TechTargetジャパン

レポート
「家は仕事場ではない」という思考が、既に時代遅れである理由
 在宅勤務が日本で広がらない。その原因として、終身雇用を前提とした雇用制度、および時間労働制が基本となっていることが根本原因だという指摘がある。雇用制度や労働制が一朝一夕に変わることは期待できない。今後も在宅勤務が広がることはないのだろうか。 「現行の...(2014/5/27 提供:シスコシステムズ合同会社)

レポート
日本にはなぜ浸透しない? 企業でモバイルワークを成功させるための7カ条
 これまで日本企業ではオフィスに出社してフルタイムで働くことが当たり前だった。だが、出産や育児を機に離職をする女性が多い日本において、時短労働や職場外労働がもっと浸透すれば、働き続けることができる女性が増えるのではないか。また、今後予測されている介護離...(2015/11/26 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
在宅勤務を導入する小規模・多拠点オフィスの課題を解決
 事業継続計画(BCP)や節電対策の一環で、在宅勤務の検討を始めた企業も多いことだろう。そうした企業の中には、導入ツールやセキュリティポリシー策定の問題から、これまで導入を踏みとどまっていたというケースもある。ここにきて本格的な在宅勤務計画を立て始めたが...(2011/9/20 提供:ブラザー販売株式会社)

レポート
在宅勤務を企業の成長に生かすための7カ条
 IT INSIDER No.8では、「日本で柔軟な働き方が広がらないのはなぜか」と題し、在宅勤務をはじめとする柔軟な働き方が浸透していないことと、その背景には企業が在宅勤務を、福利厚生施策としか考えていないことがあるという、テレワークマネジメント代表取締役、田澤由...(2013/4/30 提供:アイティメディア株式会社)

事例
勤怠管理は必要な機能だけ導入――低コストで在宅勤務対応から生体認証まで
 ワークスタイルの多様化や在宅勤務対応など、多くの企業で労働環境の改革が進められている。その中で、徐々に問題となり始めているのが勤怠管理システムだ。モバイル打刻や生体認証、シフト作成などの機能がそろそろ必要だが、あまりコストは掛けられないという企業も多...(2017/2/1 提供:日本アクセス株式会社)

製品資料
「ワークスタイル変革」でつまずく5つの原因――現場はなぜ本音を言わないのか
 長時間労働の是正や生産性の向上などを目指して、多くの企業がワークスタイル変革に取り組んでいる。しかし、在宅勤務などのための「テレワーク」、社内の席を固定させない「フリーアドレス化」、モバイルやIoTを活用した「現場業務変革」などの施策を行っても、残念な...(2017/3/3 提供:富士通株式会社)

Webキャスト
テレワーク実現のポイント――「ワークスタイル変革」を成功に導く処方箋
 ワークスタイルの変革は人事部門だけの対応は無理で、経営全体の問題だ。日本テレワーク協会はその決め手として在宅勤務など6つの領域を挙げている。また、ワークスタイルの変革を支えるICTの進化はサービス基盤、端末、ネットワークの分野で見ることができるとしている...(2016/2/10 提供:デル株式会社)

事例
「VDI導入でサービス残業が増加……」、労働環境の悪化を防ぐ管理・運用術
 ワークスタイル変革を目指して、仮想デスクトップインフラ(VDI)の導入が進んでいる。しかし、いつでもどこでも働ける環境になると、退社後のサービス残業や休日の無断業務が増え、かえって労働環境が悪化することがある。 また、社外での勤務を管理する仕組みがなく...(2017/3/6 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
打刻データをリアルタイムで管理、クラウド勤怠管理で無駄や不正を徹底排除
 多くの社員がオフィスで9時〜18時で働くことが基本であった時代とは異なり、近年ではフレックス制度、時短・在宅勤務など、より柔軟な働き方が可能になっている。また旧来よりもコンプライアンスが厳しくなり、企業にはさらに厳密な勤怠管理が求められている。 しかし...(2016/10/25 提供:株式会社ヒューマンテクノロジーズ)

レポート
日本で柔軟な働き方が広がらないのはなぜか
 さまざまな調査で、日本では他国に比べ、職場外での仕事がしにくいことが指摘されている。そう聞くと、終身雇用を前提とした雇用制度、および時間労働制が基本となっていることが根本原因なのではないかと考えてしまう。 それが正しいのであれば、雇用制度や労働制が一...(2013/4/10 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
iPhoneの持ち込みは止まらない、BYOD活用ルールの作り方
 個人所有のモバイルデバイスが企業ネットワークに接続するようになり、従業員の仕事の進め方は根本的に変化した。24時間いつでもメールを受信し、在宅勤務もスムーズに行われるようになった。一方、BYODが進むにつれ、ネットワークがトラフィックの増加に対処できるよう...(2015/12/8 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
普及が進むデスクトップ仮想化(VDI)、オープンで標準化された技術によるリファレンスアーキテクチャとは
 デスクトップ仮想化(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)は、事業継続性の向上、セキュリティ強化、クライアント端末の運用管理の負荷軽減、ワークスタイル変革(在宅勤務やリモートアクセスによる従業員の生産性向上)など、ビジネスに大きなメリットをもたらす。(2015/11/18 提供:デル株式会社)

技術文書
VPN+セキュリティで、今すぐつくる、在宅環境。
 節電対策のために在宅勤務を導入したくても、すでに夏は始まっており、時間もなければ予算もさほどあるわけではない。そんなジレンマの中、すでに利用中のシステムにプラスアルファで在宅環境が構築できたら、どうだろう? VPNは、在宅コミュニケ―ションのベースイン...(2011/6/27 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
無線LANセキュリティのポイントは、デジタル証明書
 企業のITシステムは、スマートフォンやタブレットといった「マルチデバイス化」や、モバイルワーク、在宅勤務などの「マルチワークスタイル化」に対応していく必要がある。これにより、社外からのリモートアクセスゲートウェイ、社内の無線アクセスポイントの整備が急務...(2015/5/8 提供:株式会社ソリトンシステムズ)

Webキャスト
ジャパニメーションのデジタル化の制作現場を支える「Office 365」
 日本のアニメ表現のデジタル化で世界的な注目を集める映像制作会社のグラフィニカ。同社は、事業拡大による札幌でのスタジオ開設や、海外の企業とのコミュニケーションの増加に伴い、ITによる日常業務の効率化が喫緊の課題となっていた。 利用していたメールやグループ...(2015/3/31 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
リモートアクセスのセキュリティ対策、鉄則は「データを端末に残さない」
 クラウドやマルチデバイスの普及は、在宅勤務やモバイルワークなど多様なワークスタイルの促進に貢献している。そのようなビジネス環境において、セキュリティの重要性は今まで以上に高まっているといえるだろう。その1つのアプローチとして「データを端末に残さない」...(2014/11/13 提供:株式会社ソリトンシステムズ)

レポート
モバイルワークでチームを成功に導く6つのルール
 スマートフォンやタブレットで多くの人が気軽に仕事ができる時代。その「どこでもオフィス」を手助けするサービスへの関心が高まりつつある。例えば、外出が多い営業担当がアクセスする営業支援システムや、工事現場などオフィスの外にある作業場での業務を管理するシス...(2014/12/15 提供:株式会社LifeBox)

製品資料
既存環境を活用する、モバイルワークにおける安全なメール利用
 マルチデバイスの業務利用の拡大は、在宅勤務やモバイルワークなどさまざまなワークスタイルの促進の一翼を担っている。そのような環境において、利用されるケースが多いシステムの1つとしてメールが挙げられる。 本資料では、既存のメールシステムを活用しつつ、外部...(2014/12/5 提供:株式会社ソリトンシステムズ)

製品資料
Web会議の音声、「遅延や途切れは仕方ない」は解消できる
 近年、Web会議システムは、出張コストの削減や、在宅勤務やモバイルワークなどの際の情報共有として、また災害時の連絡手段としてもクローズアップされており、コスト削減や意思決定の迅速化など経営改善効果が知られるようになった。 だが、「重要な会議内容が外部に...(2014/12/9 提供:ジャパンメディアシステム株式会社)

製品資料
マルチデバイス時代に求められる不正アクセス対策とは?
 クラウドやマルチデバイスの普及は、在宅勤務やモバイルワークなど多様なワークスタイルを促進させた。今後も新たなデバイスが登場し、ワークスタイルもますます変化していくだろう。短期間に激しく変化するビジネス環境においては、いち早くその変化にセキュアな対応が...(2014/11/7 提供:株式会社ソリトンシステムズ)

技術文書
クラウド、モバイル管理、仮想化…ワークスタイル変革を支える技術を包括サポート
 モバイルデバイスや高速ネットワークの急速な普及が、フレックス、在宅勤務、海外展開や事業継続性などワークスタイルの変革を後押しする今日、企業は従業員に、いつ、どこででもデバイスや接続方法を問わず安全かつ快適な仕事環境を提供する必要に迫られている。だがそ...(2014/9/19 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
コクヨがクラウドとスマートデバイス活用で実践する未来の働き方
 文具、オフィス家具、通販事業を手掛けるコクヨグループは、グローバル化への移行、システム老朽化対策、ワークスタイルの変革という3つの理由から、Google Appsを利用してコミュニケーション基盤システムをクラウド&スマートデバイスに移行した。 生産拠点だけでなく...(2014/11/19 提供:株式会社HDE)

レポート
ERPの利用状況と変化する勤怠管理についてのアンケート調査リポート
 TechTargetジャパンは2012年5月9日から21日まで、会員を対象に「ERPの利用状況と変化する勤怠管理についての読者調査」を実施した。調査結果からはユーザー企業のERP利用の実態や今後の投資、在宅勤務など新しい形態の勤務についての動向が分かった。本稿では調査結果を...(2012/5/31 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
スマートデバイスのビジネス活用、3つのニーズを実現するSSL-VPN
 機動性が問われる今日の企業では、従業員がスマートデバイスを利用して、高速・安全に社内のネットワークやリソース、アプリケーションにアクセスできる環境を、最小限のコストで構築する必要に迫られている。しかも在宅勤務者、モバイルワーカー、地方勤務の従業員、納...(2014/9/10 提供:マクニカネットワークス株式会社)

事例
まだ間に合う! これから始めるデスクトップ仮想化導入ガイド
 かつてデスクトップ仮想化は、セキュリティ要件の厳しい金融業界や官公庁に導入されているのみだった。だがここ数年、企業のセキュリティやコンプライアンスに対する意識の高まりに加え、ITインフラの高性能化と低価格化が進み、身近な存在になった。 クライアントのセ...(2014/6/12 提供:東京日産コンピュータシステム株式会社)

製品資料
既存PCを生かしたBCP/情報漏えい対策 「USBシンクライアント」という選択
 在宅勤務や出張先・出向先からの業務、支店・事業所・協力会社との情報共有など、従業員の社内データへのアクセス環境は多様化している。情報漏えい対策や事業継続計画(BCP)を考える上で、セキュアなサーバアクセス環境を構築することはIT部門にとって必須といえる。(2014/1/14 提供:株式会社サスライト)

製品資料
「在宅勤務」「災害対策」「事業継続」をUSBキー1本で解決した企業が選んだ製品とは
「オフィスに行かなければ業務が遂行できない」現在のPC環境。突発的な災害だけでなく、出産や育児などの面からも、事業の継続のためには、「オフィスに行って使う」という形態に縛られることのない、「在宅勤務」などの新たなワークスタイルが提案されている。そこで注目...(2011/5/16 提供:ジャパンシステム株式会社)

製品資料
高品質なビデオ会議でコスト削減、業務効率化を図りワークスタイルを変革
 在宅勤務やリモートオフィスの導入などワークスタイルが変化する中、ビデオ会議ソリューションも注目を集めている。従来の対面コミュニケーションに取って代わるには、高精細画質と高品質の音声が望ましい。また、スマートデバイスやタブレットなど多様な環境への対応も...(2014/1/24 提供:IIJグローバルソリューションズ)

Webキャスト
BCPや在宅勤務実現をうたうクラウドサービスの落とし穴
 東日本大震災で企業が突き付けられた課題は、早急な事業継続計画(BCP)の立案と節電対策だ。  それらの実現のためには在宅勤務ソリューションの導入やクラウドサービスの活用が効果的である。また、考えられるBCP・節電対策としてデータセンターへのサーバ移設やバッ...(2011/7/15 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

講演資料
スマートデバイス導入を見据えたWebアクセス環境構築のコツ
 スマートデバイスが普及し、ソーシャルメディアやクラウドサービスを積極的に業務に活用する企業が増えている。ノマドワーキングや在宅勤務といったビジネス環境の整備は、いわばITによる人材活用、生産性向上である。しかし、ビジネスツールとしてのスマートデバイスに...(2013/10/21 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

Loading