TechTargetジャパン

製品資料
徹底解説:HPCとビッグデータ分析のための「超高速データ処理基盤」の全貌
 優れた性能を発揮するハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)クラスタの設計には、あらゆるレイヤーにおいてパフォーマンスに対応したアプローチが必要だ。包括的なデータセントリックな設計である「IBM Power Systems HPCソリューション」は、構成する全てのコン...(2017/6/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
オンプレミスから「専用サーバ+クラウド」へ移行――コストを抑えた運用の秘訣
 博物館や美術館の情報を発信するポータルサイト「インターネットミュージアム」を運営している丹青社。同社は、これまで自社内のサーバ室に構築したクラウドシステムを利用して、このサービスを稼働させていたが、2015年9月の社屋移転をきっかけにオンプレミスからの移...(2017/5/31 提供:さくらインターネット株式会社)

製品資料
基幹業務システムでFinTechを活用、OSSとメインフレームはなぜ相性が良いのか?
 近年は、最新のWeb技術やアプリケーションAPIを活用したサービス開発があらゆる領域で行われている。このようなアプローチの1つである「FinTech」も、今では金融機関の周辺業務だけでなく、基幹業務の領域での活用が進んでいる。 その実現の鍵となるのが、常に最新技術...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
オープンソース活用の常識を変えるエンタープライズ向けIT基盤が生み出す価値
 市場のニーズの多様化や予測しきれないビジネス環境変化に対応していくには、常に新しい技術が実装されるオープンソースソフトウェア(OSS)の活用が欠かせない。中でも注目されているのが「Node.js」「Apache Spark」「Docker」の3つだ。 Dockerで柔軟性の高いシステ...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
リアルタイム分析の第一歩、データ活用基盤の理想的な構築方法は?
 Uberのような新たなプレイヤーがITを武器にビジネスに参入してくる時代では、データ活用の重要性はあらゆる業界で急速に高まっている。しかし、多様なデータをさまざまなシステムが個別に保有している結果、限定的なデータ分析しか行えない企業は少なくない。 必要とな...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月11日号:家庭内のIoTデバイスを守れ!
 Computer Weekly日本語版 1月11日号は、以下の記事で構成されています。■AIとOffice 365の融合でビジネスとコラボレーションはどう変わる?■魅力が低下したスマートフォン復活の鍵はスマートアシスタント機能■HDD vs. フラッシュストレージ、「フラッシュストレージ...(2017/1/11 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
もう先送りできない、レガシーシステムの「安全な引退方法」を考える
 いち早くITを活用し始めた企業ほど悩まされる課題がある。いわゆる「サーバやデータベースの塩漬け」問題だ。昔から利用してきたシステムが時代遅れとなりつつあるのは分かっているが、その刷新は手間とコストが現実的ではなく、手つかずのまま使い続けざるを得ない。 ...(2016/11/18 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
OpenStackクラウド開発、最新技術をすぐに取り込めるLinux基盤の「12の条件」
 業務利用にも適したクラウド環境を構築・管理できるOpenStackは、実行環境となるLinuxがシステム全体のパフォーマンスや拡張性、データセキュリティの基礎となる。そのため、導入に際しては、OpenStackディストリビューションとLinux製品が相互に依存することを意識する...(2016/8/31 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
バックアップの統合運用「3つのポイント」――仮想・物理環境も複数OSも問わず
 事業を支えるITシステムを安定稼働させるための対策として、多くの企業がバックアップ体制を整えている。しかし、年々進行するシステムの複雑化やデータの増加により、バックアップに対する新たな課題も見え始めている。 特に物理・仮想環境の併用や複数OSの混在などが...(2016/6/27 提供:arcserve Japan合同会社)

製品資料
次世代アプリの開発環境、オープンソース向けIT基盤を選ぶべき理由とは?
 今日では、オープンソースを軸とした新規プロジェクトは、開発に参加する個人、商業ベンダー、サービスプロバイダー、エンドユーザー企業などの取り組みや協力により、すぐに立ち上げることができるようになった。また、その開発基盤の信頼性も確立されてきており、マイ...(2016/7/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
約793万件の情報漏えいはどうすれば防げたのか? 実際の事件に学ぶ今後の対策
 大手旅行代理店JTBは2016年6月、「標的型攻撃」と呼ばれる外部からの攻撃により、約793万件の顧客データが漏えいした可能性があると発表した。子会社のオペレーターが、相手先を装ったメールに添付されていたファイルを不用意に開いたことによるウイルス感染が原因だと...(2016/7/28 提供:ソフォス株式会社)

製品資料
ビッグデータをより速くより深く分析するための必須条件とは?
 膨大なデータから新たな価値を生み出すための必須条件とは何か? それはより速く、より深く分析できるIT基盤だ。ビジネスにおけるデータ分析の重要性が増す中、処理能力だけでなく仮想化機能、信頼性、セキュリティにおいて高い能力を備えたシステムが求められている。(2016/5/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
x86サーバだけが解ではない――Linuxサーバを活用したくなる10の理由
 現在、あらゆる組織で売り上げ、収益率、顧客サービスの向上に向けてITが活用されている。しかし、企業や政府機関の多くで、実務能力に制約をかけるようなITインフラを採用してしまっているケースが散見される。これは、IT管理者が持っているサーバプラットフォームに対...(2016/6/27 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
エンタープライズオープンソース製品導入戦略ガイド
「Windows」や「UNIX」「Oracle Database」のスキルは今や「レガシー」化したという認識が、IT業界で広がっている。新興企業から大手電子商取引サイトまで、オープンソースソフトウェア(OSS)の利用が拡大し、OSS関連スキルの需要が高まっている。 プロプライエタリ製品...(2016/4/27 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
今、運用管理のオペレーション環境が変わる「KVMのデジタル化」がもたらす新発想
 KVMとは、キーボード(Keyboard)、ビデオ(Video)、マウス(Mouse)の頭文字をとったもので、複数サーバを1台の端末から切り替え操作できるKVMスイッチは運用管理において機器やスペースの集約化でコスト低減できる。また、遠隔操作によってマシンルームとの行き来を...(2015/10/30 提供:富士通コンポーネント株式会社)

レポート
「第3のプラットフォーム」に対応するためのシステム改革の要点とは?
 ビッグデータ、クラウドコンピューティング、モバイル、ソーシャルテクノロジーが新しいプラットフォームとして台頭してきた。IDCはこれを「第3のプラットフォーム」と呼び、コンピューティングとビジネスの在り方を根本的に変革すると予測する。 業務や顧客接点におい...(2015/4/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
次世代データセンターのためのサーバ製品導入戦略ガイド
 データセンターに新たなトレンドが押し寄せようとしている。 コンパクトなコンテナに必要な機能を集約した「マイクロデータセンター」、小型のSoC チップを利用した「マイクロサーバ」、Xeon に取って変わろうとしているさまざまなプロセッサ。 本製品ガイドでは、デ...(2015/4/22 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
待ったなし! Pバイト級のデータが突きつけるストレージの刷新
 IoT(Internet of Things)と呼ばれる動向や、ビッグデータの活用が注目を集める中、企業が保持するデータは、TバイトからPバイトへと増加している。この状況に現状のストレージシステムは耐えられるだろうか。残念ながら、アーキテクチャの限界から、あちこちで破綻が...(2015/2/6 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
情報漏えい対策、待ったなし! 特権IDの一元管理で煩雑さを解消
 管理が不十分な特権IDを悪用した大規模な情報漏えい事件が相次いでいる。設定項目変更、データアクセス、ユーザー領域の管理など、高レベルな権限を持つIDが「特権ID」だ。そのため、管理が不十分だと大きなセキュリティリスクとなる。特権IDを誰がいつどこに対して利用...(2014/10/27 提供:株式会社ディアイティ)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月17日号:Amazonはクラウド界のMicrosoftか
 Computer Weekly日本語版 9月17日号は、以下の記事で構成されています。■AmazonがMicrosoft化している5つの兆候 Microsoftはかつて、独占企業として競合企業の敵意を集めていた。今、かつてのMicrosoftのように市場を独占して警戒される存在になりつつあるのがAmazon...(2014/9/17 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
仮想化、クラウド、マルチテナントなど新テクノロジーのニーズを満たすサーバ選択の鍵
 近年、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、モバイル、ソーシャルテクノロジーなど新たなテクノロジーの登場で、コンピューティングとビジネスの在り方が根本的に変わった。これら新テクノロジーの活用に取り組まない企業は取り残される恐れがある。 だが、新た...(2014/6/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
比較! ウチの会社とクラウド事業者のITは何が違うのか?
 米Gartnerの調査担当副社長レイ・パケット氏は、「2017年には、パブリッククラウドが企業における一般的なアーキテクチャになっているだろう」と予測する。だが、今はまだ、パブリッククラウド事業者とユーザー企業で、ITのアーキテクチャの在り方は大きく異なる。 パ...(2014/9/25 提供:アイティメディア株式会社)

事例
【導入事例】大手EDAツールベンダーの日本ケイデンスで採用されたWindows用エミュレータExceed onDemand
 EDAの開発環境は、UNIXサーバとSolaris/Linuxのワークステーションで運用されているのが一般的だが、近年はWindowsPCからサーバへのアクセスが当然となっている。日本ケイデンスは2009年頃より、WindowsPCからLinuxサーバ上のケイデンス製品を利用できるエミュレータの...(2012/3/30 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
運用管理の人的ミスを防げ 運用管理者が異動したその日からミスなく作業を進める方法
 企業の情報システムは急速な大規模集約化が進み、仮想環境やクラウド環境の急増により複雑化したシステムの効率的な運用は大きな課題だ。例えば、定期的なサーバのパスワード変更作業は、台数が多くなると作業時間が増え、人的ミスが発生する恐れがある。また、システム...(2013/10/10 提供:株式会社日立製作所)

技術文書
テクノロジーの進化によりIT基盤のビジネスへの貢献を最大化する「IBM POWER7+」最新情報
 あらゆる企業において、コストを削減しつつビジネス・パフォーマンスを最大化する必要に迫られている現在、経営者にとって競争優位に立つためのIT基盤におけるテクノロジー選択がますます重要になっている。 効率よく柔軟にシステムを稼働させると同時に、より多くのシ...(2012/11/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
パフォーマンス検証から見るHadoopへの仮想化の適用とx86サーバーとの比較
 ビッグデータの分析で今話題のHadoop。現状、そのHadoopの環境はx86サーバーを横に並べスケールアウトさせるのが通例である。理由はX86サーバー上での仮想化は、パフォーマンスオーバーヘッドが生じるためHadoopでは禁じ手と言われているからである。 IBMは、UNIXのテ...(2012/11/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
既存データベースシステム最大の課題「コスト高」を解決するには
 ビッグデータ活用を見据えたデータベースシステムを構築する上で、最大の課題となるのは「コスト」の壁だろう。「IBM DB2」は、パーティショニングや高可用性オプション、データベース運用の自動化およびチューニング機能を標準で使えるため、他社データベースに比べ低...(2012/11/1 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

講演資料
ビッグデータ時代のRDBMS高速化技術、導入前の「検証」の重要性
 コンサルティングファーム、調査会社、ITベンダーなどがさまざまなメッセージを打ち出している「ビッグデータ」。ビッグデータ対応のテクノロジーとしては、Hadoopやストリーミングが取りざたされる場合が多いが、開発コストをはじめ、セキュリティおよび可用性の確保な...(2012/11/1 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

講演資料
てすと091014
これはテストです、これはテストですこれはテストです、これはテストですこれはテストです、これはテストですこれはテストです、これはテストですこれはテストです、これはテストですこれはテストです、これはテストですこれはテストです、これはテストです(2012/10/5 提供:アイティメディア株式会社)

事例
重複排除によってバックアップ環境を改善した6つの事例
 企業の貴重なデータ資産を保護するバックアップ環境。万が一のシステム障害に備え、事業の継続性を確保するためにも非常に重要な役割を担っている。しかし、サーバ仮想化の普及によるシステムの複雑化、データ量の増加に伴う運用管理コストや人的負荷など、自社に最適な...(2012/3/12 提供:EMCジャパン株式会社)

Loading