2019年11月01日 10時00分 公開
PR

デル株式会社提供eBookインフラ基盤の立て直しに迫られたある3社、“あのとき”の苦労を赤裸々に語る

長きにわたって運用してきたサーバやストレージ。運用期間が長いほどハードウェアの老朽化やパフォーマンスの低下といった問題が発生する。リプレースを余儀なくされた“その時”に備えて考えたいポイントを3社の事例を基に説明する。

[ITmedia]

 現在運用するインフラ基盤が、いつまでも最善の環境だとは限らない。ビジネスは刻々と状況が変わり、ハードウェアは時間とともに“高齢化”する。こうした状況変化に備えて、システム運用者は、日々2手、3手先を考える必要がある。

 ある3社はシステムインフラ運用にまつわる悩みを抱えていた。サーバ、ネットワーク、ストレージの3層構造で組んだハードウェアは老朽化が進み、増え続けるタスクの処理が追い付かなくなっていた。また受託開発を主事業とする別の企業では、案件ごとに構築してきた開発環境を仮想化することでなんとか凌いできたが、気が付けば運用する仮想マシンは200台にも上り、仮想化によるリソースの効率化も限界だった。

 こうした事情により、システム担当者にシステムインフラの更改という大仕事が降ってきた。しかし、中にはいわゆる“ひとり情シス”の状況下に立たされた担当者もいた。一筋縄ではいかないこの問題を、それぞれはどう解決したのか。担当者が、苦境に立たされた当時の状況とともに語った。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部