TechTargetジャパン

技術文書
複雑化した企業システムをシンプル化――インメモリコンピューティングSAP HANAの技術解説
 SAP HANAは、インメモリ技術を生かした超高速なデータベースだが、その本質は既存のデータベースという概念に収まるものではない。アプリケーションサーバを内包し、リアルタイムBIとしての特性を持つSAP HANAは、今やリアルタイムデータプラットフォームとしてあらゆる...(2014/10/3 提供:SAPジャパン株式会社)

技術文書
複雑化した企業システムをシンプル化――インメモリーコンピューティングSAP HANAの技術解説
 SAP HANAは、インメモリー技術を生かした超高速なデータベースだが、その本質は既存のデータベースという概念に収まるものではない。アプリケーションサーバを内包し、リアルタイムBIとしての特性を持つSAP HANAは、今やリアルタイムデータプラットフォームとしてあらゆ...(2014/7/18 提供:SAPジャパン株式会社)

技術文書
「SAP HANA」のセキュリティ対策に欠かせない“OSセキュリティ強化の極意”とは
 OSハッキングにより必要な権限を盗み取ることができれば、ハッカーは自由にデータベースアプリケーションにアクセスすることができる。これがデータベースを攻撃する際、ハッカーがOSをターゲットにする理由である。「SAP HANA」などのソリューションによってデータ分析...(2015/2/13 提供:ノベル株式会社)

レポート
SAP HANA、SAP S/4HANAのためのハードウェアの新たな選択肢
 「SAP HANA」や「SAP S/4HANA」でのビジネスアナリティクスの推進における懸念点は、アナリティクスとトランザクションを同一システム上で実行する際に不可欠なパフォーマンス、耐障害性、柔軟性、管理容易性だ。現時点でSAP HANAおよびSAP S/4HANAで利用可能なハードウ...(2017/9/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
従来型DBとのコスト比較リポート:SAP HANA移行でTCOはどれだけ削減できる?
 「SAP HANA」はリアルタイム分析、予見分析、テキスト分析などの機能を備え、超大量のトランザクション処理が可能な分散型インメモリデータプラットフォームである。では、SAP HANAプラットフォームの導入により実際に財務面でどのような効果を期待できるだろうか。この...(2014/10/7 提供:SAPジャパン株式会社)

技術文書
【技術解説】速いだけじゃない!インメモリーコンピューティングSAP HANAがビジネスを変えられる理由
 インメモリーデータベースとして知られるSAP HANAは、ただ高速な“だけ”のデータベースではありません。インメモリー技術は、あくまでも目的を実現するために実装されたものの1つなのです。SAP HANAというプロダクトの根底には、ERPシステムの限界を超えてリアルタイム...(2013/5/15 提供:SAPジャパン株式会社)

技術文書
Linux環境における「SAP HANA」のHA構成、セットアップガイド
 メモリ大容量化、マルチコア化、分散並列処理技術、高度圧縮技術、カラム型技術などハードウェア/ソフトウェア双方の進化に伴ってSAP HANAは実用化され、多くの企業が導入するようになった。もともとはビッグデータなど大規模データの演算処理時間を大幅に短縮するソリ...(2015/2/13 提供:ノベル株式会社)

製品資料
SAP HANAベースのクラウドで得られる5つのバリュー
 ハードウェアの維持管理から解放され、大幅なTCOの削減を可能にするシステムインフラのクラウド化は企業にとっていますぐ取り組むべき課題の1つだ。ミッションクリティカルな基幹業務アプリケーションのクラウド移行は、コスト削減と業務の効率化に適した選択だろう。 ...(2014/10/3 提供:SAPジャパン株式会社)

技術文書
「SAP HANA」のスケールアウト、管理のためのセットアップガイド
 「SAP HANA」を導入してデータ分析を高速化した企業は、各部門で個別導入していたBIツールではなく、プラットフォーム化されたSAP HANAで全てのデータ分析を実現しようとする。データ分析に専任の担当者がいる場合は別にして、多くの企業においてデータ分析を行うのは現...(2015/2/13 提供:ノベル株式会社)

製品資料
高速データ基盤がさらに進化、「SAP HANA 2」はなぜここまで速くなったのか?
 競合他社よりも早く適切な情報や製品、サービスを提供することは多くの企業が挑戦し続ける課題といえる。今、その実現の鍵はデータにある。テクノロジーによりデータを迅速に引き出せれば、保守管理に費やす時間を減らし、より多くのリソースを変革や成長戦略に投資でき...(2017/6/6 提供:インテル株式会社)

製品資料
SAP HANA環境を1週間で立ち上げ、NTT DATAが検証したデータ分析基盤
 蓄積したデータを新たなビジネスチャンスに変える手法が定着し、ビッグデータ分析を要としたIT戦略を展開する企業が成功を収めつつある。この流れを受けてDWH(データウェアハウス)はさらなる発展を遂げたが、それに伴いソフトウェアとハードウェアの要求水準はさらに...(2016/4/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
SAP HANAが実証した5つの成果――会計業務編。圧倒的スピードは間接部門の業務に変革をもたらすのか?
 インメモリーデータベース「SAP HANA」が日本市場に登場して以降、処理レスポンスの大幅な改善、夜間バッチ処理が短縮するといったインメモリーテクノロジーの優位性を強調してきた。こうしたIT上の制約がなくなることでどのようなビジネス面でのメリットが期待できるの...(2014/10/3 提供:SAPジャパン株式会社)

製品資料
「SAP HANA」基礎解説:データ分析の待ち時間を劇的に短縮する技術とは?
 ビジネスのIT化が進んだことで企業のデータ基盤は複雑化しており、処理の遅延が迅速な経営判断の足かせとなっている。そこで開発された「インメモリ技術」は分析などの処理をメモリ上で実行することで、I/Oのボトルネックを解消して、データベースのパフォーマンス向上...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

製品資料
クラウド環境でもSAP HANAやOracle Databaseの性能を引き出す方法
 ICTの予算を戦略的な投資に集中するため、「基幹業務システムの運用や定期的なリプレースに費やすコストを効率化したい」という思いはどの企業にも共通するものだろう。そのため利用が拡大してきたクラウドだが、「SAP HANA」や「Oracle Database」のようにクラウドでは...(2017/4/18 提供:富士通株式会社)

事例
旭化成がSAP HANA基盤を刷新、処理量増大にも柔軟に対応できるわけ
 早くからデータ活用に取り組んできた旭化成は、2011年に「SAP HANA」を導入し、リアルタイムのERPデータを分析レポートに利用していた。しかし、処理スピードの圧倒的な速さから、想定以上にレポートが作られるようになり、データ量が急増。システムパフォーマンスの維...(2017/8/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
需要予測/顧客分析/テキスト分析も、小規模ISVが速やかにアプリを開発できるワケ
 独立系ソフトウェアベンダー(ISV)にとって、自社製品やサービスを速やかに立ち上げることは事業課題である。SAP提供のOEMプログラムを利用し、「SAP HANA」プラットフォームを使い開発スピードを早め、ビジネス拡大を図るISVが既に何社も出てきている。 福祉・医療関...(2015/8/26 提供:SAPジャパン株式会社)

製品資料
SAP S/4HANA環境をクラウドで構築、選べる運用形態は?
 近年、基幹システムや情報系システムをクラウドに移行する企業が増えているが、これらの企業が最も重視するのがベンダーの信頼性だ。そして、このような信頼できるサービスにデータセンターや仮想化基盤、ERPなどを集約させる流れも生まれつつある。 これらのサービス...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

製品資料
SAPに最適なクラウドの活用法は? ニーズに合わせて見極めたい3つの選択肢
 企業におけるクラウドの適用範囲は、かつてオンプレミスが当然とされていたようなERPにまで広がっている。代表的な製品であるSAP ERPもクラウドで利用されるようになってきているが、ERPをクラウドに移行する際の課題や、クラウド固有の制約に悩むユーザーも多いだろう...(2017/7/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
ビッグデータ時代の真のリアルタイムシステムとは?
 今日のビジネス環境では、収益性の向上や売り上げシェア拡大など、多様化するニーズに対応するための高度な分析力が求められている。しかし、現状の企業における分析環境では、システム部門による長時間のバッチ処理に加え、データ加工・集計作業や利用者による複雑な分...(2013/5/15 提供:SAPジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月16日号:LinuxでもPowerShell
 Computer Weekly日本語版 8月16日号は、以下の記事で構成されています。■「クラウド界の落ちこぼれ」だったMicrosoftがクラウド界のリーダーになる?■サーバレスコンピューティングを使ってはいけない4つのパターン■NTTドコモも導入──アジア太平洋地域で伸びるSAP...(2017/8/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月16日号:LinuxでもPowerShell(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 8月16日号は、以下の記事で構成されています。■「クラウド界の落ちこぼれ」だったMicrosoftがクラウド界のリーダーになる?■サーバレスコンピューティングを使ってはいけない4つのパターン■NTTドコモも導入──アジア太平洋地域で伸びるSAP...(2017/8/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月16日号:LinuxでもPowerShell(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 8月16日号は、以下の記事で構成されています。■「クラウド界の落ちこぼれ」だったMicrosoftがクラウド界のリーダーになる?■サーバレスコンピューティングを使ってはいけない4つのパターン■NTTドコモも導入──アジア太平洋地域で伸びるSAP...(2017/8/16 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
オンプレミスのITインフラに、クラウドの拡張性やコストメリットをもたらす方法
 クラウドは、高額な初期投資が要らず、拡張性に優れ、運用負担を軽減できるなど、オンプレミスにない魅力がある。こうした長所をオンプレミス環境にも取り込みたいと考えるのは当然のことだ。そうしたニーズに応え、ストレージやハイパーコンバージドインフラをクラウド...(2017/8/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Webキャスト
クラウドのように柔軟なリソース拡張、オンプレミスの新たなIT消費モデルとは?
 近年、企業のIT運用は、ワークロードの一部をクラウドで実行し、必要なものをオンプレミスに残すハイブリッド型へと移行しつつある。しかし、それだけではITインフラにおける運用コストを十分に最適化したことにはならない。 オンプレミスの部分では依然として、ストレ...(2017/4/14 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
需要予測や顧客分析、介護支援も──小規模ISVが高度分析ソフトを次々開発できる秘密
 独立系ソフトウェアベンダー(ISV)にとって、投資コストを抑えて自社製品やサービスを速やかに立ち上げ、付加価値を高めることは喫緊の課題である。今回、SAPが小規模ISV向けに始めた新OEMプログラムでは、「売り上げコミットメント不要」「SAPへのロイヤルティー支払...(2015/6/26 提供:SAPジャパン株式会社)

技術文書
ビッグデータアプライアンス製品導入戦略ガイド
 新しい製品と位置付けられていたビッグデータアプライアンスが、データウェアハウスハードウェアやソフトウェア向けの主流製品へと成長している。アプライアンスは、サプライヤーがハードウェアに必要なOSとデータベースをプリインストールして、全てをデータウェアハウ...(2016/2/24 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
インメモリーコンピューティング「SAP HANA」は従来のデータ活用をどう変えるのか?
 従来のディスクベースのシステムでは処理能力の限界やシステム上の制約により、過去の全データを分析することが困難であるため、分析データ項目を絞り、限られた範囲に絞ったデータ活用しかできなかった。 その捨てざるを得なかった膨大な分析用データが、なぜインメモ...(2011/11/17 提供:SAPジャパン株式会社)

事例
顧客の位置情報をリアルタイム活用、ビッグデータ取得・処理基盤の作り方
 商業施設で開催されるキャンペーンやタイムサービスなどの情報、駅や空港など特定エリアの混雑状況など、顧客の状況に応じて最適な情報をタイムリーに提供することは、顧客にメリットがあるだけでなく、事業者にも顧客満足度の向上や売り上げ、リピート率の改善をもたら...(2015/2/3 提供:シスコシステムズ合同会社)

事例
リポート作成時間を99%削減 リアルタイムコスト管理を実現したデータ分析基盤
 印刷会社として事業を開始した日本写真印刷は、後に先進的工業部品、加飾フィルム、タッチパネルの生産へと事業を多様化してきた。同社は数年にわたってSAPソリューションを活用。SAPアプリケーションで提供される経営情報は、特に会計と経費の分野でとても有効だ。 し...(2013/9/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
他社アプライアンスとSQL Server SSD Applianceとを比較 データベースの「2つの役割」を両立するには
 ビッグデータというバズワードに導かれ、データ分析の重要性はより多くの企業で認識されるようになった。しかしデータベース管理者は、「高速なOLTP用データベース」と「高速な分析用データベース」という2つの役割への対応を迫られ、最適なチューニングが困難な状況に...(2013/9/2 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Loading