TechTargetジャパン

プレミアムコンテンツ
IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト
 「ソフトウェアテストほど重要なものはなく、ソフトウェアテストほど困難で大変なものはない」これを頭で理解していても、テストが現場任せになっていて、組織全体での問題と認識されていないことは多い。さらに今はIoTやAI、ビッグデータの隆盛により、ソフトウェアテ...(2017/5/10 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
多様なデータを統合管理、DWHの制限を取り払う「統合分析ハブ」
 企業がデータ活用を進めていく上では、従来型のデータウェアハウス(DWH)の制約が課題となる。例えば、ソーシャルメディアなどの情報を活用する場合、分析基盤には構造化データと非構造化データの両方が大量に入ってくるが、こうしたデータから潜在的な価値を引き出す...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

プレミアムコンテンツ
ソフトウェアテストの手法と施策
「ソフトウェアテストは数多くあるが、どれをどのように選ぶのか」 この問題に対する唯一の解は「テストは製品とプロジェクトに依存する」となります。つまり製品やプロジェクトに応じてテスト手法を選択し、それらを組み合わせてテストを実施することになりますが、これ...(2017/3/16 提供:アイティメディア株式会社)

事例
テストツール活用事例――年2回のリリースサイクルが月1回へ
 ウォーターフォール型プロセスに比べて、小規模な改良を高い頻度で行うアジャイル開発プロセスは、多くのソフトウェア開発現場で取り入れられつつある。特にクラウドやモバイルのアプリケーションなど競争が激しい分野での採用が顕著だ。 アジャイル化は、ソフトウェア...(2017/4/21 提供:日本シノプシス合同会社)

技術文書
iOS、Android をターゲットにしたモバイルアプリ開発の最新ガイド
 多くの企業がモバイル ファーストでのアプリ開発を志向しているが、モバイルアプリ開発において多くの企業は初期段階により多くの改善点を有している。ユーザーが目にするオフラインとオンラインは連動し、1つの体験でアプリの評価が下され会社のイメージが損なわれる場...(2017/4/10 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Webセキュリティ再入門:WAFによるWebアプリケーション保護の基本戦略を知る
 2018年末には、Webアプリケーションの保護を一般的なファイアウォールや侵入防止システムのみに頼る企業は、現在の40%から20%未満まで減るといわれている。この変化の中で、今後、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)の位置付けはどのように変わっていくのだ...(2017/2/8 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

プレミアムコンテンツ
ソフトウェアテストのコストと品質(後編)―現場と「上」で一緒に考える
ソフトウェアテストの重要さは言うまでもなく、また、現在はビッグデータやAI、IoTといった要素も加味せざるを得ず、その重要性と困難さは増すばかりである。この事実に立ち向かうには、「ソフトウェアテストの重要性」と「コストと品質のバランス」を再確認し、現場のみ...(2017/2/10 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
DevOpsとテスト自動化の新常識、ツールチェーンで短納期・高品質のソフト開発
 急激に変化する市場や顧客ニーズに対応するために、開発チームと運用チームを連携させる開発手法の「DevOps」が注目されている。ただしビジネスとしての成功には、ビジネスの視点が欠かせないものとなりつつある。 このような開発・運用・ビジネスの協調により目指すも...(2017/1/10 提供:リックソフト株式会社)

レポート
ITチームから見た「DevOps」――多くの業界で成功が実証されたアプローチとは?
 運用チームと開発チームの連携を強化し、ソフトウェア開発の生産性を向上させる手法として注目される「DevOps」。企業や組織がDevOpsを導入する主な理由は「高速化」と「スケールアップ」といわれるが、実際にどのような変化が期待できるのだろうか。 DevOpsを導入した...(2016/12/20 提供:株式会社ネットワールド)

事例
事例で見るクラウドサービス活用――開発・検証から新規システム展開まで
 さまざまな分野で活用されるクラウドサービスだが、具体的な導入効果が見えづらいことから、自社のニーズにマッチするか危惧するユーザーも少なくない。そこで、さまざまな企業の導入事例から、開発・検証の効率化や新規システムの展開などに与える効果を検討する。 こ...(2016/11/21 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
ワンランク上のWebサービス基盤に必要な「3つの機能」――競合製品との比較検証
 顧客や取引先、従業員向けにモバイル対応のWebサービスを展開し始め、トランザクションの急激な変化への対処に追われる企業が増加している。さらには本社を含めた複数の拠点でのデータ分析ニーズに応えるため、Webサービスによって独自の分析基盤を展開したり、新しいマ...(2016/9/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
「使い慣れた表は手放さない」、Excel業務から時間とコストの無駄だけなくす方法
 大量のデータ入力に対して優れた操作性を備えたExcel。数式を即座に計算し、多彩な形式でデータを可視化できるなど、その性能は誰もが認めるところだが、近年は「脱Excel」を目指す企業が増えている。その理由の1つがExcel業務に伴う数多くの手作業だ。 手作業の増加に...(2016/9/1 提供:大興電子通信株式会社)

製品資料
ノンコーディングの開発をさらに加速、ビジネスルール管理でコストと工数を削減
 ノンコーディングツールは、サブシステムの開発生産性の向上に大きく貢献するツールだ。IT部門とユーザー部門がこのツールを介して的確な意志疎通を図ることで、開発工数が大幅に削減され、ビジネススピードも向上する。 しかし、現実には生産性がなかなか上がらないこ...(2016/8/1 提供:株式会社アシスト)

製品資料
ビジネスプロセスを誰も理解できないのはなぜ? 複雑なモデル化が改善を阻む
 ビジネスの効率性と柔軟性を高めるためには、プロセスの洗い出しとフロー化が必要になる。しかし、その結果として得られたものが、非常に複雑で、誰も理解できないようなプロセスモデルであることは少なくない。 こうなる原因は、ビジネスプロセスとビジネスルールの混...(2016/8/1 提供:株式会社アシスト)

技術文書
ITサービスマネジメント実践ガイド――今こそ再確認したい導入の意義と基本戦略
 IT部門がシステムの保守・運用などの従来の業務にとどまらず、ビジネスの発展に貢献するためのアプローチとしてITサービスマネジメント(ITSM)に取り組む企業は多い。しかし、具体的に目指すべき目標や手法について、担当者の認識が曖昧なケースも少なからず見られる。(2016/7/7 提供:株式会社ユニリタ)

技術文書
最大のボトルネックは改善のチャンス、テスト自動化成功の秘訣は?
 Webアプリ開発のライフサイクルが高速化し、迅速な開発、工数削減、コスト削減、品質向上などがより一層求められるようになった。考えられる対策は幾つもあるが、重要な解決策の一つがテスト自動化の推進である。なぜならば、テスト工程はソフトウェア開発において約46...(2016/4/22 提供:マイクロフォーカス株式会社)

製品資料
業務の現場から“超高速”開発ツールでシステムが生み出されることの意味
 米国の調査会社ガートナーは「ペース・レイヤー」という考え方を提唱している。アプリケーションを変更頻度で3つのレイヤーに分類し、レイヤーごとに管理とガバナンスのプロセスを定義するものだ。業務アプリケーションでは、イノベーティブで実験的な「革新システム」...(2016/2/4 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

製品資料
グローバルWebビジネスの経験やノウハウ不足を補う、専門スタッフによる一貫支援サービス
 グローバル企業にとってWebサイトを複数の国や地域で展開するのは当然のことだ。しかし、異なる文化や法制を持つ未知の市場において、日本語コンテンツを翻訳しただけのものをそのまま訴求しても成果が上がらないことは常識となっている。それぞれの地域に駐在するスタ...(2016/2/1 提供:タクトシステムズ株式会社)

製品資料
ビジネスルールをありのまま表現する「BRMS」大手小売や金融保険も認めた効果
 取引先との契約条項や料金体系などの変更が発生した場合、それをシステムに素早く反映できなければ企業の競争力は下がるばかりだ。システムへの反映は単純なパラメータ変更だけでは済まないケースが多く、ビジネスルールの変更があるたびにシステム改修が発生して、完了...(2015/10/30 提供:株式会社アシスト)

講演資料
突然のOpenStack導入プロジェクト発足、立ちはだかる“2つの壁”は超えられるか?
 OpenStack導入プロジェクトをスタートさせるとき、まず立ちはだかる2つの壁がある。1つは、導入によってビジネスにどんなメリットがあるのか、それをいかに示すかである。もう1つは、実際に本番環境で安定稼働させるには、どのようなシステム構成にすればいいのかという...(2015/11/30 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
ログ管理製品導入戦略ガイド
 ログ管理は、まだストレージ容量が少なく高額だった時代に始まった。その目的は、幅広いIT機器が生成するログを記録し、中央に保管して検証できるようにすることだった。ストレージ価格が下がって記録できるログの量が増えた今、ログはITシステムの挙動を分析し、マシン...(2015/11/25 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
業務ルールをアプリケーションから切り離す「BRMS」 その画期的な開発手法
 「BRMS(Business Rule Management System)」は、業務の要件や制約をプログラムから切り離し、ルールを可視化することでQCD(Quality・Cost・Delivery)を向上させる開発・運用手法である。ルールが変わってもアプリケーションには変更が生じず、そのまま対応できるの...(2015/10/21 提供:株式会社アシスト)

技術文書
設計品質を向上させるための「状態遷移表」設計手法まとめ
 組み込みソフトウェアには、さまざまなイベントに対し、その時の状態に応じた動作・処理をさせる必要がある。そのため、開発現場では「状態遷移表」を使った設計が行われてきた。 状態遷移表を用いた設計手法の歴史は長く、古くから“設計品質を向上させるための手法”...(2015/10/26 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
DevOpsを機能させる「シフト・レフト」の概念とは? 4つのポイントで解説
 さまざまなビジネスの目的に対して、開発(Development)と運用(Operations)がより柔軟に、スピーディに対応するために協力する開発手法である「DevOps」。しかし、開発担当者と運用担当者の連携を密にする必要性は認識されているものの、まだまだバズワードの域を出...(2015/8/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
モバイルアプリ開発時の4つの指針、「対処・採用すべきこと」の手引書
 スマートフォンやタブレットなどモバイルデバイス用のアプリは新規開発、既存アプリの修正を問わず、需要はますます高まっている。このため、企業はモバイルアプリの開発コストや保守、品質、セキュリティなど、より戦略的な問題に十分取り組む余裕がなかったといえる。(2015/8/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
ソフトウェアの品質と安全性向上のための「形式手法」入門編
 ソフトウェアの品質を確保するため、誰もがレビューとテストを行う。しかし、一般的に行われているレビューやテストにおいて、システムが正しく動作することをどの程度保証できているのだろうか。 優秀なエンジニアによる小規模ソフトウェア開発であれば、設計・テスト...(2015/6/5 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
エンタープライズ・アジャイルによる開発手法の変革〜中電シーティーアイの挑戦〜
 激しく変化し続けるビジネス環境において、ユーザーが、「よりタイムリーに、より価値ある IT」を、情報システムに求める期待が増しています。従来型開発プロセスでは対処できないことは周知の事実であるものの、実際の改善には、エンタープライズ特有の多くの制約が存...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
日本でのDevOps実現における落とし穴とその回避策
 エンタープライズにおけるモバイルやクラウド・コンピューティングの活用が本格的に普及する中、ユーザーをより満足させるアプリケーションを、これまで以上のスピードで提供するためのアプローチとして、DevOpsが注目を集めている。だが、その名の通り単純にDev(開発...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
【DevOpsガイドブック】DevOpsにまつわる、ありがちな「10の誤解」
 「DevOps(Development and Operations: 開発と運用)」が、トレンドキーワードであることは間違いない。だが、他の新しいアプローチ同様、誰もが口にするけれど、全員が理解しているわけではないのが現状だ。本資料は米WileyによるDevOpsをビジネス中心のアプローチで...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
品質なしにDevOpsなし――No Quality No DevOps!
 エンタープライズDevOpsの世界では、ソフトウェアライフサイクル全体のスピードアップが求められている。効率化が求められるのは、テスト工程に関しても決して例外ではない。限られた期間内でこれまで以上に品質を高く保つためには、いかに効率的にテストを進めるかがカ...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading