TechTargetジャパン

事例
ついに移行が始まる次世代基盤「ソフトウェア定義データセンター(SDDC)」とは?
 近年、さまざまな企業で、必要なときにアプリケーションがすぐに使えることを要求するユーザーが増加している。時間や場所を問わずアクセスできるIT環境と、オンデマンドで提供されるアプリケーションは、もはやユーザーにとって必須の業務基盤となりつつある。 しかし...(2016/8/16 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

製品資料
インフラ統合とクラウド活用に必要な「自動化と集中管理」の手法
 仮想化技術によって、企業が管理するデータセンターのリソースは大きく効率化が進んだ。また、これらのリソースをオンデマンドでユーザーへ提供し、新しい環境を構築する際のスピードを大幅に短縮するクラウド化についても、多くのユーザーが活用し、ビジネスとITの関係...(2016/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
650人への調査から見えた「ITaaS(サービスとしてのIT)」実現のための道しるべ
 今日の企業環境では、クラウド、ソーシャルメディア、コンシューマライゼーション(業務において消費者向け製品の使用が浸透している状況)、ビッグデータ分析といった新しい動きが複雑に絡み合っている。こうした流れにより、組織におけるITリソースの活用と消費の在り...(2013/11/15 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
失敗しないSDSの導入方法──SDSシステムを「オーダーメイド」で手に入れる
 「SDS(Software-Defined Storage)」は、これまで専用システムで実現していたストレージ機能をソフトウェア制御で実現する技術だ。汎用サーバとSDSを組み合わせることで、用途に適したストレージシステムを構成できる。結果、ハードウェア構成やファシリティ、容量拡張...(2015/10/30 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

レポート
ネットワーク改革の重要性を考える、ITの俊敏性を実現する「3つのステップ」とは?
 クラウド時代における情報システム部門の新たなプレッシャーとは、「ITの俊敏性に対する要求」ということになる。俊敏性はこれまでもユーザー部門から要求されてきたものであるが、システムがクラウドベースで稼働するようになると、これまでにない素早い対応を求められ...(2015/5/8 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

Loading