TechTargetジャパン

技術文書
Red Hat移行を検討するSolarisユーザー向け戦略的移行ガイド
 オラクルのサン・マイクロシステムズの買収により、ベンダーロックインやコスト高を懸念して他環境への移行を考えるSolarisユーザー企業は少なくないだろう。しかし重要なデータを移行する際には、移行を効率的に進めること、リスクを最小限に抑えることなど重視しなけ...(2012/4/10 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月18日号:eBayとスターバックスのビッグデータ戦略
 Computer Weekly日本語版 6月18日号は、以下の記事で構成されています。■仮想化、拠点間フル冗長化、フェイルオーバー安全神話のウソ ベンダーのセールストークを真っ向否定する論客として知られるトイゴ氏が、今回もベンダーを痛烈に批判しつつ災害復旧のあるべき姿...(2014/6/18 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
クラウド時代を担う次世代OS「Solaris 11」に注目すべきこれだけの理由
企業システムの効率性を高め、管理コストを低減するOS「Solaris」の最新バージョン「Solaris 11」が2011年後半にも出荷される。Solaris 11はクラウド対応を急ぐ企業システムを支援するさまざまな機能を追加し、まさに次世代OSと呼ぶにふさわしい内容をそろえてる。 2010...(2011/2/28 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
Solarisコンテナによる仮想化を技術面から徹底解説
 Solarisの特長的な標準機能の1つである「Solarisコンテナ」は、仮想化による性能劣化がほとんどなく、柔軟なリソース管理機能を有し、低コストで効率的なサーバ統合/集約を実現する仮想化ソリューションだ。 このホワイトペーパーでは、ミッションクリティカルかつス...(2008/8/5 提供:サン・マイクロシステムズ株式会社)

製品資料
Webサービスの負荷激増にどう対処する? “常時SSL化”時代のトラフィック制御
 Webサイトのトラフィック増大、サイバー攻撃の増加などを背景に導入が進むアプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)。ロードバランサーの上位製品であるADCは、高度なトラフィック制御技術により、WebサイトやWebサービスの負荷分散とセキュリティ強化を実現す...(2017/3/3 提供:SCSK株式会社)

製品資料
保守期限が切れても「リプレースしない」、IT機器の延命で投資効率を最大化
 IT機器は一般的に、メーカーサポートの終了(EOSL:End of Service Life)に伴い、数年のサイクルで更新が余儀なくされてしまう。しかし、リプレースにはハードウェアの本体費用だけでなく、移行に伴うさまざまなコストや作業負担が掛かってしまい、デメリットも多い。(2017/2/9 提供:株式会社フィールドワン)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月8日号:NVMe over Fabricsに高まる期待
 Computer Weekly日本語版 2月8日号は、以下の記事で構成されています。■なぜPowerShellが危険なのか? 増え続ける悪用の現状■SSD用リモートアクセス仕様「NVMe over Fabrics」に掛かる期待と現実■R言語ベースのデータ分析プラットフォーム「Microsoft R Server」リ...(2017/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
モダンで堅牢な従業員/カスタマーサイトを直感的な操作で構築
 近年は社内向けポータルや顧客向けWebサイトで、さまざまなサービスやアプリケーションが提供されている。これらを利用するユーザーは、より多くの機能を活用したコラボレーションや情報共有を求める一方で、複数のID/パスワードの使い分けのような面倒なことは避けた...(2017/1/27 提供:株式会社イージフ)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月25日号:ARMが進めるIoT戦略
 Computer Weekly日本語版 1月25日号は、以下の記事で構成されています。■フラッシュ専用プロトコル「NVMe」の可能性■セキュリティ機能「ATS」必須化目前、ただし対応しているiOSアプリはわずか3%■何をどう変えるのか? オンラインIDインフラの刷新を訴えるMicroso...(2017/1/25 提供:アイティメディア株式会社)

事例
「使い慣れた表は手放さない」、Excel業務から時間とコストの無駄だけなくす方法
 大量のデータ入力に対して優れた操作性を備えたExcel。数式を即座に計算し、多彩な形式でデータを可視化できるなど、その性能は誰もが認めるところだが、近年は「脱Excel」を目指す企業が増えている。その理由の1つがExcel業務に伴う数多くの手作業だ。 手作業の増加に...(2016/9/1 提供:大興電子通信株式会社)

製品資料
ハードウェア保守コストを半減、マルチベンダー保守サポートの実力を探る
 ハードウェア保守の手間やコストを削減したいと考える企業は多い。また、既存システムのハードウェアの保守を次のシステム更改まで延長したいというニーズも高い。こういったハードウェアのサポート費用のコスト管理はIT部門の重要な課題だ。 そこで注目されるのが、マ...(2016/8/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
VDI環境の標的型攻撃対策――内部セキュリティの弱点を克服する2つの技術とは?
 標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃が高度化していることから、従来の侵入防止型セキュリティだけでは対応できない状況が生まれている。そのため、入口の防御を突破されてからの被害を最小限に抑える拡散防止型セキュリティが欠かせなくなった。 しかし、実際に内部...(2016/8/1 提供:トレンドマイクロ株式会社)

技術文書
コンテナ&マイクロサービス製品導入戦略ガイド
 コンテナとマイクロサービスは個別に導入できるモジュールで、これらを組み合わせてアジャイルで開発された柔軟性の高いアプリケーションを構築できる。 本稿ではそのアーキテクチャがどのように構成され、サプライヤーがそれをどう構築し、これを使う組織にとってどの...(2016/7/27 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
ストレージ選びの新常識――オールフラッシュの能力を引き出す最適化とは
 ビジネスの変化を加速させるストレージ基盤に、オールフラッシュアレイを選ぶ企業が増えている。しかし、ドライブ性能が向上したことで、ストレージのコントローラーが新たなボトルネックとなる点や、書き込み回数の上限があるため、無駄な書き込みを削減する必要がある...(2016/5/10 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
ビッグデータをより速くより深く分析するための必須条件とは?
 膨大なデータから新たな価値を生み出すための必須条件とは何か? それはより速く、より深く分析できるIT基盤だ。ビジネスにおけるデータ分析の重要性が増す中、処理能力だけでなく仮想化機能、信頼性、セキュリティにおいて高い能力を備えたシステムが求められている。(2016/5/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
“わんこそば”理論でDB高速化のボトルネックを解消する3つのポイント
 フラッシュストレージを導入すれば、データベースサーバのCPUコア数を減らせるという話を聞くことがある。果たしてそれは本当なのか? この問いに正しく答えるためには、サーバのボトルネックを理解する必要がある。 データベースシステムの専門家いわく、“わんこそ...(2016/4/28 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
決済システムのBCP構成を3カ月で構築――事例に学ぶDBシステム構築のポイント
 ビジネス要件に合ったデータベース(DB)サーバの設計、構築、運用に悩んでいるIT担当者は多い。自社にとって最適な利用形態の見極めが難しく、検証やチューニングなどに多くの時間がかかるからだ。 例えば、大量のデータ検索の際には、SQL処理をマルチコアで行う「パ...(2016/4/28 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
メリットもリスクもあるコンテナテクノロジー、コンテナ固有のセキュリティリスク対策
 オープンソースソフトウェア(OSS)で脚光を浴びているコンテナテクノロジーは、リソースの無駄の削減、パフォーマンスの向上など多様なメリットが期待できるとして、導入に前向きな企業は少なくない。しかし、専門家からはコンテナテクノロジー固有のセキュリティリス...(2016/4/20 提供:株式会社ベリサーブ)

製品資料
ITインフラコストを最大24%削減、統合運用管理サービスの実力を探る
 ITインフラストラクチャの規模が拡大する一方で、複雑化したシステムの運用管理に割くIT部門のスキル、リソース不足が問題となっている。アジャイルな開発環境が整っても、運用がシステム別、インフラ別でバラバラとなっていては、効率やスピード、品質は改善されず、 ...(2016/3/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
新しいデータベースチューニングの方法論まとめ 〜最新技術と評価資料〜
 システム全体のスループットを高める必要があるデータベースシステムの性能改善では、SQLチューニングなどのソフトウェア的な対策に加え、構成するハードウェア全体をバランス良く性能向上させていく必要がある。 高速なI/Oを特徴とするフラッシュストレージが普及期を...(2015/10/7 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月18日号:eBayとスターバックスのビッグデータ戦略(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 6月18日号は、以下の記事で構成されています。■仮想化、拠点間フル冗長化、フェイルオーバー安全神話のウソ■OracleがSolaris 11.2を発表! だがSolarisとSPARCの将来性は……?■処理しきれないデータに苦悩するeBayが編み出したビッグデー...(2014/6/18 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月18日号:eBayとスターバックスのビッグデータ戦略(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 6月18日号は、以下の記事で構成されています。■仮想化、拠点間フル冗長化、フェイルオーバー安全神話のウソ■OracleがSolaris 11.2を発表! だがSolarisとSPARCの将来性は……?■処理しきれないデータに苦悩するeBayが編み出したビッグデー...(2014/6/18 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
MacでのWindowsデスクトップ仮想化がもたらす作業効率の向上とコスト削減およびIT資産の活用法
 社内におけるMacユーザーの管理と、業務で必須なWindowsアプリケーションの利用を検討しなければならない場合、IT部門はどのような解決策を考えるべきだろうか。仮想化によるクロスプラットフォーム基盤の構築も選択肢の1つだ。MacとWindowsが1台のMacでシームレスに利...(2015/5/20 提供:パラレルス株式会社)

製品資料
AWSのロードバランサーELBとBYOLの仮想ADCを比較、柔軟で堅牢なWebシステムを構築するには?
 企業のシステムインフラの構築において、今やAWSは当然の選択肢となっている。しかし、AWS上にシステムを構築して負荷分散を行う場合、AWS提供のELBだけでは機能要件の制約に悩むことも多い。 本ホワイトペーパーは、そういった機能要件の制約を解決するソフトウェアベ...(2015/11/16 提供:SCSK株式会社)

製品資料
HDDの20倍の応答速度? データから読み解くオールフラッシュストレージ入門
 多くの企業にとって、業務処理のスピード化をもたらすシステム高速化は、ビジネスに直結した企業課題である。その高速化に欠かせない技術として注目が集まるフラッシュストレージは、高速なデータ転送性が評価される一方、堅牢で効果的なデータ保護、シームレスな拡張性...(2015/10/8 提供:ネットアップ株式会社)

事例
リクルートマネジメントソリューションズが顧客向け帳票の表現力と安定性を向上するまでの経緯
 帳票には常に2つのニーズが存在する。1つは、グラフやチャートを組み入れるなどのさまざまな表現力に関するニーズ。そしてもう1つは、正確で速く安定した出力能力だ。今やPDFに出力すると同時に紙媒体へ印刷することは常識化しており、印刷においてはセンターや拠点でバ...(2015/9/25 提供:インフォテック株式会社)

事例
プライベートクラウドで帳票基盤を構築、強固な安全性の請求書発行システムを実現したアサヒグループの工夫
 帳票は顧客向けに発行されることが多く、それだけに帳票システムで不具合が発生すると、すぐさまビジネスに悪影響を及ぼすことになる。場合によっては業務全体がストップしてしまう懸念もあり、細心の注意が必要だ。こうした点を背景に、請求書発行などを伴う従来の帳票...(2015/9/25 提供:インフォテック株式会社)

レポート
今後が予見できないデータ環境に対応、「ソフトウェア定義型ストレージ」とは?
 クラウド、ソーシャル、ビッグデータ、モバイルといったITトレンドは、従来のストレージシステムに大きな変化をもたらす。これらが構成するデータ環境は、タイムリーなデータ分析、それを基に実践的な洞察を行う情報駆動型のフィードバックサイクルを要求し、「非構造型...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

製品資料
デスクトップ仮想化でMacとWindowsのシームレスな統合を実現
 社内におけるMacユーザーの管理と、業務で必須なWindowsアプリケーションの利用を検討しなければならない場合、IT部門はどのような解決策を考えるべきだろうか。仮想化によるクロスプラットフォーム基盤の構築も選択肢の1つだ。MacとWindowsが1台のMacでシームレスに利...(2015/2/6 提供:パラレルス株式会社)

講演資料
Azure IaaS化の前に読んでおきたいファイルサーバ復習ガイド
 Microsoft Azureの日本データセンターのオープンに伴い、ファイルサーバのAzure IaaS化を検討している企業も多いのではないだろうか。だが、単にファイルサーバをIaaSに移動するだけで終わってしまうのではなく、この機会にファイルサーバの機能について改めて確認して...(2015/6/12 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Loading