TechTargetジャパン

技術文書
MDM対セキュアブラウザ。BYOD情報漏えいに効果的なのはどっち?
 本当にMDMは情報漏えいを防ぐことができるのだろうか。 世の中にはたくさんのセキュリティ商品が存在する。どの商品も情報漏えいを防ぎますとうたっている。しかしその対策が必要充分なのかどうかは誰にもわからない。 つまり一番大切なことは、それらの商品が「どう...(2013/7/16 提供:株式会社コネクトワン)

製品資料
リモートアクセスのセキュリティ対策、鉄則は「データを端末に残さない」
 クラウドやマルチデバイスの普及は、在宅勤務やモバイルワークなど多様なワークスタイルの促進に貢献している。そのようなビジネス環境において、セキュリティの重要性は今まで以上に高まっているといえるだろう。その1つのアプローチとして「データを端末に残さない」...(2014/11/13 提供:株式会社ソリトンシステムズ)

製品資料
既存環境を活用する、モバイルワークにおける安全なメール利用
 マルチデバイスの業務利用の拡大は、在宅勤務やモバイルワークなどさまざまなワークスタイルの促進の一翼を担っている。そのような環境において、利用されるケースが多いシステムの1つとしてメールが挙げられる。 本資料では、既存のメールシステムを活用しつつ、外部...(2014/12/5 提供:株式会社ソリトンシステムズ)

製品資料
マルチデバイス時代に求められる不正アクセス対策とは?
 クラウドやマルチデバイスの普及は、在宅勤務やモバイルワークなど多様なワークスタイルを促進させた。今後も新たなデバイスが登場し、ワークスタイルもますます変化していくだろう。短期間に激しく変化するビジネス環境においては、いち早くその変化にセキュアな対応が...(2014/11/7 提供:株式会社ソリトンシステムズ)

製品資料
事例に見る:モバイルデバイスから社内システム、クラウドサービスに「簡単・安全」に接続するデバイス管理
 いつでも、どこでも使えるスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスの業務利用は、従業員の働き方を大きく変えようとしている。だが、利便性向上に伴うセキュリティの担保が懸念事項になっている。従業員へのリテラシーの徹底や、セキュリティ対策への運用コス...(2014/11/21 提供:株式会社アイキューブドシステムズ)

技術文書
MDMを使わずBYODで金融機関基準のセキュリティを実現する「逆転の発想」とは
 私物端末の業務利用(BYOD)の導入が欧米企業で進んでいるが、国内企業での導入は進んでいるとは言い難い。国内企業がBYOD導入を実現するには、使用する端末を強制管理するというモバイルデバイス管理(MDM)の考え方ではなく、「怪しい端末をつなげさせない」という逆...(2012/12/17 提供:株式会社コネクトワン)

Loading