TechTargetジャパン

技術文書
企業のIT予算を圧迫している要因は何か? 根本原因を解決する「垂直統合」
 依然として厳しい経済情勢が続く今日、さらなる成長を目指す企業のIT部門は、ビジネス機会の創出や顧客価値向上のためのIT活用を支援すべく、知恵を巡らしていることだろう。しかし、悩ましいのは現代企業のIT支出の7〜8割を消化しているといわれる運用保守コストの負担...(2013/3/1 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
データベース統合の実現に、ネットワークサーバとハイブリッドストレージの垂直統合という選択
 従来、ITシステムでは業務、地域、部署ごとにDBを設置していたため、新規導入や更新に際してサーバ、ストレージ、ネットワーク、OS、DBのシステム設計コストなどの費用が発生してきた。また、運用面でも電気代、設置場所、資産管理などの費用が発生する。DBを統合すれば...(2016/1/12 提供:株式会社日立製作所)

技術文書
Java EEアプリケーションを安全かつ簡単に高速化する方法 〜検証から学ぶクラウド時代のスケールアウト戦略〜
 企業システムを担当している人であれば、「パフォーマンスがでない」という問題に直面したことは多いだろう。ー般的にJavaEEアプリケーションサーバの場合、アプリケーションサーバの台数を増やすこと(スケールアウト)で処理性能を向上することができる。しかし、単純...(2013/8/22 提供:レッドハット株式会社)

レポート
ざっくり分かる「ハイパーコンバージド」の仕組みと主要製品
 「コンバージド(垂直統合型)インフラ」と「ハイパーコンバージドインフラ」。両者には違う点も多いが共通要素もある。 コンバージドインフラは、サーバやストレージ、ネットワーク、サーバ仮想化というデータセンターの主要な4つのコンポーネントを1つの筺体にまとめ...(2015/12/17 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
新しいデータベースチューニングの方法論まとめ 〜最新技術と評価資料〜
 システム全体のスループットを高める必要があるデータベースシステムの性能改善では、SQLチューニングなどのソフトウェア的な対策に加え、構成するハードウェア全体をバランス良く性能向上させていく必要がある。 高速なI/Oを特徴とするフラッシュストレージが普及期を...(2015/10/7 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

レポート
5分で理解する「ハイパーコンバージドシステム」の仕組み
「コンバージド(垂直統合型)システム」と「ハイパーコンバージドインフラシステム」。データセンターの管理者は現在、この2つの選択肢がある。両者には違う点も多いが、フラッシュストレージという共通要素もある。本稿ではハイパーコンバージドシステムの仕組みと主要...(2015/8/27 提供:アイティメディア株式会社)

事例
キューアンドエーのSDS運用4年間の実態を聞く、そのメリット・デメリットとは?
 コンバージド(垂直統合型)システムは、サーバやストレージ、ネットワークなどを単一筐体にまとめた製品である。サーバが各部署で乱立し、サイロ化してしまった既存システムの建て直しに大きな効果を発揮する。サーバに加えストレージやネットワークまでも1つの筐体に...(2015/7/31 提供:横河レンタ・リース株式会社)

製品資料
x86サーバを超越した「超高速サーバ」──搭載テクノロジーの全貌に迫る
 ERP、SCM、CRM、BIなど目的ごとに分断されていたITを統合し、業務プロセスをリアルタイムに結び付ける。顧客行動とメタデータから価値のある情報を瞬時に導き出し、ビッグデータ時代をリアルタイムなアクションで勝ち抜く……。「やろうとしても、なかなかできなかった...(2015/2/2 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Webキャスト
SAN不要。シンプルな構築、運用、拡張を可能にするサーバ仮想化基盤とは?
 物理サーバの統合によるハード調達コストや保守、運用コストの削減、業務アプリケーションの一元管理、柔軟なシステム拡張性などを実現する技術としてサーバ仮想化が注目を集めている。 サーバ、ストレージ、ネットワーク(SAN)で構成される従来のサーバ仮想化基盤は...(2015/4/13 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
Oracleデータベース仮想化を決断できない、その課題対策
 Oracleデータベースサーバ導入における最大の支出はライセンスコストだ。また、社内にある多くのサーバは使用率が低く、必要以上にコストが掛かる。これらの問題は、Oracleデータベースの統合と仮想化により解決する。だが、I/O負荷や実際のパフォーマンス、サポートに...(2014/2/7 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
Windows XP移行でつまづかない、アプリ/デスクトップの「同時仮想化」という選択
 2014年4月に迫ったWindows XPのサポート切れ。企業としてはOS移行が必須となるが、そのままでは使えなくなってしまうアプリケーションも存在するだろう。また、OS移行を機に、従業員により柔軟なワークスタイル環境を提供したいと考えている企業は少なくない。 こうし...(2013/9/30 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
統合インフラシステム製品をどう考えるべきか
 過去数年の間に、「統合システム」「垂直統合システム」などと呼ばれる製品が増えてきた。これは、特定のアプリケーションやソフトウェア、あるいはPaaSレベルの環境提供に最適化されたものと、仮想化環境までのインフラ提供に特化したものに大別できる。 ここではイン...(2013/3/6 提供:アイティメディア株式会社)

Loading