TechTargetジャパン

技術文書
OpenSSLの脆弱性問題で注目度急上昇「Forward Secrecy」って何だ?
 OpenSSLの脆弱性問題には、該当ソフトのアップデートという対処でいったん安全を保てるものの、サーバ管理者としては今後に備えて根本的な対策を施す必要がある。特に今回の問題を通じて、もしサーバのトラフィックを記録し続けている盗聴者がいて将来的に暗号化の秘密...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
OpenSSLの脆弱性問題で注目度急上昇、「Forward Secrecy」って何だ?
 OpenSSLの脆弱性問題には、該当ソフトのアップデートという対処でいったん安全を保てるものの、サーバ管理者としては今後に備えて根本的な対策を施す必要がある。特に今回の問題を通じて、もしサーバのトラフィックを記録し続けている盗聴者がいて将来的に暗号化の秘密...(2016/3/22 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
SAP導入成功のコツは「ネットワーク最適化」にあり
 企業が拠点を各地に分散する現在のビジネス環境では、サーバとデータセンターの一元的な統合化が進んでいる。そのため、SAPアプリケーションは統合された本社(またはデータセンター)に設置されているサーバ群に対し、WAN経由で支店や遠隔拠点から通信するようになる。(2007/12/5 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

技術文書
SAP Sybase IQハードウェアサイジングガイド──ビッグデータ時代の段階的なDWH拡張
 ビッグデータ活用の潮流により、DWHの導入を検討する企業が増えている。選択肢の1つとしてDWHアプライアンス製品があるが、高額であったり、システム設計・構築の自由度が低いといった課題があるだろう。 一方、「SAP Sybase IQ」は、ソフトウェアだからこそ実現できる...(2013/5/15 提供:SAPジャパン株式会社)

製品資料
セキュリティ戦略の重要な尺度「Top 20 クリティカルセキュリティコントロール」とは
 「Top 20 クリティカルセキュリティコントロール(Top 20 CSC)」は、実績により優先順位付けされたセキュリティにおける“20の「効果的な」コントロールリスト”だ。2008年に米国国家安全保障局(NSA)によって作成され、それ以降、米国の政府機関や英国のCenter for t...(2015/11/6 提供:Splunk Services Japan)

レポート
サイバーセキュリティリスクリポート──脆弱性のトレンドと新たな攻撃手法
 過去何年にもわたって強大化してきたセキュリティ脅威への新たな認識が生まれ、セキュリティリスクへの取り組みなしでは乗り切ることのできない新しい時代が到来した。さらに、ソニー、RSA、米国郵政公社などといった大企業に対する攻撃が大きく報道され、システムの脆...(2013/2/5 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
【カタログ】Juniper Networks Secure Accessシリーズ
【製品概要】安全なリモートアクセス環境を提供するSSL VPNアプライアンス。さまざまな接続方式に対応し、ユーザや環境に応じたアクセスコントロールが可能。高度なセキュリティチェックや強固なユーザ認証により、不正端末やセキュリティレベルの低い端末からのアクセス...(2009/3/31 提供:マクニカネットワークス株式会社)

レポート
Notes情報資産を再活用する「エンタープライズ2.0」ソリューションとは?
 古くからLotus Notesを利用している企業では、過去からの重要な情報が蓄積されている一方、情報の氾濫や情報管理工数の肥大化など、長く使い続けているがための課題も見受けられる。 リアルコムのLotus Notesソリューションは、リアルコムの得意領域である企業内情報共...(2007/11/1 提供:リアルコム株式会社)

Loading