TechTargetジャパン

製品資料
SoftLayerとBluemixが提示する“クラウドサービスの理想形”
 企業システムの課題は、運用管理コストの低減だけではない。ビジネスニーズに対応するシステムを万全な形で迅速に構築するという課題も長年指摘されてきた。そしてクラウドサービスが進化するにつれ、多くの企業ユーザーはクラウドに対し、コスト低減だけでなく「必要な...(2015/4/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
徹底特集:5つの特徴からベンチマーク、事例まで「SoftLayer」の全てが分かる
 IBMのクラウドサービスに新たに「SoftLayer」が加わった。日本ではまだ知名度は高くないが、米国ではAmazon、Rackspaceと並ぶ高性能クラウドで、他のサービスと差別化する大きな特徴を5つ備えている。 SoftLayerは、世界に13のデータセンターと19のアクセスポイントを...(2014/5/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
徹底特集:5つの特徴からベンチマーク、事例まで「SoftLayer」のすべてがわかる
 IBMのクラウドサービスに新たに「SoftLayer」が加わった。日本ではまだ知名度は高くないが、米国ではAmazon、Rackspaceと並ぶ高性能クラウドで、他のサービスと差別化する大きな特徴を5つ備えている。 SoftLayerは、世界に13のデータセンターと19のアクセスポイントを...(2014/2/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
「SoftLayer東京データセンター」が国内企業にもたらすメリットとは?
 IBMが12億ドルを投じて世界15カ所に設置予定である「IBM SoftLayer」のデータセンター。その6番目に当たる「SoftLayer東京データセンター」が2014年12月にオープンした。同センターは、他のSoftLayerデータセンターと同じ構成で配置されており、ラックの塊からなる「ポ...(2015/4/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
IBM SoftLayerの可用性を高めるHAクラスタシステム構築ガイドブック
 ほんの数年前まで、クラウドに移行するのは情報系のシステムが主流だった。しかし、今では基幹系システムや災害対策用のシステムにクラウドを活用することは、さほど珍しいことではない。ただし、基幹系システムを稼働させる上で、高い可用性の確保が必要となるのは、ク...(2015/3/18 提供:サイオステクノロジー株式会社)

比較資料
AWS、SoftLayer、Azureのネットワークデータ転送料をシミュレーションで比較
 主要クラウドサービスである「Amazon Web Services」(AWS)、「IBM SoftLayer」(SoftLayer)、「Microsoft Azure」(Azure)の1カ月当たりのデータ転送課金をシミュレーションし比較した。 比較表では、根拠となる料金体系や、データ転送量ごとの料金も示しているの...(2015/10/8 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
IBMの「SoftLayer」と「Bluemix」がAWSの強力なライバルとなる理由
 米IBMと米Amazon Web Servicesのクラウドコンピューティングにおける覇権争いが続いている。 IBMのIaaS「IBM SoftLayer」は、ベアメタルクラウドのパフォーマンスや低価格のネットワーク使用料、無料のサポートを強みに「Amazon Web Services」(AWS)の顧客を取り込も...(2015/6/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
1億メッシュの大規模解析でも問題ない!?  SoftLayerが推薦される理由とは
 現在の製造業ではコスト削減、納期短縮、品質向上と厳しい開発条件が突きつけられ、設計製造プロセスの変革が求められている。そんな中、CADやCAEなどデジタルエンジニアリングが変革の大きな原動力となっている。特に設計開発におけるCAEの活躍も目覚ましく、ハードウ...(2015/6/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
ベンチマーク結果からわかる、CAEのクラウド化の現状やクラウドが選ばれる理由とは
 解析データの大規模化が着々と進んでいる。特にその傾向がみられるのが、研究機関や大学、企業の研究開発部門といった最先端の研究部門だ。また大規模化と同時に見られるのが、外部スパコンやクラウドサーバの利用増加である。 一方で、機密性の高いデータを外部に出す...(2015/6/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
クラウドサービス徹底比較――料金、セキュリティ、スペックから準拠法まで
 クラウドサービスの導入を検討する企業において、IT担当者を悩ませるのが「どのクラウドサービスを選べば良いのか?」という質問だろう。「IBM SoftLayer」(SoftLayer)をはじめとする主なクラウドサービスの中でも、アウトバウンドのトランザクション課金体系などサー...(2016/4/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
VDI構築時にユーザー側で確認すべき、セキュリティ対策「3つのポイント」
 VDI環境を「SoftLayer」上で構築する場合のセキュリティ対策として、3つの観点で確認が必要だ。 1つ目は、セキュリティ対策の責任範囲の理解である。サーバ、ストレージ、ネットワークなどはSoftLayer側の管理に任せることができても、アプリケーション、データ、OSな...(2016/4/20 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
たった1時間でシステム構築! “激速”環境構築を実現する“パターン技術”の秘密とは
 日本アイ・ビー・エム(以下、IBM)が最新のハードとソフト、長年蓄積してきたノウハウも詰め込んで「IBM PureApplication System」を世に送り出したのは2012年。独自の「パターン・デプロイメント技術」を中核にしたオール・イン・ワンの統合型システムは、高速なシス...(2015/4/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
ビジネスに貢献する「クラウド選定」で忘れてならないポイント
 ITコンサルティング企業のITRが国内企業を対象に実施した『IT投資動向調査 2014年版』では、最重要視するIT戦略テーマとして「売上増大への直接的な貢献」「業務コストの削減」「顧客サービスの質的向上」がトップ3に入った。こうしたビジネス貢献を意識したITに対する...(2015/5/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
国内イベント初登壇、SoftLayer CEOが語る「妥協のないクラウド」とは?
 IBMは2014年1月にグローバルでクラウドのデータセンターを拡充すると発表、2014年内に日本をはじめ、世界15カ所でデータセンターを開設する計画を明らかにしていたが、そのサービス開始が目前に迫っている。 本コンテンツは、IBM Cloudのグローバルデータセンターの日...(2014/11/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
大規模な並列流体解析をオープンソースとクラウドで実現するメリットとは?
 研究機関や企業の研究開発部門を中心に、オープンソースの流体解析ツールの利用が進んでいる。 ベンダー製ツールと違い、本体にはライセンス料がかからないため大規模PCクラスタによる並列計算でもコストが抑えられる利点がある。このことは、必要なときに必要なだけす...(2015/6/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
約30秒でアプリケーションの実行環境を構築 「IBM Bluemix」の可能性を3者が語る
 クラウドやモバイルなどテクノロジーが進化し、市場ニーズが絶え間なく変化する現在においては、迅速に情報を収集、分析し、事業環境を対応させる仕組みが欠かせない。アプリケーション開発に求められるスピードも変化してきた。どれだけテクノロジーに精通していても...(2015/6/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
解析規模が増大する自動車業界の現状とクラウドサービス活用への期待と利点とは
 近年、CAEソフトウェアはその進化とコンピュータハードウェアの高速化によって、主に解析専門者が各種分析のために使うツールから、設計製造現場に近いユーザー自身がそれぞれの立場で動かして必要な解析結果を得るために使うツールとしての利用が増えている。 こうし...(2015/7/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
60分で分かる 物理/仮想環境を自由自在にクラウドで使いこなす秘訣とは?
 クラウドファースト時代ともいわれるほど、多くの企業がクラウドの利用を加速させている。しかし、スピードや使いやすさ、セキュリティ、信頼性などを懸念される声も聞こえてくる。 2013年7月にIBMに加わった世界の先進企業が利用する、ハイパフォーマンスクラウド「So...(2014/3/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading