TechTargetジャパン

技術文書
「SQL Server 2016」の性能はどれだけ向上する? SSD環境とHDD環境を徹底比較
 SSDなどのフラッシュストレージは低価格化が進み、大企業ならずとも手の届く製品となった。そこで気になるのが、従来のストレージとの機能や価格の違いだ。本資料では、主要フラッシュストレージを、「Microsoft SQL Server」を使ったデータベースサーバのストレージと...(2017/7/31 提供:日本ユニシス株式会社)

レポート
焦らず確認を! iPhoneの充電トラブル対処法まとめ
 スマートフォンのバッテリー持続時間は長ければ長いのがありがたい。これは多くのユーザーが意見を同じくするだろう。そして、スマートフォンの処理能力は高く、サイズは薄く、重さは軽くしてほしい。高い処理能力はバッテリーの消費を増やし、サイズと重さの薄型軽量化...(2017/8/31 提供:KDDI株式会社)

事例
多大なキャパシティーと処理能力を要するCAEシステムを、VDI適用で低コスト安定構築
 CAE(Computer Aided Engineering)は計算機支援工学とも呼ばれ、コンピュータを利用して製品の設計、製造、工程設計の事前検討の支援を行う技術およびツールを指す。自動車など工業製品分野では、CAEシステムを使って設計段階でのシミュレーションを行い、高品質な部品...(2015/11/11 提供:デル株式会社)

技術文書
迫りくるワイヤレス技術の変化:知っておくべき最新技術情報〜Qualcomm Atheros社など活用事例を交えて〜
 昨今、携帯電話は高いデータスループットを実現し、高解像度の動画を数秒でダウンロードし高速化は進んでいます。さらに、近い将来、ワイヤレスネットワークに接続されるデバイス数は莫急速に激増し、企業は多品種小ロット製品を低コストで設計開発せざるを得ない状況と...(2016/7/13 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
ビッグデータをより速くより深く分析するための必須条件とは?
 膨大なデータから新たな価値を生み出すための必須条件とは何か? それはより速く、より深く分析できるIT基盤だ。ビジネスにおけるデータ分析の重要性が増す中、処理能力だけでなく仮想化機能、信頼性、セキュリティにおいて高い能力を備えたシステムが求められている。(2016/5/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
音声認識デバイスを軽量実装する「冴えたやり方」
 IoTの普及はユーザーが接する機器の高機能化を招いた。通信機能が搭載されて液晶画面はタッチパネルとなり、音声認識の採用も珍しくはなくなっているが、従来のマイコンでは処理能力が足りないことも顕在化してきた。 東芝 ストレージ&デバイスソリューション社が投入...(2017/10/13 提供:東芝デバイス&ストレージ株式会社)

製品資料
JAXA、電気通信大学が語る高速コンピューティングの課題と解決策、そして未来
 コンピュータ単体の処理能力の向上が鈍化している一方で、研究領域だけではなくビジネス領域においてもスパコンやサーバといったITインフラに求められる処理能力は高度化を続けている。そして、複数台の汎用CPU搭載コンピュータを用いた並列処理であっても、要求される...(2017/5/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
基礎解説:Hadoop/Spark環境の効果を最大化するプラットフォームの条件
 オープンソースの分散コンピューティングミドルウェア「Hadoop」は、スケーラビリティや耐障害性などに優れていることで、データ分析基盤のデファクトスタンダードになっている。しかし、レイテンシの高さや、繰り返し処理などで時間がかかることが課題になってきた。 ...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「ゲームをやらないから必要ない」という人こそチェックしたい「GPU仮想化」
 GPU(Graphics Processor Unit)は、ビジネスユーザーには依然としてなじみの薄い半導体のようだ。3Dゲームを快適に動かすためにグラフィック描画演算「だけ」に特化したプロセッサと考えている企業ユーザーも多いだろう。 しかし、GPUの役割は大きく変わろうとしてい...(2016/10/27 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
実測値が裏付けるバックアップ選定のポイント、速度と重複排除率を徹底検証
 事業継続計画(BCP)や災害復旧(DR)対策の要となるバックアップ環境だが、その製品選びのポイントとして、重複排除機能の有無やバックアップ/リストア速度を重視する企業は多い。 そこで、仮想サーバ上の仮想マシンに対して「バックアップ」「リストア」「バックア...(2016/8/31 提供:arcserve Japan合同会社)

製品資料
スケールアップとスケールアウト、違いとメリット/デメリット
 サーバの処理能力を向上させるアプローチには「スケールアウト」「スケールアップ」の2つの方法がある。スケールアップ型はサーバ自体のCPUやメモリのスペックを上げて処理能力を向上させる方法で、スケールアウト型は複数のサーバで処理能力を向上させる方法だ。どちら...(2014/5/1 提供:テクマトリックス株式会社)

製品資料
通信事業のためのネットワーク仮想化、セキュリティとパフォーマンスを両立せよ
 とどまるところを知らないモバイルトラフィック、俊敏性に優れた環境における高度なサービス提供、費用対効果に優れたソリューションの研究など、市場の要求の高まりを受け、通信サービスプロバイダーではネットワーク機能仮想化(NFV)が注目されている。 しかし、セ...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

比較資料
比較で検証、ディープラーニング専用機の処理能力と電力効率の可能性
 画像認識や音声認識に活用される「ディープラーニング」技術。ここ数年で実用化が急速に進んだ結果、写真の自動分類サービスや商品のレコメンドシステムなど、身近な事例も増えてきた。業界を問わず多くの企業が、この技術を新しい価値の創出に応用しようと研究を重ね始...(2017/1/30 提供:GDEPソリューションズ株式会社)

比較資料
中堅・中小企業向け、統合脅威管理(UTM)の主要ベンダー一覧表:100〜300台クラス
 統合脅威管理(UTM)はその名の通り、インターネットと社内LANの間で「統合的」なセキュリティ対策を実現するシステムだ。スパム対策やウイルス対策、URLフィルタリング、IPS(不正侵入防止システム)アプリケーションコントロールといった対策を自動的に実施してくれる...(2016/12/5 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
中堅・中小企業向け、統合脅威管理(UTM)の主要ベンダー一覧表:30〜50台クラス
 統合脅威管理(UTM)はその名の通り、インターネットと社内LANの間で「統合的」なセキュリティ対策を実現するシステムだ。スパム対策やウイルス対策、URLフィルタリング、IPS(不正侵入防止システム)アプリケーションコントロールといった対策を自動的に実施してくれる...(2016/12/5 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージドインフラと自動化で実現する、次世代データセンターの形
 データセンターは年々導入される新しい技術によりサイロ化し、複雑さが増している。そのため多くの企業でデータセンターを刷新し、スピード向上とイノベーションを実現することが最優先課題となっている。それでは、デジタル時代のデータセンターをどう実現すればよいの...(2017/10/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
急成長を遂げる注目の次世代インフラ、「ハイパーコンバージドインフラ」とは
 増え続けるデータの管理と運用を行うために、近年、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)と呼ばれる次世代インフラへの関心が高まっている。HCIは、ストレージを内蔵したサーバをネットワークで接続し、処理能力やストレージ容量を簡単にそして安価にスケールアウトでき...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
Wi-Fi徹底比較、高容量・高干渉環境下のテストで上位になった製品は?
 Wi-Fi環境を構築したものの、想定通りの速度が出ない、途切れやすい、つながりにくいといった不満を抱えているケースは多い。アクセスポイントにかかる負荷の変動やオフィス内の障害物による電波減衰などの影響から、理論値通りの性能はそうそう得られないためだ。 そ...(2017/1/26 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

製品資料
通信事業者級の安全性を実現、大規模ネットワークに最適なサービスゲートウェイ
 ファイアウォールなどのネットワークセキュリティ機能は、利用する規模に応じて、求められる性能や機能が違ってくる。大規模ネットワークでは、支店や中・大規模拠点で利用される製品とは桁違いのスループット性能や、より高度なセキュリティが求められる。 本コンテン...(2016/11/21 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
これで分かる「vSphere 6.5」への移行手順:必要な事前準備と環境別シナリオ
 「VMware vSphere」は仮想化基盤を構築するための中心的存在であるが、その新バージョンである「vSphere 6.5」ではさまざまな機能強化が行われた。大規模環境でのスループットの向上、データセンターの構築と管理の簡素化などにより、パフォーマンスやセキュリティを一...(2017/10/18 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
着目すべきは導入時のトータルコスト。4つの理由で選ばれるLinuxONE
 サーバの導入/買い換えにおけるTCO削減のアプローチとして、IBMのハイエンドLinuxサーバである「IBM LinuxONE」が注目されている。その4つの技術的な理由は、IBM LinuxONEがメインフレームとオープンシステムのメリットを併せ持つことで実現している。 メインフレーム...(2017/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Wi-Fi徹底比較、高容量・高干渉環境下のテストで上位になった製品は?
 Wi-Fi環境を構築したものの、想定通りの速度が出ない、途切れやすい、つながりにくいといった不満を抱えているケースは多い。アクセスポイントにかかる負荷の変動やオフィス内の障害物による電波減衰などの影響から、理論値通りの性能はそうそう得られないためだ。 そ...(2016/12/14 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

レポート
最新規格「IEEE 802.11ax」がやってきた! 最新無線LAN事情
 ネットワークにアクセスする通信手段として一般的に利用されるようになった無線LANだが、今でも新たな規格策定に向けた動きが活発化しており、その進化に終わりは見えない。現在、既に1Gbpsを超えるほどのスループットを実現している規格が中心となっており、2016年後半...(2017/6/13 提供:KDDI株式会社)

製品資料
GPUで高集積化が進むAI/深層学習向けHPC基盤のポイントは?
 High Performance Computing(以下、HPC)は、大気シミュレーターや流体シミュレーションといった大規模な物理演算などに特化した利用がほとんどだった。しかし、AI・人工知能、機械学習、深層学習、さらには、ビッグデータのビジネス活用の普及によって、HPCシステムで...(2017/7/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
ゲノム解析の最前線、東京大学 医科学研究所が構築した高速・大容量ストレージ
 国内最大規模の生命科学研究所である東京大学 医科学研究所では、スパコン「Shirokane3」によって先進のゲノム解析が行われている。DNAを読み取り、解析することで、がん細胞が生命システムに異常を引き起こす理由を突き止めるためだ。 同研究所では、2009年にShirokan...(2017/7/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

比較資料
その対策は間違っている──グラフで理解する“正しい”多層防御セキュリティ
 セキュリティ対策は、ハードウェアやクラウドサービスなどの導入とは異なり、処理能力向上や経費削減といった形で費用対効果を把握することが難しい。そのため、ランサムウェアなどのセキュリティリスクが大きく報じされている昨今でも、「取りあえず入れておけばいい」...(2017/7/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
高速データ基盤がさらに進化、「SAP HANA 2」はなぜここまで速くなったのか?
 競合他社よりも早く適切な情報や製品、サービスを提供することは多くの企業が挑戦し続ける課題といえる。今、その実現の鍵はデータにある。テクノロジーによりデータを迅速に引き出せれば、保守管理に費やす時間を減らし、より多くのリソースを変革や成長戦略に投資でき...(2017/6/6 提供:インテル株式会社)

製品資料
徹底解説:HPCとビッグデータ分析のための「超高速データ処理基盤」の全貌
 優れた性能を発揮するハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)クラスタの設計には、あらゆるレイヤーにおいてパフォーマンスに対応したアプローチが必要だ。包括的なデータセントリックな設計である「IBM Power Systems HPCソリューション」は、構成する全てのコン...(2017/5/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
400GバイトSSD48台構成で25万6000IOPS達成、オールフラッシュストレージの実力検証
 ESGの調査によると、IT担当者がインフラ対応で苦労する上位項目に「データの急増」と「データベースサイズの管理」が挙げられている。IT業務のROI改善の方法としてデータベースの統合が進められているが、そこで重要なのがパフォーマンスの向上だ。オールフラッシュスト...(2015/8/4 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
IIoT対応のスマートファクトリーを構築するための検討ポイント
 製造業界では新興のIoT技術がインダストリー4.0を先導し、従来のオートメーション製品はIoTに対応したインテリジェントなオートメーションへと移行し、半オートメーションまたは独立型オートメーションマシンはM2MおよびM2P通信に対応したネットワーク接続プロセスに進...(2017/6/19 提供:ADLINKジャパン株式会社)

Loading