TechTargetジャパン

事例
テストツール活用事例――年2回のリリースサイクルが月1回へ
 ウォーターフォール型プロセスに比べて、小規模な改良を高い頻度で行うアジャイル開発プロセスは、多くのソフトウェア開発現場で取り入れられつつある。特にクラウドやモバイルのアプリケーションなど競争が激しい分野での採用が顕著だ。 アジャイル化は、ソフトウェア...(2017/4/21 提供:日本シノプシス合同会社)

技術文書
Wi-Fi徹底比較、高容量・高干渉環境下のテストで上位になった製品は?
 Wi-Fi環境を構築したものの、想定通りの速度が出ない、途切れやすい、つながりにくいといった不満を抱えているケースは多い。アクセスポイントにかかる負荷の変動やオフィス内の障害物による電波減衰などの影響から、理論値通りの性能はそうそう得られないためだ。 そ...(2017/4/17 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

講演資料
業界別API公開シナリオ──セキュリティと利活用を両立する仕組みの作り方
 自社のサービスと外部サービスの連携で、新しいビジネスの創出や顧客接点の拡大に取り組む企業が増えている。その核となるのが「APIの公開・活用」だ。例えば航空業界では、飛行機の発着情報を外部アプリにリアルタイムに提供することで、旅行者によるWebサイトへのアク...(2017/4/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
テスト部門を「単なるコストセンター」から、組織に不可欠な戦略的資産としての転換を図るには?
 戦略的なテストシステムを構築することが、市場競争力を高めることにつながるのか?本資料では、その回答として、テスト部門をコストセンターから戦略的資産という重要な位置付けに高め、テスト部門の設備投資などを総所有コスト(TCO)で判断することが重要性について...(2017/3/29 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
ネットワーク機能仮想化製品導入戦略ガイド
 固定されたネットワークアーキテクチャでは、現代のネットワークニーズに適した柔軟性は実現できない。そこでネットワーク機能仮想化(NFV)の人気が上昇している。本稿ではOpenStack Neutronの進展と、NFVによるネットワークの柔軟性増大、通信事業者によるWAN機能のコ...(2017/3/29 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Web事業を成長させる、データドリブンな「高速PDCA」の実現方法
 これまでのWebサイト運用では、長期間にわたって効果を測定し、大掛かりなリニューアルで課題を解決する手法が取られてきたが、近年は短期間で検証と改善を繰り返す「高速PDCA」が主流になりつつある。 高速PDCAをうまく回すには、データドリブンであることが成功の鍵...(2017/3/27 提供:株式会社UNCOVER TRUTH)

プレミアムコンテンツ
ソフトウェアテストの手法と施策
「ソフトウェアテストは数多くあるが、どれをどのように選ぶのか」 この問題に対する唯一の解は「テストは製品とプロジェクトに依存する」となります。つまり製品やプロジェクトに応じてテスト手法を選択し、それらを組み合わせてテストを実施することになりますが、これ...(2017/3/16 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「OpenStack」だけでは実現できない“7割の要件”にどう対応する?
 優れた柔軟性と拡張性から注目される「OpenStack」。IDC Japanの調査では、このクラウドプラットフォームを本番環境に利用しようという企業は増加傾向にあり、特にICT企業では4割が既に利用または導入に向けて取り組んでいるという。 ただ、数百以上の仮想マシンを搭載...(2017/2/17 提供:日本電気株式会社)

製品資料
「知ってるだけ」のDevOps――すぐに始めるための簡単な方法とは
ITのアジャイル性(俊敏性)を高めると期待される「DevOps」。開発(Development)と運用(Operation)を一体化させて、システム変革を速め、ビジネスの革新も速め、一足先に競争力を得る考え方だ。 さらに、インフラやアプリケーションの自動化を推進することで、作業負...(2017/2/8 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
OSS管理のベストプラクティス――アジャイル開発で自動化すべき5つの重要タスク
 近年、提供されるソフトウェアには、オープンソースコンポーネントとマイクロサービスで組み立てられた複合型製品が増えている。その背景には、ソフトウェア開発におけるスピード、アジリティ、革新性などへの要求の増大がある。 この要求に応えるため、DevOpsとアジャ...(2016/12/26 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

技術文書
アジャイル開発のセキュリティ対策――OSSの脆弱性を回避するための基本戦略
 近年、アジャイルソフトウェア開発における構成要素としてオープンソースソフトウェア(OSS)を選ぶケースが増えている。開発者が新規にコードを作成する必要がなく、性能と機能を提供する上で有効な多数のコンポーネントを備えたOSSは、アジャイルプロジェクトの安定し...(2016/12/26 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

レポート
オールフラッシュ性能評価:デスクトップ/サーバ仮想化環境向け製品の実力は?
 近年、多くの企業がIT優先課題の1つとして仮想化テクノロジーの導入に取り組んでいる。しかし、デスクトップ/アプリケーション仮想化の導入は、データセンターに特に複雑で要求の多いストレージワークロードをもたらす可能性がある。 また、企業が扱うデータの増大と...(2016/12/15 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

技術文書
Wi-Fi徹底比較、高容量・高干渉環境下のテストで上位になった製品は?
 Wi-Fi環境を構築したものの、想定通りの速度が出ない、途切れやすい、つながりにくいといった不満を抱えているケースは多い。アクセスポイントにかかる負荷の変動やオフィス内の障害物による電波減衰などの影響から、理論値通りの性能はそうそう得られないためだ。 そ...(2016/12/14 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

製品資料
アイデアを迅速に製品化、コーディング不要の開発で生産性はどこまで上がる?
 近年、さまざまな分野で異業種からの参入企業や新規ベンチャーが産業を劇的に変革するような「デジタルイノベーション」を起こしている。このような変革をもたらす企業が強力な武器としているのがコーディング不要で開発が行える超高速開発ツールだ。 その中でも「Low-...(2016/10/24 提供:株式会社ビルドシステム)

製品資料
自動車業界におけるHadoop活用、データサプライチェーンで得られる付加価値とは
 IoTはさまざまな工業製品や家電製品、そして工場などの生産現場などに新しい付加価値を提供する技術として期待されている。しかし、こうした付加価値を最大化するには、センサーから流れてくるデータフローを効率的に集約し、リアルタイムな分析を可能にする基盤が欠か...(2016/10/20 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

技術文書
開発者向けに限定公開!IoT 時代の組み込み機器向け統合プラットフォームの考え方
 ルネサスの開発者向けコミュニティサイトで人気の"Professor IoT"が、さまざまな視点から独自切り口で語る「Renesas Synergy(TM)」の詳細解説記事を特別に限定公開。 今回公開する記事は次の2つ。・「半導体チップ産業における製品としてのソフトウェアとは...(2016/9/26 提供:ルネサス エレクトロニクス株式会社)

製品資料
Webサービスの負荷テスト、自動化でコストと時間はどこまで削減できる?
 企業間決済や電子取引、オンラインバンキングなど、近年では多くのサービスやアプリケーションがWeb化されている。これらのWebサービス・Webアプリケーションの停止やパフォーマンスの悪化はユーザー満足度の低下を招き、ビジネス機会の損失や生産性の低下などの損害を...(2016/8/16 提供:GDEPソリューションズ株式会社)

Webキャスト
ソフト開発の管理負荷を増大させるテスト工程、効率化の余地はどこにある?
 近年、ソフトウェア開発の現場で管理のオーバーヘッド増大が問題となっている。市場や技術の変化が激しい中、大規模な開発でもアジャイルが当たり前となり、品質に対する要求も年々厳しくなっていることが背景にある。 このような厳しい環境で効率化を進める手段として...(2016/7/14 提供:リックソフト株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月7日号:ネットワークスローダウンの処方箋
 Computer Weekly日本語版 10月7日号は、以下の記事で構成されています。■真の狙いは? Googleが保有特許を無償譲渡するプログラムを開始 Googleが、保有する特許をテクノロジー企業50社に無償譲渡すると発表。この大盤振る舞いにはもちろん裏がある。Googleの真の目...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

事例
ライオンのストレージ基盤見直し術 多重バッチ処理時間50%削減への道のり
 パーソナルケア用品大手のライオンは、30年以上使い続けてきたメインフレーム上の受注、在庫引き当て、出荷情報を処理する基幹業務システムのホストマイグレーションを完了。基幹システムの処理性能が向上する一方で、ストレージシステムの性能限界による日次・週次のバ...(2016/6/1 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
ITインフラコストを最大24%削減、統合運用管理サービスの実力を探る
 ITインフラストラクチャの規模が拡大する一方で、複雑化したシステムの運用管理に割くIT部門のスキル、リソース不足が問題となっている。アジャイルな開発環境が整っても、運用がシステム別、インフラ別でバラバラとなっていては、効率やスピード、品質は改善されず、 ...(2016/3/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
IoTの運用管理におけるネットワーク 7つの課題
 EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。 IoT(モノのインターネット)の実用化については、さまざまな課題が既に挙げられている。今回は、主にネットワークプロバイダ側から見た問題点を7つ...(2016/3/1 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
セキュリティ対策3製品のマルウェア検知能力を検証、検知率に違いはあるか?
 サイバー攻撃に用いられるマルウェアは常に変化し続け、従来のシグネチャコード型のマルウェア検知を回避する。そのため、既知であるはずのマルウェアが、出現後数年にわたってセキュリティ防御を突破するリスクが指摘されている。 本レポートは、製品テスト専門機関Mi...(2016/2/12 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
クラウド利用時のデータ暗号化、なぜするのか、何をすればいいのか、効果はあるのか
 クラウドは多くのコンピュータリソースを集合させ、その中から多様な利便性を生んでいる。一方で、データがどこに保存されているかは不明瞭になりがちだ。そのため重要なデータを保護するためには「暗号化」が有効な施策となる。しかし、どれだけの水準で暗号化を施せば...(2016/2/1 提供:株式会社ソフトエイジェンシー)

事例
自動車ソフトウェア開発におけるALM〜先端技術を追求するボッシュの挑戦〜
自動車業界では、高度な技術イノベーションによって刻々と開発環境が変わっている。また、同時に自動車開発におけるニーズも課題も多様化している。グローバル化による競争の激化、環境への配慮、変わりゆく消費者行動への対応、自動運転やIoT…こうした課題に対し、「ソ...(2016/1/25 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
「Windowsハードウェア認証」が製品の価値を上げる理由
 Windows 8対応のデバイスドライバを開発する際に、“知っておくと便利なポイント”を実践的な観点から紹介してきた連載「Windows 8 デバイスドライバ開発入門」。連載最終回となる今回は、Windows 10になってもきっと残るであろう、「Windowsハードウェア認定」について...(2015/9/24 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
DevOpsを機能させる「シフト・レフト」の概念とは? 4つのポイントで解説
 さまざまなビジネスの目的に対して、開発(Development)と運用(Operations)がより柔軟に、スピーディに対応するために協力する開発手法である「DevOps」。しかし、開発担当者と運用担当者の連携を密にする必要性は認識されているものの、まだまだバズワードの域を出...(2015/8/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
400GバイトSSD48台構成で25万6000IOPS達成、オールフラッシュストレージの実力検証
 ESGの調査によると、IT担当者がインフラ対応で苦労する上位項目に「データの急増」と「データベースサイズの管理」が挙げられている。IT業務のROI改善の方法としてデータベースの統合が進められているが、そこで重要なのがパフォーマンスの向上だ。オールフラッシュスト...(2015/8/4 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
25%の歩留まり回復 製造業のパフォーマンスを高めるIoT技術とは
 製造現場における歩留まりや生産効率の改善、ダウンタイム低減といった課題の解決において、メーカーではデータ収集と保管に取り組んでいる。しかし、互いに連携しないFAネットワークの中では、正しいタイミングで適切な人へ情報を届けるのは難しい。また、膨大なデータ...(2015/7/23 提供:デル株式会社)

製品資料
あらゆる端末に対応しリリースサイクルを27%短縮、Google・BMWも導入したテスト自動化ツールとは
 アプリケーション開発者やQA担当者にとって、ツールを利用したテスト自動化によるテスト工数削減、リリース短縮、テスト範囲設計、品質向上は大きな課題だ。自動化ツールの使用に際しては、ツールの習得容易度や、あらゆる端末や技術に対応しているかどうかを慎重に見極...(2015/7/7 提供:サンフューチャー株式会社)

Loading