出管理を大きく優先し、運営予算を維持または削減するよう各部門に継続的に圧力をかけている。IT予算のほぼ40%がインフラに投入され、各企業はよりコスト効果の高いソリューションを探している。 しかし、そうした「不要なITコストを...(2015/4/3 提供:カーバチュア ジャパン合同会社)

レポート
次世代ファイアウォール導入の経済効果は年間150万ドル――導入企業調査
 新しいアプリケーションやサービスの導入により、従来のセキュリティ製品の多くは、高い攻撃のリスクにさらされている。この問題に対処するため、ネットワークセキュリティ製品には、「柔軟性」「物理環境と仮想環境の両方を保護」「高いセキュリティ効率」が必要だ。 ...(2015/3/10 提供:マカフィー株式会社)

技術文書
小売業の5大マーケティング課題とは? データを生かすデジタルマーケティングの実践方法
 デジタルチャネルの急増、モバイルデバイスおよびソーシャルメディアの急普及により、顧客と小売業者とのやりとりは一変した。小売業者は個々の消費者の関心と好みに合わせたマーケティング活動や販促活動を実施しなければならない。 一方で今日のマーケティング部門は...(2015/1/27 提供:アドビ システムズ 株式会社)

技術文書
テスト環境の仮想化──本番環境で発生する問題を最大60%削減する方法論
 現在、アプリケーションは分散したコンポーネントを統合しており、仮想化インフラやクラウドサーバインフラで運用することも多くなっている。そして、モバイルアプリケーションやパブリッククラウドホスティングの増加と普及に伴って、ネットワークとサードパーティーの...(2015/1/13 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
エンタープライズのクラウド活用でプロバイダー選びに失敗しない「5つのステップ」
 エンタープライズにおけるクラウドテクノロジーの成熟とともに、サービスプロバイダーからクラウドサービスを調達するアプローチは一般的になってきた。多くのIT担当者は、クラウドサービスに「TCO削減」「ソフトウェアやビッグデータなどの機能活用」「人材やリソース...(2014/12/5 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
基礎から計測方法まで、リードナーチャリングを知りたい時の完全ガイド
 B2Bマーケティングにおいて、リードナーチャリングが注目を集めている。検索すれば、多くの情報を得ることができるだろう。だが、膨大な量の情報からどの戦略が自社のビジネスに適しているのかを見極めることは困難だ。 本ガイドは、リードナーチャリングについて、基...(2014/11/21 提供:株式会社マルケト)

レポート
データ保護でコスト削減を行う10の方法
 昨今の急速なデータの増大と、データ増に対応できない旧来の非効率的なデータ保護システムにより、多くの組織がコスト増に悩まされている。データ保護システムに新たなテクノロジーを導入することで、IT部門スタッフの運用負荷を軽減し、コスト節減、ひいては別のアイデ...(2014/11/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
失敗しないB2Bソーシャルマーケティングの鉄則
 ソーシャルマーケティングは、既にわれわれの生活に欠かせないものとなり、今も進化し続けている。単にソーシャルメディアを活用するだけでなく、ソーシャルマーケティングを行う必要がある。B2Bマーケッターの93%がソーシャルマーケティングを利用しているという調査...(2014/11/11 提供:株式会社マルケト)

Loading