2020年12月08日 10時00分 公開
PR

「新常態」で多様化するIT環境とセキュリティニーズにどう応えるのか働き方や攻撃の多様化で、変わるセキュリティ

新しい働き方を支えるため、IT環境の多様化が進む。サイバー攻撃も高度化、複雑化する一方だ。それに見合ったセキュリティ対策を提供すべく、CTCと日立システムズがセキュリティ事業で手を組んだ。協業で実現するサービスの全容とは。

[PR/TechTargetジャパン]

 この数年で日本企業の働き方は大きく変わり、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響がそれを加速させた。新しい働き方を支えるIT環境も、PCやモバイルデバイス、クラウドサービスの採用といった具合に多様化しているが、それに見合ったセキュリティ対策の整備はまだ十分とは言えない状況だ。

 この状況を打破すべく、国内有数のSIerである伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)と日立システムズがセキュリティ事業で手を組む。互いの強みやノウハウを生かし、CTCのマネージドセキュリティサービス(MSS)を強化することを決めた。

 その狙いと協業の今後を、CTCの松田欣也氏(ITサービス事業グループ執行役員兼クラウド・セキュリティサービス本部 本部長)と、日立システムズの小松志信氏(ビジネスクラウドサービス事業グループ マネージドサービス事業部 事業部長)が、対談で語った。

※本稿は、ITmedia エンタープライズからの転載記事です。


提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部