AI/機械学習/ディープラーニングの解説記事一覧

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、解説に関する解説の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

AI/機械学習/ディープラーニング関連の解説

「アナリティクス」が変えた映画ビジネス 見えた成果と“根深い問題”

アナリティクスが映画にもたらした果実とは何か。そして映画製作のあらゆる工程の意思決定にデータを活用する上で、どのような問題があるのか。

MLOpsで近代化する機械学習の開発ライフサイクル

機械学習の分野は自動化されておらずパイプラインは不安な、旧態依然とした体勢で運用されている。MLOpsを導入することで、機械学習の世界に産業革命をもたらすことができるという。

AIによる「自動要約」「自動分類」が医療、マーケティング、法務を変える

AI技術によるコンテンツの自動要約や自動分類は、ビジネスに優れた力を発揮することが分かってきた。どのように役立つのか。医療、マーケティング、法務分野を例に、具体的な用途を探る。

COVID-19で変革を強いられるAIシステムのアーキテクチャ

AIシステムにもCOVID-19の影響が及ぶだろう。COVID-19によってあらゆるものが変わり、以前に学習したモデルは適用できなくなるかもしれない。この変化に対応できるAIシステムのアーキテクチャとは?

AWSが機械学習で障害者とのコミュニケーションを支援

AWSは今、機械学習を応用して障害者とのコミュニケーションを支援する取り組みを行っている。

エクソンモービル、シェブロンや新興エネルギー企業は「AI」をどう使う?

エネルギー業界におけるAI技術導入が加速している。老舗の大手企業が導入に本腰を入れ始めただけではなく、新しい技術を武器に異業種の企業が急速に存在感を高めている。

マーケターの雇用危機対策 マッチングサイトで急場をしのぐ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響でマーケティング業界も打撃を受けている。予算が削られ、人員削減も始まっている。こうした中、窮地に陥ったマーケターに救いの手を差し伸べる動きが出てきた。

コロナ禍で「AI」「RPA」による自動化は何を実現するのか

新型コロナウイルス感染症(COVIT-19)の拡大で経済活動が制限される一方で負荷の増大を余儀なくされている業務もある。課題解決の切り札として期待されるのが「AI」と「RPA」だ。

「機械学習」で衛星画像から新鉱床を発見? 鉱山業界で始まったAI活用

これまでAI技術にあまりなじみのなかった鉱山業界で、AI技術の活用が進み始めた。AI技術が鉱山業界に果たす重要性とは。金鉱会社Newmontやデータサイエンス専門企業Kespry、Descartes Labsに話を聞いた。

コロナ禍で「AIをサプライチェーンに使う」企業が急増か?

新型コロナウイルス感染症の世界的流行に直面し、市場は混乱している。サプライチェーンの管理を安定させ、少しでも正確な予測を立てるためには人工知能(AI)技術が役に立つ可能性がある。それはなぜか。

YouTubeやTwitterは有害コンテンツ排除に「AI」をどう活用しているのか

新型コロナウイルスが労働者を混乱の渦に巻き込んでいる。そんな中、機械学習を使用して有害なコンテンツを自動的に検出、削除する動きがソーシャルメディア企業の間で広がっている。実例を見ていこう。

「チャットbot開発ツール」とは? Google、Microsoft、AWSのサービスを比較

「チャットbot開発ツール」は、エンドユーザーが簡単にチャットbotを開発できるように進化しつつある。GoogleとMicrosoft、AWSといった主要ベンダーのチャットbot開発ツールの特徴を説明する。

普通のチャットbotと「AIチャットbot」の違いとは?

「チャットbot」は長い間、事前に準備した回答を出力するだけのプログラムだった。AI技術を組み込むことにより、用途が急速に多様化している。

広告企業が「クラウドソーシング」で機械学習の教師データを整備 利点と課題は

独自の画像認識テクノロジーを持つ広告関連企業のGumGumは、クラウドソーシングでデータにタグ付け(アノテーション)をするFigure Eightのサービスを利用して、教師データを整備している。そのメリットと課題とは。

企業に求められる「説明可能なAI(Explainable AI)」

AIの普及に伴い、AIの説明可能性のニーズも高まっている。企業はどうすれば、技術的課題と倫理的課題を解決できるのか。

「ディープフェイク」は企業に利益をもたらすか

データの複製に敵対的生成ネットワーク(GAN)を用いることは、人工知能(AI)技術に潜む最大のリスクの1つとされている。だが、企業は有益なコンテンツの作成にディープフェイクを使うことも可能だ。

深層学習でブランド個性に合わせた音声を生成する「Amazon Polly」

Amazon Pollyは、ディープラーニングを利用してブランドイメージに合わせた音声を生成できる。オーストラリアの銀行は、コンタクトセンターに「オーストラリア英語」で応答するAIを導入しようとしている。

「行員をトレーニングするAI」で人材強化に取り組む銀行の挑戦

金融業界では、将来的に人員をAIに置き換える動きが始まると予想されている。一方でAIを行員のトレーニングに利用して人材の強化に取り組んでいる銀行もある。AIが職を奪うとは限らない。

脱マスマーケティングとパーソナライゼーションは「機械学習」が促す

企業は一人一人の消費者に合ったデジタルマーケティング戦略を生み出す必要に迫られている。そこで役立つのが機械学習だ。なぜなのか。

AI製品「Salesforce Einstein」&「SAP Leonardo」導入事例

AIの導入事例は珍しくなくなったが、特定製品の実際についての情報はまだ少ない。ここでは「Salesforce Einstein」と「SAP Leonardo」の事例を紹介する。

機械学習の最新トレンドは“因果推論”

ユーザーはなぜその行動を取ったのか。ユーザーの行動の原因と結果を理解することはビジネスの成功に直結する。機械学習によって因果関係を分析する因果推論が次のトレンドになるだろう。

専門家が語る、REST APIオンリーの限界とGraphQLを使うべき理由

『GraphQL for Modern Commerce』の著者による、GraphQLのメリットとデメリット。これを読むと、REST APIだけでの開発がいかに絶望的であるかが分かる。

「AutoML」(自動機械学習)の使用に慎重になるべき用途とは?

「AutoML」(自動機械学習)をうまく活用すれば、データサイエンティストの業務負荷を軽減できる可能性がある。ただし他の技術と同様、AutoMLは万能ではない。

「AI」の進化が“脱クラウド”を加速させる? その理由とは

人工知能(AI)技術の進化や多様化は、自然言語処理のさらなる高度化をもたらし、企業のクラウド利用に影響を与える可能性がある。それはどういうことなのか。専門家の声を基に2020年のAI関連市場の動向を予想する。

「Docker」と「説明可能なAI」が2020年のクラウドで注目の理由

2020年に、クラウド市場にはどのような変化が起こるのか。特にコンテナと人工知能(AI)技術に関する動向を予測する。

採用担当者が認識すべき「AIのバイアス」という問題

人材採用にAI技術を活用すれば、人が持つ意識的なバイアス(偏り)や無意識的なバイアスを排除できると考える人は少なくない。だがAI技術で全てが解決できるわけではない。

氾濫する機械学習アプリケーションの誇大宣伝と現実

多くのサプライヤーが機械学習アプリケーションを製品化し、誇大宣伝を繰り返している。だがユーザー企業はサプライヤーの思惑通りに踊る気はまだないようだ。

「AutoML」(自動機械学習)がデータサイエンティストを楽にする?

多忙なデータサイエンティストの業務負荷をいかに軽減するか。その有力な手段となり得るのが、機械学習モデルの設計や構築を自動化する「AutoML」(自動機械学習)だ。どのような業務を効率化できるのか。

ディープラーニングの分散トレーニング基盤「Apache SINGA」

シンガポール発のプロジェクトがApache Software Foundationのトップレベルプロジェクトに昇格。ディープラーニングモデルを効率的に分散トレーニングさせることができ、既に実用化されているという。

Googleと業種/用途特化型検索サービスの最大の違い

業種/用途特化型検索サービスはそれぞれユニークな特徴と機能を備え、特殊な使い方を提案している。こうしたサービスとGoogleなどの汎用検索エンジンの決定的な違いとは何か。

NFLがAWSのAIで構築した「選手のデジタルツイン」とは?

AWSとNFLの新たな提携は、機械学習などのAI(人工知能)技術を利用して、選手のけがのリスクを軽減することを目指している。この提携は、両者が「Next Gen Stats」プログラムで進めてきた協業に基づいている。

人工知能が偏見を助長する? 原因は学習データにあり

AI技術には性別や人種のバイアスに基づいた判断をしてしまうリスクがある。バイアスを軽減し、公平かつ正確な判断をするAIシステムを構築する方法を考える。

Googleでは実現しない特化型検索サービスの世界

Googleの検索エンジンがいかに優れていても、汎用的であるが故に限界がある。一方で特殊な用途や特定の業界に特化することによってしか実現しない検索サービスが存在する。

独自アプリも実装可能なTensorFlow Lite搭載スマートウォッチ「Bangle.js」

JavaScriptで独自アプリを開発・実装でき、TensorFlow Liteを利用したAIアプリも作れる。ハードウェアは分解も容易。そんな開発者を刺激する要素満載のスマートウォッチとは?

Netflixがカスタマーエクスペリエンス向上に利用する「感情分析」とは

感情分析では言葉で表現されない顧客のフィードバックが入手できる。Netflixは加入者を引き付け、つなぎとめる目的で、この手段を利用した。

Netflixが「REST」をやめて「GraphQL」に乗り換えた理由

Netflixは、データ統合システム用のクエリ言語として「GraphQL」を採用している。同社のコンテンツエンジニアリングチームのエンジニアが、そのメリットや懸念点を語る。

Googleが発表した「説明可能なAI」で実現すること

Googleは、ユーザーがもっと説明可能なAIモデルを開発してデプロイできるようにする新たな製品群「Explainable AI」を発表した。その中身とは

Netflixがクエリ言語「GraphQL」を採用 何にどう使っているのか

Netflixがクエリ言語として「GraphQL」を採用した。どのように利用しているのか。得られた効果は。同社に聞いた。

2020年全豪オープンでも活躍か 「女子テニス分析システム」の意外な効果

女子テニス協会(WTA)がSAPと開発した分析ソフトウェアの新機能が、2020年の「全豪オープン」に合わせて利用可能になる見込みだ。こうした分析ソフトウェアは選手やコーチにどのようなメリットをもたらすのか。

Uberらの仕事割り当てアルゴリズムは公平・適切か

アルゴリズムによる仕事の割り当ては、従業員にとっても雇用主にとっても恩恵があるかもしれない。だが人材を尊重しながら公正に仕事を割り振ることはできるのか。

企業による「AI」のガバナンスはどこまで有効か

AI技術の透明性は重要な課題だ。対策は企業の自主規制に任せるべきだという意見もあるが、政府が介入すべきだという声も根強くある。

機械学習の代表的アルゴリズム「SVM」「k平均法」「アプリオリ法」とは?

機械学習にはさまざまなアルゴリズムがあることを知っているだろうか。代表的な機械学習アルゴリズム「SVM」「k平均法」「アプリオリ法」について紹介する。

「説明可能なAI」の実現に向けて企業ができること

説明可能なAIシステムを求める声が高まるにつれ、IBMやDarwinAIをはじめとするベンダーは、ビジネスユーザーがAIシステムの仕組みを理解するのに役立つ新機能を導入している。

本当は怖くない「AI」 説明可能性はなぜ大事か

アルゴリズムに対する信頼性がなければ、AI技術の導入は進まないだろう。そこで今、企業はAI技術を採用した自社システムの透明性を高め、説明可能にする取り組みを進めている。

AI導入を阻む3つの壁

AIの活用が叫ばれ、多数の成功事例が登場している。にもかかわらず自社のAI導入が進展しないのはなぜか。あなたの会社は3つの壁に行き当たっているのかもしれない。

機械学習の代表的アルゴリズム「線形回帰」「決定木」とは?

機械学習にはさまざまなアルゴリズムがある。前後編の前編に当たるこの記事では、数あるアルゴリズムの中でも、代表的な機械学習アルゴリズムの「線形回帰」「決定木」について紹介する。

Microsoftの「Azure Synapse Analytics」とは? BIや機械学習をより身近に

Microsoftが新たに発表したクラウドサービス「Azure Synapse Analytics」は、BIと機械学習のメリットをより容易に得られるようにする。現在はプレビュー段階にある同サービスの特徴を解説する。

「AI」による意思決定、課題は働き手からの信頼

ビジネスプロセスの意思決定にAI技術を活用することについて、働き手は警戒している。どうすれば信頼を得ることができるか。専門家が解説する。

「TensorFlow Enterprise」の実力とは? Googleが企業のAI活用を支援

Googleの新しい「TensorFlow Enterprise」(β版)は、「Google Cloud Platform」に最適化された「TensorFlow」ディストリビューションを長期サポートと共に企業に提供する。

脳とコンピュータのインタフェースがもたらす可能性

脳とコンピュータをつなぐブレインマシンインタフェースが成果を上げ始め、夢の技術ではなくなりつつある。今何ができるようになったのか。そして今、何をなさねばならないのか。

SalesforceがドローンとAIで挑むサメ襲撃対策プロジェクト「SharkEye」とは?

カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB)の海洋生物学者は、ドローンと「Salesforce Einstein Vision」を使って、ホホジロザメを監視するプロジェクト「SharkEye」に取り組んでいる。

Microsoftがインド政府職員の「AI」スキル向上のためにやっていること

Microsoft Indiaはインド政府と提携し、同政府職員向けにAI技術やデータガバナンス、クラウドに関する新たなトレーニングプログラムを始動する。その中身とは。

ビル・ゲイツやイーロン・マスクも注目の「汎用人工知能」はいつ完成する?

さまざまなタスクを実行でき、継続的な学習を必要としない「汎用人工知能」(AGI)に、MicrosoftやSamsung Electronicsなど複数の企業が投資している。実現する見通しはあるのか。

AIは経営層のプライドをズタズタにする? AIが普及しない3つの原因

AI技術の本格的な導入がそれほど進んでいないことが、このほど実施された実態調査で分かった。その原因は1つではなく、そして根深い。

真のAI「汎用人工知能」(AGI)とは? フィクションか現実か

さまざまなタスクを処理し、状況判断できる「汎用人工知能」(AGI)の実現を目指し、企業や研究者が開発を進めている。その実現を後押しする技術を、「AlphaGo」で一躍有名になったDeepMindが開発しているという。

難病や新薬候補の発見にも効果 機械学習の進化形「GAN」の広がる用途

高い精度でコンテンツを認識し、再現できる「GAN」(Generative Adversarial Network:敵対的生成ネットワーク)。その用途はどこまで広がるのか。

ExcelのiPhone、Android版に加わった「紙の表をAIでデータ化」する機能とは

iOS版やAndroid版の「Microsoft Excel」に、カメラで撮影した表を自動認識してデータ化する機能が加わった。IT担当者は、有効性のテストとユーザートレーニングができるように、この機能の仕組みを把握すべきだ。

ディープフェイク生成の懸念を超えて「GAN」に期待できる用途とは?

高い精度でコンテンツを認識し、再現できる独特の能力を持つGAN(Generative Adversarial Network:敵対的生成ネットワーク)。これを応用することで何が可能になるのか。

いまさら聞けない「CPU」と「GPU」の違い AIに最適なのはどっち?

機械学習をはじめとしたAI(人工知能)技術を取り入れる動きが広がっている。AI技術を活用しようとするならば、まずは最適なハードウェアを見つける必要がある。

いまさら聞けない、自動で電話をかけまくる「オートダイヤラー」とは?

電話をかける作業を自動化する「オートダイヤラー」には幾つかの種類がある。電話応対業務にどのように生きるのか。主要な5種の機能を解説する。

機械学習でパーソナライゼーションを強化する5つのコツ

パーソナライゼーションエンジンは機械学習を利用してコンテンツを個々の顧客向けに最適化する。企業がパーソナライゼーションを強化するコツを紹介する。

Cerebras SystemsのAI専用巨大チップ、性能もモンスター級

Cerebrasが、「チップ」の概念を覆す巨大なAI専用チップを発表した。B5用紙に匹敵する面積の「Wafer Scale Engine」は性能もすさまじい。

やっと浸透し始めた「小売×AI」、次に待つ課題は?

小売業でのAIテクノロジーの導入は比較的遅かったが、着実に進みつつある。小売業者がAIテクノロジーのメリットに向き合い、競争相手のEコマースの現実を理解するようになったことが背景にある。

踊るAI大捜査線 事件はAIが解決する

多種多様な分析、機械学習、自然言語処理といったAIテクノロジーが警察で使われている。顔認識ツールや自動文字起こしツールがその例だ。どのように使っているのか。

変圧器製造のダイヘンが「エッジコンピューティング」導入 年1800時間を削減

「エッジコンピューティング」は企業にどのようなメリットをもたらすのだろうか。変圧器メーカーのダイヘンが工場にエッジコンピューティングを導入した事例から探る。

Microsoftが語る機械学習の成果と懸念

「Bad Rabbit」をわずか14分で悪意のあるマルウェアであると立証するなど、Microsoftの機械学習利用は成果を上げている。だがサイバーセキュリティ分野のCTOのケリー氏は機械学習に懸念を抱いている。

“なんちゃってAI”にだまされない 「真のAIOpsツール」を見極める5つの特徴

運用管理市場では、AI技術を活用した「AIOps」が盛り上がりを見せている。ただし中には、採用している技術が本当にAI技術かどうか疑わしい製品もある。真のAIOps製品かどうかを見極める、5つの特徴を紹介する。

「AI」が変える弁護士業務、法律業界で進む研究の現状は?

法律事務所へのAI技術の導入によって、価値が低く時間のかかるパラリーガル業務の削減に効果があった。実働時間に応じた請求書の発行から特許情報データのマイニングまで、適用業務は幅広い。

事例で探る 「AIOps」はなぜ多過ぎるアラートを減らせるのか?

リソースの割り当てやキャパシティー管理の最適化だけが「AIOps」の用途ではない。解析や検出作業の自動化にAIOpsを活用すれば、IT監視ツールの多過ぎるアラートへの対処を効率化できる。

成功しつつある2つのAIプロジェクトに共通する悩み

複数国でサービスを展開するインターネットプロバイダーとSAPは、AIの導入によって成果を出しつつある。だが彼らには共通する悩みがあり、まだ解決の糸口は見えていないようだ。

「AIは役に立たず、仕事も奪う」は本当か?

企業は人工知能(AI)技術に期待を寄せているものの、どう利用すればいいかについてはいまだに模索中だ。AI技術をビジネスに生かしたいと考える企業が知っておくべき、AI技術の特性をまとめた。

「AI」の消費電力を9割以上抑える方法とは?

機械学習モデルの訓練には大量の電力が必要だ。企業がこの問題に取り組むための解決手法を、人工知能(AI)技術の専門家の意見と共に紹介する。

いまさら聞けない「自然言語処理」「チャットbot」とは 音声技術ミニ用語集

コンシューマーだけでなく、企業での導入も進んでいる音声技術。主要技術とその主な用途に関するミニ用語集をお届けする。

機械学習のCO2排出量は乗用車5台分? 「AI」の消費電力を減らすには

機械学習モデルの訓練には大量の電力を要することを、最近の研究が証明している。機械学習をはじめとする人工知能(AI)技術の運用にかかる消費電力を減らすために、考えるべきことは何か。

Facebook、IBMは「AI」の学習用データをどう作成しているのか

機械学習ベースのAIシステムが有益な判断を下せるようにするには、学習に利用するデータの質が重要だ。FacebookとIBMのAIシステム担当者の話から、データの質を高める方法を探る。

「Azure IoT」のSphere、Digital Twins、TSI、Maps、Stream Analyticsとは?

MicrosoftのIoTサービス群「Azure IoT」には、IoTデバイスが生み出すデータを取得したり、アプリケーション開発に生かしたりするための、さまざまなサービスがある。その中から5つのサービスを紹介する。

地盤沈下する日本の道路を守る切り札はAI

老朽化した地下インフラを地下レーダーでチェックしている川崎地質の悩みは、目視によるレーダー画像の解析には限界があることだった。しかし、AIの導入も容易ではなかった。

「AI作曲家」が作ったBGMとは? ゲーム業界IT裏事情

最新のテクノロジーがゲーム業界を支えている。AIが自動でBGMを生成する「AI作曲家」の登場、IoTが下支えした「Fortnite」の世界的ヒットなど、業界の新たな潮流を紹介する。

「AI」を少ないデータでも生かせる企業が勝ち残る

AI活用が失敗する理由とは何か。データ量が限られる中で、AIをどう活用すべきなのか――。GoogleとBaiduで人工知能(AI)開発を手掛けた第一人者が、企業のAI活用のポイントを解説する。

AI活用は何から始めればよいのか? AI人材の適切な配置方法は?

企業がAI(人工知能)技術をビジネスに取り入れる際のポイントを前後編にわたり説明する。後編ではAI活用を企業が推し進めるために必要な考え方や組織体制について、具体例を交えながら紹介する。

GoogleとBaiduで活躍した先駆者が語る、AI開発の正しい進め方

人工知能(AI)の第一人者でオンライン教育の先駆者でもあるアンドリュー・ウン氏が、企業向けにAIプレイブックを考案している。本稿ではそのエッセンスを紹介する。

本当に役に立つ、希少なデータサイエンティストの見つけ方

あらゆる組織がデータサイエンティストを求めているようだ。だが適切なスキルを持った適切な人材を確保するのは難しい。データ分析能力があるだけでは役に立たないのだ。

「IoTプラットフォーム」の3つの導入モデルとは? 何を「指針」とすべきなのか

IoTでモノが生み出す大量のデータを収集・分析するには、デバイスへの接続やデータ格納など、必要な機能一式を取りそろえた「IoTプラットフォーム」が必要になる。その基本機能や導入形態を紹介する。

Intelの第10世代Core「Ice Lake」と、AMDの第3世代「Ryzen」の違いは?

開発コードネームで「Ice Lake」と呼ばれるIntelの第10世代「Core」と、7ナノ製造プロセスを採用したAMDの第3世代「Ryzen」。この2種類の新たなCPUは、何が違うのか。

エッジデバイスでの機械学習はデータサイエンティスト不足を解消するか

データサイエンティストは数が少なく高給であることから、企業での雇用が難しくなっている。だが、エッジデバイスのインテリジェンスが大きく向上すれば、データサイエンティストを必要としなくなるかもしれない。

AIセキュリティ製品を導入する前にやるべきこと

AIベースのセキュリティ製品の導入を考える前に、まず基本的なセキュリティ対策を行うべし。ベンダーの売り文句に惑わされてはいけない。だが、セキュリティの専門家はその先に悲観的な予測を持っている。

「AIチャットbot」がIT管理者の働き方を変える

AI技術を活用するチャットbotを使って、企業のIT管理者の仕事を効率化することができる。どのように役立てることができるのだろうか。

「Alexa、油汚れの落とし方を教えて」を実現 P&Gも挑む“顧客とつながるAI”

食品や生活用品を扱う消費財業界でも、AI技術の導入が進みつつある。Coca-ColaやPepsiCo、P&Gなどの事例から、AIシステムを利用したサービスの提供について考える。

GPUより低コスト、ハイパフォーマンスのFPGAが抱える“泣きどころ”

Amadeus IT Groupとスイス連邦工科大学の共同研究により、FPGAはGPUよりも4倍高速で、同じワークロードを7分の1のコストで実行できることが分かった。AIにとって非常に有効だが、FPGAには弱点もある。

「チャットbot」が社員の仕事を楽しくする

音声アシスタントをはじめとするチャットbotをうまく使えば、企業の従業員のユーザーエクスペリエンス(UX)を向上させることができる。

AWSやGoogleとは違う、MicrosoftのAIプラットフォーム戦略

オープンソースソフトウェアも活用し、AIプラットフォームの強化を続けるMicrosoft。バイスプレジデントのガスリー氏は、競合他社とは異なる戦略があると語る。

ビール大手がMicroStrategy製BIの社内普及に役立てた「自然言語クエリ」とは?

ビジネスインテリジェンス(BI)ツールに自然言語技術が搭載されていれば、従業員にとっての「使いやすさ」のハードルが大幅に下がる可能性がある。飲料大手Hijos de Riveraの事例から、その実力を探る。

クラウド機械学習「Databricks」は「反Amazon共同体」の頼れる味方

小売業が「Amazonプライム」に対抗するためのサービスを提供するShopRunnerは機械学習をどう活用しているのか。同社データサイエンス部門トップが語った。

機械学習を加速するGPU、TPU、FPGA、ASICの競争に「x86 CPU」が参戦

機械学習の(特に学習の)速度を向上させるため、各社はさまざまなカスタムハードウェアの開発と利用を進めている。出遅れ感のあるIntelは、この市場にx86 CPUで参戦しようとしている。

AIの拡大で増大するカスタムハードウェア需要

AIへの投資は今後も増えるだろう。そのAIを支える機械学習にはGPUやTPUといったカスタムハードウェアによるアクセラレーションが必須だ。

量子コンピュータで加速する機械学習の可能性を実証

膨大な演算が必要な機械学習において、量子コンピュータの応用が効果的であると実証された。

優秀なAI人材を得る3つの方法とは? 汚いデータを使えるようにするには?

企業でのAI(人工知能)利用について、前後編にわたり8つのポイントを説明する。前編ではAI人材の確保やビジネスへの活用、データの収集・整形方法について、具体例を交えながら紹介する。

Kubernetesベースのディープラーニング環境「Nauta」

Intelがオープンソースのディープラーニングツール「Nauta」を公開した。Nautaでどのようなことができるのだろうか。

GE、Caterpillar、Boeingが活用 大手製造業は「AR」で何をしているのか?

製造業で拡張現実(AR)の活用が始まっている。実際の活用例を見ると、ARは生産性向上をはじめ、さまざまなメリットをもたらすことが分かる。

プログラミングを対話型で学べるWebサイト「Educative」はなぜ生まれたのか

プログラミング言語学習のためのWebサイト「Educative」開発者に、同サイトが生まれたきっかけや、他の対話型学習ツールに対する意見を聞いた。

データや人材が足りなくてもAIを活用できる「AIaaS」とは?

AIaaS(サービスとしてのAI)の出現により、最先端のIT企業だけでなく、より多くの企業が人工知能(AI)をアプリケーションに組み込み、利用できるようになりつつある。

ゲーム「Candy Crush」のテストプレイヤーはAI

Candy Crushのテストプレイを担当しているのは、TensorFlowで学習させた仮想プレイヤーだった。開発からその導入効果までをKingに聞いた。

AIはなぜそう答えたのか? 説明責任は人間に

人間は、AIが下した決定の理由を答えられなければならない。それを実現するのがXAI(Explainable AI:説明可能なAI)だ。AIの決定に基づいて行われた結果の責任をAIに転嫁することはできない。

Tableauが可視化する音声分析データ、全社横断で使うとビジネスはこう変わる

2019年3月に発表されたTableauとAI音声分析ベンダーのVoiceBaseの提携により、コンタクトセンター内外のユーザーが、音声分析データから簡単に洞察を引き出せるようになった。

量子コンピューティング技術で実現する「量子AI」は何をもたらすのか?

機械学習が、量子コンピュータの重要な用途になるかもしれない。研究者や開発者が、量子コンピュータを使った、より「人間的な」AI(人工知能)の実現の鍵を探しているからだ。課題とメリットは何だろうか。

AI処理に最適なHCIは? Dell、HPC、Ciscoなど代表的製品を比べる

リソースを大量に利用するAI(人工知能)のワークロード需要が高まっている。そのため、HCI(ハイパーコンバージドインフラ)もそうした需要に対応するために進化している。

5人のITリーダーが考えているAIの次のユースケース

AIの利用が広まりつつある中、CIOはAIにどうアプローチすべきなのか。どのような用途が考えられるのか。5人のITリーダーに、AIの展望やユースケースを聞いた。

Googleが機械学習の可能性を広げる「GPipe」をオープンソースに その影響は

GoogleでAIの研究開発を担うGoogle AIは、大規模な高精度ディープニューラルネットワーク構築用ライブラリ「GPipe」をオープンソースとして公開した。その意味するものとは。

費用対効果から考える 音声テクノロジーはビジネスにどう役立つのか

音声テクノロジーをビジネスにつなげるには、現状のユースケースを理解しておく必要がある。音声テクノロジーを職場で活用するときのユースケースを紹介する。

「アラートが鳴りやまないクラウド」にしないためのベストプラクティス5選と主要ツール

データと警告に過負荷を感じることなく、効率的にハイブリッドクラウドインフラを監視するには、既存のプロセスを幾つか見直す必要がある。本稿では監視のために最初に実施すべき「5つのベストプラクティス」を取り上げる。

データ分析の3大トレンド「拡張分析」「自然言語検索」「グラフ分析」とは?

「『拡張分析』『自然言語』『グラフ分析』が、データおよびアナリティクス市場を変えつつある」とGartnerは指摘する。これに伴い、ユーザーはより簡単にデータを理解、共有できるようになってきている。

AI×フィットネス:Fitbit、Shft、Planet Fitnessの新アプリはここがスゴイ

AI技術の導入で続々と新たなサービスが登場するフィットネス業界。パーソナライズしたサービスを提供し、ユーザーの健康管理やトレーニングの効果を高めている。Fitbitから仮想アシスタントに至るまで、その状況を紹介する。

音声技術×AIでビジネスはどう変わるのか

広く普及しつつある音声技術に人工知能(AI)を組み込むことで、より高度な使い方が可能になってきている。AIを使った音声技術は企業でどのように活用できるのか。

企業の“機械学習離れ”を生み出さないための3つのポイント

ただ最先端のテクノロジーだという理由だけで機械学習を導入しても、ビジネスの改善効果はない。事業における意思決定プロセスに機械学習ツールを組み込む方法について、3つのポイントを紹介する。

「AIはビジネスに有効」経営者の約4分の3が評価も、本格利用は1割に満たず

MicrosoftとIDCの調査によれば、AI技術をビジネスの中核で活用する日本企業は1割未満にとどまる。企業はAI技術による生産性向上を期待している一方、ツールや人材の不足が活用の妨げになっている。

自然言語処理(NLP)で進化したbotはデジタルワーカーとして戦力になる

自然言語処理(NLP)によって意図解釈を行い、bot技術の効用を高めるチャットbotが登場している。会話技術を進化させたbotはデジタルワーカーとして戦力になる。

期待にはまだ届かない人工知能(AI) それでもビジネスに導入するには

人工知能(AI)技術は万能薬ではない。ビジネスにAI技術を利用するのであれば、その限界を知っておく必要がある。AIを有効活用するためのシステム構築のポイントについて説明する。

結局、人工知能(AI)技術は何を可能にするのか?

職場へのAI技術の導入に失敗しないためには、現在のAIが可能なことと不可能なことを把握しなければならない。本稿ではAI技術の得意分野と、AI技術を利用した最新ソフトウェアについてまとめる。

機械学習導入のカギは「運用者と開発者のスキル差をどう埋めるか」

機械学習モデルの導入時には、その開発時とは全く異なるスキルセットが必要だ。データサイエンティストとエンジニアリングチームはこのギャップを埋める準備をしなければならない。

データサイエンティストを目指すなら知っておきたい学習方法

データサイエンスを学ぶ場所と機会は大学の外側にも広がっている。大規模公開オンライン講座(MOOC)やオンラインで公開しているドキュメントなどがあり、データサイエンティストとしてのスキルセット獲得に役立つ。

リテールAIの導入、必須だが自分でやってはいけない

小売業者は何年も前から顧客情報を収集してきた。だが人工知能(AI)の普及により、この情報をもっと効率的に利用する機会が開ける。その課題とチャンスについて解説する。

「Python」「R」「Jupyter Notebook」「Tableau」「Keras」が愛用される理由

企業の取得データが急増している近年では、情報を全て把握するためにもデータサイエンスツールが欠かせない。本稿では「Python」「R」「Jupyter Notebook」「Tableau」「Keras」について、データサイエンティストが愛用する理由を聞いた。

教育から始めるAI活用 CIOはどのように従業員と会社を導くべきか

AI技術の活用を一任されたCIOは、まずはAI分野で起きている最新の情報を知るよう努めるべきだ。そして、IT部門のスタッフにも情報収集に関して同様の習慣を身に付けさせる必要がある。

AIを活用したセキュリティ対策 何に使える? 何が課題?

AI技術のセキュリティ分野における活用が進む一方で、求められる機能を実現するためには課題も残る。具体的な活用例や、課題解決に向けた取り組みの動向を紹介する。

2019年のBI/アナリティクスのトレンドは、AI、グラフDB、マルチクラウド

BIとアナリティクスの主要なトレンドとして、機械学習、マルチクラウド、グラフデータベースの台頭が挙げられる。これらは企業にどのような影響を与えるのか。

Microsoftの人工知能(AI)はシステム管理者の仕事を変えるか

テクニカルアーキテクトのジェイソン・ウィン氏は、Microsoftが推進する人工知能(AI)開発により、データセンターの自律化は実現に向かって進み始めているという。

Intel、AI用プロセッサ「NNP-I」を2019年に発売 画像認識や画像分類に力を発揮

Intelは新プロセッサ「Intel Nervana Neural Network Processor for Inference」を発表した。AI用のこのチップはFacebookとの共同開発で、画像認識や画像分類の分野で重要な機能を果たすという。

ディープラーニング用周辺ツールの充実にも注目

TensorFlowやPyTorchなどのフレームワークばかりが注目されるが、ディープラーニングを支援する周辺ツールにも注目したい。今後さらに多くのツールが誕生することだろう。

自動運転、音声アシスタント他 あらためて知りたいAIの5大トレンド

2018年は人工知能(AI)の世界では大きな1年だった。本稿では、AI利用における5つの主要トレンドに目を向け、2019年のさらなる進化に向けた下地がどのように整えられたかを確認する。

IT運用向け人工知能「AIOps」活用で仮想インフラの管理をスムーズに

仮想インフラはますます複雑になり、管理が難しくなってきている。「AIOps」を利用すれば、管理者はデータを手動で加工することなく有益な情報に変換できるようになる。

2019年、アナリティクスのトレンドは拡張分析に要注目

ビジネスインテリジェンス(BI)とアナリティクスのソフトウェアは2019年にますます進化してさらに簡単に使えるようになり、人工知能(AI)技術を活用した拡張分析が進歩しそうだ。

低品質データのクレンジングにRPA型botを投入すべき理由

データのクリーニングに問題はないだろうか。本稿では現在データを取り巻く状況を明らかにする。ビジネスプロセス改善の専門家とそのチームによる、データクレンジングにRPA型botを使う実験も紹介する。

AIフィーバーはまだ冷めない 次はどの分野でAIが活躍するか?

2019年は人工知能(AI)技術にとって大きな年になりそうだ。仮想アシスタントの普及や、活発なベンチャーキャピタル投資といったトレンドが続き、新たな流れも生まれるからだ。

AIの未来予測、2019年は医療とFinTech分野に要注目

2019年の企業向けAI(人工知能)のトレンドとして、医療やFinTech分野での活用拡大と、小規模AIベンダーの統合が進むことが予想される。

AIの本当のすごさ、3つのユースケースから学んだこと

Gartnerのエリック・ブレゼノー氏によると、ユースケースに関して話をするのは物語を語ることに似ており、企業にとってAIがいかに大切なものであるかを証明する上で鍵になり得るという。

TableauがAI機能を強化、NLP(自然言語処理)ツールも追加

ユーザーエクスペリエンスの改善のために、「Tableau 2019」はAIツールとNLP(自然言語処理)ツールを追加する。このバージョンは現在パブリックβ版として公開されている。

SIEM製品選定をシンプルにする7つの評価項目 自社に合った要件は?

SIEM製品を適切に選定するには、評価基準を設定し、自社のビジネスへの適合度合いを考慮することが大切だ。この記事では、評価項目の設定に必要な観点を紹介する。

2019年のAIを占う5つの予測、「課題は依然としてデータ品質」

2019年のエンタープライズAIの展開に大きく影響する要因は何か。Forrester ResearchはAI動向に関する5つの予測を提示している。

CIOならば「データの質は量でカバーできる」という考えを捨てよ

「質の悪いデータからでもよい分析結果が得られる」という考え方は、ビッグデータ分析には有効かもしれない。しかしCIO(最高情報責任者)であれば、このアプローチをビジネス変革に用いるのは我慢した方がよい。

音声、AR/VR、そして5G 次世代モバイルテクノロジーが職場を変える

企業の従業員はますます充実したモバイルユーザーエクスペリエンス(UX)を職場に期待している。そうした要望に応えるためにはさまざまな新しいテクノロジーが役に立つ。

導入から運用までを一括サポートで効率化 Dell EMCのデータ分析環境

Dell EMCが2018年12月4日に提供開始した「Dell EMC Ready Solutions for AI」は、構築済み分析環境などの包括的支援により、企業のAI技術活用を推進する。

機械学習のベテラン企業はAIモデルをどう運用しているのか

企業の機械学習の利用は発展途上だ。O'Reilly Mediaの調査から判明した、企業での人工知能(AI)モデルの利用状況と、AIモデルの性能を評価する際に使われ始めた新しい指標とは。

コカ・コーラはどこで飲まれているのか? Twitter画像と「Vision API」で特定

日本コカ・コーラは、人工知能(AI)技術を用いたGoogleの画像認識サービス「Cloud Vision API」を活用し、消費者の行動を分析するプロジェクトを実施した。実際に利用して分かった、AI技術の得意不得意とは。

「Alexa for Business」、Amazon Echo以外のデバイスでも利用可能に

Amazonの企業向け音声アシスタント「Alexa for Business」が、Amazon Echo以外のデバイスで利用できるようになる。Webサービスとの連携など、ビジネス向け機能も追加される。

AIを搭載した帳票設計不要のOCRサービス トーマツが提供開始

トーマツは人工知能(AI)モデルを搭載した財務・経理部門向けOCRサービスを提供開始した。見積書や請求書を読み取り、入力処理を自動化する。サービス導入後も使用履歴を通して学習し、識字精度を向上できる。

AIを巡る国家戦略 米中、そして日本の動向は?

AIの研究開発は現在、米国と中国が主導する状況だが、世界中の国家が競争力を維持しようと戦略を練っている。

BIデータの整合性を確保するのに役立つデータ連携のポイント

データ連携のプロセスを適切に管理していないと、BIや分析のアプリケーションで整合性に欠けるデータが生じる可能性がある。こうした問題を回避する手順を幾つか紹介しよう。

AlibabaのCNN向けディープラーニングプロセッサの全貌

AI用プロセッサは用途によって実装方法が変わる。AlibabaがFPGAで開発したディープラーニングプロセッサは、畳み込みをサポートしており主に画像関係で威力を発揮するだろう。

機械学習を使いやすくするAWSとGoogleのクラウドサービス、その利点は

機械学習はデータサイエンスのスキルを必要とする複雑なテクノロジーだ。Amazon、グーグルなどのクラウドプロバイダーはAIをもっと使いやすいものにすることを目指しているが、まだ改善の余地もある。

機械学習インフラの複雑さを解消するクラウド型GPUツールスイート

GPUを利用した機械学習インフラの構築には技術的な障壁が残る。ある企業はGPUベースのインフラ構築プロセスの一部を自動化するPaaSを開発中だ。これを使えば、AI技術の構築にかかる労力と時間を削減できるかもしれない。

東大附属が汎用スキャナーで使える自動採点システムを導入、その選定理由は?

双生児研究で知られる東京大学教育学部附属中等教育学校が、マークシート形式のテストを自動採点できるシステムを導入した。同校教諭の對比地 覚氏に、その選定理由や導入効果を聞いた。

GPUは“銀の弾丸”ではない

マーシュ博士は、「GPUに依存したデータ分析は間違っている」と明言する。このアプローチでは将来のデータ増加に対応できないという。ペタバイト、エクサバイト時代のデータ分析はどうなるのか。

iPhone XSでも採用 「顔認識」は利器か“凶器”か

顔認識技術がビジネスにもたらす可能性は幅広い。一方でプライバシーの侵害につながるのではないかという懸念もある。顔認識技術とどう向き合い、どう活用すべきなのか。

いまさら聞けない「機械学習」とは何か? 「AI」との関係は?

機械学習をはじめとする人工知能(AI)技術が勢いを増している。こうした技術はIT投資の次の波になり、競争上の強みをもたらす可能性がある。

自然言語処理&転移学習用ツール「Enso」、オープンソースで公開

米国企業のIndicoが、Ensoというツールをオープンソースで公開した。自然言語による転移学習を簡便化するというこのツールを紹介する。

「AIは物理学を理解するのではない。パターンを理解する」が持つ重大な意味

AIは膨大な情報から問題箇所を検知することができる。これだけでも十分有用だが、今のAIにはこれ以上のことができない。AI導入に際しては、「AIが理解するのはパターンだ」ということを理解する必要がある。

AI成功の鍵はアルゴリズムではなくエンジニアリング

AI技術や機械学習技術を使ったシステムは管理が難しい。堅固で安定した稼働を実現するためにはエンジニアの関与が必要だ。AIシステムの構築と従来のデータサイエンスの取り組みを同じように考えてはいけない。

「Edge TPU」から考えるGoogleのAI戦略 AWSやAzureに対する競争力は?

Amazon、IBM、Microsoftなどの企業が競い合う人工知能技術。Googleの「Edge TPU」が次世代アプリケーション開発者の注目を集めている。

パターンを学習する「機械学習」でできること、できないこと

機械学習、深層学習は与えられたデータセットからパターンを学習し、パターンマッチングを行う。実務分野に応用されて成果を出す一方で、機械学習がうまく適用できない分野も見えてきた。

機械学習で生じる問題を解決するPythonライブラリ「MLflow」

機械学習のパラメーターやモデルの管理、APIの提供などができるPythonライブラリがオープンソースで公開された。Databricksの「MLflow」が解決する機械学習の問題とは?

Intelの新しいツールキット「OpenVINO」は深層学習のビジネス利用を促進する?

インテルの新しい開発キットは、CPUや他の種類のチップで深層学習するハードルを下げようとしている。動画データから多くの情報を容易に抽出できるようにすることが狙いだ。

カスタマーサポートのチャットbotが人間よりも優れている点

AIを使ったチャットbotはカスタマーサービス業務の一部を自動化し、従業員が本当に大切な仕事に専念できるようにすることによって企業の変革を支援する。

ディープラーニングによる非構造化データの徹底活用

ディープラーニングは、「顧客を理解する」というカスタマーインサイトチームの目標達成を支援できる。

CIOが機械学習から逃げられなくなる日

機械学習を企業に導入する流れをCIOはどのようにサポートできるだろうか。恐らくはデータレイクの構築から始めることになるだろう。

デンソーアイティーラボラトリが見据える自動運転のロードマップとは

高度なセンシング技術を必要とする自動運転。ここで鍵となるのがAI技術だ。デンソーが取り組む自動運転技術の開発やAI技術の活用について、具体的な研究事例とともに解説する。

仕事をお探しですか? ペプシコが導入した「電話面接までこなすAI」事例

ペプシコが導入したAI「Robot Vera」は、求職者の履歴書をスキャンして適格者に電話をかけ、面接まで行う。ペプシコの導入事例を詳しく紹介する。

TensorFlowを独自に学習 無人店舗化を目指すクリーニング店のAI事例

九州でクリーニング店を営む田原大介氏は、独学で「TensorFlow」を学び、ディープラーニング技術を駆使して衣類を自動認識できる無人店舗作りに挑戦している。

Alexa、Siriなど会話型AIの理想と現実

IBMが目指すのはAIシステムの会話をより人間らしくすることだ。本稿では会話型UX設計という新しい分野と、そこに注ぎ込まれる専門技術について、2人の研究者が考察する。

圧倒的な生産性向上をもたらす「モバイルAI」の光と影

モバイルIT管理者は、人工知能(AI)技術の活用に備えなければならない。だがそれにまつわるリスクや課題も認識する必要がある。

IT、金融、そしてマーケティング――各分野の人工知能(AI)活用最前線

IT分野におけるAIの活用はコンプライアンスとセキュリティに役立っている。その他、物流、マーケティング、ファイナンスなど各分野におけるAI活用の最前線を紹介しよう。

急増する採用チャットbot、人事部門の仕事を変えるアプリとは?

チャットbotを利用して履歴書を短時間で選別し、感情を分析して社内の空気をしらけさせる人物を除外する。そうなれば、雇用の決定を人間に頼る理由はあるだろうか。

Microsoft Teamsに音声アシスタントのCortana統合、何ができるようになる?

Microsoftは同社の「Cortana」をコラボレーションプラットフォーム「Microsoft Teams」に統合する予定だ。音声アシスタントが企業に普及する小さな一歩になるだろうか。結論が出るのはまだ先のことだ。

Windows 3.0のファイルマネージャーがWindows 10でよみがえる

「Windows 3.0」に搭載されていた「ファイルマネージャー」のソースコードが「GitHub」で公開された。

勝負に出たApple 「Business Chat」がB2C市場を席巻する?

Appleは、メッセージングサービス「Business Chat」のβ版プログラムで大企業と提携し、ビジネス市場でFacebookやGoogleに対抗する。

Face IDさえも過去にする「次世代顔認証」の世界 歩行者の顔も認識可能に

3次元(3D)カメラや人工知能(AI)技術が、顔認識や顔認証の可能性を大きく広げつつある。具体的な動きを追う。

Googleの音声合成サービス「Cloud Text-to-Speech」のビジネス用途は?

Googleの新しい音声合成サービス「Cloud Text-to-Speech」は、32種類の声と12種類の言語で自然な音声を合成する。開発者はビジネス向けアプリや機器にこのソフトウェアを組み込むことができる。

GPUディープラーニングのためのインフラ構築とは?

GPUを使ったディープラーニング(深層学習)が一般的になっている。これに伴いデータ管理者は、大量の計算が可能なインフラを構築する必要がある。

Alexa対Googleアシスタント、完成度が高いのは?

AlexaとGoogleアシスタントとでは、どちらが優れているのか。実際に使ってみると、両者の違いは明らかだ。いずれにせよ、対応アプリ開発にはあるものが欠けているという。

ビジネス向けチャットbotに何ができる? どう使う?

かつて「AOL Instant Messenger」などで人気を集めたチャットbotだが、今度は企業の業務用モバイルアプリで活躍の場を広げそうだ。

大手部品メーカーで増加する製造工程でのAI活用

人工知能(AI)が製造システムに導入されるようになっている。その代表例がプリント回路メーカーのJabilだ。同社ではAIを利用して社内の製造工程と製品品質を改善している。

Googleが次世代メッセージサービス「RCS」で“打倒Facebook”に再挑戦か

Apple、Facebook、Googleが、企業とコンシューマーをつなぐメッセージサービスの投入を進めている。Googleを中心に、各社の動きを追う。

機械学習プラットフォームでH2O.aiやKNIMEなど小規模ベンダーが躍進

データサイエンスと機械学習の市場は急速に拡大している。調査会社Gartnerの最新レポートによると、急増する市場の需要に素早く対応できる小規模ベンダーが大手を抑えてリードしているという。

JavaがIoTアプリケーション開発に最適である8つの理由

企業は近年、事業の質の向上とコスト効率化を両立できる新たな技術を常に探している。Javaベースのソフトウェアやアプリケーションは、企業がこうした価値を実現する上で役に立つ。

誰も使いたがらない会議室を「未来の会議室」に変える先進技術とは

最新鋭のコラボレーションツールを導入しても、従業員に使ってもらえなかったらもったいない。「会議室管理ツール」を併用して従業員の利便性を高めることの重要性に企業は気付きつつある。

いまさら聞けない、「ビッグデータ分析」と“普通の分析”との違いとは

ビッグデータ分析ソフトウェアはさまざま機能を搭載し、用途も多様だ。本稿では主要なユースケースを基に、その実力を探る。

「モバイルAI(人工知能)」が実現する“SF超え”の生産性

「人工知能」(AI)テクノロジーは、モバイルデバイスの利便性や安全性を大いに向上させる力を秘めている。その可能性を評価し、どのように活用できるかを判断することが重要だ。

「チャットbot」「対話型エージェント」「仮想アシスタント」の微妙だが明確な違いを比べる

皆さんは「チャットbot」と「対話型エージェント」と「仮想アシスタント」を同じものとお考えだろうか。それならば、考えを改めた方がいい。

AI(人工知能)の意思決定はブラックボックス、それでも機械を信じる?

数ある人工知能(AI)の中でも、機械学習は特に進化の可能性が大きい。われわれは、どこまで機械を信頼できるか、試されることになる。

人工知能(AI)が顧客満足度を高める Microsoft、IBM、GoogleのAPIが組み込まれた世界はどんな姿?

顧客満足度を高めるために人工知能(AI)を活用する企業は少なくない。主要なAIはAPIを用意しており、「Siri」「Alexa」「Google Assistant」などのパーソナルアシスタントなどと連携して活躍の場を広げている。

「ARって仕事に役立つの?」に対する3つのさえた答え

臨時職員に短期間で一人前のスキルを習得させるのは容易ではないが、仮想現実(AR)があれば話は別だ。初心者からベテランまであらゆる従業員が、ARを使うと業務効率化につながる3つの理由を解説する。

「感情分析で人事部に本音が筒抜け」、未来の職場はちょっと不気味?

深層学習(ディープラーニング)システムでは、人間の目で判別できない顔の不随意反応を分析できる。人事部の担当者はその結果を利用し、あなたが社風に合うかどうかを見極めることが可能になる。

ニューラルネットが導き出した「とんでもない結論」

機械学習やAIによる「自動意思決定」に期待がかかるが、そこには人間による偏り(バイアス)が入り込む余地があることに注意する必要がある。あるニューラルネットは、学習の結果驚くべき結論を導き出してしまった。

モバイルヘルス(mHealth)とは? ウェアラブルデバイスの進歩が新薬開発を加速

新薬開発の分野においても、スマートフォンやウェアラブルデバイスは重要なツールだ。これらを活用して治験参加者の負担を減らし、治験に参加しやすい環境を提供する取り組みが進んでいる。

通話もファイル共有もチームチャットに統合 2018年コラボツール動向を予測する

2018年は、チームコラボレーションツールが主要なユーザーインタフェースとなることに注目だ。また、あるUCベンダーがオンプレミス環境でのサービス提供を終了する可能性がある。

Intelがこっそり教える「データサイエンティストに必要な素質」とは

ビジネスで扱うデータは増加し続けており、機械学習などデータ分析の機会も増えた。分析担当者には高いスキルが求められるが、本当に必要なスキル、素質とは何なのだろうか。Intel担当者に聞いた。

AIとIoTが作る未来の青写真が見えてきた

2017年、データ分析関連の記事で最も読まれたのはどんなテーマだったのか。TechTargetジャパンの関連記事ランキングから探ります。

「Alexa for Business」がオフィス向けスマートスピーカーで圧倒的な好位置にいる理由

Amazonの企業向け仮想アシスタントサービスでは、音声コマンドで「Amazon Echo」デバイスを使って、会議準備やアプリケーション操作の面倒な手間が省ける。

コンピュータのスコアリングを使った裁判は適切だったのか?

AI(人工知能)の活用に対する懸念は根強いが、コンピュータによる意思決定は人々の生活に関与している。既に活用されている分野においてなされた決定は、本当に正しかったのだろうか。

“IoT疲れ”が深刻化 解消の鍵は分断した基盤の融合

多機能なIoTデバイスやクラウドサービスがそろっているはずなのに、1つ作業を行うには複数のデバイスやサービスをユーザー自身が組み合わせる必要がある――ユーザーが感じるIoT疲れを解消するには?

誇大宣伝にゆがめられたAI(人工知能)の正しい使い方

今、単なる画像認識や機械学習までもがAIとして過大に宣伝され、企業導入が進まないという事態を招いている。誇大宣伝や誤ったイメージから逃れ、AIに正しくアプローチする方法とは?

AI時代に生き残る企業がきっと備える“4つの習慣”

AI時代において企業に先発者優位性を与えるのは、アルゴリズムではなくデータだ。深層学習の第一人者であるアンドリュー・ウン氏がその理由を説明し、AIを活用する企業に共通する4つの“習慣”を紹介する。

『MIT Technology Review』選出の次世代イノベーター2人が語るAIとARの未来

MIT Technology Reviewが毎年発表する「35歳未満のイノベーター」の中から、注目の2人を紹介する。

IBM、MicrosoftのAIを搭載したBoxにIT担当者が夢中になる理由

Boxは人工知能(AI)と機械学習の技術を導入した新たな機能を提供する。ユーザーは、スマート検索オプションや、カスタマイズしたコンテンツを表示するフィードを利用できるようになる。

自然言語生成ツールが進化、「機械が作成した文章だとほとんどの人は気付かない」

人工知能(AI)ソフトウェアのビジネスへの導入が進むにつれて、企業は自然言語生成ツールにも力を入れ始めている。

ビジネスプロセス管理の新たなトレンド ローコード開発と人工知能に注目すべき理由

ビジネスプロセス管理(BPM)が進化し続けている。このトレンドの中でアナリストは、人工知能(AI)、機械学習、ローコード開発プラットフォームに着目するようになった。その理由とは。

「Amazon Echo」が失敗するとしたらその理由は何か?

Amazon Echoが示すのは、もはや情報のやりとりにキーボードは必要ではないという新しい常識だ。その際、ユーザーが評価するのはシステム全体の使い心地になるだろう。

人工知能(AI)はどのような技術で構成されているのか?

AIアプリケーションは、モノリシック(単一)なツールではなく、高度な機能を提供するために、さまざまなツールや技術の集合体として構築されている。ひと目で分かる図版で説明する。

自動運転車がハッキングされ暴走? 起こり得る最悪のシナリオと対策

コネクテッドカーもIoTデバイスの一種である以上、セキュリティの脅威と無縁ではいられない。自動車メーカー各社はどのようにして自社のネットワークを安全に運用できるのか、慎重な判断が必要だ。

SlackやAlexaとの統合も常識に ビジネスコミュニケーションツールの次の一手は

ユニファイドコミュニケーションツールの先進的なベンダーは利用の広がる「Slack」などのビジネスチャットツールや、音声認識技術との統合に乗り出している。

「Alexa」「Google Home」「Siri」をビジネス利用できないかと考える人々

「Amazon Alexa」「Google Home」「Siri」などの仮想アシスタントは、消費者の間では人気が高いが、企業導入は進んでいない。しかしITプロフェッショナルたちは、これらを企業向けに利用できないかと考えている。

AmazonとMicrosoftが予想外の共同開発、深層学習「Gluon」と激突するのは?

AmazonとMicrosoftが提供する深層学習のライブラリ「Gluon」は、クラウド環境で機械学習をより簡単に利用できるようにするものだ。大手2社の提携は、機械学習や深層学習に取り組むことの重要性を象徴している。

「Amazon Echo」に未来を感じる人、拒絶する人 動き出す市場の今

音声で買い物や家電の制御などを可能にする「スマートスピーカー」が充実し始めた。可能性に期待が高まる一方で、そのセキュリティ面を懸念する声もある。スマートスピーカーがもたらす脅威とは。

クエリでは分析できない? より進化したデータ分析技術

現在のデータ分析ニーズに、リレーショナルデータベースと従来のクエリでは対応できない。現在進みつつある、人工知能やディープラーニング、コグニティブアナリティクスなどについて整理しよう。

Microsoftが取り組む「トポロジカル量子コンピューティング」とその未来

Microsoftは、量子コンピュータの可能性に大きな期待を寄せており、夢のコンピュータの実用化に向けて取り組みを進めている。Microsoftの量子コンピューティング計画に関する発表を受け、専門家に話を聞いた。

仮想現実(VR)に“前のめり”なMicrosoftとCisco、アプローチの違いとは

Microsoftは同社イベントで、仮想現実(VR)コラボレーション技術と、Fordで使われている複合現実(MR)アプリを披露した。Ciscoも「Cisco Spark in VR」を発表し、顧客に試してほしいと呼び掛けている。

「Alexa」でBIダッシュボードを強化、音声アシスタントが職場を変える

Amazon の音声アシスタント「Alexa」を調理場で活用する米バーベキューレストランチェーン Dickey’s Barbecue Pitの事例を見ていこう。

ディープラーニング(深層学習)が人から奪う作業、人を超えない作業の違い

人工知能(AI)は既に遠い未来の技術ではなく、徐々に日常生活に浸透して来ている。仕事を奪われるといった否定的な意見も多いようだが、まずAIは何が得意か何を任せられるのかを理解しよう。

「iPhone X」のすごさを理解できないIT幹部は職を失う?

「ARKit」「ニューラルエンジン」「Face ID」など、Appleが「iPhone X」に詰め込んだ要素は数多い。企業のCIOにとっては、それが実現する具体的な未来こそが重要だ。

Cisco、GE、Microsoftの「IoT向け技術トレーニング」はここまでやっている

モノのインターネット(IoT)普及に伴い、関連ソリューションを提供する大手IT企業が、次々とIoT関連教育プログラムを充実させている。Cisco、GE、Microsoftそれぞれの取り組みを通して、その意図を探った。

AI活用が本格化するほど重要になる「分析プロセスとデータの管理」 専門家が指摘

データ分析に関するカンファレンスで、専門家達は人工知能(AI)の業務利用におけるデータ管理の重要性、エッジ分析の可能性、EUの一般データ保護規則(GDPR)施行で起こり得る業界動向などについて予測した。

AI制御の「自動運転レーシングカー」がサーキットを駆け抜ける日

自動運転車がカーレースの世界にも進出しつつある。AI搭載の「ロボカー」が、時には過酷にもなり得る環境での高速運転に耐え、緻密な状況判断でレースを制する日は来るのだろうか。

チャットbot導入で浮上する「顧客サポート不要論」は真実ではない?

企業のチャットbotへの投資は十分な効果をもたらすが、それでも顧客サービス部門は複雑な問題に対処し、顧客の言葉に共感し魅力的な意見を提供するために担当者を置き続ける必要がある。

「iOS 11」注目機能、「ARKit」「Core ML」を開発者が今すぐ学ぶべき理由

iOSは毎年9月には新しいバージョンがリリースされる。2017年、iOS 11には開発者向けに優れた拡張現実と機械学習機能が追加される。その詳細を想像してみよう。

「コンピュータは絶対正しい」という“勘違い”がAI活用を失敗させる

人工知能(AI)技術に関する誇大広告が世にあふれている。AI技術の真の可能性を生かしたいのなら、できること、できないことを正しく理解することが大切だ。

ゲームから仮想心臓モデリングまで、広がる「仮想現実の医療利用」

仮想現実(VR)は今、医療現場に導入されてさまざまな治療に成果を挙げている。VRの可能性、そして課題とは何だろうか。

「AI活用型セキュリティ製品」のメリットと未来 企業が見極めるべきポイントとは

AI技術を活用したセキュリティ製品は、頻発するマルウェア被害や不正行為から企業を守る期待を集めている。こうしたAI活用型セキュリティ製品のメリットと今後の動向について、専門家に話を聞いた。

なぜ、チャットbotは金融や医療業界に普及していないのか

チャットbotは、マーケティングや会話型コマースを手始めにターゲット業界を拡大中だ。ただ、金融や医療など、重要な個人情報を扱う業界ではセキュリティ面で高いハードルに直面している。

「AIに職場を乗っ取られる」は大間違い 専門家が語るAI活用の未来とは

「企業のIT系社員は、AIに仕事を奪われる未来を恐れている」というのは間違いだ。多くの専門家は、AIが彼らの仕事を補佐すると指摘する。データ管理など、AIは人ができない仕事をこなしてくれるからだ。

Googleの「Tensor Processing Unit(TPU)」は 機械学習処理の救世主か

Googleの発表した「Tensor Processing Unit(TPU)」は、機械学習モデルのトレーニングと実行向けに設計された。CPUやGPUと比較したTPUの長所と短所について解説する。

TwitterやSpotifyがディープラーニング(深層学習)の活用で重視していること

ディープラーニング(深層学習)モデルを本番環境に導入して、ビジネスに良いインパクトを与えようとするなら、モデルの設計やテストのような基本事項に目を向けることが重要となる。

未来のボルボ車はAndroid OSが基本機能を制御

VolvoはGoogleと共にAndroidベースのシステムを開発している。ナビゲーションやオーディオ機能のみならず、Androidがエアコンやパワーウィンドウなども制御するという。

現在の人工知能(AI)は誇大広告? 真の知能を獲得するまでの道筋とは

現在のAIツールはまだ、真の人工知能とは呼べない。このことは近い将来、企業がこのテクノロジーをどのように使用するかに影響するかもしれない。

自動運転の時代へ 自動車向けアプリ開発をいますぐに進めるべき理由

車を運転中に使えるアプリの開発者に朗報だ。自動運転車の時代に、アプリの需要は高まるだろう。専門家がGoogleの「Android Auto」やAppleの「CarPlay」など、開発向けソフトウェアを紹介する。

MSは「Microsoft Teams」を強化する考え 「Skype for Business」はどうなる?

Microsoftの「Skype」最新版では、コンシューマー向けにメッセージング機能を強化している。だがアナリストは、2017年に「Skype for Business」が同様の機能強化を実装する可能性は低いと予想する。

「Amazon Echo」のような音声操作技術、ビジネスで失敗する理由と成功する条件

「Amazon Echo」や「Siri」のような音声インタフェースのビジネス利用については、製造業での活用に期待が集まっている。しかし多くの企業では、音声操作技術の普及は進んでいない。その理由は。

人工知能(AI)のある職場で人のやる気はどう変わるか?

機械学習やデータ分析は増加の一途をたどっている。その結果、コンピュータに仕事を奪われることを恐れている従業員もいる。だが、その心配はない。

イーロン・マスク氏が出資する人工知能の研究機関「OpenAI」の可能性

イーロン・マスク氏の躍進はとどまるところを知らない。非営利の人工知能(AI)研究機関OpenAIは、革新的なAIシステムを発表した。物理的な作業のデモを1度見せるだけでシステムは同じ動きを再現する。

“枯れた技術”をもよみがえらせる機械学習とAI、隣の職場の活用は?

人工知能(AI)と機械学習を、「実用的なエンタープライズアプリケーションを伴わないバズワード」として切り捨てるのは簡単だ。しかし、技術は着実に進化している。

深層学習と機械学習の違いとは? 実例で分かるその活用

深層学習は従来の機械学習と似ているが、モデル構造と出力の点で大きく異なる。専門家が解説する。

Microsoft参入で「音声アシスタント」の注目度がさらに上昇、3つの破壊的変革とは?

Microsoftは「Cortana」搭載端末の計画を発表した。Microsoftの参入で仮想アシスタントを職場で利用できる日が近づいた……のだろうか。

深層学習が引き出す非構造化データの“暗黒面”の力とは?

コンサルティング企業のDeloitteが新しく公開したレポートによると、非構造化データとその他のいわゆる「ダークデータ」を分析することで、大きなビジネス価値を得られる可能性があるという。

「Amazon Echo」に何を話しかける? AIが隣にある生活と仕事

人工知能(AI)アプリケーションは多数のビジネスプロセスに貴重な洞察とサポートをもたらす。だが、今日の使用例は氷山の一角にすぎない。

「Amazon Lex」は“スマートスピーカー”Amazon Echoの「Alexa」と何が違うのか?

「Amazon Echo」で利用されている音声アシスタント「Alexa」。この可能性をより広い用途に広げるのが「Amazon Lex」だ。その仕組みを見ていこう。

Slack vs. Microsoft Teamsだけではない、コラボツール戦争の次の注目はAI活用

「Slack」や「Microsoft Teams」など市場には多くの“コラボレーションツール”があり、競争が激化している。競争の次の焦点はAI活用だ。ユーザー企業にはどのような影響があるのだろうか。

「チャットボット」がソフト開発支援、増え続けるツールを“対話”でまとめる

企業で使うツールは増える一方だ。それぞれのツールを1つに統合できれば、業務は効率的になる。それを実現する技術として注目されているのが「チャットボット」技術だ。

徹底解説:GPUコンピューティングが急成長する理由と減速する懸念

かつてゲームでしか役に立たない技術と評価されていたGPUが企業向けデータセンターに進出し、機械学習や人工知能といった成長著しいプロジェクトに貢献しようとしている。

ハードウェアを飲み込んだソフトウェアが機械学習に飲み込まれる

数年前、テクノロジー業界を席巻したのはソフトウェアだった。そのソフトウェアの中で主役の座に躍り出ようとしているのが機械学習アルゴリズムだ。こうした傾向には相応の理由がある。

GPUがけん引する“ハード黄金時代”、ディープラーニングやAI処理で需要高まる

GPU技術はかつて主にゲーマーが関心を持つ分野だったが、今では新型GPUがシステムに搭載され、ディープラーニングやAIアプリケーションの実行に使用されるようになっている。

「拡張現実」と「IoT」さえあれば専門知識はもういらないのか?

インターネットに接続するデバイスから得たデータと、拡張現実(AR)を使った可視化技術の組み合わせによって、工場などで働く現場作業員の働き方が変わる可能性がある。

「目指すは診断精度の向上」、放射線医学分野を中心に広がる技術トレンドとは

第102回北米放射線学会(RSNA 2016)では、画像診断における人工知能(AI)と機械学習の導入や、放射線医学分野におけるクラウドや遠隔医療の応用といった技術テーマが注目を集めていた。

「eBay」が商品リストの自動翻訳を実装、「機械学習」の働きとは

オンラインオークションサイト「eBay」は、自身が選択している言語で出品された商品リストしか表示されないという問題があった。その問題を機械学習を使って克服したというが、どのように対処したのだろうか。

第3次“AI”ブームは本物か、新しく台頭する4つのデータ分析トレンドとは

第3次人工知能(AI)ブームが到来し、再びAIが注目を浴びている。そして、AIとビッグデータにより、新しいトレンドが生まれつつある。

製薬企業のIT部門は販促活動の環境変化に備えよ――知っておくべき技術トレンド

専門性の高い情報を扱い、医薬品の適正使用を促すサイクルを構築するMR(医薬情報担当者)の業務には、データ分析やデジタルマーケティング技術の活用が大きな効果をもたらす可能性がある。

「医師はAIを歓迎する」――実用段階に来た、日本の“AI医療”の姿とは

医療分野では人工知能(AI)技術による診断支援や新薬開発といった用途に期待が寄せられている。しかし医療AIの普及には、医療保険制度を筆頭にクリアすべき課題がまだある。日本の医療AI開発の現状とは。

「数日でビル建設」、想像の“斜め上” を登り始めている3Dプリンタ活用事例

3Dプリンタが本格的なビジネスに進化している。「あらゆる物事に革命を起こそうとしている」といっても大げさに聞こえるかもしれない。だがそれは「積層造形」という分野で起きている最新の進歩を把握していないからだ。

「3Dプリント料理専門店」も登場、世界を変革する3Dプリントの衝撃

小売業や製造業、医療業界において「3Dプリント」が注目されている。それぞれの業界でどのように活用されているのか紹介する。

Google、Apple、Uber、Tesla――自動車ビジネス“新ビッグ4”の戦略を探る

10年後、自動車産業の業界勢力図はがらっと変わり、Google、Apple、Uber、Teslaの4社いずれかの自動車を運転するようになっているかもしれない。業界を破壊する“四騎士”それぞれの戦略の違いを探る。

グラフデータベースによるパナマ文書の解析

ソーシャルネットワーキングからオフショア金融詐欺防止まで、グラフデータベースの成長がデータベース市場の新たな方向性を指し示す可能性を探る。

データセットのパターンを引き出すグラフデータベース

データセット間の関係性を表現することを可能にするグラフデータベースは、データ分析の洞察に革新をもたらす。

IBMやGoogleのAI会話は「Siri」とは一味違う訳

Appleの「Siri」やMicrosoftの「Cortana」は、複雑な文脈を理解するまでには至ってない。一方でGoogleやIBMの会話プラットフォームは、単なる音声応答システム以上の水準まできている。

今後5年で営業メールの相手はAIのチャットボットになる

今後5年以内には、自然言語処理や深層ニューラルネットワーク、会話機能を備えた「人工知能」(AI)が、あらゆる業務アプリケーションに普及するだろう。

“スマートなビル”と1つの「アイ」(IoT)が地球を救う

建物はそこで過ごす人間の作業効率に影響するだけでなく、地球環境に対しても大きな負荷を掛けている。建物の進化は人間にも地球環境にも好ましい結果をもたらす。そのために必要な技術がIoTだという。

チャットボット開発に専門知識はもう不要? 誰でも使える「機械学習」が充実へ

IBMとGoogleが提供する新しい機械学習ツールにより、テキストや音声ベースのアプリケーションを素早く開発できるようになる。市場における競争はさらに活発になるだろう。

インテリジェントビルを実現する「Watson IoT」導入計画

IBMの「Watson IoT」を導入すると何ができるのか。設備管理会社の計画から、その一端が見えてくる。無数のセンサー情報を集約・分析することで実現するインテリジェントなサービスとは?

機械学習に起こり得る3つの障害、外部からの攻撃にどう対処すべきか?

機械学習モデルには脆弱性と障害がつきものだ。本稿では障害の発生原因と、障害発生時にもユーザーの作業を中断させないためのフェイルオーバー計画について説明する。

人工知能がいよいよビジネス実用段階に? 業務システムはどう変わる

過去に何度か「人工知能」(AI)ブームが到来しているが、今回のブームではビジネス活用が本格的に進む可能性がある。その理由と、AIが業務システムに与える影響を考える。

IBM「Watson」導入を阻む高過ぎるハードル

営業支援コンサルタントやロボット弁護士、規制調査アプリケーションなど、人工知能「Watson」の導入実績も増えてきた。しかし、Watsonを導入するためには高い高いハードルを乗り越える必用がある。

「人工知能(AI)が人の仕事を奪う問題」を笑い飛ばす人 

人工知能(AI)ソフトウェアが普及すると人間の職が奪われるのではないかと懸念する声がある。だが、ある専門家はそうした影響は少なく、むしろ労働者にとって有益だという。

誰でも使える「機械学習」があらゆるビジネスを変える

企業は今こそ機械学習の採用を検討し、最新のトレンドである高度な分析テクノロジーのメリットを享受すべきである。

AppleとMicrosoftがオープンソースコミュニティーに支持される理由

オープンソースコミュニティーとの協力関係を模索するAppleとMicrosoftの戦略は、好意的に受け止められている。企業利益のためであることを隠さない両社が受け入れられ、開発者が集まる理由とは?

弁護士に学ぶオープンソースの法的リスク

オープンソースは必要に応じて積極的に活用する価値がある。だが、不用意な利用は法的なリスクを伴う。弁護士の立場から見た、オープンソースとのつきあい方を紹介する。

GoogleやAWSが提供する機械学習サービス、ビジネスにどう活用する?

コンピューティングの新境地ともいえる機械学習が、パブリッククラウドのおかげでかつてなく手頃で使いやすくなった。ただし慌てて飛びつく必要はない。

Twitterも使っている「深層学習」ツール、普及の鍵は?

多くの企業では、これまでに収集してきたあらゆる非構造化データを活用する方法を探している。深層学習アプリケーションがこのような企業の要求を満たす一助となるかもしれない。

ディープラーニングは“黒歴史”を乗り越えられるか

ディープラーニング(深層学習)がAIコミュニティーを席巻している。Microsoftのエリック・ホービッツ氏とFacebookのヤン・ルカン氏が、この種の機械学習がなぜ極めてエキサイティングなのかを解説。

人工知能が人の脳を超える? 究極技術「メモリスタ」とは

人間の脳のアナログ処理能力は想像以上に高く、人工知能関連技術がそれに太刀打ちするにはさまざまなハードルがある。一方、現状を打破すべく、デバイスのアナログ特性を生かした技術開発が進みつつある。

挫折を重ねてきた人工知能研究が今注目される“歴史的な理由”とは

米IBMの「Watson」をはじめ人工知能(AI)技術が発達し、今後次々と生まれる新たな可能性は非常に巨大だ。今までのAI時代の歴史を振り返る。

データサイエンティストに縁遠い人のための「機械学習」入門

機械学習はより洗礼された意思決定において、有益なデータを抽出する最適なツールになり得る。機械学習がどのように情報を予測しているのか、基本的なアルゴリズムや仕組みについて紹介する。

人工知能が人類の敵になる? 起業家イーロン・マスク氏が人工知能を警戒する理由

知能や学習能力を持ったスマートマシンや自動運転車などを実現するため、人工知能(AI)の研究が日夜進められている。その一方で、起業家のイーロン・マスク氏はそのリスクについて警鐘を鳴らしている。

「機械学習」時代の経営判断はどうあるべきか

流行っているからといってデータ分析に飛びつくと痛い目に遭う――ポイントになるのはデータに基づく判断を社内に定着させるためのスモールスタートだ。将来の「機械学習」をにらんだ取り組みを説明する。

「機械学習」とは? データ分析技術に関連する12の大胆予測

ビッグデータ活用の専門家である「データサイエンティスト」が脚光を浴び、その人材不足が指摘されている。また、ある専門家はビッグデータ解析チームに弁護士を雇う企業が今後増えると予測している。その理由とは?

P R「真のDX」に向けて今企業が向き合うべきこと、気が付くべきこと

企業にとってデータとはビジネスを拡大させ、組織に競争優位性を与える、いわば成長の源だ。企業のデータ活用にこそデジタルトランスフォーメーションの焦点を当てるべきだという。

P RDX時代に求められる「CAE」活用の真価、製品開発力を高めるヒントとは?

製造業のDXが加速する中、企業競争力を高める存在として重要性を増しているのがCAEによるシミュレーションの活用だ。その実践のヒント、AIやIoTとの融合などについて関西CAE懇話会 幹事も務めるオムロンの岡田 浩氏に聞いた。

P Rあなたの知らないLINEの取り組み 企業の人材難や業務効率化を支えるAIとは?

コミュニケーションアプリ「LINE」で知られるLINE社が、AI(人工知能)技術を活用した法人向け事業に注力していることをご存じだろうか。同社がビジネスユースのAI技術を推進する理由や、その機能に迫る。

P Rデジタル変革はデータ活用の段階へ、AI導入に不可欠なデータ基盤の要件とは

デジタル変革においてAI・ビッグデータの活用が注目される一方、多くの企業がPoC段階で停滞しているという。その最大の原因となっているデータ基盤の最新動向や、データ視点でのAIワークフローを実現する方法を探る。

P R「最高の顧客体験」の作り方 変化に気付いたマーケターが取り入れている手法

マーケティングの常識は様変わりした。企業の顔であるWebサイトで「コンテンツ」をどう生かすかが、ライバルとの勝敗を左右する。変化にいち早く気付いたグローバル企業は何を使い、どう対策しているのか。

P RAIはGPUだけでは進化しない──新たなボトルネックと対処法を再検討する

AI活用には、ストレージ、ネットワーク、コンピューティングの3要素が欠かせない。それぞれどのような要件を満たす必要があるのか。素早く実装する方法や、最適な組み合わせは? 業界の最前線で活躍するキーパーソンたちが解説した。

P Rデータサイエンティスト要らずの機械学習自動化プラットフォームを試してみた!

人工知能(AI)技術をビジネスに取り入れるためには、データ分析やAI技術の専門家が必要となる。そうした人材を確保することが難しい企業でAI技術を活用するための方法を紹介する。

P RAI国際会議のイベントで圧勝、状況を先読みして実時間で意思決定する新技術とは

自動運転に用いられるAIには、環境変化に即座に対応するため、リアルタイムかつ“先読み”的な意志決定が求められる。こうした要件は、従来のAI技術では困難だった。そこで注目されるのがAI国際会議のイベントで優勝したチームの新技術だ。

P R4つのユースケースで解説、AIを自社業務に適用させるための“学習”の進め方

AIを自社業務に適用するには“学習”が不可欠だが、どんなデータをどれだけ学習させればよいか分からないという声も多い。画像認識や音声認識、照会応答といったユースケースを基に、企業側で行うべき学習の種類や必要なデータを解説する。

P RRPAとAIで人手不足解消、インテリジェントオートメーションを導入すべき業務は

拡大し続ける個々の業務と、不足している人的リソースというミスマッチは、多くの企業にとって解消すべき喫緊の課題だ。RPA、AI、OCRなどさまざまな技術を融合した最新の自動化ソリューションは、その解決策となり得るのか。

P R「Skype for Business」がさらに便利に――専用デバイスで実現するスマート会議

「Skype for Business」を使ったビデオ会議では、操作に手間取り、時間を無駄にすることも少なくない。そこで、このような無駄をなくしたい企業に最適なSkype for Business専用デバイスを紹介する。

P ROSS利用に不可欠のライセンス・セキュリティリスク管理をDTSはどう効率化したか

システムインテグレーターのDTSは、オープンソースソフトウェア(OSS)を活用してBIツールなどの製品を開発している。避けては通れないOSSライセンス違反のチェックや脆弱(ぜいじゃく)性検査を同社が効率化できた要因は何だろうか。

P Rプロが語る「企業価値向上を支援するマーケツールは意外と少ない」の真相

便利そうに見えて実は別サービスへの誘導だったり、他の製品と組み合わせにくかったりと「マーケティング支援ツールは複数あるが、何の思惑もなく利用企業の価値向上を支援するものは意外と少ない」という。では何を選択すべきか。

P R製造業でのディープラーニング活用、足踏みせずに実現するための最適解は?

「ディープラーニング(深層学習)」の活用に踏み出そうとする動きが広がっているが、自社で実装するにはハードルも高い。どうすればディープラーニングの恩恵をスムーズに享受できるのか、その最適解を探ってみたい。

P R「すごいエンジニアを血眼になって探す」より現実的なAI課題解決方法とは

第3次AIブームが起こっているがAIをビジネス活用できている企業は少ない。その理由はAI活用を始めようとする企業がつまずく「3つの不足」にあるという。

P RSNSの投稿を瞬時に解析、“ニュース革新”を支えるディープラーニング運用基盤

SNSに投稿された事件・事故・災害の動画や画像を収集/解析し、ニュース素材として配信するサービスを提供するSpectee。膨大なデータを瞬時に解析し、カテゴライズするその技術を支える、同社のディープラーニング運用基盤とは?

P R製造業の競争力強化、まずはデザインレビュー運営の効率化から

製造業のプロジェクト管理のなかでも、デザインレビューの運営はとりわけ緻密さが要求される。だが、いまだ表計算ツールによる「力技」の管理をしている企業も少なくない。データを一元管理し、ヒューマンエラーを防ぐ方法はないのか。

P RAI・機械学習をフル活用する基盤構築、実現のカギはGPUとコンテナにあり

「第3次AIブーム」といわれる今日だが、AIの価値を引き出すには分析基盤の効率化が欠かせない。そこで、オープンソース関連の技術書で多数の著作を持つエヴァンジェリストに、効率化の秘訣を聞いた。

P Rなぜ今、AIを意識した大規模データ管理サービスが必要とされているのか

ビジネスでAI(人工知能)を活用するには、大量の学習用データをいかにうまく蓄積できるかが問われる。そのために必要とされる「AI時代のストレージ」に求められる要件とは。

P R人気セミナーで見えてきたAI、画像処理、ディープラーニングの「今とこれから」

かつては「未来の技術」として遠い存在だったAI関連技術。現在では身近なところにまで活用が進んでいる。本稿では人気セミナーの講演内容を紹介し、AI関連技術の今とこれからについて考える。

P R「RPA+α」で、効率化しにくい「人手に依存する作業」を一挙に片付けよう

働き方改革の推進力として注目を集めている「RPA」。そもそも、どのようなメリットをもたらしてくれるものなのか。そして、導入効果を最大限に引き出すためのコツとは?

P Rスマホ&チャットじゃないと顧客は満足しない 問い合わせ対応の新常識

スマートフォンの普及で企業と消費者のコミュニケーション手段は大きく変化した。そこで現在注目を集めるのがチャットだが、新たな運用課題も生じている。

P Rモバイルデバイスを「働き方改革」に生かし切る具体的な方法

働き方改革にモバイルデバイスを生かし切れていない企業は、何が足りないのか。状況の改善には、何をすればよいのか。その答えを探る。

P R業務生産性と運用効率を両立、働き方改革を支援する企業が選んだPCとは

働き方改革を支援するビジネスSNSを展開するSansanは、社内改革にも積極的だ。その同社が、営業スタッフの生産性向上と効率化に役立ったと語るのが2-in-1ノートPC。柔軟な働き方を支えているという新デバイスの活用法を聞いた。

P R「AIを使った働き方改革」の進め方

人手不足や残業抑制には抜本的な業務見直しが必須。できるところから暫時的に導入できるAI基盤が登場したことで、ようやくAIを活用した働き方改革の実践方法が見えてきた。

P R営業・保守ルート効率化、店舗検索……「Googleマップ」の活用で変わるビジネス

「現場に急行できる最寄りのスタッフは誰だ」「あの商品を扱っている店舗はどのエリアか」……。こうした課題は、地図サービスを活用すればもっと素早く解決できるだろう。

P Rこれからのデータセンターに、サーバの運用とセキュリティの自動化が必須な理由

機械学習/深層学習に取り組む上で、サーバの役割はより重要になっている。サーバは高性能なだけでなく、運用管理でも近代化が期待され、セキュリティ強化も求められる。

P R機械学習やAIのニーズで変わる企業のサーバ選び、何がポイント?

SDSやGPU、FPGAといった技術の浸透によって、データセンターにおけるサーバの役割がより重要になってきている。企業はどのような視点でサーバを選定すべきなのか。

P R「使えるAI」はこう作る 〜ディープラーニングの実力を引き出すポイント

AI活用が広がる一方、ディープラーニングのための教師データの作成やコンピュータの計算速度などユーザーがぶつかる課題は多い。先端のAI開発現場から解決の糸口を知る。

P Rあの企業はなぜAIをいち早く導入できたのか

競合企業がAI活用に乗り出す前に先手を打ちたい――。しかしAIのノウハウがない企業は多い。重要なのは導入前の活用イメージと導入後の運用、加えてパートナーの選び方だ。

P Rディープラーニングの業務利用、あのAI技術はなぜ結果を出すのか

人工知能(AI)技術が急速に普及し始めている。特に注目されるのがディープラーニングの適用。どのような課題を解決し、ビジネスに役立っているのか。最新情報をお伝えする。

P R「デザインシンキング」が企業文化を変える、“アジャイル”に変える

「ユーザーの本当のニーズ」を理解し、サービス開発につなげる「デザインシンキング」とは? 都内で開催されたワークショップから新ビジネスを生み出す手法を紹介しよう。

P Rモバイル体験の未来図は? スマートシティーに見るインテリジェントエッジ活用

ネットワークの辺縁にあるセンサーや端末に処理能力を持たせた「インテリジェントエッジ」が注目されている。ドバイ市は都市サービスにこの新技術を導入したプラットフォームを構築し、スマートシティーを実現したという。

P R動線解析における「エッジ処理&IoT技術」のメリット

映像を活用した業務改善や事業活性化にクラウドを利用するには、通信帯域や運用上の課題も多い。これらの問題を独自技術とサービスの組み合わせで解決する方法を紹介する。

P RPepperが本領を発揮するための検討ポイントとは

今やPepperは1000社以上に導入されているが、効果的な活用方法に悩む企業も多いという。Pepperに本領を発揮させ、自社のビジネスに有効活用するためにはどのような検討が必要だろうか。

P R企業を“プラットフォーム縛り”から解放する、次世代のデータ管理の在り方とは

オンプレミスでもクラウドでも、プラットフォームに縛られず、データを自由に移動し活用したい――そんなニーズをかなえる新しいデータ管理手法を紹介する。

P R「5つの働き方」に対応したIT活用パターンの提案

ITエンドユーザーを取り巻く働く環境は、変わり続けている。社員1人当たりのオフィススペースは減り続け、オフィスの外で働くことも増えた。在宅で仕事をする人も多い。このような働き方に対応した、IT活用のポイントを解説する。

P Rパレットプラザが「来店客を待たせない」店舗を展開、超小型PCの活用現場を探る

ITは作業を効率化する段階から、新しいビジネス価値を生み出す段階へと進んできた。限られた店舗面積の中で、顧客が作業を楽しめるスペースを確保することで、新しいビジネスを生み出したプリントサービス店舗の事例について、詳しく見ていこう。

P Rコールセンターのデスクスペース効率化、超小型デスクトップPC切り替えで実現

デスクでの作業がPCだけで済むケースは少ない。特にコールセンターでは問い合わせ対応のため、オペレーターの作業スペースには製品マニュアルや実物の商品が置かれることさえあり、既存のデスクトップPCでは手狭であった。

P Rわずか15分でサービスイン、超短時間システム構築が可能にするビジネスチャンスとは

ITを使ったビジネスの進展により、企業が活用するアプリケーションの数は急増している。パブリッククラウド並みの迅速性を持ちながらもエンタープライズ用途としての信頼性があるIT基盤が必要だ。その解決策とは。

P R製造現場のワークスタイル変革とセキュリティ向上を実現、3D CAD-VDI導入のススメ

3D CADを活用する現場でも、柔軟な働き方ができる環境整備が求められている。その実現方法として「3D CAD-VDI」があるが、高価になりがちでなかなか導入が進まなかった。その状況が変わりつつあるようだ。

P R設計/開発業務に革新を System x CAD on VDIが切りひらく新たな地平

設計/開発部門で利用される3D CAD/CAEソフトには高機能なワークステーションが必須であり、新しいIT技術を活用しにくい状況にあった。これを打破するのが「CAD on VDI」である。現場業務はどう変わるのか。

P Rこれぞワークステーション、専門業務を支える高性能と信頼性を実現するPCとは?

設計、試作の3D化や映像制作の高クオリティ化によって現場で求められる作業用コンピュータの要件も変化している。必要なのは高性能と高信頼を誇るワークステーションだ。

P R“完璧”なワークステーションを決める5つの要素とは

PCでは実現できない高い生産性を提供するワークステーションは、CGやCAD、さらにシミュレーション作業や映像制作などのプロフェッショナル業務を支えている。ハイレベルなパフォーマンスと信頼性が求められるワークステーションの選定ポイントとは?

P RSoftware Defined基盤の可能性――進化するITインフラのこれからを読む

ITを取り巻く環境が大きく変化する中で、激化する競争に勝ち抜くためには、ITインフラの進化が欠かせない。これから5年、その進化に必要な技術革新とは何だろうか。

P Rデジタルハリウッドが選んだ「映像のプロ」を育てる高性能ワークステーション

デジタルクリエイター育成機関のデジタルハリウッドが、最新テクノロジーを駆使した学習・制作環境実現のため、教室に導入したワークステーションとは? 機能と導入効果に迫る。

P R経営戦略をシステムに即時反映するBRMS活用のススメ

正確で素早い意思決定は、企業の競争力の源泉。ビジネスルールに対する判断を自動化し、ルール変更にも柔軟に対応してくれるBRMSは、属人的な判断を回避し、的確な決定を下すための強力な武器になるだろう。

P R“データ処理の高度化”を実現可能にする新型サーバが登場

企業がITで競合他社との差別化や競争力を強化するためには、データ処理の優劣が勝負の分かれ目になる。“データ処理の高度化”を実現する技術を採用したサーバ製品が今注目を集めている。

P R超高速サーバの理想像に最も近い、データ処理の高速化のカラクリとは?

企業向けサーバで常に求められるデータ処理性能の向上。現時点でその理想像に最も近いともいえる最新技術を搭載したアーキテクチャが注目を集めている。その気になる仕組みを解説する。

P Rビッグデータ活用に欠かせないシステムの3要素とは?

企業ビジネスに変革をもたらすと期待される「ビッグデータ」。活用の機運が高まりつつある中、IT基盤の課題が積極的な活用を阻んでいるという。ビッグデータ活用で外せないシステム要件をあらためて整理してみる。

P Rビッグデータ活用のヒント 自社でHadoopを使いこなすノウハウとは?

「Hadoopは難しい」「自社でデータ分析は大変!」そう思っている人に朗報だ。Hadoopを使ったビッグデータ活用のためのシステム基盤を、コストと手間を抑えつつ立ち上げられるソリューションが登場する。

[an error occurred while processing this directive](none)