TechTargetジャパン

製品資料
VMware vSphere環境の導入効果を最大化するストレージ運用
 中堅・中小企業でもサーバ仮想化が普及し、仮想化技術を導入したITインフラの構築が進んでいる。特に、仮想化ソリューション「VMware vSphere」を利用する仮想環境では、その優れた柔軟性や拡張性がもたらす効果は大きい。 しかし、仮想環境に適したストレージシステム...(2011/9/12 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
Exchange Server 2010、Oracle Database、事例から見る仮想環境移行メリット
 本ホワイトペーパーは以下の3つの資料で構成されている。1.「VMware環境でのMicrosoft Exchange Server 2010使用事例」サポートに関する検討事項やExchange Serverのパフォーマンス、VMware vSphereとの親和性をはじめ、Exchange Serverを仮想化することのメリットなど...(2011/11/28 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
VMware環境の導入効果を最大化するストレージ運用
 中堅・中小企業でもサーバ仮想化が普及し、仮想化技術を導入したITインフラの構築が進んでいる。特に、仮想化ソリューション「VMware vSphere」を利用した仮想化環境は、その優れた柔軟性や拡張性がもたらす効果は大きい。 しかし、仮想化環境に適したストレージ環境を...(2012/3/1 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
これから始めるハイブリッドクラウド「VMware vCloud Air」入門ガイド
 「VMware vCloud Air」は、VMware vSphereを基盤とするクラウドサービスだ。一般的なクラウドサービスと異なり、利用中のツールやプロセスを利用して、既存のデータセンターをクラウドに拡張することができハイブリッドクラウドを可能にする、社内環境とパブリッククラ...(2014/12/15 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
VMware vSphereとの比較で考える、OpenStack超入門
 一般企業でOpenStackに興味を持つ人は多い。この人々の持つ最大の疑問は、OpenStackはVMware vSphereに代わる企業ITインフラの基盤になり得るのかということにある。これについて、OpenStackが競合するのはVMware vSphereではなくvCloud Directorだと言う人がいるが、そ...(2014/4/15 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
徹底検証! CLUSTERPRO XによるVMware vSphere 5仮想化環境の可用性向上
 仮想化環境の導入によりサーバが集中化した環境では、万が一の障害でサーバがダウンした場合、仮想マシン上の全ての業務は停止してしまうため、仮想化環境における可用性の向上は、業務の継続性を保つ上で重要な要素になる。 VMware vSphere 5にはVMware HA、VMware FT...(2013/8/29 提供:日本電気株式会社)

製品資料
富士通とVMwareが選ばれる7つの理由
 サーバ仮想化製品は種類も少なく、シェアや実績からVMwareを選ぶ企業は多い。だが、その実行環境であるサーバはというと、種類も豊富で選定に苦労するという。そんな人にお薦めなのが本ホワイトペーパーである。 VMware実行環境として富士通のPCサーバ「PRIMERGY」が選...(2012/1/30 提供:富士通株式会社)

技術文書
VMware vSphere 4 で稼動したExchange Server、SQL Serverなどのパフォーマンス検証結果
Exchange Server、SQL Server、SharePoint Serverなど、Windowsアプリケーションの実動環境としてVMware vSphere 4を採用するケースが多い中、その構成には様々なプロトコルが選択できます。本ドキュメントでは、各アプリケーションをNFS/iSCSI/FCなど様々なプロトコルで...(2010/5/18 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
「仮想化環境とパブリッククラウドをつなげる」VMwareの真のハイブリッドクラウドとは
 サーバ仮想化プラットフォーム「VMware vSphere」で仮想環境を構築している企業に朗報だ。既存のVMware vSphere環境のハードウェアの保守切れに伴うリプレースやバージョンアップを検討しているなら、運用管理費を含めたトータルコストを劇的に削減するチャンスだ。 VM...(2015/2/4 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
PowerVMとVMware vSphere(4.1 & 5.0)との仮想化パフォーマンス比較
今日の企業組織は、パフォーマンス、セキュリティー、信頼性、および柔軟性を損なわずに、IT コストを抑える必要がある。新たな先進技術を合理的かつ戦略的に使用することにより、事業運営の中核業務のコストを著しく削減し、画期的な経済性を達成することができる、新し...(2012/10/26 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
VMware環境上のOracleデータベースのベストプラクティスガイド
 VMware vSphere 4 環境へ Oracle データベースを展開する場合も、物理サーバへの展開に比べて、それほど大きな違いはない。データベース管理者は、これまでと同じスキルを活用しながら、仮想化がもたらすあらゆるメリットを享受できる。 『VMware 環境上の Oracle デー...(2011/6/27 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
機能解説から構築手順まで、VMware vSphere Auto Deploy完全活用ガイド
 VMware vSphereの管理・運用はシンプルだが、規模が大きくなるにつれ、やはり管理工数は増加する。この管理工数を大幅に削減する仕組みとして提供されているのが、「Auto Deploy」だ。起動ディスクやインストールは不要で、ESXiイメージの一括管理を行うため、大規模な...(2014/6/30 提供:トレンドマイクロ株式会社)

比較資料
比較表:VMware環境に最適な「vSphere HA+アプリ監視」製品
 仮想マシンにおいても物理環境と同様にHAクラスタを構成すればよいと思われがちだが、実はそう簡単ではない。やはり、仮想環境に特化した方法でHAクラスタを組む必要がある。 このコンテンツでは、VMware環境のHAクラスタ方式の1つである「vSphere HA+アプリ監視」に...(2014/6/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
VMwareとNetAppが実証! 300〜1500名規模の共有インフラ基盤の構築に求められる4つの要素とは?
企業は仮想化技術により、ITインフラをクラウド化し柔軟で低コストな基盤構築を検討している。しかし、下記の要件を満たすシステム設計は、その構成機器の複雑さ、選択肢の広さから困難を極める状況にある。1. VMware View/Exchange/SQL等ビジネスアプリケーションを混在...(2011/12/19 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
2大仮想化製品を機能面から徹底比較
 仮想化の採用が広がるにつれて、ERP/CRMやEメール、データべースシステムなど基幹業務のアプリケーションを仮想環境で利用することが増えてきた。基幹業務を支える基盤は、高い可用性と回復性、信頼性を備え、自動化やストレージ管理機能による効率的な運用管理により...(2014/5/13 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
VMware vSphereユーザー向けバックアップソリューションを第三者機関が徹底検証
 米調査会社ESGが行った調査では、多くの企業が「データの保護」と「サーバ仮想化の拡大」は引き続き優先順位の高いIT戦略であると報告している。しかし、データやサービスを適切に保護できないと、重要なアプリケーションやサービスの導入が遅れたり妨げられたりする可...(2014/2/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

比較資料
比較表で理解する 仮想環境のバックアップ製品 選定ポイント
 VMware環境におけるバックアップの課題を解決するための最新のバックアップ技術、製品選定のポイントとは? 主要なバックアップ製品の機能とコストを比較し、システム規模に応じた製品選定のノウハウを解説する。内容は以下の通り。第1 章【技術解説】仮想化特有の課題...(2015/2/26 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
VMware ESXi + XenDesktopで始める デスクトップ仮想化入門
デスクトップ仮想化とは、これまで各クライアントに個別に用意していたデスクトップ環境をサーバーに集中配置して運用する革新的なソリューションである。シトリックス社では、このデスクトップ仮想化を実現する製品として大企業向けに「XenDesktop」、中堅中小企業向けに...(2012/10/22 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
VMware NSX環境で構築する拡散防止型セキュリティ実装ガイド
 現状のセキュリティモデルでは、入口/出口対策(境界型セキュリティ)に重点が置かれており、いったん侵入されると不正プログラムの拡散が容易に行え、被害が拡散する傾向にあった。これに対して、内部のセキュリティゾーンを最小単位にまで落とし込み、最適なセキュリテ...(2014/11/28 提供:トレンドマイクロ株式会社)

技術文書
仮想サーバ導入時のセキュリティ実装を簡略化かつ自動化するには
 VMware vSphereのAuto Deployを利用するような大規模な案件導入時に、いかに手間をかけずにセキュリティを実装するかは、IT管理者の悩みの種だ。また、導入後のパッチメンテナンスなど一連のセキュリティ作業を効率化して、運用負荷を軽減することも求められている。コ...(2014/7/10 提供:トレンドマイクロ株式会社)

製品資料
VMware認定PCサーバとVMwareの多彩な機能は何をもたらすか?
 当カタログでは、「VMware vSphere / View」と「PRIMERGY」がもたらす、サーバ/クライアント仮想化のメリット・複数プラットフォーム環境のサーバ統合/集約・旧サーバ資産のスムーズな移行/継続利用・サーバ仮想化環境における業務継続性の向上・ディスクリソース管...(2010/11/24 提供:ヴイエムウェア株式会社)

比較資料
比較表で理解する 仮想環境のDR製品 選定ポイント
 VMware環境で災害対策(DR)を実現するための方式、製品選定のポイントとは? 災害などによるシステム障害を想定し遠隔地でデータを保護したい方、サービスの復旧時間を短縮するためサイト間でシステムを切り替えたい方の参考に。第1 章 VMware環境のBCP/DR対策で陥...(2015/5/22 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
仮想化環境のパフォーマンス問題 VMware環境のトラブルシューティング方法
 パフォーマンスの問題は、どのようなコンピューティング環境でも発生する可能性がある。また、これまでは安定していた環境であっても、複雑なアプリケーションの動作や需要の変化、共有インフラストラクチャによって問題が発生することもあるだろう。 パフォーマンスの...(2013/10/30 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
VMware環境との親和性を重視したデータ保護対策
 今日のVMware環境の管理者は、増え続ける仮想マシンの管理だけでなく、複雑化したデータ管理やデータ保護に関わる作業にも追われている。だが、VMware管理者がデータ保護の専門家になるほどの時間はなく、適切なレベルのデータ保護を、複雑さを最小限に抑えておこなう必...(2014/11/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
VMware vSphereとMicrosoft Hyper-Vを比較、ユーザーが注目すべき違いは?
 仮想化技術の採用で悩むのが定番技術「VMware vSphere」と「Microsoft Hyper-V」のどちらを利用するかだ。ハイパーバイザーレベルでは大きな違いはないとの意見もあるが、そのアプローチや機能の差は大きい。両技術の投資対効果も同様で、どのようなシーンで仮想化技術...(2014/5/13 提供:ヴイエムウェア株式会社)

比較資料
「VMware vCloud Air」と「Microsoft Azure」のCPUパフォーマンス比較検証結果を読み解く
 VMwareが提供するパブリッククラウドサービス「VMware vCloud Air(以下、vCloud Air)」は、VMware vSphereを基盤として構築されている。提供しているサービスは、ディザスタリカバリ、専用クラウド、仮想プライベートクラウドの3種類だが、今回は専用クラウドサービス...(2015/4/3 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
デスクトップ仮想化の2大製品を、帯域幅とCPU使用率で徹底検証
 いつでもどこでもどの端末からでも仕事ができる技術として、ここ最近注目を集めているデスクトップ仮想化。 しかし、仮想デスクトップインフラ(VDI)の本導入でネックとなるのは、ローカルPCに比べたパフォーマンスだ。IT部門が限られた予算の中で、ユーザーエクスペ...(2012/11/1 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
VMware vSphere の仮想サーバ環境を最適化する 7 つの画期的なストレージテクノロジー
Dell Compellent Storage Center SAN を使用して仮想化ストレージインフラを構築すれば、VMware vSphereによるサーバ仮想化のメリットを増幅することが可能だ。本書ではそのための7つの画期的なDell Compellentテクノロジーを詳しくご紹介する。1. ストレージ容量を節約す...(2012/1/13 提供:デル株式会社)

技術文書
VMware環境での効率的なバックアップ運用にはコツがある
 ITリソースの効率性を目的として、企業規模を問わず仮想化プラットフォームの利用が進んでいる。そのため、データの迅速なリカバリやレプリケーションなどのバックアップ対策が求められる。しかし、複雑化する仮想化環境では適切な仕組みを実現することは容易ではない。(2011/11/1 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
デスクトップ仮想化の2大製品を、帯域幅とCPU使用率で徹底検証
 いつでもどこでもどの端末からでも仕事ができる技術として、ここ最近注目を集めているデスクトップ仮想化。 しかし、仮想デスクトップインフラ(VDI)の本導入でネックとなるのは、ローカルPCに比べたパフォーマンスだ。IT部門が限られた予算の中で、ユーザーエクスペ...(2012/8/3 提供:ヴイエムウェア株式会社)

Loading