TechTargetジャパン

製品資料
自己学習型分析機能で自動アラート 仮想環境管理はここまで統合できる
 仮想化はリソースの有効活用や迅速な仮想マシン(VM)の立ち上げなど、データセンターに新たなメリットをもたらす。その一方でVMの急増や過剰なプロビジョニング、ITのパフォーマンスとキャパシティーを把握しようとする際の制約など、幾つかの課題も発生する。 こうし...(2016/10/18 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
仮想環境のバックアップ、エージェント方式やVADP方式の課題を解消するには?
 基幹データの損失は企業に甚大な影響を及ぼすため、多くの企業がデジタルデータの“最後の砦”としてバックアップを実施している。しかし、仮想化環境の場合では、データ保護方式に一長一短があるため、十分なバックアップサービスを提供できないケースがある。 例えば...(2016/8/29 提供:ノックス株式会社)

Webキャスト
エバンジェリストに聞く「Hyper-Vによる仮想環境管理にSCVMMは必要なのか?」
 Hyper-Vによる仮想環境管理は、標準の管理ツールであるHyper-V ManagerやServer Managerで事足りるのではないだろうか。SCVMM(System Center Vertual Machine Manager)は本当に必要なのか? 本コンテンツではその疑問をマイクロソフトのエバンジェリストにぶつけ、そ...(2014/4/24 提供:ユニアデックス株式会社)

製品資料
障害を未然に防ぐプロアクティブな仮想環境管理「10のテクニック」大公開
 仮想環境は、便利であるが故に拡張が進み、それにつれて従来の管理手法では管理負荷が増大してくる。しかも、CPU、メモリ、ネットワークなどのリソースを監視し、プロアクティブに対応しなくては業務への支障が出る恐れもある。問題が発生する前に適切な処理を実行し...(2015/3/26 提供:ヴイエムウェア株式会社)

Webキャスト
読者の仮想化導入後の課題に答える! CA Technologiesが提案する仮想化管理と自動化ソリューション
 TechTargetジャパンが今年6月に実施した調査によると、仮想化導入後に企業が抱える問題として上位2つに挙げられたのは「物理リソースのサイジング/構成管理」と、「物理リソースと仮想マシンの統合管理」である。 当Webキャストでは一般的な仮想化移行のステップを例...(2011/11/9 提供:CA Technologies)

技術文書
仮想化環境の管理で実現する拡張性と効率性の向上
2011年1月、ESGは仮想化環境の管理(製品、サービス、戦略など)を担当している、または実施する計画がある119名のITプロフェッショナルを対象とした調査を行った。注目すべき特徴は、基本的なワークロードの統合のみならず、運用面での向上が見られることだ。仮想化の導...(2011/6/1 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
価格を上げずにサーバ障害を解消、アントアントのCMSサービスを支えるVPSとは?
 Webサイト事業やパッケージシステム開発販売事業などを展開するアントアント。同社の主力サービスである純国産CMS「ant2」を、インストール型からクラウド型に切り替えたところ、障害の発生頻度が急増してしまった。 その課題解決のため同社が模索したのが、信頼性を備...(2017/2/13 提供:さくらインターネット株式会社)

製品資料
クラウド運用の属人化と作業ミスを防止――運用自動化はどう進めるべきか?
 運用管理にさまざまなツールや特有のノウハウが必要なプライベートクラウド。その運用業務は手作業中心になりがちで、属人化の進行や作業ミスの発生が問題となるケースも見られる。こうなってしまうと、ビジネス環境の変化にも迅速に対応できなくなる。 例えば、利用者...(2017/2/6 提供:株式会社日立システムズ)

製品資料
Amazon EC2コストを33%削減、AWS運用自動化の3つのポイント
 クラウド基盤「Amazon Web Services」(AWS)の運用を「もっと効率的にできないか」と頭を悩ませる担当者は多い。クラウド自体が運用にノウハウを必要とする上、従量課金制のため、利用時間を圧縮できればその分コスト削減になるからだ。 そこで注目されているのが運用...(2017/2/6 提供:株式会社日立システムズ)

製品資料
クラウド基盤の運用はどこまで自動化できるのか? 支援サービスの実力を探る
 ビジネスを便利にするはずのクラウドが、利用拡大に伴って運用現場への新たな負担となりつつある。特に仮想化環境の運用では、仮想マシンの作成だけをとっても多岐にわたる作業と知識が必要だ。そこで、注目され始めたのがクラウドの運用自動化サービス。しかし、まだ自...(2017/2/6 提供:株式会社日立システムズ)

事例
AWSへのプロビジョニング作業を3割削減――クラウド基盤の運用を自動化するには
 プライベートクラウドやパブリッククラウドの導入が急速に進む一方で、クラウド特有の運用業務が現場の新たな負担となりつつある。そこで、クラウド基盤運用の自動化を目指す動きがさまざまな業界で始まっている。 例えば、ある教育関連会社では「Amazon Web Services...(2017/2/6 提供:株式会社日立システムズ)

製品資料
「アプリかデスクトップか」では解決しない仮想化への不満をどう解消する?
 ワークスタイルの多様化、セキュリティとコンプライアンスの改善、IT予算の削減など、仮想デリバリー技術はこれまでにもさまざまなビジネス上の課題を解決してきた。しかし、ほとんどの場合、ユーザーが選択できるのは仮想アプリや仮想デスクトップのいずれかだ。 この...(2017/1/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
デバイス多様化時代の4大課題を解決――アプリ仮想化とVDIがベストな理由
 デジタル化の進んだ今日のビジネスでは、従業員は常にさまざまなデバイスを利用して業務を行う。しかし、従業員が毎日平均2.9台のデバイスを持ち運ぶといわれるようになった一方で、「10台のうち1台のノートPCが紛失または盗難にあっている」という報告もある。 もし...(2017/1/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
仮想化環境の隠れた課題を可視化、健康診断サービスで運用改善とコスト削減
 業務を支える仮想化基盤の安定的な稼働と十分なパフォーマンスの確保は、多くの企業が重要課題としている。しかし、コスト面の制約もある中で、環境や運用の最適化や、ハードウェアリソースの適正なサイジングを実現することは容易ではなく、運用を健全化できずにいるケ...(2016/11/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
VMware環境を“健康” にするには? 担当者が一皮むける新定番ツール“超使いこなし”
 一般的になったサーバ仮想化だが、その環境を“健康”に保つのは意外に難しい。よく分からない理由で仮想マシンのパフォーマンスが低下したり、いつの間にか仮想マシンが増え過ぎたりと、管理担当者は目が離せない。サーバリソースを効率的に使うために導入することが多...(2016/11/7 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージドインフラ徹底解剖、導入・運用・拡張をシンプル化する方法
 サーバやストレージ、ネットワークスイッチ、テープ装置などを組み合わせた旧来のシステムは、物理配線も複雑になり、運用管理に多くの工数や時間を要する。また、システムリソースの増強などが迅速に行えず、ユーザーニーズへの即応も困難となる。 そこで、これらの課...(2016/10/31 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
適正な仮想環境のリソース使用率を理解する
 仮想化基盤の導入は大幅なコスト削減や俊敏性向上など、数々のメリットをもたらす。その仮想化の価値を最大限に引き出すには、基盤そのものに加え、それを効率的に管理するソリューションも求められる。 ITインフラの仮想化を実現している企業では、仮想化基盤特有の課...(2016/10/18 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
「アプリを仮想化運用するとパフォーマンスは劣化する」は本当か?
 仮想化基盤を採用している企業でも、Microsoft Exchange Server、SAP、Oracle Databaseといったビジネスクリティカルアプリケーション(BCA)は仮想化されていないケースが少なくない。仮想化に対する不安が、BCAの責任者に根強くあるのがその要因だ。 仮想化に対する...(2016/10/18 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
ひと目で分かる仮想データセンターの稼働状況─運用管理自動化への道
 ITインフラが複雑化するにつれ、データセンターの管理には多大な負担がかかるようになった。IT管理者は、物理サーバの使用率や設備投資コスト、運用コストを常に把握していなければならないが、もはやそれだけでは運用の健全性やリスク、効率性を図れなくなりつつある。(2016/10/18 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
オンプレミスのVMwareインフラ、ハイブリッドクラウド移行で柔軟性を高める
 VMware製品で自社システムを仮想化し、運用している企業は、リソースの効率運用を従来よりも大幅に高められるものの、一方で限界を感じることも多い。拡張の際の物理環境への投資負担は残り、そのリソース配分でも最適化がうまく図れないケースがあるからだ。リソースが...(2016/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
全ITインフラの管理窓口を1つに──逃れられない運用管理をどう簡素化するか?
 仮想化管理、サーバ管理、ネットワーク管理、ストレージ管理、ファシリティ管理……。IT運用管理者はインフラ管理からは逃れられない。最も時間を費やす日々の運用管理タスクをシンプルにするには、システムの規模や種類に関係なく、一元管理できるツールが必要だ。サー...(2014/2/27 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
Forresterが徹底評価:最近話題の「統合インフラ製品」のROIはどの程度か?
 今回、検証の対象となったユーザー企業は、ホテル、レストラン、小売店などを展開するエンターテイメント企業である。TEI(Total Economic Impact)というIT導入に必要な費用と経費削減額、および業務効率化の影響度(便益)を評価する指標を用いて、各事業がスタンドア...(2015/8/27 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
ITインフラのスピード構築術「3つのポイント」
 ITサービスを速やかに立ち上げることは、多くの企業にとって重要な課題だ。しかし、インフラ環境の構築は、設計からシステム構成の検証、運用手法の確立など、選定・検証・構築に時間がかかる。 本ホワイトペーパーでは、部門単位の小規模組織から1000人以上の大規模組...(2015/8/27 提供:シスコシステムズ合同会社)

Webキャスト
OpenStackなど注目テクノロジーにも対応、統合アプライアンスの導入メリット
 多くの企業にとって、ビジネスのスピード化は重要な経営課題の1つだ。ITサービスを支えるインフラ構築は、高い品質の維持と、早期のサービス提供、迅速なビジネス展開の両立が求められる。 本Webキャストは、「FlexPod クラウドアプライアンス」の解説動画である。Flex...(2015/8/27 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
オンデマンドでシステムリソースを提供する「クラウドセルフサービス」の導入ポイント
 クラウドのセルフサービス化は運用における自動化技術をベースにしている。この技術はこれまで数週間かかっていたストレージのプロビジョニングプロセスやデータ保護プロセスを数分で完了できるようにするものだ。セルフサービス化はこうした自動化機能を技術の専門家で...(2015/4/1 提供:ネットアップ株式会社)

事例
IT管理者を悩ませる仮想環境の4つの運用課題、事例で分かる解決策
 サーバ仮想化を導入している企業や組織は、仮想環境の運用管理において共通の課題を抱えている。IT管理者を悩ませる課題は、大きく分けて、以下の4点に集約される。・リソースの利用にムダが多い・仮想環境のトラブルシューティングに時間がかかる・仮想マシンが増えて...(2015/2/12 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
医療、教育、IT、3つの成功事例から学ぶ仮想化導入のメリット
 現在、多くの企業が仮想環境を構築・運用しているが、拡張が進むにつれ、パフォーマンス管理とプランニングの柔軟性が重要視されるようになってきた。トラプルが顕在化する前に問題の芽をつみ取ることで、運用コストを極小化することができる。その際に、仮想環境の利用...(2015/3/26 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
Hyper-V環境での重要アプリの可用性、どうやって確保する?
 事業の成長には、それを支える基幹アプリケーションが欠かせない。IT部門としてはこうした重要なアプリケーションを運用する上で、計画外の停止時間を最小限に抑えることで事業継続性を支え、ビジネスニーズに応じて適切なサービスを適時にユーザーに提供する必要がある...(2015/4/22 提供:株式会社シマンテック)

レポート
企業の実態調査にみる仮想化プロジェクト成功の秘訣
 コスト削減、迅速なプロビジョニングによる運用の効率化といった課題を解決するための手法として、サーバ仮想化が主流のテクノロジーとなる中、業種、規模を問わず、多くの企業が仮想サーバ環境の導入を進めている。しかし、そこでは従来の運用管理手法の見直しや新たな...(2013/6/13 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
仮想化環境導入後、運用現場の課題はこうして解決する
 モバイルデバイスの普及やソーシャルネットワークの浸透、コンテンツ、データ容量の増大など、急激な市場の変化に対応するために、企業はクラウドや仮想化環境を利用した迅速なビジネス展開を推進している。だが、運用管理の面では課題に直面している企業も多い。TechTa...(2015/1/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading