TechTargetジャパン

レポート
ネットワーク環境に関するアンケート(2017年8月)
TechTargetジャパンとキーマンズネットは、会員を対象に「ネットワーク環境に関するアンケート調査」を実施した。調査結果から、ツールの利用状況や検討状況が明らかになった。目的:TechTargetジャパン会員とキーマンズネット会員で、IT製品・サービスの導入に関与する方...(2017/11/1 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

製品資料
クラウドサービスを「中の人」が解説――今、注目すべき重要技術とは?
 ビジネスにおけるクラウドの重要性が高まる中、クラウドベンダーの競争も激しさを増している。この競争に勝ち抜くため、クラウドベンダーはどのような技術に力を注ぎ、差別化を図っているのだろうか。国内最大規模のバックボーンネットワークを保有するベンダーを例に...(2017/10/20 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

製品資料
「安全で快適なアプリケーション利用」を実現するプラットフォームをどう選ぶ?
 ビジネスアプリケーションのクラウド利用が拡大するとともに、オンプレミスとクラウドの境界を意識させないビジネス基盤へのニーズが高まっている。安全かつ快適にアプリケーションを利用できるという理想像を目指すには、パフォーマンスや拡張性、柔軟性などさまざまな...(2017/10/16 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
ハイパーコンバージド導入ガイド――主要製品の特長と重要オプションを解説
 サーバやSAN、ストレージなどの統合基盤であるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。そのメリットは、セットアップが簡単に行えることや、後から簡単にスケールアウトできることにある。また、搭載された高機能ストレージにより、さまざまなビジネスニーズに柔軟に対応...(2017/9/28 提供:arcserve Japan合同会社)

技術文書
次期主流となる「NVMe」――ファブリック展開の本命はファイバーチャネル
 かつては、コストや容量、耐久性などの問題を抱えていたフラッシュアレイだが、近年は金融業界を中心にエンタープライズでも極めて高い信頼性と安全性を要求される分野で導入が進んでいる。そこで脚光をあびたのが、これまでのSCSIに代わるフラッシュの性能をさらに生か...(2017/7/18 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化で耐障害性を強化、データセンター向けVXLANゲートウェイ
 ビジネスの柔軟性や俊敏性を向上させるため、多くの企業が次世代型データセンターへの移行に取り組んでいる。その有力な方法の1つがネットワーク仮想化だ。中でも、統合型VXLANゲートウェイによる仮想化は、セキュリティを停止させることなく迅速に実装できるため、大き...(2017/7/5 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

技術文書
ネットワーク仮想化のパフォーマンス問題を理解、強化のポイントは?
 通信サービスプロバイダー(CSP)の間では、新サービスの迅速な投入とネットワーク運用コスト削減の両面の視点から、ネットワーク仮想化(NFV)に注目が集まっている。NFVはファイアウォールなどのネットワーク機能を専用ネットワーク機器から標準的なx86サーバ上で動作...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

事例
東急建設のインフラ刷新、SDDC移行で変わったセキュリティとインフラ運用の負荷
 建設需要が一段落するポストオリンピックを見据えて、東急建設はICTの積極活用による新たな価値創造と業務プロセスの革新を目指している。その土台となるITインフラには早期からサーバ仮想化・統合ストレージ環境を利用してきたが、想定以上にシステム数が増え、負荷が...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージド導入のベストプラン――バックアップまで最適化するには?
 仮想化環境の構築に必要なサーバ、ストレージ、SANスイッチが1つの筺体にコンパクトにまとまったハイパーコンバージドインフラ(HCI)。導入を支援するサービスも登場し、さまざまなベンダーの製品の中から自社に合ったものを最適な形で導入できるようになった。 その...(2017/2/28 提供:arcserve Japan合同会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 11月16日号:Windows Server 2016のココが凄い
 Computer Weekly日本語版 11月16日号は、以下の記事で構成されています。■もう未来の技術ではない──銀行・政府機関で進むブロックチェーン導入■盗聴の可能性? 英国で閣僚のスマートウォッチ禁止令■競合他者も驚いた、ダンキンドーナツのデータアナリティクス戦...(2016/11/16 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Interop Tokyo 2016、最優秀データセンタースイッチにプロが納得する3つの理由
 2016年6月に幕張メッセで開催された情報通信関連の専門イベント「Interop Tokyo 2016」。出展された新製品の中から最優秀製品を決定する「Best of Show Award」のクラウドプラットフォーム部門では、近年のトレンドにはないデータセンター向け製品がグランプリを受賞し...(2016/9/30 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
中・大規模データセンターで構築、最新アプリ運用に最適なネットワークとは?
 現在のデータセンターは高度分散型のアプリケーションを活用するため、サーバ側では1ギガビットイーサネット(GbE)と10GbEの混在環境が必要になり、さらには40GbEのアップリンク環境が求められるようになっている。こうした環境で起こりやすいのは、数百、数千にも及ぶ...(2016/9/6 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

技術文書
FacebookやMicrosoftに学ぶ、データセンターネットワーク運用術
 仮想化の導入により、データセンターのトラフィックは大幅に増加した。必要なリソースを素早く用意できるようになり、これまで後回しにしていたさまざまな施策をユーザーが実行に移し始めたからだ。このような状況になって、まず問題となったのがネットワークの可用性だ...(2016/9/6 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化でよくある6つの課題、ベストの解決方法は?
 サーバ仮想化の次の段階として、自社データセンターの俊敏性を高めるという目的で、ネットワーク仮想化に取り組む企業が増えている。特に、プライベートクラウドを構築したものの、運用が進むにつれ、エンドユーザーのさまざまな要望に応え切れなくなった企業で、具体的...(2016/8/26 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

レポート
クラウドを進化させるネットワーク構築「5つのポイント」
 ハイブリッドクラウドを運用する多くの企業にとって、次なる目標はネットワークの仮想化だ。この動きは、本社だけでなく全拠点でクラウドシステムの利用が進み、モバイルやSNS、ビッグデータ分析などの用途が広がることで、ネットワーク運用にさまざまな課題が増えてき...(2016/8/26 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

事例
ついに移行が始まる次世代基盤「ソフトウェア定義データセンター(SDDC)」とは?
 近年、さまざまな企業で、必要なときにアプリケーションがすぐに使えることを要求するユーザーが増加している。時間や場所を問わずアクセスできるIT環境と、オンデマンドで提供されるアプリケーションは、もはやユーザーにとって必須の業務基盤となりつつある。 しかし...(2016/8/16 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

レポート
巨大ネットワークサービス運用から抽出される“2つの仮想化”の効果
 ネットワーク運用において解決していかなければならない課題は多いと同時に、抑えなければならないコストも多い。この答えを探る上で、Facebookやマイクロソフトなどの大規模データセンター運用がどのようにされているかを知ることは参考になる。規模が全く異なるとして...(2015/12/9 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
“商用版”OpenStackを利用するメリット、企業導入ではそうすべき理由
 「OpenStack」はオープンソースプロジェクトのコミュニティーで自由にコードをダウンロードし、無料で利用が可能だ。しかしコミュニティー版のOpenStackを自社でインストールして保守を継続していくには、数々の技術に精通したエンジニアを確保する必要がある。つまり...(2015/11/30 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化で劇的に変わる、運用管理とセキュリティ
 仮想環境によるシステムの可用性増大は多くの企業が享受しているところだが、一方でセキュリティを確保しながら運用するために、IT管理者が休日返上で対応しているケースも増加している。この作業量増加の大きな原因として、ネットワーク面での対応が挙げられる。仮想環...(2015/10/8 提供:株式会社ネットワールド)

技術文書
OpenStack環境でクラウドサービスを堅牢・安定・柔軟にするため知っておきたいトレンド
 自社で構築したプライベートクラウドとパブリッククラウドを連携させてビジネス要求に対応する、あるいはクラウド事業者としてさまざまなユーザーからの要求に迅速に応えるといった場合、物理と仮想の両環境においてインフラ資源の運用効率を最大限に高めていく必要があ...(2015/9/28 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
予測不可能な次の20年に備える自由なインフラへ 「Old IPとNew IP」その違いとメリット
 ビジネスに選択の幅と柔軟性をもたらす第3のプラットフォームへの対応は、IT部門にとっても喫緊の課題となっている。データ量は増大し、ネットワークは拠点や人だけでなく、無数のモノをつなぐIoTへと変化してきている。第3のプラットフォームでは、モバイル、ソーシャ...(2015/9/18 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化に向けて、VSPはクラウドデータセンターをどのように変えるか
 現在のクラウドデータセンターの多くに見られる問題は、仮想マシンのアプリケーション展開と起動に関してはわずか数分しかかからないのに対し、Webやデータベースなどサーバ連携からなるアプリケーション構造に対応するネットワーク配備には、数週間から数カ月もかかっ...(2015/9/16 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
スマートなSDNの実現
 従来のヘテロジニアス ・ ネットワークは複雑化がますます進み、アップグレードや相互互換性の課題、進化するプロトコル、基盤となるハードウェア ・ プラットフォームにハードコーディングすることが一般的である管理方法が原因となり、 管理が困難になっている。 本...(2015/8/24 提供:日本AMD株式会社)

レポート
Webアプリケーションのパフォーマンスを最適化するアプリケーションデリバリコントローラーの選び方
 従来のレイヤー4(L4:トランスポート層)だけでなく、レイヤー7(L7:アプリケーション層)にも対応した負荷分散を実現する「アプリケーションデリバリコントローラー(ADC)」が注目されている。ただしL7での負荷分散は、Webアプリケーションのパフォーマンス低下を招...(2015/7/31 提供:A10ネットワークス株式会社)

技術文書
徹底比較:OvS vs. MidoNet 仮想ネットワーク構築/管理の耐障害性・拡張性の性能検証
 クラウド構築を実行するオープンソースソフトウェア群である「OpenStack」は、仮想ネットワーク構築において主にNeutronというモジュールを利用する。Neutronはプラグイン機能を用いて、SDNコントローラーなど外部ネットワーク製品と連携することができるため、多くのユ...(2015/7/17 提供:デル株式会社)

レポート
SDN製品最新事情(1):SDN、ベアメタルスイッチ、そしてOpenStack
 スイッチを駆動するソフトウェアを別途調達することを前提として提供される、純粋にハードウェアのみのイーサネットスイッチは、「ベアメタルスイッチ」あるいは「ホワイトボックススイッチ」と呼ばれる。こうしたスイッチが、データセンター・ネットワーキングの世界で...(2015/2/19 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
モバイル・クラウド時代のネットワークの課題はSDNによる仮想化で解決する
 いつどこからでも瞬時にアプリケーションに接続、利用したいという要望への対策としてクラウドサービスは有効だ。それに加えてクラウドは、オペレーションの簡略化やコスト削減も期待できる。その期待に応えるためには、データセンター内やデータセンター間のネットワー...(2015/2/18 提供:日本アルカテル・ルーセント株式会社)

技術文書
VMware NSX環境で構築する拡散防止型セキュリティ実装ガイド
 現状のセキュリティモデルでは、入口/出口対策(境界型セキュリティ)に重点が置かれており、いったん侵入されると不正プログラムの拡散が容易に行え、被害が拡散する傾向にあった。これに対して、内部のセキュリティゾーンを最小単位にまで落とし込み、最適なセキュリテ...(2014/11/28 提供:トレンドマイクロ株式会社)

技術文書
仮想データセンター下で仮想/物理ネットワーク環境を統合
 物理資産と仮想資産が混在するパブリッククラウドやプライベートクラウドのネットワークの導入、管理、統合は複雑化している。企業は自社の物理ネットワークと仮想データセンターネットワークをシームレスにブリッジ接続して、高速かつ拡張性の向上を実現する必要に迫ら...(2014/11/25 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
コアスイッチの買い替え時、統合製品よりADCとの組み合わせを選ぶ理由
 コアスイッチを導入して3年が経過した企業は、そろそろリプレースを検討するタイミングだ。昨今では、コアスイッチにスイッチングだけでなく、負荷分散やセキュリティの機能を備えた製品も多く、買い替え時にはそういった統合製品を検討している企業もあるだろう。統合...(2014/10/15 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

Loading