TechTargetジャパン

製品資料
多層防御の第一段階、マルウェア侵入経路の約9割を占める“メール”を無害化
 これまで発生した数々の情報漏えい事件では、セキュリティ対策を怠っていたわけではない企業も被害を受けている。その原因の1つとして考えられるのが、防御を突破されてからの対策が十分にできていなかったことだ。 標的型攻撃などで使われる偽装メールはさらに巧妙に...(2016/9/1 提供:ダウジャパン株式会社)

レポート
セキュリティ対策に終わりなし、標的型攻撃の検知に必要な4つの機能とは?
 企業のウイルス対策ではさまざまな対策が採られてきたが、決定打はまだない。最新のマルウェアではネットワークの防御をすり抜けるため、暗号化された通信チャネル、カーネルレベルのルートキット、巧妙な回路回避など、攻撃者は高度な技術を使用している。また、ゼロデ...(2015/7/21 提供:ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社)

レポート
巧妙化するマルウェアとの闘いを終わらせるために
 セキュリティの脅威は常に進化を続けている。巧妙化するマルウェアとその防御策は“いたちごっこ”で、新たな検出技術が開発されれば、攻撃側はそれを迂回する方法を考え出す。もはや従来のシグネチャベースのセキュリティ対策だけでは防ぎ切れない。 本資料は、まず標...(2014/10/29 提供:ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社)

製品資料
「あれもこれも必要」なWebセキュリティ、脱アプライアンス化でコスト高を解消
 サイバー攻撃の手法は次々と生み出されているが、現時点においてもハッカーによる攻撃の圧倒的多数はWebを通じて行われている。その中でも防御が難しいといわれているのが、企業や公的機関のWebサイトを改ざんしてマルウェアを仕込む「水飲み場攻撃」だ。 これにより正...(2016/8/31 提供:ノックス株式会社)

製品資料
終わりのないセキュリティ対策をアウトソースすべき「5つの理由」
 1分間に発生するマルウェアが307件を超えるといわれる中、6割以上の組織ではそうしたサイバー攻撃の発見までに数週間かかっているという調査結果もある。セキュリティ対策の重要性が増す一方で、自社でセキュリティ機器を購入・運用した場合には、機器の初期設定や障害...(2016/3/11 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

講演資料
標的型攻撃対策、カギは「可視化」にあり
 巧妙化する標的型サイバー攻撃の中でも、特定の組織に対して時間や手段、手法を問わず、目的達成のために標的に特化して行われる「持続的標的型サイバー攻撃」が非常に深刻な問題となっている。攻撃の手口も目まぐるしく変わり、複雑化する一方だ。 この資料では、この...(2013/12/18 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
標的型攻撃に使われる「モダンマルウェア」の実態
 継続的に攻撃の指令を受けつつ、さらなる攻撃のための内部侵入経路を次々と提供していくマルウェアは「モダンマルウェア」と呼ばれ、それを活用した標的型攻撃への対策の重要性が叫ばれている。進化する脅威に対して、企業はどのようなセキュリティ対策を実施すればよい...(2012/12/19 提供:ユニアデックス株式会社)

レポート
第三者機関が徹底比較 最新の不正プログラムに本当に強いソフトはどれだ
 インターネットを経由して、ソフトウェア更新、スクリーンセーバー、ビデオコーデックなどを装いダウンロードされる多くの不正プログラム。新たに発生する数は月に数万にも及ぶといわれる。ダウンロードされた不正プログラムはユーザーの個人情報を漏えいの危険にさらす...(2009/12/9 提供:トレンドマイクロ株式会社)

Loading