TechTargetジャパン

レポート
企業における仮想化環境のセキュリティ・バックアップ実態調査レポート
 IT系オンラインメディアとして著名な「ZDNet Japan」で2013年1月30日から2月6日まで仮想化環境への取り組みやセキュリティおよびバックアップ対策の現況について調査を行った。総回答数は409名であった。 実際に現場でIT運用する担当者の回答から様々なヒントが明らか...(2013/5/9 提供:株式会社シマンテック)

事例
IT管理者を悩ませる仮想環境の4つの運用課題、事例で分かる解決策
 サーバ仮想化を導入している企業や組織は、仮想環境の運用管理において共通の課題を抱えている。IT管理者を悩ませる課題は、大きく分けて、以下の4点に集約される。・リソースの利用にムダが多い・仮想環境のトラブルシューティングに時間がかかる・仮想マシンが増えて...(2015/2/12 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
止まらない仮想化、悩む情シス……「“スキル不足“が約5割」―仮想環境のバックアップガイド―
 ITサービスやビジネスクリティカルな環境のサーバ仮想化に取り組む企業は増加傾向にある一方で、仮想環境のバックアップについては課題も山積みだ。 シマンテックは、2013年1月30日から2月6日にわたり仮想化への移行を進める従業員100人以上の企業のIT担当者を対象に調...(2014/5/7 提供:株式会社シマンテック)

その他
仮想環境を完全可視化、潜在的なリスクの発見と仮想環境に最適化された防御策
 システムへの攻撃に対しては、侵入を防ぐための防御策だけでなく、侵入されることを前提にした対策も必要だ。これを仮想環境に当てはめると、マルウェアに感染した仮想マシンの通信を把握することで二次感染の被害を食い止めることが重要となる。つまり、マイクロセグメ...(2015/12/21 提供:ノックス株式会社)

技術文書
「vSOM(ブイソム)」で便利な仮想インフラの管理を始めよう!
 大規模な仮想環境の導入で課題になるのが、仮想環境の集約率の向上だ。だが、大規模環境では仮想環境が複雑な分、集約率を高めるために欠かせない可視化が難しいという問題がある。 この課題を解決するのが、仮想環境の運用管理ツールだ。本資料では、vSphereに仮想環...(2014/7/3 提供:トレンドマイクロ株式会社)

技術文書
仮想化導入の失敗を防ぐ! 仮想環境におけるセキュリティとバックアップに関する注意事項
 仮想化を導入する企業は増え続け、中小・中堅企業においてもコスト削減や生産性の向上などを目的に仮想化を導入する企業が増えている。 仮想化は、サーバーの利用率向上、フロアスペースの解放、電力の節約など、企業にとってさまざまなメリットをもたらす。しかし、デ...(2012/4/12 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
仮想化環境のストレージ「5つの課題」を解決する仮想化専用ストレージを徹底解剖
 仮想化環境の普及に伴い、専用ストレージのニーズは高まる一方だが、抱える課題も表面化してきた。具体的には、下記の5つの課題が指摘されている。・設計、導入、容量拡張の作業が複雑・日常の運用における、ストレージ装置関連の設定変更が複雑・仮想マシンの利用、デ...(2014/9/29 提供:富士通株式会社)

製品資料
仮想環境に適したバックアップとは?
 仮想化環境は普及期に入り、業務に直結するシステムの仮想化も急速に進んでいるが、バックアップ体制が整備できている企業は多くないのが現状だ。仮想環境で求められるバックアップソリューションの要件とはどのようなものか。 仮想環境でのバックアップ対象は複雑で多...(2014/2/27 提供:株式会社ネットジャパン)

レポート
仮想環境のバックアップ運用、最適なツール選択のための8つの注意点
 現在、多くの企業がサーバ仮想環境を構築している。ITリソースや運用管理コストなどの削減効果が期待される一方、そのバックアップやリカバリに不安を感じている企業も多いようだ。 この文書では、物理環境とは異なる仮想環境ならではのバックアップの特徴や課題を踏ま...(2012/11/30 提供:アクロニス・ジャパン株式会社)

製品資料
仮想環境をツールで補完、運用管理の強化で得られる「5つのメリット」
 サーバ仮想化技術により、サーバの統合、物理資産の利用率向上、設備投資コストや運用コストの削減などの効果が得られる。しかし、それだけでは完成された仮想環境を手に入れたことにはならない。仮想環境のパフォーマンスは、さまざまな条件の変化により常に変動するか...(2016/8/8 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
その仮想環境、実は無駄だらけ!? 物理環境とは異なる、仮想環境特有の運用ポイントとは?
物理環境の運用で培った感覚で、仮想環境にマシンを追加! 異常なし!本当に問題はないのだろうか?仮想環境は一見上手く運用できているように見えても実は無駄だらけであるケースが多い。このままではコスト削減という仮想化最大のメリットが失われてしまう。仮想マシン...(2011/10/24 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
物理・仮想環境を一元管理、データ保護のコスト最適化を実現するバックアップ製品
 システムやデータを保護し、ビジネスを守るために不可欠なバックアップ。その重要性はシステムが物理サーバから仮想サーバ、クラウドへと移り変わる中でも変わらない。むしろ新たなシステム形態や、それに伴う高度なニーズに対応したバックアップツールが求められるよう...(2016/10/18 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

製品資料
仮想環境の「バックアップ」「DR」実現を阻む3つの課題、どう解決したら良い?
 企業の事業継続計画(BCP)やリスクマネジメントを目的に、仮想環境下でのバックアップ環境やディザスタリカバリ(DR)対策を整備する企業が増えている。一方、「バックアップ処理に時間がかかる」「インフラや運用に対するコストが大きい」など実現にあたり課題を抱え...(2016/1/13 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

技術文書
VMware Technical Tips:仮想化環境のバックアップをミスなく導入するには?
 仮想化環境への移行によるメリットは多くの企業が認識しているが、そのバックアップとリカバリ環境はしっかり考慮されているだろうか? 特に絶対に止まってはならない重要なアプリケーションやサービスを仮想化環境への移行する際には、そのバックアップとリカバリ方法...(2013/11/15 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
仮想環境向けデータ保護ソリューションの選び方――実地テスト結果で検証
 VMwareやHyper-Vを用いてサーバ仮想化に取り組む企業は多いが、高度に仮想化された環境において、仮想マシンのバックアップ、データリカバリに課題を感じる企業は多い。災害対策における復旧目標値(RTO/RPO)の改善のため、データストア内の仮想マシンを対象にしたス...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
失敗に学ぶ仮想化環境のバックアップ術――4大課題を克服できるか
 仮想化環境が多くの企業で利用されるにつれて、その仮想マシンのバックアップが課題として浮かび上がってきた。特にバックアップやリストアに時間がかかる点や、複数OS混在時の設定と運用の複雑化は、その代表格である。 例えば、VMwareの仮想化基盤においてはバックア...(2017/1/27 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

講演資料
【仮想環境スムーズ運用モデル】最適な仮想環境を維持する運用管理のご提案
 仮想化により統合されたサーバ。仮想環境への移行後は以下で挙げたように、運用管理面で様々な問題が発生する。・仮想環境の管理が複雑・システムの性能低下・障害発生時の切り分けが困難・バックアップデータの増加  上記の課題を解決するためには、仮想化基盤の構成...(2011/2/14 提供:株式会社日立製作所)

レポート
仮想化で見えてきた新たな運用管理の課題と解決策を探る
 仮想化導入の際ほとんどの企業が、まず小規模な範囲で実施し、次第に仮想化の範囲を広げていく。だが、仮想化されたシステム環境が主になったにもかかわらず、システム運用管理の手法をプロセスは仮想化以前のままという企業が多い。IDC Japanの調査によると、仮想化シ...(2014/5/26 提供:ヴイエムウェア株式会社)

比較資料
比較表で理解する 仮想環境のバックアップ製品 選定ポイント
 VMware環境におけるバックアップの課題を解決するための最新のバックアップ技術、製品選定のポイントとは? 主要なバックアップ製品の機能とコストを比較し、システム規模に応じた製品選定のノウハウを解説する。内容は以下の通り。第1 章【技術解説】仮想化特有の課題...(2015/2/26 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Windows Server 2008 R2 Live Migration環境構築ガイド
 Live Migration とは、Windows Server 2008 R2 Hyper-V 2.0 (以降Hyper-V 2.0 と表記します) の機能の1つです。Hyper-V 2.0 は、Windows Server 2008 R2 の一部として提供される仮想化機能です。 Hyper-V 2.0 を使うことによって、1 つの物理的ハードウェア (1 台のサ...(2011/6/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
仮想化環境の可用性向上術――重要なデータを保護しながらシステムを高速復旧
 多くの企業で仮想化環境の採用が進むなか、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策などに向けた高可用性を実現する方法にも変化が求められるようになった。その変化に対応するためには、まず仮想化環境における可用性と密接に関係する、網羅性、迅速性、適切性につい...(2016/11/9 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
仮想環境のバックアップ、エージェント方式やVADP方式の課題を解消するには?
 基幹データの損失は企業に甚大な影響を及ぼすため、多くの企業がデジタルデータの“最後の砦”としてバックアップを実施している。しかし、仮想化環境の場合では、データ保護方式に一長一短があるため、十分なバックアップサービスを提供できないケースがある。 例えば...(2016/8/29 提供:ノックス株式会社)

レポート
サーバ仮想化の隠れたデメリット、データ保護の効率低下はどう解消する?
 サーバ仮想化によりリソースの効率化や運用コストの削減を目指す企業が増えているが、それにより新たな問題が生じることもある。その代表例が、高度な仮想環境になることでデータの保護とリカバリの効率が低下するケースだ。 これについてIT調査会社のESGは「従来のバ...(2016/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
東京大学のストレージ刷新、サーバ仮想化環境の高速化と安定運用を実現した秘訣
 東京大学 工学系研究科・工学部では、学生や教職員の情報発信、情報共有の活性化や業務の効率化を目的とした情報サービス基盤を運用している。この基盤はサーバ仮想化環境上に構築され、5000人以上のユーザーに情報ポータルやメールサービスなどの機能を提供している。(2016/12/15 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

事例
約1時間で仮想マシンを復旧、仮想環境に最適な“丸ごと”バックアップ
 Webサービスを提供する企業の多くはサーバの増加に伴い、仮想環境へと運用を拡大していく。それと同時に、仮想環境での適切な障害対策を取ることが求められるようになる。 会計事務所向けの業務支援サービス「ゆりかご倶楽部」を運営するエッサムも同様の課題を抱えて...(2016/9/28 提供:株式会社ネットジャパン)

比較資料
比較表で理解する 仮想環境のDR製品 選定ポイント
 VMware環境で災害対策(DR)を実現するための方式、製品選定のポイントとは? 災害などによるシステム障害を想定し遠隔地でデータを保護したい方、サービスの復旧時間を短縮するためサイト間でシステムを切り替えたい方の参考に。第1 章 VMware環境のBCP/DR対策で陥...(2015/5/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
仮想化環境導入後、運用現場の課題はこうして解決する
 モバイルデバイスの普及やソーシャルネットワークの浸透、コンテンツ、データ容量の増大など、急激な市場の変化に対応するために、企業はクラウドや仮想化環境を利用した迅速なビジネス展開を推進している。だが、運用管理の面では課題に直面している企業も多い。TechTa...(2015/1/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

その他
【仮想環境スムーズ運用モデル】最適な仮想環境を維持する運用管理のご提案
 仮想化により統合されたサーバ。仮想環境への移行後は以下で挙げたように、運用管理面で様々な問題が発生する。・仮想環境の管理が複雑・システムの性能低下・障害発生時の切り分けが困難・バックアップデータの増加  上記の課題を解決するためには、仮想化基盤の構成...(2011/7/4 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
アプリのダウンタイムを36%削減、事例に学ぶ「仮想環境の運用管理」強化術
 仮想環境における管理機能の強化は、環境全体の状況を把握し、さまざまな問題が顕在化する前に原因を特定、解決することによってなされる。これによりリソースの最適化と、ユーザーの運用効率の向上、さらには的確なタイミングでのシステム増強が可能になる。 この他に...(2016/8/8 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
仮想化時代のバックアップツール、5つの課題と5つの新常識
 TechTargetが2014年4月に行った「バックアップ/リカバリ環境に関するアンケート調査」において、約半数のユーザー(49.7%)が「物理/仮想化環境の両方」がバックアップ対象であると回答している。TCO削減のために、仮想化環境へと移行したシステムも多い。物理環境で...(2014/7/22 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Loading