TechTargetジャパン

事例
多大なキャパシティーと処理能力を要するCAEシステムを、VDI適用で低コスト安定構築
 CAE(Computer Aided Engineering)は計算機支援工学とも呼ばれ、コンピュータを利用して製品の設計、製造、工程設計の事前検討の支援を行う技術およびツールを指す。自動車など工業製品分野では、CAEシステムを使って設計段階でのシミュレーションを行い、高品質な部品...(2015/11/11 提供:デル株式会社)

技術文書
迫りくるワイヤレス技術の変化:知っておくべき最新技術情報〜Qualcomm Atheros社など活用事例を交えて〜
 昨今、携帯電話は高いデータスループットを実現し、高解像度の動画を数秒でダウンロードし高速化は進んでいます。さらに、近い将来、ワイヤレスネットワークに接続されるデバイス数は莫急速に激増し、企業は多品種小ロット製品を低コストで設計開発せざるを得ない状況と...(2016/7/13 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
ビッグデータをより速くより深く分析するための必須条件とは?
 膨大なデータから新たな価値を生み出すための必須条件とは何か? それはより速く、より深く分析できるIT基盤だ。ビジネスにおけるデータ分析の重要性が増す中、処理能力だけでなく仮想化機能、信頼性、セキュリティにおいて高い能力を備えたシステムが求められている。(2016/5/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
JAXA、電気通信大学が語る高速コンピューティングの課題と解決策、そして未来
 コンピュータ単体の処理能力の向上が鈍化している一方で、研究領域だけではなくビジネス領域においてもスパコンやサーバといったITインフラに求められる処理能力は高度化を続けている。そして、複数台の汎用CPU搭載コンピュータを用いた並列処理であっても、要求される...(2017/5/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
基礎解説:Hadoop/Spark環境の効果を最大化するプラットフォームの条件
 オープンソースの分散コンピューティングミドルウェア「Hadoop」は、スケーラビリティや耐障害性などに優れていることで、データ分析基盤のデファクトスタンダードになっている。しかし、レイテンシの高さや、繰り返し処理などで時間がかかることが課題になってきた。 ...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「ゲームをやらないから必要ない」という人こそチェックしたい「GPU仮想化」
 GPU(Graphics Processor Unit)は、ビジネスユーザーには依然としてなじみの薄い半導体のようだ。3Dゲームを快適に動かすためにグラフィック描画演算「だけ」に特化したプロセッサと考えている企業ユーザーも多いだろう。 しかし、GPUの役割は大きく変わろうとしてい...(2016/10/27 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
実測値が裏付けるバックアップ選定のポイント、速度と重複排除率を徹底検証
 事業継続計画(BCP)や災害復旧(DR)対策の要となるバックアップ環境だが、その製品選びのポイントとして、重複排除機能の有無やバックアップ/リストア速度を重視する企業は多い。 そこで、仮想サーバ上の仮想マシンに対して「バックアップ」「リストア」「バックア...(2016/8/31 提供:arcserve Japan合同会社)

製品資料
スケールアップとスケールアウト、違いとメリット/デメリット
 サーバの処理能力を向上させるアプローチには「スケールアウト」「スケールアップ」の2つの方法がある。スケールアップ型はサーバ自体のCPUやメモリのスペックを上げて処理能力を向上させる方法で、スケールアウト型は複数のサーバで処理能力を向上させる方法だ。どちら...(2014/5/1 提供:テクマトリックス株式会社)

技術文書
Wi-Fi徹底比較、高容量・高干渉環境下のテストで上位になった製品は?
 Wi-Fi環境を構築したものの、想定通りの速度が出ない、途切れやすい、つながりにくいといった不満を抱えているケースは多い。アクセスポイントにかかる負荷の変動やオフィス内の障害物による電波減衰などの影響から、理論値通りの性能はそうそう得られないためだ。 そ...(2017/4/17 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

比較資料
比較で検証、ディープラーニング専用機の処理能力と電力効率の可能性
 画像認識や音声認識に活用される「ディープラーニング」技術。ここ数年で実用化が急速に進んだ結果、写真の自動分類サービスや商品のレコメンドシステムなど、身近な事例も増えてきた。業界を問わず多くの企業が、この技術を新しい価値の創出に応用しようと研究を重ね始...(2017/1/30 提供:GDEPソリューションズ株式会社)

比較資料
中堅・中小企業向け、統合脅威管理(UTM)の主要ベンダー一覧表:100〜300台クラス
 統合脅威管理(UTM)はその名の通り、インターネットと社内LANの間で「統合的」なセキュリティ対策を実現するシステムだ。スパム対策やウイルス対策、URLフィルタリング、IPS(不正侵入防止システム)アプリケーションコントロールといった対策を自動的に実施してくれる...(2016/12/5 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
中堅・中小企業向け、統合脅威管理(UTM)の主要ベンダー一覧表:30〜50台クラス
 統合脅威管理(UTM)はその名の通り、インターネットと社内LANの間で「統合的」なセキュリティ対策を実現するシステムだ。スパム対策やウイルス対策、URLフィルタリング、IPS(不正侵入防止システム)アプリケーションコントロールといった対策を自動的に実施してくれる...(2016/12/5 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
通信事業者級の安全性を実現、大規模ネットワークに最適なサービスゲートウェイ
 ファイアウォールなどのネットワークセキュリティ機能は、利用する規模に応じて、求められる性能や機能が違ってくる。大規模ネットワークでは、支店や中・大規模拠点で利用される製品とは桁違いのスループット性能や、より高度なセキュリティが求められる。 本コンテン...(2016/11/21 提供:マクニカネットワークス株式会社)

技術文書
Wi-Fi徹底比較、高容量・高干渉環境下のテストで上位になった製品は?
 Wi-Fi環境を構築したものの、想定通りの速度が出ない、途切れやすい、つながりにくいといった不満を抱えているケースは多い。アクセスポイントにかかる負荷の変動やオフィス内の障害物による電波減衰などの影響から、理論値通りの性能はそうそう得られないためだ。 そ...(2016/10/28 提供:ラッカスワイヤレスジャパン合同会社)

レポート
400GバイトSSD48台構成で25万6000IOPS達成、オールフラッシュストレージの実力検証
 ESGの調査によると、IT担当者がインフラ対応で苦労する上位項目に「データの急増」と「データベースサイズの管理」が挙げられている。IT業務のROI改善の方法としてデータベースの統合が進められているが、そこで重要なのがパフォーマンスの向上だ。オールフラッシュスト...(2015/8/4 提供:ネットアップ株式会社)

比較資料
10社「IPS」を詳細比較、不正侵入の防御性能が高い製品は?
 既存のセキュリティシステムをかい潜るように、近年のサイバー攻撃は手口が巧妙化している。対策として挙げられるのが「IPS(不正侵入防御システム)」だ。しかし、多数の製品から選択の決め手に欠く企業は少なくない。 セキュリティ製品を選定する際は、一般的に防御...(2017/3/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
最適なアクセスポイントに常時接続、IEEE 802.11acも徹底活用できる無線LAN運用
 ワークスタイルの多様化やモバイル端末の活用を進める上で欠かせない無線LAN環境。ユーザー増加に合わせて規模を拡張したり、ギガビット無線LANを導入したりしても、不安定な接続状況が改善されず、期待したほどのスループットが得られないケースも少なくない。 その典...(2017/5/15 提供:株式会社日立システムズ)

技術文書
ファイアウォールバイヤーズガイド──どうセキュリティベンダーを選ぶのか
 ネットワークがかつてないほど複雑化し、ファイアウォールが実行する基本機能はコントロール対象であるはずのトラフィックによって効力を失ってしまった。脅威の変化は激しく、ポートやIPアドレスに対する従来のようなフィルタリングではもはや阻止できなくなった。 フ...(2016/10/12 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

事例
大規模認証システム構築事例:1週間で150万ユーザーの増加を支えた技術とは?
 英国の大手小売業者であるMarks & Spencerは、2015年の歳末商戦に際してゲーム形式のキャンペーンサイトを立ち上げた。アクセスすれば1日ごとにプレゼントを獲得できるチャンスがあり、さらに友人とプレゼントを贈り合うことで獲得チャンスが広がる。この仕組みで、ユ...(2017/4/25 提供:Auth0,Inc.)

レポート
「IoTハッキング」事例研究:市販の防犯機器への調査で分かった10の脆弱性
 導入後にセキュリティパッチを適用できないデバイスが、これまでにないペースでネットワークに追加されている。それがIoTデバイスだ。2016年にマルウェア「Mirai」によって引き起こされた大規模なDDoS攻撃は、このようなIoTデバイスが攻撃者に悪用された場合の危険性を...(2017/2/16 提供:ラピッドセブン・ジャパン株式会社)

事例
バッチ処理時間を3分の1に短縮、BSNアイネットがオールフラッシュ化で得た効果
 ITソリューションビジネスを展開するBSNアイネットでは、IaaS、DaaS、SaaSなどの幅広いクラウドサービスを提供している。毎年2桁以上の高成長を続ける一方で、その課題となっていたのが高負荷環境でのスループット低下だった。ストレージI/Oがボトルネックになっていた...(2017/2/14 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析でチャンスをつかむ
 企業の行動方針を決定する重要な判断材料として、業務状況の指標の分析は欠かせない。現代は膨大な業務指標データをリアルタイムで処理するが、自力で大規模データを解析するプラットフォームとして「Apache Hadoop」の採用が増えている。 一方、業務指標や経済指標だ...(2017/1/19 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

製品資料
「常時SSL化も万能ではない」、SSL通信を隠れみのにした攻撃にどう対処する?
 Webサイトの全てのページをSSL暗号化することで、セキュリティの強化、ログ精度の向上などを目指す「常時SSL通信化」。これを実施したWebサイトやWebサービスは検索エンジンの評価が高くなりやすいことから、SEO対策としても注目されている。 しかし、近年はSSL通信を...(2017/1/10 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
常識となりつつある常時SSLの課題――隠れた攻撃の発見と解析負荷の軽減
 SSL/TLSによるWebサイトの暗号化通信が標準になりつつある。SSL暗号化通信に必要なサーバ証明書が安価になったことでセキュリティを高めやすくなったと同時に、GoogleがSSL暗号化通信に検索順位の優遇を図っていることも影響している。 一方、SSL暗号化通信は通信内容...(2016/12/22 提供:マクニカネットワークス株式会社)

Webキャスト
「100Gbpsでもロスなし」、高速ネットワーク対応のパケットキャプチャー
 ネットワークに流れるデータの大容量化・高速化が進み、通信状況の把握や通信障害の解析の重要性が増している。特に通信障害は複雑な要因が考えられるため、その分析は管理者の悩みの種だ。そのため、パケットから通信状況の解析が可能なパケットキャプチャーが活用され...(2017/2/16 提供:株式会社東陽テクニカ)

製品資料
すぐ分かる「VMware vSphere 6.5」 絶対に押さえておきたい7つの機能強化
 日々生まれるセキュリティの脅威や複雑さを増すインフラ環境への対策として導入が進むサーバ仮想化技術。その中でも「VMware vSphere」は、ITインフラやアプリケーションに高いパフォーマンスと可用性を与える製品として人気が高く、クラウド基盤などでの採用が進んでい...(2017/1/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
活発化するディープラーニング開発、その源となる専用機のパワーを探る
 撮影した写真を、撮影シーンや被写体の人物で判別し、自動的に分類するサービスなどが登場している。その根幹は、システムが大量のデータから特徴を認識、抽出、学習して、自ら解析できるようになっていく「ディープラーニング」技術だ。 写真など映像分析のほかにも...(2017/1/30 提供:GDEPソリューションズ株式会社)

事例
読み込みを90%短縮、第一生命保険が“時代が変わった”と感じたオールフラッシュ
 激しい競争が続く生命保険業界で、業務のWeb化によるビジネスの成長を目指す第一生命保険。同社は、顧客を訪問して保険の提案をする際、タブレットを使って契約状況に応じた最適なプランを案内している。このスタイルは顧客から支持され、業績向上にも貢献しているとい...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
1000ユーザーで顕在化したVDIの性能問題を解決――関西電力グループの事例に学ぶ
 関西電力グループのITを担うシステムインテグレーターである関電システムソリューションズ。同社は、関西電力とグループ会社合わせて約2000ユーザーに対して、仮想デスクトップ環境をクラウドサービスとして提供している。 このサービスが開始された当初のユーザー数は...(2016/10/7 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

製品資料
VM約500台のデータ保護は何分でできる? 仮想マシンのバックアップ高速化対策
 仮想環境に移行したデータセンターでは、バックアップ、アーカイブ、レポーティングといった一連のデータ保護をより効率的に行う必要がある。組織内のデータ活用を進めるためには、仮想環境下でも多くのデータを短時間に移動することが求められるからだ。 従来のコンピ...(2016/7/22 提供:CommVault Systems Japan)

Loading