2021年10月27日 10時00分 公開
PR

プロが解説、顔認証ソリューションの「三重苦」を乗り越える方法これからのAI顔認証技術

コロナ禍の到来によって顔認証技術を活用したソリューションのニーズが高まるが、導入企業からは「どのように使えばよいか分からない」といった声が聞かれる。専門家に高精度な顔認証技術を簡単に活用する方法を聞いた。

[ITmedia]

 コロナ禍の到来によって、オフィスや施設、店舗、イベント会場などで「非接触対応」が求められるようになった。この時勢を受けて顔認証技術を活用したソリューションのニーズが高まっている。顔認証ソリューションと勤怠管理システムを連携させて従業員の入退室管理に利用するなど、さまざまなユースケースも生まれている。

 だが、顔認証ソリューションの導入企業からは「システムとのつなぎ込みが難しく、導入までに時間がかかる」「認証速度が遅く利用者にストレスを与える」といった声が聞かれる。こうした企業の悩みを解消するためには、顔認証ソリューションが抱える3つの課題をクリアしなければならない。その手だてを専門家に聞いた。


提供:日本コンピュータビジョン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.